お気軽にご相談ください

外資系CAの採用情報はどうやって探す?募集時期やチェックすべき応募条件も解説!

how-to-get-an-information-of-foreign-cabin-attendant1

外資系航空会社のCAを目指していると、

「採用情報はどうやって探せばいいの?」
「募集時期は決まっているの?」

といった、さまざまな疑問に直面するかもしれません。

日系航空会社のようにネットに情報が転がっているわけではないので、採用情報が上手く見つからず悩んでいる方も多いでしょう。

そこでこの記事では、外資系CAを目指す前に知っておくべきことや、外資系CAの採用情報の探し方を紹介します。チェックすべき応募条件についてもお届けするので、最後まで読んで参考にしてください。

外資系CAを目指す前に知っておくべきこと

how-to-get-an-information-of-foreign-cabin-attendant2

CA採用試験のスケジュールは、外資系航空会社と日系航空会社とでは異なります。採用情報を探す前に、外資系航空会社におけるCA採用の特徴を知っておきましょう。

ここでは、外資系CAを目指す前に知っておくべきことを詳しく紹介します。

CA採用募集の時期は決まっていない

外資系航空会社のCA採用募集の時期は、基本的に決まっていません。この点は、募集時期が決まっている日系航空会社の新卒採用との大きな違いです。

欠員が出たり、日本人CAの採用が必要になったりした場合に随時募集が出ます。そのため、急にCA採用の募集が出たと思ったら、すぐに締め切りになるというケースも珍しくありません

外資系CAを目指している方は、採用募集が出ていないか常に気にかけておく必要があります。日本人CAの採用を数年に1度しか行わない航空会社もなかにはあるので、見逃さないように注意しましょう。

自ら積極的に採用情報を集める必要がある

外資系CAを目指すのなら、積極的に採用情報を集める必要があります。先述のとおり、採用募集の時期は決まっていないので、待っていても採用情報はやってきません。

そのため、受け身の姿勢ではなく、自ら行動を起こし採用情報をキャッチしにいく能動的な姿勢が大切です。希望の航空会社の採用募集が出たら、すぐにエントリーできるくらいのフットワークの軽さを意識しましょう。

外資系CAの採用情報の探し方については、後述します。

外資系CAの採用情報の探し方

how-to-get-an-information-of-foreign-cabin-attendant3

外資系CAの採用募集の時期は決まっていないので、積極的に採用情報を集める前のめりの姿勢が重要だとわかりました。では、実際に外資系CAの採用情報を探すにはどうすれば良いのでしょうか。

結論から述べると、以下の3つの方法があります。

  • 各航空会社の公式サイトをチェックする
  • エアライン業界専用のまとめサイトをチェックする
  • エアラインスクールに通う

ここでは、外資系CAの採用情報の探し方を1つずつ解説します。自分に合った方法で、採用情報を探しましょう。

各航空会社の公式サイトをチェックする

各航空会社の公式サイトをチェックするのが、一番確実な方法です。航空会社はそれぞれの企業サイトを持っており、そこに採用情報を掲載しています。採用情報が更新されていないか、公式サイトをこまめにチェックしましょう。

外資系航空会社の採用募集は、国籍別に掲載されているケースが多いので注意が必要です。募集職種のほかに、応募条件や応募方法、選考スケジュールなどが掲載されています。

なお、募集要項などは英語で書かれているので、サイトの翻訳機能を活用すると便利です。

エアライン業界専用のまとめサイトをチェックする

エアライン業界専用のまとめサイトなどで、採用募集をチェックする方法も効果的です。各航空会社の募集情報や応募条件などが、一覧でチェックできます。各航空会社の公式サイトを行ったり来たりする手間がかからないので、希望の航空会社が複数ある場合に便利です。

ただし、情報が間違っていたり、古い情報が掲載されていたりする可能性があるので、採用試験に応募する前には、必ず航空会社の公式サイトを確認するようにしましょう。

エアラインスクールに通う

エアラインスクールに通うのも、一つの手段です。エアラインスクールは、おもに航空業界に就職するのに必要なスキルや実務を学ぶ場所ですが、航空業界の最新情報が集まる場所でもあります

講師たちの多くは航空業界出身のプロフェッショナルなので、例年の傾向や経験から外資系CAの採用募集の時期を推測し、共有してもらえる可能性が高いです。そのほかにも、手厚い就活サポートが期待できます。

また、エアラインスクールにはCAを目指す同志が集まるので、情報交換するなどしてネットには載っていない有益な情報を得られるかもしれません。

外資系CAの採用情報でチェックすべき応募条件

how-to-get-an-information-of-foreign-cabin-attendant4

外資系CAの採用情報には応募条件が含まれているので、まず自分がその条件を満たしているのか確認する必要があります。

外資系CAの採用情報でチェックすべき応募条件は、以下のとおりです。

  • 最終学歴
  • 身体的な条件
  • 語学力

ここでは、外資系CAの採用情報でチェックすべき応募条件を1つずつ解説します。

最終学歴

多くの外資系航空会社は、CAの応募条件の一つに学歴を設けています。応募資格の最終学歴が「高卒」「専門卒」「大卒」なのか、確認をしましょう。

応募資格を高卒以上としている外資系航空会社もありますが、日本の高校を卒業後に外資系CAに就職するのは、あまり現実的ではありません。なぜなら、「英語が堪能であること」や「社会人経験があること」などが求められるからです。

外資系航空会社は、CAを「即戦力」として採用している点を念頭に置いておきましょう。

身体的な条件

採用情報の応募資格に、身体的な条件が記載されているケースも多いです。たとえば、多くの外資系航空会社では、安全業務の遂行のため具体的な身長制限またはつま先立ちの基準を設けています。

応募資格は航空会社によって異なりますが、身長は160㎝、つま先立ちは212㎝前後が目安です。それぞれの航空会社の身長制限やつま先立ちの基準について、あらかじめ把握しておきましょう。

また、視力の条件を設けている航空会社も多いので、こちらも併せて確認が必要です。

語学力

語学力についても基準があるので、自分のレベルが達しているか確認しましょう。外資系航空会社のCAになるためには、外国人旅客や現地クルーと円滑なコミュニケーションがとれるレベルの英語力が求められます。

航空会社によって求められる英語力は異なりますが、TOEIC600点〜800点程度のレベルが目安です。

一方で、「英語が堪能であること」といった表現が基準になっているケースもあります。英語が堪能とは、外国人旅客や現地クルーが言っていることを正確に理解し、自分の言いたいことを英語で伝えられるレベルだと解釈できます。

航空会社が目安としている英語力は、入社後に行われる英語でのトレーニングについていけるレベルが基準と捉えて良いでしょう。

まとめ【外資系CAの採用情報は能動的な姿勢で探そう】

この記事では、外資系CAを目指す前に知っておくべきことや、外資系CAの採用情報の探し方、チェックすべき応募条件について紹介しました。

外資系CAの採用募集の時期は、基本的に決まっていません。そのため、採用募集が出ていないか常に気にかけ、積極的に採用情報を集める必要があります。

各航空会社の公式サイトやエアライン業界専用のまとめサイトをチェックするなどして、外資系CAの採用情報を探しましょう。航空業界の最新情報が集まるエアラインスクールに通うのも、一つの手段です。

憧れの外資系CAになる夢をかなえるためにも、能動的な姿勢で採用情報をキャッチしましょう。

外資系CAになるための進路や条件、日系航空会社との違いについては、以下の記事で詳しくまとめています。

外資系CAになるには?進路や条件、日系エアラインとの違いをまとめて解説!



PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事