お気軽にご相談ください

エミレーツ航空に採用される英語力はどれくらい?CA採用試験で重視される英語力を解説

the-required-english-skill-of-emirates1

外資系CAの就職先として人気の高い「エミレーツ航空」。エミレーツ航空は、中東最大規模のグローバルな航空会社のため、高い英語力が求められます。

とはいえ、「どれくらいの英語力が必要なの?」と悩んでいる方も多いでしょう。

そこでこの記事では、エミレーツ航空が求める英語力やCA採用試験で重視される英語力を紹介します。英語力が身につく効果的な方法もお届けするので、最後まで読んで参考にしてください。

エミレーツ航空が求める英語力

the-required-english-skill-of-emirates2

エミレーツ航空のCAになるためには、英語が堪能であることが求められます。「英語が堪能」とは、やや抽象的な表現ですが、外国人旅客や現地クルーが言っていることを正確に理解して、自分の言いたいことを英語で伝えられるレベルです。問題なく乗務を遂行できる英語力とも言い換えられます。

ほかの航空会社が設定しているTOEICの点数に置き換えると、700点〜900点程度のレベルは取得しておいたほうがよいでしょう。とはいえ、エミレーツ航空におけるTOEICの点数はあくまでも一つの目安です。

エミレーツ航空の日本人CAとして採用された場合は、日本路線だけではなく、すべての路線に乗務する必要があります。まずは、入社後に行われる英語でのトレーニングについていけるレベルの英語力を目指しましょう

エミレーツ航空のCA採用試験で重視される英語力

he-required-english-skill-of-emirates2

英語が堪能であることが応募資格になっているエミレーツ航空ですが、実際の採用試験ではどのように英語力をはかられるのでしょうか。

ここでは、エミレーツ航空のCA採用試験で重視される英語力を、選考ごとに解説します。

エミレーツ航空のCA募集要項や採用試験の流れについては、以下の記事で詳しくまとめています。

なお、採用試験の流れは変更になる場合がありますので、エミレーツ航空の公式サイトより最新情報をご確認ください。

書類選考

まず、書類選考では、質問に対して正確に英語で回答できているのかを見られます

提出するアプリケーションフォームの内容は以下のとおりです。

  • 個人情報(名前・性別・生年月日・年齢・国籍・連絡先・住所・身長・体重など)
  • スキルや資格
  • 経歴
  • 海外経験
  • 学歴

自身についての情報を回答するだけなので、難しい内容ではありません。簡単なライティングテストのイメージです。しかし、スペルミスや文法の間違い、入力漏れがないように、ダブルチェックをしてから提出しましょう

1次面接

「イニシャル・スクリーニング」と呼ばれる1次面接では、英語で簡単な自己紹介や受け答えができるかがポイントです。

過去には、数行のセンテンスが書かれたカードを渡されて、要約するテストも実施されました。

簡単な英語で問題ないので、正確に物事を伝えられる英語力が重要です。自分の言いたいことを瞬時に英語にできるよう、日頃から練習しておきましょう。

2次面接

2次面接では、ほかの受験者とペアを組み、与えられた話題について議論をします。その後、話し合った内容や結論などを会場で発表する流れです。

自分の意見をきちんと英語で伝えられるか、相手とスムーズな意思疎通がとれているかがポイントです。自分の意見を述べるときに使うフレーズや、相手の意見を聞き出すときに使うフレーズなどを何パターンか用意しておくとよいでしょう。

3次面接

3次面接では、グループディスカッションが行われます。2次面接のペアワーク同様に、与えられた話題について今度は複数人のグループで議論をして、導き出した結論を面接官に発表する流れです。

自分の意見を英語で論理的に話せることももちろん大切ですが、グループディスカッションでは協調性がより重視されます。定刻に飛行機を1便飛ばすためには、整備士や空港スタッフ、客室乗務員、パイロットなど、さまざまな人とのチームワークが欠かせません

そのため、グループディスカッション中は適度なあいづちや話を振るなど、議論がスムーズに進むような気遣いが評価されると考えられます。話を展開する英語のフレーズをいくつか覚えておくと安心です。

最終選考

最終選考は、オンラインで行われるビデオインタビューです。過去の経歴や海外経験、今やっている仕事などについて詳しく質問されます。

回答に対してさらに深掘りした質問が投げかけられるので、質問の意図を汲み取り、正確な英語で論理的に答えましょう。どの質問に対しても、あきらめずに伝えようとする姿勢が大切です。

また、淡々と回答するのではなく、表情や適度なジェスチャーなどを取り入れて、生き生きと話せるとなお良いです。

※その年によって試験内容等変わる場合がございます

【エミレーツ航空の採用試験でも有利】CA留学は英語力が身につく効果的な方法

the-required-english-skill-of-emirates3

エミレーツ航空のCA採用試験に合格するためには、どのような方法で英語力を高めればよいのでしょうか。結論から述べると、海外のエアラインスクールに留学するCA留学が効果的です。

CA留学の特徴や魅力、おすすめの国やプログラムについては、以下の記事で詳しくまとめています。

CA留学で憧れの客室乗務員になる夢を実現しよう!おすすめの国やプログラムも紹介


ここでは、英語力が身につく効果的な方法としてCA留学がおすすめの理由を詳しく解説します。

CAに必要なスキルや実務を英語で学べる

海外のエアラインスクールでは、講義のほとんどが英語で行われています。要するに、CAに必要なスキルや実務を英語で学べるのです。これらのスキルは、倍率の高いエミレーツ航空の採用試験において有利に働きます。

日本でCAを目指す場合、CAの専門スキルと英語は別々に勉強するのが一般的です。そのため、手間や時間がかかるのが否めません。

CAの即戦力として働ける力と英語力を同時に養いたいのなら、CA留学を選ぶのも一つの手段です。

実際の採用試験を想定した面接対策ができる

海外のエアラインスクールには、航空業界出身の講師や実際に面接官をしていた講師が多く在籍していますそのため、実際の採用試験を想定した本格的な面接対策や的確な指導を受けられるのです。

エミレーツ航空は面接の回数が多いので、手厚い面接指導が受けられる海外のエアラインスクールがおすすめです。

英語でのコミュニケーション力が高まる

CA留学をすれば、英語でのコミュニケーション力が高まります。海外のエアラインスクールには世界中から生徒が集まるので、英語を使ったコミュニケーションがメインです。

海外のエアラインスクールの環境は、多国籍な従業員が働いているエミレーツ航空の環境に近しいものがあります。文化、習慣、宗教の異なるバックグラウンドを持つ人たちとの交流を通じて、エミレーツ航空が重視している「異文化理解力」や「英語でのコミュニケーション力」を高められるでしょう。

まとめ【英語力を高めてエミレーツ航空の採用試験にのぞもう】

この記事では、エミレーツ航空が求める英語力やCA採用試験で重視される英語力、英語力が身につく効果的な方法を紹介しました。

エミレーツ航空のCAになるためには、英語が堪能であることが求められます。

具体的にまとめると、

  • 外国人旅客や現地クルーが言っていることを正確に理解できる
  • 自分の言いたいことを英語で伝えられる
  • 問題なく乗務を遂行できる
  • 入社後のトレーニングについていける

などのレベルが基準です。

エミレーツ航空の採用試験では、正確な英語で論理的に自分の意見を伝えられるかが重視されます。

倍率の高いエミレーツ航空の採用試験を通過するには、航空業界の専門知識と同時に英語力を身につけられる「CA留学」が効果的です。

英語力を高めて、エミレーツ航空の採用試験にのぞみましょう。

CA留学の特徴や魅力、おすすめの国やプログラムについては、以下の記事で詳しくまとめています。

CA留学で憧れの客室乗務員になる夢を実現しよう!おすすめの国やプログラムも紹介



PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事