お気軽にご相談ください

エミレーツ航空の客室乗務員として働きたい!募集要項や採用試験の流れを解説

cabin-crew-of-emirates1

世界トップクラスの航空会社の一つである、アラブ首長国連邦の「エミレーツ航空」。その高級感あふれるブランドイメージに憧れ、「エミレーツ航空の客室乗務員を目指したい」と思っている方も多いでしょう。

そこでこの記事では、エミレーツ航空の基本情報や客室乗務員として働くメリット、エミレーツ航空の客室乗務員の募集要項や採用試験の流れを紹介します。

採用試験に向けて、エミレーツ航空について情報収集したいと思っている方は最後まで読んで参考にしてください。

エミレーツ航空の基本情報

cabin-crew-of-emirates2

エミレーツ航空(Emirates)は、アラブ首長国連邦のドバイを拠点とする中東最大級の航空会社です。ドバイという地理を活かして、85か国150以上の都市に就航しています。(※2022年7月現在)

エミレーツ航空のファーストクラスは、最高級のおもてなしが受けられることで有名です。

たとえば、以下のような機内サービスが挙げられます。

  • プライバシーが確保された完全個室
  • 高級ダイニング
  • シャワースパ
  • カクテルバー
    など

エミレーツ航空では、160か国以上の従業員が働いています。旅客のさまざまなニーズに柔軟に対応できるのは、多国籍な人材が集まるエミレーツ航空の強みです。

エミレーツ航空の客室乗務員として働くメリット

cabin-crew-of-emirates3

エミレーツ航空の客室乗務員として働く場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、エミレーツ航空の客室乗務員として働くメリットを詳しく解説します。

国際感覚が身につく

エミレーツ航空の客室乗務員として働くと、国際感覚が身につきます。先述のとおり、エミレーツ航空には世界中から人材が集まってくるので、非常にグローバルな環境です。

文化、習慣、宗教などが異なるバックグラウンドのクルーたちと一緒に働くことで、自然と国際感覚が身につきます。

また、一緒に働くクルーだけでなく、旅客の国籍も多種多様です。接客を通じて、異文化理解力やコミュニケーション力の向上が期待できます。

世界中の就航都市へ乗務できる

外資系航空会社の日本人客室乗務員として働く場合、日本路線に乗務するのが一般的です。しかし、エミレーツ航空は150以上の就航都市があるので、世界中の路線に乗務できる機会が多くあります

世界中を飛び回りたい方にとっては、エミレーツ航空の就航都市の多さは魅力の一つです。ただし、就航都市が多いほど、不規則な勤務時間になりやすいので、体力と念入りな体調管理は欠かせません。

福利厚生が充実している

エミレーツ航空は福利厚生が充実しており、働きやすい環境が整っています。

以下は、エミレーツ航空が提供している福利厚生の一例です。

  • ドバイでの宿泊場所
  • エミレーツ航空や他の航空会社の割引チケット
  • ホテルや旅行会社の特別特典

エミレーツ航空の客室乗務員になったら、拠点であるアラブ首長国連邦のドバイに移住することになります。ドバイでの生活で困らないよう、会社が居住面で手厚いサポートをしてくれるので安心です。

福利厚生の内容は変更になる場合がありますので、エミレーツ航空の公式サイトより最新情報をご確認ください。

エミレーツ航空の客室乗務員の募集要項

cabin-crew-of-emirates4

エミレーツ航空の客室乗務員の募集要項は、以下のとおりです。

最終学歴:高卒以上
年齢:21歳以上
アームリーチ:爪先立ちで片手を伸ばした状態で最低212 ㎝まで届くこと
身長:160㎝以上
健康状態:航空機乗務に際し、健康状態が良好であること
視力:視力が良好であること(コンタクトレンズ可、矯正視力1.0以上、眼鏡不可)
語学力:英語が堪能であること
経験:接客業の経験があればなお可
適性:前向き思考な人
チームワークがあり素晴らしいサービスを提供できる能力を持った人
さまざまな文化背景を持った人々に対応できる人
その他:制服着用の際、見える部位に刺青がないこと
アラブ首長国連邦の雇用ビザ要件を満たすこと
最終面接から3ヶ月以内にドバイでのトレーニングに参加できる人

※参考:https://www.emiratesgroupcareers.com/cabin-crew/

募集要項は変更になる場合がありますので、エミレーツ航空の公式サイトより最新情報をご確認ください。

エミレーツ航空の客室乗務員の採用試験の流れ

cabin-crew-of-emirates5

エミレーツ航空の客室乗務員を目指すにあたって、どのようなステップを踏めばよいのでしょうか。

ここでは、エミレーツ航空の客室乗務員の採用試験の流れを詳しく解説します。

なお、採用試験の流れは変更になる場合がありますので、エミレーツ航空の公式サイトより最新情報をご確認ください。

書類選考

まず、エミレーツ航空の採用代行をしている「エアリッジ」のサイトからアプリケーションフォームをダウンロードして、必要事項を入力します。入力後、上半身の写真を添付のうえメールで提出しましょう。なお、アプリケーションフォームは英語で入力する必要があります。

アプリケーションフォームの内容は以下のとおりです。

  • 個人情報(名前・性別・生年月日・年齢・国籍・連絡先・住所・身長・体重など)
  • スキルや資格
  • 経歴
  • 海外経験
  • 学歴
    など

入力漏れがないように、ダブルチェックをしてから提出しましょう。

1次面接(イニシャル・スクリーニング)

書類選考に通過したら、「イニシャル・スクリーニング」と呼ばれる選考が国内で行われます。

イニシャル・スクリーニングのおもな内容は、以下のとおりです。

  • 会社説明
  • 身長測定とアームリーチチェック
  • 英語面接

面接では、英語で簡単な自己紹介や受け答えができるかを見られます。1次面接では第一印象がとにかく大事なので、笑顔と清潔感のある身だしなみを意識しましょう。

なお、ドレスコードが決められているので、注意が必要です。

女性男性
髪型:シニヨンなどのアップヘア髪型:きちんと整えた髪型
顔:フルメイクアップ顔:髭なし
ドレスコード:ビジネススーツ(原則スカート)ドレスコード:ビジネススーツ
靴:ヒール靴:フォーマルシューズ

2次面接と3次面接(ペアワークとグループディスカッション)

2次面接では、ほかの受験者とペアを組み、与えられた話題について議論します。その後、面接官に話し合った内容を発表する流れです。

相手と問題なく意思疎通がとれているか、自分の意見をちゃんと伝えられているかを見られます。

2次面接を通過したら、同日に3次面接としてグループディスカッションが行われます。こちらも与えられた話題について、グループで議論をし、結論を出して発表する流れです。

グループディスカッションでは、自分の意見を言うことも必要ですが、協調性やチームワークがより重視されます。適度なあいづちや話を振るなど、議論しやすい雰囲気づくりに徹するのがポイントです。

最終選考(ビデオインタビュー)

最終選考は、オンラインを使用したビデオインタビューです。過去の経歴や海外経験、今やっている仕事などについて質問されます。

回答に対してさらに深掘りした質問が投げかけられるので、面接官の質問の意図を汲み取り、論理的に答えましょう。どんな質問がきても、冷静に答えようとする姿勢が重視されます。

まとめ【エミレーツ航空の客室乗務員になるためには早めの対策を】

この記事では、エミレーツ航空の基本情報や客室乗務員として働くメリット、エミレーツ航空の客室乗務員の募集要項や採用試験の流れを紹介しました。

ドバイを拠点とするエミレーツ航空は、世界150都市以上に就航する中東最大級の航空会社です。グローバルなエミレーツ航空の客室乗務員になれば、国際感覚を養えます。世界中を飛び回る就航都市の多さや、ドバイでの快適な生活をサポートしてくれる福利厚生なども、エミレーツ航空の魅力です。

書類選考から最終選考までの道のりが長く、大変だと思うかもしれません。しかし、それぞれの面接で重視されるポイントを事前におさえておけば、選考が通過しやすくなります

人気の高いエミレーツ航空の客室乗務員だからこそ、早めの対策が重要です。


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事