お気軽にご相談ください

8月 2022

8月 2022のブログ

エミレーツ航空に採用される英語力はどれくらい?CA採用試験で重視される英語力を解説

  外資系CAの就職先として人気の高い「エミレーツ航空」。エミレーツ航空は、中東最大規模のグローバルな航空会社のため、高い英語力が求められます。 とはいえ、「どれくらいの英語力が必要なの?」と悩んでいる方も多いでしょう。 そこでこの記事では、エミレーツ航空が求める英語力やCA採用試験で重視される英語力を紹介します。英語力が身につく効果的な方法もお届けするので、最後まで読んで参考にしてください。 エミレーツ航空が求める英語力 エミレーツ航空のCAになるためには、英語が堪能であることが求められます。「英語が堪能」とは、やや抽象的な表現ですが、外国人旅客や現地クルーが言っていることを正確に理解して、自分の言いたいことを英語で伝えられるレベルです。問題なく乗務を遂行できる英語力とも言い換えられます。 ほかの航空会社が設定しているTOEICの点数に置き換えると、700点〜900点程度のレベルは取得しておいたほうがよいでしょう。とはいえ、エミレーツ航空におけるTOEICの点数はあくまでも一つの目安です。 エミレーツ航空の日本人CAとして採用された場合は、日本路線だけではなく、すべての路線に乗務する必要があります。まずは、入社後に行われる英語でのトレーニングについていけるレベルの英語力を目指しましょう。 エミレーツ航空のCA採用試験で重視される英語力 英語が堪能であることが応募資格になっているエミレーツ航空ですが、実際の採用試験ではどのように英語力をはかられるのでしょうか。 ここでは、エミレーツ航空のCA採用試験で重視される英語力を、選考ごとに解説します。 エミレーツ航空のCA募集要項や採用試験の流れについては、以下の記事で詳しくまとめています。 ※ なお、採用試験の流れは変更になる場合がありますので、エミレーツ航空の公式サイトより最新情報をご確認ください。 書類選考 まず、書類選考では、質問に対して正確に英語で回答できているのかを見られます。 提出するアプリケーションフォームの内容は以下のとおりです。 個人情報(名前・性別・生年月日・年齢・国籍・連絡先・住所・身長・体重など) スキルや資格 経歴 海外経験 学歴 自身についての情報を回答するだけなので、難しい内容ではありません。簡単なライティングテストのイメージです。しかし、スペルミスや文法の間違い、入力漏れがないように、ダブルチェックをしてから提出しましょう。 1次面接 「イニシャル・スクリーニング」と呼ばれる1次面接では、英語で簡単な自己紹介や受け答えができるかがポイントです。 過去には、数行のセンテンスが書かれたカードを渡されて、要約するテストも実施されました。 簡単な英語で問題ないので、正確に物事を伝えられる英語力が重要です。自分の言いたいことを瞬時に英語にできるよう、日頃から練習しておきましょう。 2次面接 2次面接では、ほかの受験者とペアを組み、与えられた話題について議論をします。その後、話し合った内容や結論などを会場で発表する流れです。 自分の意見をきちんと英語で伝えられるか、相手とスムーズな意思疎通がとれているかがポイントです。自分の意見を述べるときに使うフレーズや、相手の意見を聞き出すときに使うフレーズなどを何パターンか用意しておくとよいでしょう。 3次面接 3次面接では、グループディスカッションが行われます。2次面接のペアワーク同様に、与えられた話題について今度は複数人のグループで議論をして、導き出した結論を面接官に発表する流れです。 自分の意見を英語で論理的に話せることももちろん大切ですが、グループディスカッションでは協調性がより重視されます。定刻に飛行機を1便飛ばすためには、整備士や空港スタッフ、客室乗務員、パイロットなど、さまざまな人とのチームワークが欠かせません。 そのため、グループディスカッション中は適度なあいづちや話を振るなど、議論がスムーズに進むような気遣いが評価されると考えられます。話を展開する英語のフレーズをいくつか覚えておくと安心です。 最終選考 最終選考は、オンラインで行われるビデオインタビューです。過去の経歴や海外経験、今やっている仕事などについて詳しく質問されます。 回答に対してさらに深掘りした質問が投げかけられるので、質問の意図を汲み取り、正確な英語で論理的に答えましょう。どの質問に対しても、あきらめずに伝えようとする姿勢が大切です。 また、淡々と回答するのではなく、表情や適度なジェスチャーなどを取り入れて、生き生きと話せるとなお良いです。 ※その年によって試験内容等変わる場合がございます 【エミレーツ航空の採用試験でも有利】CA留学は英語力が身につく効果的な方法 エミレーツ航空のCA採用試験に合格するためには、どのような方法で英語力を高めればよいのでしょうか。結論から述べると、海外のエアラインスクールに留学する「CA留学」が効果的です。 CA留学の特徴や魅力、おすすめの国やプログラムについては、以下の記事で詳しくまとめています。 https://bokuryuu.com/ca-ryugaku/ ここでは、英語力が身につく効果的な方法としてCA留学がおすすめの理由を詳しく解説します。 CAに必要なスキルや実務を英語で学べる 海外のエアラインスクールでは、講義のほとんどが英語で行われています。要するに、CAに必要なスキルや実務を英語で学べるのです。これらのスキルは、倍率の高いエミレーツ航空の採用試験において有利に働きます。 日本でCAを目指す場合、CAの専門スキルと英語は別々に勉強するのが一般的です。そのため、手間や時間がかかるのが否めません。 CAの即戦力として働ける力と英語力を同時に養いたいのなら、CA留学を選ぶのも一つの手段です。 実際の採用試験を想定した面接対策ができる 海外のエアラインスクールには、航空業界出身の講師や実際に面接官をしていた講師が多く在籍しています。そのため、実際の採用試験を想定した本格的な面接対策や的確な指導を受けられるのです。 エミレーツ航空は面接の回数が多いので、手厚い面接指導が受けられる海外のエアラインスクールがおすすめです。 英語でのコミュニケーション力が高まる CA留学をすれば、英語でのコミュニケーション力が高まります。海外のエアラインスクールには世界中から生徒が集まるので、英語を使ったコミュニケーションがメインです。 海外のエアラインスクールの環境は、多国籍な従業員が働いているエミレーツ航空の環境に近しいものがあります。文化、習慣、宗教の異なるバックグラウンドを持つ人たちとの交流を通じて、エミレーツ航空が重視している「異文化理解力」や「英語でのコミュニケーション力」を高められるでしょう。 まとめ【英語力を高めてエミレーツ航空の採用試験にのぞもう】 この記事では、エミレーツ航空が求める英語力やCA採用試験で重視される英語力、英語力が身につく効果的な方法を紹介しました。 エミレーツ航空のCAになるためには、英語が堪能であることが求められます。 具体的にまとめると、 外国人旅客や現地クルーが言っていることを正確に理解できる 自分の言いたいことを英語で伝えられる 問題なく乗務を遂行できる 入社後のトレーニングについていける などのレベルが基準です。 エミレーツ航空の採用試験では、正確な英語で論理的に自分の意見を伝えられるかが重視されます。 倍率の高いエミレーツ航空の採用試験を通過するには、航空業界の専門知識と同時に英語力を身につけられる「CA留学」が効果的です。 アジアNo.1の実績を誇るクルーラウンジで、キャビンアテンダントになる夢をかなえるお手伝いをします! オンライン無料説明会は、「グローバル女子留学公式LINE」にて24時間ご予約を受け付けております。経験豊富なカウンセラーが対応いたしますので、お気軽にご相談ください! ↓↓CA留学のことをもっと詳しく知りたい方は、以下公式LINEへ↓↓    …

2022/08/02

エミレーツ航空のCA採用試験を受けるには?応募条件や採用試験の流れを徹底解説!

  世界トップクラスの航空会社の一つである、アラブ首長国連邦の「エミレーツ航空」。その高級感あふれるブランドイメージに憧れ、「エミレーツ航空のCA採用試験を受けたい」と思っている方も多いでしょう。 そこでこの記事では、エミレーツ航空の基本情報やエミレーツ航空のCAとして働くメリット、採用試験の応募条件や採用試験の流れを紹介します。 採用試験に向けて、エミレーツ航空について情報収集したいと思っている方は最後まで読んで参考にしてください。 エミレーツ航空の基本情報 エミレーツ航空(Emirates)は、アラブ首長国連邦のドバイを拠点とする中東最大級の航空会社です。ドバイという地理を活かして、85か国150以上の都市に就航しています。(※2022年7月現在) エミレーツ航空のファーストクラスは、最高級のおもてなしが受けられることで有名です。 たとえば、以下のような機内サービスが挙げられます。 プライバシーが確保された完全個室のシート 高級ダイニング シャワースパ カクテルバー エミレーツ航空では、160か国以上の従業員が働いています。旅客のさまざまなニーズに柔軟に対応できるのは、多国籍な人材が集まるエミレーツ航空の強みです。 エミレーツ航空のCAとして働くメリット エミレーツ航空のCAとして働く場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。 ここでは、エミレーツ航空のCAとして働くメリットを詳しく解説します。 エミレーツ航空のCAとして働くメリット①|国際感覚が身につく エミレーツ航空のCAとして働くと、国際感覚が身につきます。先述のとおり、エミレーツ航空には世界中から人材が集まってくるので、非常にグローバルな環境です。 文化、習慣、宗教などが異なるバックグラウンドのクルーたちと一緒に働くことで、自然と国際感覚が身につきます。 また、一緒に働くクルーだけでなく、旅客の国籍も多種多様です。そのため、接客を通じても異文化理解力やコミュニケーション力の向上が期待できます。 エミレーツ航空のCAとして働くメリット②|世界中の就航都市へ乗務できる 外資系航空会社の日本人CAとして働く場合、日本路線に乗務するのが一般的です。しかし、エミレーツ航空は150以上の就航都市があるので、世界中の路線に乗務できる機会が多くあります。 世界中を飛び回りたい方にとっては、エミレーツ航空の就航都市の多さは魅力の一つです。ただし、就航都市が多いほど不規則な勤務時間になりやすいので、体力および体調管理は欠かせません。 エミレーツ航空のCAとして働くメリット③|福利厚生が充実している エミレーツ航空は福利厚生が充実しており、働きやすい環境が整っています。 以下は、エミレーツ航空が提供している福利厚生の一例です。 ドバイでの宿泊場所 エミレーツ航空や他の航空会社の割引チケット ホテルや旅行会社の特別特典 エミレーツ航空のCAになったら、拠点であるアラブ首長国連邦のドバイに移住することになります。ドバイでの生活で困らないよう、会社が居住面で手厚いサポートをしてくれるので安心です。 福利厚生の内容は変更になる場合がありますので、エミレーツ航空の公式サイトより最新情報をご確認ください。 エミレーツ航空CA採用試験の応募条件 エミレーツ航空CA採用試験の応募条件は、以下のとおりです。 最終学歴: 高卒以上 年齢: 21歳以上 アームリーチ: 爪先立ちで片手を伸ばした状態で最低212 ㎝まで届くこと 身長: 160㎝以上 健康状態: 航空機乗務に際し、健康状態が良好であること 視力: 良好であること(コンタクトレンズ可、矯正視力1.0以上、眼鏡不可) 語学力: 英語が堪能であること 経験: 接客業の経験があればなお可 適性: 前向き思考な人 チームワークがあり、素晴らしいサービスを提供できる能力を持った人 さまざまな文化背景を持った人々に対応できる人 その他: 制服着用の際、見える部位に刺青がないこと アラブ首長国連邦の雇用ビザ要件を満たすこと 最終面接から3ヶ月以内にドバイでのトレーニングに参加できる人 ※参考:https://www.emiratesgroupcareers.com/cabin-crew/ 応募条件は変更になる場合がありますので、エミレーツ航空の公式サイトより最新情報をご確認ください。 なお、エミレーツ航空の採用試験で求められる英語力については、以下の記事で詳しくまとめています。 https://bokuryuu.com/the-required-english-skill-of-emirates/ エミレーツ航空CA採用試験の流れ エミレーツ航空のCAを目指すにあたって、どのようなステップを踏めばよいのでしょうか。 ここでは、エミレーツ航空CA採用試験の流れを詳しく解説します。 なお、採用試験の流れは変更になる場合がありますので、エミレーツ航空の公式サイトより最新情報をご確認ください。 エミレーツ航空CA採用試験の流れ①|書類選考 まず、エミレーツ航空の採用代行をしている「エアリッジ」のサイトからアプリケーションフォームをダウンロードして、必要事項を入力します。入力後、上半身の写真を添付のうえメールで提出しましょう。なお、アプリケーションフォームは英語で入力する必要があります。 アプリケーションフォームの内容は以下のとおりです。 個人情報(名前・性別・生年月日・年齢・国籍・連絡先・住所・身長・体重など) スキルや資格 経歴 海外経験 学歴 など 入力漏れがないように、ダブルチェックをしてから提出しましょう。 エミレーツ航空CA採用試験の流れ②|1次面接(イニシャル・スクリーニング) 書類選考に通過したら、「イニシャル・スクリーニング」と呼ばれる選考が国内で行われます。 イニシャル・スクリーニングのおもな内容は、以下のとおりです。 会社説明 身長測定とアームリーチチェック 英語面接 面接では、英語で簡単な自己紹介や受け答えができるかを見られます。1次面接では第一印象がとにかく大事なので、笑顔と清潔感のある身だしなみを意識しましょう。 なお、ドレスコードが決められているので、注意が必要です。 女性 男性 髪型:シニヨンなどのアップヘア 髪型:きちんと整えた髪型 顔:フルメイクアップ 顔:髭なし ドレスコード:ビジネススーツ(原則スカート) ドレスコード:ビジネススーツ 靴:ヒール 靴:フォーマルシューズ エミレーツ航空CA採用試験の流れ②|2次面接と3次面接(ペアワークとグループディスカッション) 2次面接では、ほかの受験者とペアを組み、与えられた話題について議論します。その後、面接官に話し合った内容を発表する流れです。 相手と問題なく意思疎通がとれているか、自分の意見をちゃんと伝えられているかを見られます。 2次面接を通過したら、同日に3次面接としてグループディスカッションが行われます。こちらも与えられた話題についてグループで議論をして、結論を発表する流れです。 グループディスカッションでは、自分の意見を言うことも必要ですが、協調性やチームワークがより重視されます。適度なあいづちや話を振るなど、議論しやすい雰囲気づくりに徹するのがポイントです。 エミレーツ航空CA採用試験の流れ③|最終選考(ビデオインタビュー) 最終選考は、オンラインを使用したビデオインタビューです。過去の経歴や海外経験、今やっている仕事などについて質問されます。 回答に対してさらに深掘りした質問が投げかけられるので、面接官の質問の意図を汲み取り、論理的に答えましょう。どんな質問がきても、冷静に答えようとする姿勢が重視されます。 まとめ【万全な準備をしてエミレーツ航空のCA採用試験に挑もう!】 この記事では、エミレーツ航空の基本情報やエミレーツ航空のCAとして働くメリット、採用試験の応募条件や流れを紹介しました。 ドバイを拠点とするエミレーツ航空は、世界150都市以上に就航する中東最大級の航空会社です。グローバルなエミレーツ航空のCAになれば、国際感覚を養えます。世界中を飛び回る就航都市の多さや、ドバイでの快適な生活をサポートしてくれる福利厚生なども、エミレーツ航空の魅力です。 書類選考から最終選考までの道のりが長く、大変だと思うかもしれません。しかし、それぞれの面接で重視されるポイントを事前におさえておけば、選考に通過しやすくなります。 エミレーツ航空のCA試験は倍率が高いからこそ、万全な準備をして採用試験に挑みましょう!   アジアNo.1の実績を誇るクルーラウンジで、キャビンアテンダントになる夢をかなえるお手伝いをします! オンライン無料説明会は、「グローバル女子留学公式LINE」にて24時間ご予約を受け付けております。経験豊富なカウンセラーが対応いたしますので、お気軽にご相談ください! ↓↓CA留学のことをもっと詳しく知りたい方は、以下公式LINEへ↓↓…

2022/08/02

エアラインスクールの学費はどのくらい?相場や注意すべきポイントを徹底解説!

  航空業界の就活対策を専門に行う「エアラインスクール」。航空業界の知識や実務などを広く学べます。 とはいえ、CAを目指すためにエアラインスクールに通いたいものの、「どのくらい学費がかかるの?」と不安に思っている方も多いでしょう。 そこでこの記事では、エアラインスクールの学費相場や学費で注意すべきポイントを紹介します。これからエアラインスクールに通おうと思っている方は、最後まで読んで参考にしてください。 エアラインスクールのCAコースの種類 エアラインスクールの学費相場は、受講するコースによって大きく異なります。学費の相場の前に、大まかなCAコースの種類を把握しておきましょう。 エアラインスクールのCAコースには、以下のような種類があります。 国内CA受験対策コース: 日系航空会社への就職を目指したコース 講義内容:一般教養、マナー、書類添削、面接対策、英語など 外資系CA受験対策コース: 外資系航空会社への就職を目指したコース 講義内容:マナー、実務、書類添削、英語面接対策など プライベートコース: マンツーマンで講義が受けられるコース 講義内容:一般教養、マナー、書類添削、面接対策、英語など オプションコース: TOEICの試験対策やインターンシップの準備などをメインに行うコース 講義内容:TOEIC対策など なお、エアラインスクールによってコース名やコースの種類、講義内容は異なります。それぞれの特徴を知ったうえで、自分に合ったコースを選択しましょう。 エアラインスクールの学費相場 エアラインスクールに通うとなると、どれくらいの学費がかかるのでしょうか。 結論から述べると、一般的なCA受験対策コースを受講した場合は30万〜40万円程度が相場です。ただし、受講期間やコースによっても費用は大きく変動するため、一概にはいえません。 ここでは、エアラインスクールの学費相場を 一般的なCA受験対策コース プライベートCA受験対策コース オプションコース の3つに分けて解説します。 エアラインスクールを選ぶ際の一つの基準として、参考にしてみてください。 一般的なCA受験対策コースの学費 一般的なCA受験対策コースの学費は、基本的に「入学金+授業料+諸経費(テキスト代など)」で決まります。 一般的なCA受験対策コースの学費相場は、以下のとおりです。 入学金: 22,000円〜55,000円 授業料: 150,000円〜415,000円 諸経費(テキスト代など): 30,000円〜 ※上記は相場となります。学費の詳細は入会予定のエアラインスクールにご確認ください。 上記のほか、TOEIC対策講座やインターンシップ準備講座などのオプションコースに受講する場合は、別途費用が発生するのが一般的です。一方で、キャンペーンや各種割引、免除制度を利用できる場合は、上記の料金に割引が適用されます。 プライベートCA受験対策コースの学費 プライベートCA受験対策コースの学費も、グループ講義と同様に「入学金+授業料+諸経費(テキスト代など)」で決まります。 プライベートCA受験対策コースの学費の相場は、以下のとおりです。 入学金: 22,000円〜55,000円 授業料: 380,000円〜415,000円 諸経費(テキスト代など): 30,000円〜 ※上記は相場となります。学費の詳細は入会予定のエアラインスクールにご確認ください。 プライベートCA受験対策コースの場合、グループ講義よりも手厚いサポートが受けられるため、その分学費は割高になります。手厚いサポートを受けたい方や、集中して講義を受けたい方には向いています。 オプションコースの学費 オプションコースの学費も、基本的には「入学金+授業料+諸経費(テキスト代など)」で決まります。 オプションコースコースの学費の相場は、以下のとおりです。 入学金: 22,000円〜55,000円 授業料: 80,000円〜190,000円 諸経費(テキスト代など): 20,000円〜 ※上記は相場となります。学費の詳細は入会予定のエアラインスクールにご確認ください。 一般的な受験対策コースに英語の講義が含まれているスクールも多いですが、TOEICなど専門的な対策を希望する場合は、別途費用がかかるのが一般的です。 エアラインスクールの学費で注意すべきポイント3つ エアラインスクールの学費で、注意すべきポイントは以下の3つです。 授業料以外にかかる費用を事前に確認する 適正料金か確認する 受講期間や講座回数を確認する ここでは、エアラインスクールの学費で注意すべきポイントを1つずつ解説します。 授業料以外にかかる費用を事前に確認する エアラインスクールは、授業料のほかに入学金や教材費などがかかるのが一般的です。 授業料だけしか把握していないと、「実際に入学してみたら、予想よりも高額だった」と後悔しかねません。そんな事態を避けるためにも、授業料以外にかかる費用を事前に確認しておきましょう。 適正料金か確認する 学費が相場から逸脱していないか、確認しましょう。相場を大きく上回る場合は、悪質なスクールの可能性があります。 ぼったくり被害に遭わないためにも、あらかじめ適正料金を把握しておくことが大切です。また、実際に通っている生徒の口コミや評判なども入念にリサーチしておきましょう。 受講期間や講座回数を確認する エアラインスクールの学費を比較する際は、受講期間や講座回数を確認しましょう。コースごとに受講期間や講座回数が決められているので、講座1回あたりの料金が一つの基準になります。 エアラインスクールを選ぶ際は学費だけを注視しがちですが、額面だけではなく受講期間や講義回数を考慮したうえで、最も通う価値が大きいスクールを選びましょう。 なお、エアラインスクール選びのポイントについては、以下の記事で詳しくまとめています。 https://bokuryuu.com/when-is-the-best-time-to-join-airline-school/ まとめ【エアラインスクールの学費は受講コースによって大きく違う】 この記事では、エアラインスクールの学費相場や学費で注意すべきポイントを紹介しました。 エアラインスクールの一般的なCA受験対策コースを受講した場合、学費は30万〜40万円程度が相場です。ただし、受講期間やコースによって費用は大きく変動します。 エアラインスクールは、授業料以外に入学金や諸経費がかかるのが一般的です。学費の相場を把握しておけば、適正料金かどうか判断できます。また、学費だけではなく、受講期間や講座回数も要チェックです。 ぼくらの留学のおすすめプログラム:学費を抑えるなら「クルーラウンジ」がおすすめ 学費を抑えて、CAになるための専門知識と実務を身につけるなら、マレーシアにある外資系専門エアラインスクール「クルーラウンジ(Crew Lounge)」のCA留学プログラムがおすすめです。 「CA留学」については、以下の記事で詳しくまとめています。 https://bokuryuu.com/what-about-crew-lounge/ https://bokuryuu.com/ca-ryugaku/ 「留学」と聞くと、費用面でハードルが高いと思っている方も多いでしょう。しかし、クルーラウンジのCA留学の学費はプログラムの特性上、日本のエアライン専門スクールに通うよりも費用を安く抑えられる可能性が高いです。 アジアNo.1の実績を誇るクルーラウンジで、キャビンアテンダントになる夢をかなえるお手伝いをします! オンライン無料説明会は、「グローバル女子留学公式LINE」にて24時間ご予約を受け付けております。経験豊富なカウンセラーが対応いたしますので、お気軽にご相談ください! ↓↓CA留学のことをもっと詳しく知りたい方は、以下公式LINEへ↓↓…

2022/08/02

外資系CAの採用情報はどうやって探す?募集時期やチェックすべき応募条件も解説!

外資系航空会社のCAを目指していると、 「採用情報はどうやって探せばいいの?」 「募集時期は決まっているの?」 といった、さまざまな疑問に直面するかもしれません。 日系航空会社のようにネットに情報が転がっているわけではないので、採用情報が上手く見つからず悩んでいる方も多いでしょう。 そこでこの記事では、外資系CAを目指す前に知っておくべきことや、外資系CAの採用情報の探し方を紹介します。チェックすべき応募条件についてもお届けするので、最後まで読んで参考にしてください。 外資系CAを目指す前に知っておくべきこと CA採用試験のスケジュールは、外資系航空会社と日系航空会社とでは異なります。採用情報を探す前に、外資系航空会社におけるCA採用の特徴を知っておきましょう。 ここでは、外資系CAを目指す前に知っておくべきことを詳しく紹介します。 CA採用募集の時期は決まっていない 外資系航空会社のCA採用募集の時期は、基本的に決まっていません。この点は、募集時期が決まっている日系航空会社の新卒採用との大きな違いです。 欠員が出たり、日本人CAの採用が必要になったりした場合に随時募集が出ます。そのため、急にCA採用の募集が出たと思ったら、すぐに締め切りになるというケースも珍しくありません。 外資系CAを目指している方は、採用募集が出ていないか常に気にかけておく必要があります。日本人CAの採用を数年に1度しか行わない航空会社もなかにはあるので、見逃さないように注意しましょう。 自ら積極的に採用情報を集める必要がある 外資系CAを目指すのなら、積極的に採用情報を集める必要があります。先述のとおり、採用募集の時期は決まっていないので、待っていても採用情報はやってきません。 そのため、受け身の姿勢ではなく、自ら行動を起こし採用情報をキャッチしにいく能動的な姿勢が大切です。希望の航空会社の採用募集が出たら、すぐにエントリーできるくらいのフットワークの軽さを意識しましょう。 外資系CAの採用情報の探し方については、後述します。 外資系CAの採用情報の探し方 外資系CAの採用募集の時期は決まっていないので、積極的に採用情報を集める前のめりの姿勢が重要だとわかりました。では、実際に外資系CAの採用情報を探すにはどうすれば良いのでしょうか。 結論から述べると、以下の3つの方法があります。 各航空会社の公式サイトをチェックする エアライン業界専用のまとめサイトをチェックする エアラインスクールに通う ここでは、外資系CAの採用情報の探し方を1つずつ解説します。自分に合った方法で、採用情報を探しましょう。 各航空会社の公式サイトをチェックする 各航空会社の公式サイトをチェックするのが、一番確実な方法です。航空会社はそれぞれの企業サイトを持っており、そこに採用情報を掲載しています。採用情報が更新されていないか、公式サイトをこまめにチェックしましょう。 外資系航空会社の採用募集は、国籍別に掲載されているケースが多いので注意が必要です。募集職種のほかに、応募条件や応募方法、選考スケジュールなどが掲載されています。 なお、募集要項などは英語で書かれているので、サイトの翻訳機能を活用すると便利です。 エアライン業界専用のまとめサイトをチェックする エアライン業界専用のまとめサイトなどで、採用募集をチェックする方法も効果的です。各航空会社の募集情報や応募条件などが、一覧でチェックできます。各航空会社の公式サイトを行ったり来たりする手間がかからないので、希望の航空会社が複数ある場合に便利です。 ただし、情報が間違っていたり、古い情報が掲載されていたりする可能性があるので、採用試験に応募する前には、必ず航空会社の公式サイトを確認するようにしましょう。 エアラインスクールに通う エアラインスクールに通うのも、一つの手段です。エアラインスクールは、おもに航空業界に就職するのに必要なスキルや実務を学ぶ場所ですが、航空業界の最新情報が集まる場所でもあります。 講師たちの多くは航空業界出身のプロフェッショナルなので、例年の傾向や経験から外資系CAの採用募集の時期を推測し、共有してもらえる可能性が高いです。そのほかにも、手厚い就活サポートが期待できます。 また、エアラインスクールにはCAを目指す同志が集まるので、情報交換するなどしてネットには載っていない有益な情報を得られるかもしれません。 外資系CAの採用情報でチェックすべき応募条件 外資系CAの採用情報には応募条件が含まれているので、まず自分がその条件を満たしているのか確認する必要があります。 外資系CAの採用情報でチェックすべき応募条件は、以下のとおりです。 最終学歴 身体的な条件 語学力 ここでは、外資系CAの採用情報でチェックすべき応募条件を1つずつ解説します。 最終学歴 多くの外資系航空会社は、CAの応募条件の一つに学歴を設けています。応募資格の最終学歴が「高卒」「専門卒」「大卒」なのか、確認をしましょう。 応募資格を高卒以上としている外資系航空会社もありますが、日本の高校を卒業後に外資系CAに就職するのは、あまり現実的ではありません。なぜなら、「英語が堪能であること」や「社会人経験があること」などが求められるからです。 外資系航空会社は、CAを「即戦力」として採用している点を念頭に置いておきましょう。 身体的な条件 採用情報の応募資格に、身体的な条件が記載されているケースも多いです。たとえば、多くの外資系航空会社では、安全業務の遂行のため具体的な身長制限またはつま先立ちの基準を設けています。 応募資格は航空会社によって異なりますが、身長は160㎝、つま先立ちは212㎝前後が目安です。それぞれの航空会社の身長制限やつま先立ちの基準について、あらかじめ把握しておきましょう。 また、視力の条件を設けている航空会社も多いので、こちらも併せて確認が必要です。 語学力 語学力についても基準があるので、自分のレベルが達しているか確認しましょう。外資系航空会社のCAになるためには、外国人旅客や現地クルーと円滑なコミュニケーションがとれるレベルの英語力が求められます。 航空会社によって求められる英語力は異なりますが、TOEIC600点〜800点程度のレベルが目安です。 一方で、「英語が堪能であること」といった表現が基準になっているケースもあります。英語が堪能とは、外国人旅客や現地クルーが言っていることを正確に理解し、自分の言いたいことを英語で伝えられるレベルだと解釈できます。 航空会社が目安としている英語力は、入社後に行われる英語でのトレーニングについていけるレベルが基準と捉えて良いでしょう。 まとめ【外資系CAの採用情報は能動的な姿勢で探そう】 この記事では、外資系CAを目指す前に知っておくべきことや、外資系CAの採用情報の探し方、チェックすべき応募条件について紹介しました。 外資系CAの採用募集の時期は、基本的に決まっていません。そのため、採用募集が出ていないか常に気にかけ、積極的に採用情報を集める必要があります。 各航空会社の公式サイトやエアライン業界専用のまとめサイトをチェックするなどして、外資系CAの採用情報を探しましょう。航空業界の最新情報が集まるエアラインスクールに通うのも、一つの手段です。 憧れの外資系CAになる夢をかなえるためにも、能動的な姿勢で採用情報をキャッチしましょう。 外資系CAになるための進路や条件、日系航空会社との違いについては、以下の記事で詳しくまとめています。 https://bokuryuu.com/how-to-be-a-foreign-cabin-attendant/   アジアNo.1の実績を誇るクルーラウンジで、キャビンアテンダントになる夢をかなえるお手伝いをします! オンライン無料説明会は、「グローバル女子留学公式LINE」にて24時間ご予約を受け付けております。経験豊富なカウンセラーが対応いたしますので、お気軽にご相談ください! ↓↓CA留学のことをもっと詳しく知りたい方は、以下公式LINEへ↓↓…

2022/08/02

社会人向けのエアラインスクールの特徴!効率良くCAを目指す方法も解説

  学生の頃に一旦はあきらめた、CAになる夢。その夢をあきらめきれず、「エアラインスクールに通ってもう一度CAになる夢をかなえたい」と思っている社会人の方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、社会人向けのエアラインスクールの特徴や、効率良くCAを目指す方法を紹介します。 この記事を読めば、時間が限られている社会人の方でも、無理なくCAを目指せる方法がわかります。 航空会社のCA採用で社会人の需要がある理由 国内外問わず、航空会社のCA採用では社会人の需要があります。理由としては、CAの年齢制限を設けていない航空会社や、社会人経験のある人を評価している航空会社が増えているからです。 ここでは、航空会社のCA採用で社会人の需要がある理由を詳しく紹介します。 CAの年齢制限を設けていない航空会社が増えている かつては「CAになれるのは20代まで」といった風潮があり、中途採用でCAを目指すのは現実的ではありませんでした。 しかし、近年ではCAの年齢制限を引き上げる航空会社や、年齢制限を撤廃する航空会社が増えてきています。それに伴い、30代でCAになる人も増加傾向にあります。 以上のことから年齢をマイナスに捉えず、「社会人経験がある」ことを自分の強みに変えてCA採用試験にチャレンジしましょう。 航空会社は社会人経験のある人を評価している 多くの航空会社は、業界問わず社会人経験のある人を評価しています。社会人としての基礎が備わった人材は即戦力として安心して仕事を任せられるからです。 特に、外資系航空会社では日系航空会社のような「新入社員を一から育てる」といった考え方はなく、即戦力としてCAを採用しています。航空会社によっては、「社会人経験」を採用の条件としているケースも少なくありません。 つまり、すでにキャリアがある社会人は、外資系航空会社との相性が良いといえます。 社会人向けのエアラインスクールの特徴 毎日の仕事や家事などを抱えている社会人は、学生の頃よりも時間的制約が多いものです。エアラインスクールに通いたいものの、通い続けられるか不安に思っている方もいるでしょう。 社会人の方が無理なくエアラインスクールに通うためには、以下のような特徴のあるスクールを選ぶと良いです。 講義スケジュールの調整がしやすいスクール 短期間でCAに必要なスキルや実務を学べるスクール 航空会社とコネクションが強いスクール ここでは、社会人向けのエアラインスクールの特徴を詳しく紹介します。 講義スケジュールの調整がしやすいスクール 社会人の方は、講義スケジュールの調整がしやすいエアラインスクールを選びましょう。自分のペースで無理のない範囲で通えるので、時間的制約のある社会人の方に最適です。 たとえば、夜間や土日に講義を行っているスクールであれば、日中は会社員として働いている方でも仕事がない日時に無理なく通えます。振替講義を受けられるスクールであれば、急用や体調不良で講義を休まざるを得ないときでも安心です。 短期間でCAに必要なスキルや実務を学べるスクール 時間が限られている社会人の方には、短期間でCAに必要なスキルや実務を学べるエアラインスクールが向いています。社会人の方はすでに社会経験とキャリアがあるので、集中的に航空業界の専門知識と実務を学べるスクールであれば、長期間通う必要はありません。 習得スピードには個人差がありますが、1年程度のエアラインスクールのプログラムに参加すれば、CAに必要なスキルや実務は身につきます。 航空会社とコネクションが強いスクール 航空会社とコネクションが強いエアラインスクールを選ぶのも手です。CAを目指しやすい制度や環境が整っています。 たとえば、航空会社への推薦枠を持っているスクールや、航空会社へのインターンシップをプログラムに組み込んでいるスクールなどがあります。 航空会社と密に連携しているエアラインスクールは、CAになるチャンスをよりつかみやすいのが魅力です。 社会人が効率良くCAを目指すなら外資系エアラインスクールがおすすめ 社会人の方が効率良くCAを目指すなら、「留学」という形で外資系エアラインスクールに通うのも一つの手段です。 ここでは、社会人の方に外資系エアラインスクールがおすすめの理由を詳しく紹介します。忙しい社会人だからこそ、最短距離でCAを目指しましょう。 必然的に英語力が高まる 外資系エアラインスクールに留学として通う場合、必然的に語学力が高まるでしょう。基本講義は英語で行われるので、英語漬けの環境に身を置けます。 国際線CAや外資系CAになるには、英語が堪能であることが求められます。とはいえ、英語を勉強する時間が限られている社会人の方も少なくありません。 しかし、外資系エアラインスクールであれば、CAに必要なスキルや実務を英語で学べるので一石二鳥です。 CAになるチャンスをつかみやすい 外資系エアラインスクールは航空会社とのつながりが強い傾向にあり、CAになるチャンスをつかみやすい環境です。 たとえば、航空会社へのインターンシップや、スクール内で航空会社の採用担当者との面接を実施しているエアラインスクールもあります。つまり、在学中にその場で採用が決まる可能性があるのです。 CAへの就職率が高い 外資系エアラインスクールは、CAへの就職率が高いのが特徴です。実際、生徒の80%以上が一流の航空会社に就職しているスクールもあります。一方で、日本でCAになるためには高倍率の採用試験に合格する必要があり、CAへの就職率は高いとはいえません。 しかし、海外に目を向ければ、日本人CAを求めている航空会社はたくさんあります。CAになる道は国内だけではないので、世界にも視野を広げましょう。 CAを目指すための「留学」については、以下の記事で詳しくまとめています。 https://bokuryuu.com/ca-ryugaku/#CA まとめ【社会人は外資系エアラインスクールとの相性が良い 】 この記事では、社会人向けのエアラインスクールの特徴や、効率良くCAを目指す方法を紹介しました。 国内外問わず、航空会社のCA採用では社会人の需要が高まっています。年齢をマイナスに捉えず、「社会人経験がある」ことを自分の強みに変えてCA採用試験にチャレンジしましょう。 社会人の方が効率良くCAを目指すなら、外資系エアラインスクールがおすすめです。短期間で集中的にCAに必要なスキルや実務を学べるうえに、CAになるチャンスをつかみやすい環境が整っています。 時間が限られている社会人だからこそ、効率の良い方法で憧れのCAになる夢をかなえましょう。 ぼくらの留学のおすすめプログラム 留学エージェント「ぼくらの留学」では、マレーシアにある外資系専門エアラインスクールのクルーラウンジ(Crew Lounge)と提携し、CAになるための留学サポートをスタートしました。 クルーラウンジの生徒の8割以上が、一流の航空会社のCAに就職しています。クルーラウンジのCA留学プログラムの詳細は、以下の記事をご参考ください。 https://bokuryuu.com/what-about-crew-lounge/ アジアNo.1の実績を誇るクルーラウンジで、キャビンアテンダントになる夢をかなえるお手伝いをします! オンライン無料説明会は、「グローバル女子留学公式LINE」にて24時間ご予約を受け付けております。経験豊富なカウンセラーが対応いたしますので、お気軽にご相談ください! ↓↓CA留学のことをもっと詳しく知りたい方は、以下公式LINEへ↓↓  …

2022/08/02

大学生・社会人に人気【海外有給インターン】アメリカ、カナダ、オーストラリアの特徴を解説!

ここ数年で一気に加速している日本企業のグローバル化。 しかし実際に外国人と肩を並べて仕事ができる人材が不足しています。 企業では海外留学だけでなく、海外インターン経験者を積極的に採用するようになっているため、海外インターンへの参加を考えている方も増えてきました。 この記事では、大学生や社会人に人気の渡航先アメリカ、カナダ、オーストラリアの有給インターン事情にスポットを当てています。 海外インターンに興味がある方におすすめの内容になっていますので、ぜひチェックしてくださいね! 日本と海外、インターンの違いとは? インターン、またはインターンシップという言葉を知っている人は多いと思いますが、実は日本と海外では若干システムが異なります。 まずは日本のインターンについて知ろう! 日本のインターンは、主に学生「企業の事業内容を知ってもらう」ことを目的としています。 そのため会社説明会だけの数時間のものや、7月から9月の夏休み期間に実施される「就業体験型サマーインターン」が主流です。 学生であれば誰でも気軽に参加できるため、複数の企業のインターンに参加でき幅広い業界を知ることができます。 海外のインターン=採用候補! 海外のインターンには、20代から30代が中心に参加しています。 企業はインターン生に実践的な就労経験を積ませ、採用予定を見込んで育てることが目的です。 期間も6カ月以上で、有休タイプがほとんどです。 インターンに参加する学生側にとっては、学校で学んだ専門知識を現場で生かすことができ、その後の就活に大変有効になるスキルや人脈を形成するチャンスにもなります。 海外インターン、無給と有給の違いとは? 海外インターンには、無給と有給の2つのタイプがあります。 無給インターン 1週間から3カ月以内の短期インターンの場合、企業は学生に「職業体験を提供し学ぶ機会を与える」という立場から、基本的に「無給」です。 仕事内容は、アシスタントとして社員のお手伝いや、ボランティア活動に参加することがメインです。 選択できる職種も介護・医療アシスタント、小学校教師のアシスタントの他にもビジネス、マーケティングなど多種多様で幅広く、ビザ申請の必要もないことから、キャリアチェンジを目指す忙しい社会人にも人気です。 有給インターン 3カ月以上の長期インターンの場合、実際に会社の一員として業務に関わることになり、多くの場合、受け入れ先から報酬が支払われます。 国際ビジネス(事務、会計など)、ホスピタリティ(ホテル、受付など)、IT関連(システムエンジニア、コンサルタントなど)を含む専門性の強い職種を選ぶことができるので、キャリアアップ・スキルアップを目指す方に選ばれています。 長期インターンに参加する場合、ビザの申請が必要になります。 報酬金額は受け入れ企業によることはもちろんのこと、専門職、またはインターン生のスキルや経歴によって異なります。 在学中の学生の場合、長期インターンに参加=休学になってしまうため、慎重に参加を検討してください。 国別!海外有給インターンの特徴 ここでは人気の渡航先アメリカ、カナダ、オーストラリアの有給インターン事情をご紹介します! 圧倒的人気の渡航先!アメリカ 留学先として圧倒的人気を誇るアメリカで有給インターンに参加したい場合は、ビザを申請しなければなりません。 ここでは「ワーホリビザのアメリカ版」として注目のJ1ビザをご紹介します。 J1ビザ(研修ビザ) 通称「研修ビザ」とも呼ばれるJ1ビザは、長期インターンに参加したい方に発行されレます。 職歴に応じて2種類あります。 インターン(最長12カ月):現役の短大・大学生、もしくは新卒1年目で社会経験がない30歳までの方が対象。専攻や学位と受け入れ先の企業の業種が関連していることが必須。 トレーニー(最長18カ月):大卒は1年以上、高卒は5年以上の社会経験があれば、年齢に制限なく参加可能。ただし、職歴と受け入れ先の企業が同じ業種であることが条件。 最新のビザ情報に関しては、米国政府公認のサイトで確認できます。 住みやすく働きやすい国!カナダ ワーキングホリデー(以下ワーホリ)で人気のカナダ。 治安が良く住みやすいだけでなく、他の国に比べ労働ビザや永住権が比較的取得しやすいことから、日本人にも大人気の渡航先です。 ここでは、カナダでインターンを希望する人におすすめのCo-op(コープ)留学をご紹介します。 Co-op留学 カナダでインターンに参加したい外国人のほとんどが、Co-op留学というプログラムを利用しています。 カナダ政府公認の専門学校、私立・公立カレッジの高等教育学校で専門分野を学んだ後、現地企業で有給インターンに参加できるプログラムです。 最短で6カ月(3カ月座学+3カ月インターン)、最長で2年(1年座学+1年インターン)の滞在期間になり、自分の都合に合わせて留学期間を選ぶことができます。 参加条件も高卒以上、ある程度の英語力という2つだけで、年齢制限もありません。 他の国のインターン制度とは異なり滞在期間を延長でき、何度でも参加することができます。 Co-op留学について詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください! https://bokuryuu.com/what-is-coop-program/ ワーホリビザ以外にもある!オーストラリア 「オーストラリアでインターン」というとワーホリを利用する方が多いですが、実はその他にも気軽にインターンに参加できるビザがあります。 学生ビザ 意外と思われるかもしれませんが、なんとオーストラリアでは学生ビザでもインターンに参加できるのです。 政府認定のCRICOS(Commonwealth Register of Institutions and Courses for Overseas Students)に登録されている語学学校、専門学校、大学でフルタイム就学を条件に登録すれば、誰にでも「学生ビザ」が発行されます。 学生ビザを取得している方は、2週間に40時間までの就労が可能です。 そのため、このシステムを利用し働きながら学んでいる方が多くいます。 参加に経験、年齢、英語力の基準がないことから、気軽に海外インターンに参加してみたい方に人気です。 オーストラリアのビザに関しては、政府公式サイトで確認できます! 海外インターンに参加するための準備 気軽に海外インターンに参加できる時代になってきましたが、「思っていたのと違う!」「きつすぎる!」などの理由で挫折してしまう方もいます。 ここでは、海外インターンシップを成功させるために、事前にしておくべき準備について解説していきます。 海外インターンに参加する目的を明確にする 参加することが目的になっている方が多いですが、海外インターンは自分のやりたいことを実現させるための通過点でしかありません。 なぜ費用と時間をかけてわざわざ海外のインターンに参加するのか? 海外で何を学ぶことができるのか? なぜその専門分野を選んだのか? 海外で得た経験を日本でどのように役立てられるか? など、渡航前に目的を明確にすることで、海外インターンでの挫折を防ぐ対処法の一つになります。 英語力をつけておく 海外でのインターンは当然「英語」で行われます。 全てのコミュニケーションは英語ができる前提で進められるため、仮に参加条件に英語力の指定がないとしても、ある程度の英語力をつけておかなければなりません。 職種にもよりますが、最低でもIELTS 4.0〜 / TOEIC 500〜 / TOEFL 45〜は必要です。 そのため、日本にいる間にできる限り英語力をつけておくことが大切です。 英会話教室に通ったり、外国人が集まるイベントに参加したり、英語のニュースを聞いたりと、日本にいる間に積極的に英語に触れましょう。 英語能力試験について詳しく知りたい方は、こちらで解説しています! https://bokuryuu.com/know-about-ielts-in-three-minutes/ https://bokuryuu.com/know-about-toefl-in-three-minutes/ 留学エージェント「ぼくらの留学」では、英語の学習サポートをしています。 必要な英語力を身に付けることができる内容になっていますので、こちらの記事もあわせてご覧ください。 https://bokuryuu.com/coop-preparation-before-admission/ 専門分野のスキルを身につけておく インターンを見つける上で大きな武器になるもの、それは経験とスキルです。 海外企業には世界中から優秀な人材が集まってきます。 企業は即戦力となる経験者を優先的に採用するため、職歴のある社会人が海外インターンでは有利になってしまうのです。 海外インターンを目指す学生は、在学中から自分が専攻しているコースに関連のあるアルバイトやボランティア活動への参加や、短期インターンに挑戦しておくことで、ある程度の経験とスキルを得ることができます。 社会人でインターンを目指している方は、こちらの記事もあわせてご覧ください! https://bokuryuu.com/internship-for-career-growth/ インターン=社員の一員と認識する 誰でも参加することができる日本のインターンと異なり、海外インターンの場合、まずは必要書類をそろえて企業に直接応募し、書類審査が通ったら面接日の連絡があります。 面接は数回行う企業もあり、合格したら採用されるため、就活と同じ流れになっています。 企業側もお金を払う以上、「将来見込みのある人材」を採用するわけです。 また、インターン生は「私はインターンだから何もわからない」という姿勢ではなく、社員の一員としての自覚を持ちながら仕事をすることが求められます。 わからないことは、専門分野に関する本を読んだり、先輩に話を聞いたりと、積極的に仕事に関わっていく姿勢を見せることも大切です。 そのほか、海外インターンに関する記事はこちらです! https://bokuryuu.com/the-internship-useful-for-job-search/ まとめ:アメリカ、カナダ、オーストラリアの有給インターンの特徴を解説 日本企業のグローバル化に伴い、近年、海外インターンの経験者を積極的に採用しています。 海外インターンへの参加を考えている方も増えている中、この記事では 日本と海外、インターンの違いとは?:まずは日本のインターンについて知ろう!、海外のインターン=採用前提! 海外インターン、無給と有給の違いとは?:無給インターン(1週間から3カ月以内の短期)、有給インターン(3カ月以上の長期) 国別!海外有給インターンの特徴:アメリカ(J1ビザ、最長18カ月)、カナダ(Co-op留学、最長2年)、オーストラリア(学生ビザ、2週間に40時間までの就労が可能) 海外インターンに参加するための準備:参加する目的を明確にする、英語力をつけておく、専門分野のスキルを身につけておく、インターン=社員の一員と認識する 以上を詳しく解説してきました。 英語+αが欲しい方、就活に有益なスキルを身につけたい方、キャリアアップ・キャリアチェンジを目指す方は、ぜひ海外インターンを検討してください! インターン参加前に必要な英語力をつけるために、そして海外生活に慣れるためにも語学留学がおすすめです! 詳しく知りたい方は、本留学エージェント「ぼくらの留学」にお問合せください! ぼくらの留学では語学留学だけでなく、Co-op留学、海外大学進学に関するオンライン説明会を無料で開催しています。 留学やインターンの体験談や、現地の最新情報も皆さんにご案内しています。 また、ぼくらの留学「公式 LINE @」から24時間ご予約を受け付けています! 経験豊富なカウンセラーが、みなさんの質問や悩みに対応しますので、お気軽にご相談くださいね!…

2022/08/02