お気軽にご相談ください

エアラインスクールの学費はどのくらい?相場や注意すべきポイントを徹底解説!

cost-of-airline-school1

航空業界の就活対策を専門に行う「エアラインスクール」。航空業界の知識や実務などを広く学べます。

とはいえ、CAを目指すためにエアラインスクールに通いたいものの、「どのくらい学費がかかるの?」と不安に思っている方も多いでしょう。

そこでこの記事では、エアラインスクールの学費相場や学費で注意すべきポイントを紹介します。これからエアラインスクールに通おうと思っている方は、最後まで読んで参考にしてください。

エアラインスクールのCAコースの種類

cost-of-airline-school2

エアラインスクールの学費相場は、受講するコースによって大きく異なります。学費の相場の前に、大まかなCAコースの種類を把握しておきましょう。

エアラインスクールのCAコースには、以下のような種類があります。

国内CA受験対策コース:日系航空会社への就職を目指したコース
講義内容:一般教養、マナー、書類添削、面接対策、英語など
外資系CA受験対策コース:外資系航空会社への就職を目指したコース
講義内容:マナー、実務、書類添削、英語面接対策など
プライベートコース:マンツーマンで講義が受けられるコース
講義内容:一般教養、マナー、書類添削、面接対策、英語など
オプションコース:TOEICの試験対策やインターンシップの準備などをメインに行うコース
講義内容:TOEIC対策など

なお、エアラインスクールによってコース名やコースの種類、講義内容は異なります。それぞれの特徴を知ったうえで、自分に合ったコースを選択しましょう。

エアラインスクールの学費相場

cost-of-airline-school3

エアラインスクールに通うとなると、どれくらいの学費がかかるのでしょうか。

結論から述べると、一般的なCA受験対策コースを受講した場合は30万〜40万円程度が相場です。ただし、受講期間やコースによっても費用は大きく変動するため、一概にはいえません。

ここでは、エアラインスクールの学費相場を

  • 一般的なCA受験対策コース
  • プライベートCA受験対策コース
  • オプションコース

の3つに分けて解説します。

エアラインスクールを選ぶ際の一つの基準として、参考にしてみてください。

一般的なCA受験対策コースの学費

一般的なCA受験対策コースの学費は、基本的に「入学金+授業料+諸経費(テキスト代など)」で決まります。

一般的なCA受験対策コースの学費相場は、以下のとおりです。

入学金:22,000円〜55,000円
授業料:150,000円〜415,000円
諸経費(テキスト代など):30,000円〜

※上記は相場となります。学費の詳細は入会予定のエアラインスクールにご確認ください。

上記のほか、TOEIC対策講座やインターンシップ準備講座などのオプションコースに受講する場合は、別途費用が発生するのが一般的です。一方で、キャンペーンや各種割引、免除制度を利用できる場合は、上記の料金に割引が適用されます

プライベートCA受験対策コースの学費

プライベートCA受験対策コースの学費も、グループ講義と同様に「入学金+授業料+諸経費(テキスト代など)」で決まります。

プライベートCA受験対策コースの学費の相場は、以下のとおりです。

入学金:22,000円〜55,000円
授業料:380,000円〜415,000円
諸経費(テキスト代など):30,000円〜

※上記は相場となります。学費の詳細は入会予定のエアラインスクールにご確認ください。

プライベートCA受験対策コースの場合、グループ講義よりも手厚いサポートが受けられるため、その分学費は割高になります。手厚いサポートを受けたい方や、集中して講義を受けたい方には向いています。

オプションコースの学費

オプションコースの学費も、基本的には「入学金+授業料+諸経費(テキスト代など)」で決まります。

オプションコースコースの学費の相場は、以下のとおりです。

入学金:22,000円〜55,000円
授業料:80,000円〜190,000円
諸経費(テキスト代など):20,000円〜

※上記は相場となります。学費の詳細は入会予定のエアラインスクールにご確認ください。

一般的な受験対策コースに英語の講義が含まれているスクールも多いですが、TOEICなど専門的な対策を希望する場合は、別途費用がかかるのが一般的です。

エアラインスクールの学費で注意すべきポイント3つ

cost-of-airline-school4

エアラインスクールの学費で、注意すべきポイントは以下の3つです。

  • 授業料以外にかかる費用を事前に確認する
  • 適正料金か確認する
  • 受講期間や講座回数を確認する

ここでは、エアラインスクールの学費で注意すべきポイントを1つずつ解説します。

授業料以外にかかる費用を事前に確認する

エアラインスクールは、授業料のほかに入学金や教材費などがかかるのが一般的です。

授業料だけしか把握していないと、「実際に入学してみたら、予想よりも高額だった」と後悔しかねません。そんな事態を避けるためにも、授業料以外にかかる費用を事前に確認しておきましょう。

適正料金か確認する

学費が相場から逸脱していないか、確認しましょう。相場を大きく上回る場合は、悪質なスクールの可能性があります。

ぼったくり被害に遭わないためにも、あらかじめ適正料金を把握しておくことが大切です。また、実際に通っている生徒の口コミや評判なども入念にリサーチしておきましょう。

受講期間や講座回数を確認する

エアラインスクールの学費を比較する際は、受講期間や講座回数を確認しましょう。コースごとに受講期間や講座回数が決められているので、講座1回あたりの料金が一つの基準になります。

エアラインスクールを選ぶ際は学費だけを注視しがちですが、額面だけではなく受講期間や講義回数を考慮したうえで、最も通う価値が大きいスクールを選びましょう

なお、エアラインスクール選びのポイントについては、以下の記事で詳しくまとめています。

いつからエアラインスクールに通うべき?入学までの流れやスクール選びのポイントを解説!


まとめ【エアラインスクールの学費は受講コースによって大きく違う】

cost-of-airline-school5

この記事では、エアラインスクールの学費相場や学費で注意すべきポイントを紹介しました。

エアラインスクールの一般的なCA受験対策コースを受講した場合、学費は30万〜40万円程度が相場です。ただし、受講期間やコースによって費用は大きく変動します

エアラインスクールは、授業料以外に入学金や諸経費がかかるのが一般的です。学費の相場を把握しておけば、適正料金かどうか判断できます。また、学費だけではなく、受講期間や講座回数も要チェックです。

ぼくらの留学のおすすめプログラム:学費を抑えるなら「クルーラウンジ」がおすすめ

学費を抑えて、CAになるための専門知識と実務を身につけるなら、マレーシアにある外資系専門エアラインスクール「クルーラウンジ(Crew Lounge)」のCA留学プログラムがおすすめです。

「CA留学」については、以下の記事で詳しくまとめています。

CA留学で憧れの客室乗務員になる夢を実現しよう!おすすめの国やプログラムも紹介

「留学」と聞くと、費用面でハードルが高いと思っている方も多いでしょう。しかし、クルーラウンジのCA留学の学費はプログラムの特性上、日本のエアライン専門スクールに通うよりも費用を安く抑えられる可能性が高いです。

留学エージェント「ぼくらの留学」はクルーラウンジと提携し、CAを目指しているみなさんの夢をかなえるため全力でサポートを行っています。

クルーラウンジのCA留学プログラムに興味を持った方は、ぜひこの機会に一度お気軽にお問い合わせください!

マレーシアにあるクルーラウンジ(Crew Lounge)とは?CA留学プログラムの魅力をまとめて解説!


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事