お気軽にご相談ください

7月 2022

7月 2022のブログ

【外資系CAの髪型事情】髪型の決まりやヘアスタイルを解説!よくある質問にもお答えします

  CAは接客業のため、清潔感のある身だしなみを意識する必要があります。CA採用試験の合否は、外見が左右するといっても過言ではありません。 とはいえ、「外資系CAの髪型には決まりがあるの?」「外資系CAにふさわしい髪型を知りたい」と悩んでいる方も多いでしょう。 そこでこの記事では、外資系CAの髪型事情やヘアスタイルの種類を紹介します。外資系CAの髪型についてよくある質問にもお答えするので、最後まで読んで参考にしてくださいね。 外資系CAの髪型事情【清潔感が大事】 外資系CAの髪型には、決まりなどがあるのでしょうか。結論から述べると、航空会社によって異なります。髪型の規則が決められている航空会社もあれば、個人に任せている航空会社もあります。 しかし、全航空会社に共通していえるのは、「清潔感のある髪型が求められる」ことです。 ここでは、外資系CAの髪型事情を詳しく紹介します。 外資系航空会社はCAの身だしなみ指導に力を入れている 外系航空会社は、CAたちの身だしなみの指導に力を入れています。入社後のCA向けに、ヘアスタイルやメイクのレッスンを実施している外資系航空会社は多いです。 一般的に外資系航空会社は、日系航空会社よりも身だしなみなどの規則が緩いイメージがあるかもしれません。しかし、特に世界トップクラスの外資系航空会社の場合は、清潔感はもちろん外見の美しさを重視しているので、髪型まで抜かりなく身なりを整えておく必要があります。 肩やまゆげに髪がかからないようにまとめる 基本的に肩やまゆげに髪がかかる長さであれば、まとめる必要があると考えてよいでしょう。CAの業務には、ドリンクや機内食のサービス提供が含まれているので、長い髪をおろしていると不衛生なイメージを旅客に与えてしまいます。 そればかりか、緊急時の機内アナウンスを聞き取る妨げになりかねません。髪が長い方は、お団子スタイルなどで髪をしっかりとまとめましょう。 また、前髪の長さにも注意が必要です。前髪が目にかかってしまうと、お辞儀をする際に髪の毛が落ちてきてわずらわしさを感じます。オールバックができる長さではない場合は、ヘアピンやヘアスプレーなどを上手く活用して固定しましょう。額がでている面積が広いほど、表情が明るく見えます。 地上で勤務するときはおろしてもOK CAは月に数回、地上での勤務があります。乗務ではない日は、基本的にアップヘアにする必要はありません。通常の会社に勤務するような身だしなみ・髪型で通勤しましょう。ただし、髪をおろした状態のほうが髪色が明るく見えるので、染めている方は注意が必要です。 とはいえ、髪色の規定を設けている外資系航空会社はそう多くはありません。なぜなら、外資系CAの国籍はさまざまなので、生まれ持った髪色もバラバラだからです。また、外資系航空会社側は、日本人CAの髪色がナチュラルなのか、染めているのかは判断できません。 ただし、航空会社によっては「日本人らしい髪色」や「瞳の色と近い明るさ」という決まりを設けているケースもあります。 外資系CAに多い髪型の種類 先述のとおり、CAの髪型は清潔感が何よりも大事です。肩やまゆげに髪がかかる長さであれば、まとめるべきだとわかりました。 実際の外資系CAたちはどのような髪型をしているのでしょうか。 ここでは、外資系CAに多い髪型の種類を詳しく紹介します。自分がやりやすい髪型を見つけてください。 夜会巻 外資系CAの髪型で多いのは、「夜会巻(やかいまき)」です。夜会巻とは、前髪をオールバックにして、髪をねじり上げてまとめたヘアアレンジを指します。まとめ上げた曲線が女性らしく、エレガントな雰囲気のあるアップスタイルです。夜会巻はうなじをスッキリ見せられるので、清潔感があります。 一見、難しそうなヘアスタイルですが、慣れれば手際良く髪をまとめられるようになるでしょう。 夜会巻の基本的な作り方は、以下のとおりです。 【用意するもの】 ヘアオイルや洗い流さないトリートメント ヘアブラシ Uピン適量(大小) ヘアスプレーやヘアワックス 【作り方】 ヘアブラシで髪全体をとかす ヘアオイルや洗い流さないトリートメントをつける 頭の真ん中より少し下の位置でポニーテールを作る ポニーテールをねじりながら徐々に上に持っていく ねじった髪の真ん中あたりに大きなUピンを差し込む そのままひっくり返してとめる 上にでている髪を入れ込みながら、小さいほうのUピンを差し込む 必要に応じてヘアスプレーなどで髪を整える トップヘアの高さは、航空会社の雰囲気に合わせて調整しましょう。 シニヨンスタイル(お団子スタイル) 夜会巻に抵抗がある場合や、制服に帽子があってヘアスタイルに高さを出せない場合は、「シニヨンスタイル(お団子スタイル)」が最適です。シニヨンスタイルは夜会巻ほどの派手さはないものの、ヘアネットを使って簡単にできるうえに、きちんと髪をまとめられるので清潔感があります。 【用意するもの】 ヘアオイルや洗い流さないトリートメント ヘアブラシ ヘアネット Uピン適量 ヘアスプレーやヘアワックス 【作り方】 ヘアブラシで髪全体をとかす ヘアオイルや洗い流さないトリートメントをつける 頭の真ん中より少し下の位置でポニーテールを作る Uピンをヘアネットの上部に差し込む ポニーテールをヘアネットの中に入れる お団子になるように巻きつけながらまとめてUピンでとめる 必要に応じてヘアスプレーなどで髪を整える シニヨンスタイルはシンプルなので、航空会社問わず使える髪型です。 ショートヘア 外資系CAのなかには、ボブやショートカットの人もいます。先述のとおり、毛先が肩につかない長さであれば、ダウンヘアを許可している航空会社が多いです。 ショートヘアのメリットは、 ヘアセットに時間がかからない 髪が痛まない 頭痛になりにくい などが挙げられます。 ただし、ショートヘアの場合でも顔周りの髪は耳にかけたり、ストレートアイロンで髪にツヤをだしたりと清潔感にはこだわりましょう。お辞儀の度に、髪を触ることがないように注意が必要です。 外資系CAの髪型Q&A ここでは、外資系CAの髪型についてよくある質問にお答えします。 Q:外資系CAがつけるヘアアクセサリーには決まりがあるの? 航空会社は、CAが使用するヘアアクセサリーの決まりを設けているケースがあります。一概にはいえませんが、各航空会社の制服の色やイメージカラーに合ったもの、髪色になじむシンプルなものであれば問題ないでしょう。 Q:外資系CA採用試験で提出する写真の髪型はどうする? 外資系CAの採用試験で使う写真を撮影するときは、顔まわりがスッキリした髪型でのぞみましょう。外資系CAらしい華やかなイメージや、明るい表情が伝わりやすくなります。 先述した前髪なしの夜会巻やシニヨンスタイルがおすすめです。 Q:外資系CAの面接に行くときはどんな髪型で行くべき? 外資系CAの面接に行くときは、きちんとまとめられたアップヘアで行きましょう。面接では第一印象が何よりも大事なので、髪型までとことんこだわる必要があります。 繰り返しになりますが、CAは清潔感が命です。そのうえで航空会社の雰囲気に合った髪型や、その航空会社のCAたちがよくしている髪型にするとよいでしょう。いずれも、その航空会社のCAの一員として働く姿を面接官に想像してもらうことがポイントです。 まとめ【外資系CAの髪型は清潔感と航空会社のイメージを大切に】 この記事では、外資系CAの髪型事情やヘアスタイルの種類を紹介しました。 CAの髪型のルールは、航空会社によって異なります。しかし、どの航空会社においても、旅客から見て好感が持てる髪型や清潔感のある髪型にするのが重要です。 基本的に肩やまゆげに髪がかかる長さであれば、アップヘアにしてまとめる必要があります。外資系CAにふさわしい髪型は、夜会巻・シニヨンスタイル・ショートヘアです。いずれも、勤務する航空会社のイメージに合った髪型を意識するとよいでしょう。 ぜひ今回紹介した髪型のなかから、自分に合ったものを見つけてくださいね! 髪型以外に気になる外資系CAの情報は、以下の記事で詳しく紹介しています。 https://bokuryuu.com/how-to-be-a-foreign-cabin-attendant/   アジアNo.1の実績を誇るクルーラウンジで、キャビンアテンダントになる夢をかなえるお手伝いをします! オンライン無料説明会は、「グローバル女子留学公式LINE」にて24時間ご予約を受け付けております。経験豊富なカウンセラーが対応いたしますので、お気軽にご相談ください! ↓↓CA留学のことをもっと詳しく知りたい方は、以下公式LINEへ↓↓…

2022/07/17

社会人におすすめ【Co-op留学】カナダで有給インターンに挑戦までの流れ!

就活に役立つ海外プログラムとして人気のCo-op(コープ)留学。 国内外を問わず就職に有利になる資格が取れるとして、在籍中の大学生・専門学生から絶大の人気を得ています。 転職する方が増えている影響で、近年ではキャリアアップやキャリアチェンジを目指す社会人からの問い合わせが多くなっています。 この記事ではCo-op留学に注目している社会人の疑問や悩みを解消していただくために、基本情報から渡航前日までを解説しています。 それでは早速みていきましょう! まずはCo-op留学を知ろう! 留学は渡航目標時期の1年くらい前から準備することが大切です。 特に忙しい社会人は、準備不足や急な変更などを考慮して、できるだけ早めに時間に余裕を持って始めましょう。 まずは、Co-op留学のプログラム内容を理解することからスタートです。 Co-op留学とは? Co-op留学とは、学習した期間と同じだけ就労ができるカナダだけの特別プログラムです。 留学期間の前半は自分で選択した専門分野をカレッジで学び、後半は身につけた知識を実際に生かすため、現地企業で有給インターンシップに参加できます。 Co-op留学への参加費用 カレッジ、専門分野、滞在期間によって異なりますが、学費、渡航関連、現地での生活費を合わせて一年間で約220万円が目安です。 Co-op留学に参加する目的を明確にする! Co-op留学のプログラム内容を理解したら、次は参加する「目的」を明確にすることです。 「行ったらどうにかなる!」や「なんとなく就活に役立ちそうな資格が取れそう!」という軽い気持ちで参加すると、勉強の大変さや仕事のキツさで挫折してしまうこともあります。 また、思いつきだけで専門分野や適当にインターン受け入れ先の企業を選んでしまうと、せっかく苦労して資格を取得しても、キャリアチェンジの就活に役に立たないことがあります。 例えば、 なぜカナダに留学したいのか?:日本で接客業をしているので、観光大国カナダに行き、世界に通用するホスピタリティやカスタマーサービスを学ぶためにカナダを選んだ なぜその専門分野を選んだのか?:日本で経験・感覚で身につけた接客スキルを、理論的に学ぶためにホスピタリティを選んだ 留学後は何をしたいか?:ディプロマ(専門知識取得の証明)や国際的に通用するホスピタリティの資格AHLEIを取得し、日本帰国後に一流ホテルへの再就職を目指す など、卒業後を見据えながら、Co-op留学に参加する目的をできるだけ細かく明確にしてください。 これこそが留学に挫折せず、キャリアアップやキャリアチェンジの就職を成功させるために必要な作業です。 カレッジ、専門分野、留学期間を決めよう! 目的がはっきりしたら、渡航の6カ月以上前までにカレッジ・専門分野・留学期間を決めましょう。 カレッジを選ぶ カナダのカレッジには私立と公立の2種類があります。 それぞれの特徴をしっかり理解した上で、自分の目的に合う方を選びましょう。 私立カレッジ 公立カレッジ 1年間の学費 約70万円〜 約130万円〜 留学生の割合 多い 少なく、ほぼ地元のカナダ人学生 授業環境 少人数制でアットホーム 生徒数が多い 必要な英語力 IELTS5.0~ TOEFL iBT 46~ IELTS6.0~ TOEFL iBT 80~ 入学時期 年に数回 年に一回(9月) 大学進学 ほぼ不可能 大学進学コースを選べば可能 カナダで就労許可の申請 不可 可能 学びたい専門分野を選ぶ 私立・公立ともにカレッジで提供している専門分野は多種多様です。 キャリアアップを目指している方は日本でのスキルを生かせる分野を、キャリアチェンジを目指している方は将来の職種に関わる分野を考えながら選びましょう。 人気の専門分野と主な就職・転職先は以下の通りです。 専門分野 就職・転職先 カスタマーサービス 営業職、飲食業、各業種のカスタマーサポートなど ホスピタリティ・ツーリズム ホテル、旅行会社、観光業、空港など ビジネス 金融会社、国際貿易会社、総合商社など デジタルマーケティング 広告代理店、ソフトウエア会社など Web開発・Webデザイン モバイル会社、ウェブ開発会社など 留学期間を選ぶ Co-op留学の期間は学習+就労を合わせて、半年から2年です。 専門分野はもちろんのこと、カレッジによってプログラム期間が大きく異なります。 留学の予算、希望再就職時期などに合わせて留学期間を選びましょう。 本留学エージェント「ぼくらの留学」では、時間のない社会人のためのCo-op留学サポートも行っています。 お気軽にお問合せください! Co-op留学への参加条件を確認しよう! Co-op留学への参加条件には年齢制限がありません! そのため、以下の2つのポイントをクリアしていれば、誰でも参加できます。 高校卒業、または高等学校卒業程度認定試験の合格者 カレッジが指定している英語能力試験のスコア また、参加条件には入っていませんが、インターン採用の際に重視される点は「経験」と「スキル」です。 そのため、職歴のある社会人は海外インターンでは有利になります。 https://bokuryuu.com/internship-for-career-growth/ 英語能力検定試験の準備 Co-op留学は語学留学やワーキングホリデーとは異なり、カナダ政府公認のカレッジで、卒業後の就職を目指して専門分野を学びます。 授業は基本的に英語ができる前提で進められるため、英語能力試験のスコアに関してはカレッジや専門分野によって異なりますが、最低でもIELTS 4.0〜 / TOEIC 500〜 / TOEFL 45〜は必要です。 Co-op留学に参加するためのスコアが足りない方、スコアはクリアしていても英語力に不安を感じる方、渡航までに英語力をもっと上げておきたい方のために、留学エージェント「ぼくらの留学」では、英語の学習サポートをしています。 必要な英語力をしっかり身に付けることができる内容になっていますので、こちらの記事もあわせてご覧ください。 https://bokuryuu.com/coop-preparation-before-admission/ カレッジ入学手続きと現地滞在先の手配をしよう! カレッジ・専門分野・留学期間を決め、英語能力検定試験のスコアが取れたら、いよいよ入学手続きにはいります。 多くのカレッジは、学生寮やホームステイの手配もしてくれるので、入学手続き時に一緒に申し込むと安心です。 ビザ申請に必要な書類は、学費支払い後にカレッジから発行されれます。 そのため入学手続きの完了後、請求書が送られてきた時点で早めに入金するように心がけてください。 この時点で、渡航希望日5カ月前に用意できているのがベストです。 勤務先へ連絡・相談 社会人の方は遅くてもカレッジの入学が決まった時点で、勤務先へ連絡もしくは相談することが大切です。 短くても6カ月以上の留学プログラムなので、 退職する方向で話し合う 休職扱いにしてもらう サバティカル休暇(長期休暇制度)が利用できるか など、帰国後転職する場合、もしくは同じ会社に戻りたい場合など、各自の希望に合わせてた方法を確認しておきましょう。 ビザの申請をしよう! 学費入金後に必要な書類が送られてきたら、次のステップはビザ申請です。 基本的に学生ビザ申請と同じで、オンライン申請も可能です。 MyCIC*アカウント作成 個人情報入力 質問への回答 必要書類**のアップロード パスポート***(顔写真のあるページ) 学校の合格通知・入学許可通知 証明写真(3.5cmx4.5cmのパスポートサイズ) 資金証明(カナダドル建て、英語の銀行残高証明) 英語の履歴書 学校から発行される就労(インターン)がプログラムの一部である事を説明するCo-opレター ビザ申請費支払い(クレジットカードのみ) ビザセンター来館予約 バイオメトリクス(指紋認証)登録(東京・大阪のビザセンター) *カナダ政府の管轄する、カナダ移民局(Citizenship and Immigrant Canada,CIC)が設けたCICサイト内のアカウントサービス **必要書類は予告なしで変更される場合がありますので、カナダ政府の公式サイトで事前に確認してください。 ***パスポートは申請してから約1週間で発行されますが、できるだけ早めに準備しておくことをお勧めします 航空券や海外旅行保険などを手配しよう! ビザを受け取ったら、次は渡航の準備です。 以下のリストを参考に確認してみてください。 必要・便利な持ち物 理由 航空券 1年以内の海外滞在であれば、往復チケットのほうがお得。 海外留学生保険 カナダでも加入できますが、制限が多く、英語のみのやりとりになってしまうため、1年以下の留学であれば、日本の海外留学生保険に加入した方が安心。 SIMフリーの携帯電話 SIMフリーの携帯電話を持っていけば、カナダ到着後、ドラッグストアなどでプリペイドSIMを購入するだけで、すぐに使用可能。 クレジットカード カナダはカード社会なので、クレジットカードを持っていない人は必ず作っていきましょう。盗難やカードが使えなくなった時の予備として、2枚用意しておくのがお勧め。 現金 いざという時のために、日本円とカナダドルも1万円分くらい用意しておくと安心。 各種書類のコビー パスポート(証明写真とビザのページ)、航空券、カレッジ関連の書類など、各種書類のコピーをとっておくと、無くしてしまった時の再発行がスムーズ。 衣類・下着類 カナダはサイズが大きめなので、特に小柄・痩せている方は日本で用意したほうが無難。 筆記用具 特にボールペンは日本製が使いやすい。 常備薬 海外の薬は強めなので、使い慣れているものを用意。 ノートパソコン カレッジの課題や書類作成に必要。 その他、自分のこだわりやライフスタイルに合わせたものを用意しましょう! 行政手続きを済ませる 海外に1年以上滞在する場合、住民票、海外転出届、健康保険、国民年金の手続きを役所で行わなければなりません。 個人によってケースが違うので、渡航する2、3週間前には役所に相談しておきましょう。 カナダの最新情報をチェックしよう! いよいよ渡航数日前です! 感染症や海外紛争などで世界情勢の移り変わりが激しい昨今、 カナダの入国規制 飛行機の飛行経路 など、渡航前日までカナダの最新情報をチェックしましょう。 まとめ:社会人だからこそCo-op留学! この記事では、Co-op留学に注目している社会人に疑問や悩みを解消していただくため まずはCo-op留学を知ろう!:大体1年くらい前から少しずつ準備を開始 Co-op留学に参加する目的を明確にする!:なぜカナダに留学したいのか?なぜその専門分野を選びたいのか?留学後は何をしたいか?などを明確にしておくことが、留学中に挫折せず、卒業後に再就職ができる秘訣 カレッジ、専門分野、留学期間を決めよう!:渡航の6カ月以上前には、カレッジ・専門分野・留学期間を決める Co-op留学への参加条件を確認しよう!:年齢制限はなく、高校卒業者で、カレッジが指定している英語能力試験のスコアを取得していればOK、英語能力検定試験の準備(IELTS 5.0〜 / TOEIC 500〜 / TOEFL 45〜) カレッジ入学手続きと現地滞在先の手配をしよう! :渡航希望日5カ月に用意できているのがベスト 勤務先へ連絡・相談しよう!:退職・休職・サバティカル休暇(長期休暇制度)の確認が必要 ビザの申請をしよう!:基本的に学生ビザの申請と同じで、オンライン申請も可能 航空券や海外旅行保険などを手配しよう!:航空券、海外留学生保険などの他にも、1年以上滞在する場合は行政手続きに必要 カナダの最新情報をチェックしよう!:カナダの入国規制、飛行機の飛行経路など、渡航前日まで調べる をわかりやすく解説してきました。 挫折せずキャリアアップやキャリアチェンジの就職を成功させるために必要な準備です。 Co-op留学を有意義に利用して、夢や希望を叶えてきましょう! ぼくらの留学では、忙しい社会人のための「Co-op留学サポート」も行っています。 渡航前:カウンセリング、留学のプラン作り、レベルに合わせた英語学習プログラム 留学中:生活・学習などの悩み相談 帰国後:就職カウンセリング みなさんがCo-op留学を思い立った時から帰国するまで、ぼくらの留学ではしっかりサポートさせていただきます! すでに参加されていた方の体験談や現地からの最新の情報も含め、もっと詳しく知りたい方のために、ぼくらの留学ではオンライン上で無料の説明会を開催しています。 ぼくらの留学「公式 LINE @」から24時間ご予約を受け付けております! 経験豊富なカウンセラーが対応いたしますので、カウンセリングを受けたい方もお気軽にご相談ください!…

2022/07/14

CA留学で憧れの客室乗務員になる夢を実現しよう!おすすめの国やプログラムも紹介

  本気でCAを目指すなら、「留学しておいたほうが有利なのかな?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。確かにCAになるには、語学力や海外経験があるに越したことはありません。 ただし、語学留学を経験している人はたくさんいるので、それだけで差別化するのは難しいでしょう。憧れのCAになる夢をかなえるためには、CA業務に活かせる専門知識や実務を習得できる「CA留学」がおすすめです。 そこでこの記事では、CA留学の特徴や魅力、おすすめの国やプログラムを紹介します。世界で活躍するCAになりたい方は、最後まで読んで参考にしてください。 CA留学とは? CA留学とは、その名のとおり「CAになるために留学すること」を指します。日本だけでなく、海外でもCAになるための準備や勉強は可能です。 ここでは、CA留学の特徴を詳しく紹介します。 CA業務に必要な専門知識や実務を学べる CA留学では、現地のエアライン専門学校やエアラインスクールなどに通い、CA業務に必要な専門知識や実務を実践的に学びます。 課外授業や航空会社へのインターンシップなどが留学プログラムに組み込まれているスクールもあり、CAの即戦力として働ける力を養えるのが特徴です。 語学力の向上が期待できる 英語圏のスクールにCA留学すれば、英語漬けの環境に身を置けるため、語学力の向上も期待できます。海外のエアライン専門学校やエアラインスクールでは、基本英語で授業が行われており、必然的に語学力が鍛えられるでしょう。 CA留学は、客室乗務員に必要なスキルや実務を英語で学べるので一石二鳥です。 国際感覚が身につく 海外のエアライン専門学校やエアラインスクールには、世界中からCAを目指している同志が集まります。異なるバックグラウンドを持った人々と交流するなかで、国際感覚が身につくでしょう。 CA留学の経験を通じて身につく異文化理解力やコミュニケーション力は、国際線CAや外資系CAに求められる能力です。 CA留学の魅力 そもそも、CA留学の魅力とは何なのでしょうか。結論から述べると、CA留学は客室乗務員を目指しやすい環境が整っていることが魅力です。 ここでは、CA留学の魅力を詳しく紹介します。 費用を安く抑えられる 「留学」と聞くと、費用面でハードルが高いと思っている方も多いでしょう。しかし、CA留学は日本の大学や専門学校よりも授業料が安い傾向にあるので安心してください。 現地までの渡航費用は発生するものの、留学中の生活費を含めて日本の学校に通うよりもトータル費用を安く抑えられます。CA留学は費用を最小限に抑えつつも、質の高い授業が受けられるのが魅力です。 CAへの就職率が高い CA留学プログラムを実施している海外スクールは、CAへの就職率が高いのが特徴です。実際、生徒の80%以上が一流の航空会社に就職しているエアラインスクールもあります。一方、日本でCAになるためには高倍率の採用試験に合格する必要があり、残念ながらCAへの就職率はそう高くはありません。 しかし、海外に目を向けると、日本人のCAを求めている外資系航空会社がたくさんあります。まだCA留学の存在を知らない日本人は多いので、早めに行動すればCAになるチャンスをつかめる確率が高まるでしょう。 CAになるためのチャンスをつかみやすい CA留学プログラムを実施している海外の専門学校やエアラインスクールは、航空会社とのコネクションが強く、CAになるためのチャンスをつかみやすい環境です。 たとえば、航空会社の採用担当者自らが出向き、スクール内でそのまま面接を行う「インハウスインタビュー」を実施しています。そのため、在学中にその場で採用が決まる可能性が大いにあるのです。 世界で通用する資格を取得できる CA留学プログラムでは、CAになるための知識や実務を習得して終わりではありません。 無事CA留学プログラムを修了すると、世界で通用する資格や一生使える資格を取得できます。これらの資格は、CAの即戦力として業務に貢献できる力があることを証明する際に役立つでしょう。 CA留学するならマレーシアがおすすめな理由 CA留学するなら、どこの国に行くのがよいのでしょうか。結論を述べると、マレーシアがおすすめです。 ここでは、CA留学するならマレーシアがおすすめな理由を詳しく紹介します。 英語圏だから語学力を鍛えられる マレーシアでは、準公用語として英語が使われています。つまり、アジアにいながら英語を使う機会が多くあるのです。 エアライン専門学校やエアラインスクールなどの教育現場においても、英語が使用されているので語学力を鍛えられます。 多民族国家のため異文化コミュニケーション力がつく マレーシアは多民族国家のため、さまざまなバックグラウンドを持った人々が集まります。そのような環境で生活し、海外の人と交流していくなかで、自然と異文化コミュニケーション力がつくでしょう。 教育水準が高い マレーシアは、教育水準の高い国の一つです。その高い教育レベルが世界に認められ、多くのマレーシアの大学は欧米の名門大学と提携して編入学制度を設けています。 エアライン系のスクールにおいては、航空業界出身の運営者や講師が多く在籍しているので、質の高い授業や手厚い就職活動のサポートが期待できるでしょう。 生活費が安い マレーシアは物価が日本よりも安いので、生活費や学費を安く抑えられます。費用がネックで留学を諦めかけていた方でも、客室乗務員を目指したCA留学にチャレンジしやすい国です。 「アジアNo.1のCA留学プログラム」を提供するクルーラウンジ(Crew Lounge) CA留学するなら、マレーシアにある外資系専門エアラインスクールの「クルーラウンジ(Crew Lounge)」がおすすめです。 クルーラウンジは、世界の航空ルールを決めている国際団体「IATA」の認定校で、非常に信頼の高いエアラインスクールです。世界トップクラスの航空会社とコネクションが強く、スクールを運営しているのは航空業界出身のスペシャリストたち。 クルーラウンジは圧倒的なCAへの就職率を誇り、生徒の80%以上が世界トップクラスの航空会社に就職しています。 クルーラウンジの強みや概要、CA留学プログラムの魅力については、以下の記事を参考にしてください。 https://bokuryuu.com/what-about-crew-lounge/   実際にクルーラウンジに通っている生徒の体験談は、以下の記事でまとめています。 https://bokuryuu.com/experience/7548/ https://bokuryuu.com/experience/7549/ https://bokuryuu.com/experience/7905/ まとめ【CA留学で憧れの客室乗務員になる夢をかなえよう】 この記事では、CA留学の特徴や魅力、おすすめの国やプログラムを紹介しました。 CA留学とは、海外のエアラインスクールなどで「CA業務に必要な専門知識や実務を学べるプログラム」のことです。CA留学を通じて習得できる語学力や国際感覚は、CA業務で十分に活かせるでしょう。 CA留学するなら、費用を抑えつつも質の高い授業が受けられるマレーシアがおすすめです。   アジアNo.1の実績を誇るクルーラウンジで、キャビンアテンダントになる夢をかなえるお手伝いをします! オンライン無料説明会は、「グローバル女子留学公式LINE」にて24時間ご予約を受け付けております。経験豊富なカウンセラーが対応いたしますので、お気軽にご相談ください! ↓↓CA留学のことをもっと詳しく知りたい方は、以下公式LINEへ↓↓…

2022/07/14

カナダのプログラム【Co-op留学】に失敗しないためのコツや心得

コロナ禍を境に今やカナダで働きながら学ぶ滞在方法として、ワーキングホリデーと並ぶ勢いのCo-op(コープ)留学。 転職やキャリアアップを目指す社会人にはもちろんのこと、就活に有効なスキルを身につけるために参加する在学中の大学生の参加も増えてきました。 Co-op留学の経験をうまくいかし社会で活躍されている方も多くいますが、中には「Co-op留学は難しい!」「現地では大した仕事につけない!」という体験談も目にします。 この記事では、 Co-op留学の情報収集をしている方 参加するか迷っている方 に知っていただきたい「失敗しないためのコツや心得」を解説しています。 ぜひ参考にしてください! Co-op留学の基本知識 Co-op留学はカレッジでの学習期間と現地企業でのインターンがセットになった、外国人向けのカナダだけの特別プログラムです。 プログラム内容 Co-op留学のプログラム内容は以下の通りです。 カナダ政府公認のカレッジで3カ月以上学ぶ カレッジで学んだ期間と同じだけ、現地の企業でインターンに参加する 学習期間中は、最大週20時間までのアルバイトが可能 インターンは最大週40時間のフルタイム就労 参加に年齢制限はなく、何度でも参加できる 参加条件 Co-op留学への参加条件はたった2つ! 高校卒業、または高等学校卒業程度認定試験の合格者 英語能力試験のスコア*:IELTS 5.0〜 / TOEIC 650〜 / TOEFL 55〜 英語力が不足している場合:カレッジ入学前に英語集中講座を受けることができ、講座修了後は直接Co-opプログラムに参加可能 *ITやデジタルマーケティングなどは高いスコアが求められますので、詳細を知りたい方はぜひ本留学エージェント「ぼくらの留学」にお問合せください カナダでのインターンについて そもそもインターン(もしくはインターンシップ)とは、一定の期間、学生が企業で就業経験を積むシステムのこと。 しかし、日本とカナダではインターンに対する意味合いが若干異なります。 インターンの期間 カナダのインターンに参加する場合、基本的に3カ月以上です。 日本のように「1日参加」や「夏休みの間だけ」といった短期のインターンシップはほぼありません。 企業側の目的 日本のインターンでは、企業の事業内容を知ってもらうことを目的とし、会社説明会やセミナーなどが主流ですが、カナダを含め海外のインターンでは、「将来の採用」を見込んでインターンに参加させることが企業側の目的です。 そのため、即戦力のある人材に育てるよう、インターン生には実践的な就労経験を積極的にさせています。 インターンに参加する目的 インターン生にとっては、カレッジ・大学・専門学校で学んだ専門知識を実践できるチャンスであり、その後の就活に有益になるスキルを身につけるのが目的です。 参加中は企業の社員として働くため、「インターン参加=就労経験」になります。 もちろん、インターン終了後に企業に採用されるというケースは珍しくありません。 経験者から学ぶ、失敗しないためのコツ 「こんなはずじゃなかった!」 とならないために、ここでは実際に参加した方の後悔・批判意見をみながら、Co-op留学に失敗しないためのコツをご紹介します。 参加条件のIELTスコアをクリアしているのに英語が聞き取れない! 資格試験全般に対して同じようなことが言えますが、「スコアをクリアしている=全てがわかる」ということではありません。 どんなに机上で勉強し試験でいい点数を取ったとしても、実際に英語で行われるカレッジの授業を全て理解することは難しいのです。 特に、初めての海外生活・初めての留学という方にとって、英語が聞き取れないという悩みは当然のことです。 英語に慣れるためには多少の時間がかかる、ということを念頭に置いておきましょう。 失敗しないためのコツ:日本にいる間に英語の環境を作る 日本にいる間に「できるだけ英語の環境を作る」ことを意識してください。 英会話教室に通う ネットなどを利用してネイティブと話す 外国人が集まるイベントに参加する 時間があるときは、常に英語のニュースを聞く 学びたい専門分野に関する英語の動画を何度もみる 独り言を英語で言うようにする など、渡航前にどれだけ「聞く・話す」に慣れておくかで、渡航後の「英語力向上」の速度に差がつきます。 学校では大したことを学べない! カナダの教育方法は基本的に「参加型」です。 授業中にどんどん意見を言い質問をしなければ、先生に「理解した」とみなされてしまい、それ以上の細かい説明や丁寧な指導はされなくなります。 日本のように先生が丁寧に何でも教えてくれるという授業スタイルは、実は世界でも珍しいのです。 失敗しないためのコツ:自分から積極的に授業に参加する 授業中、自分から積極的に先生に質問してみましょう。 その場で考えるのが苦手な方は、事前に質問を用意しておくのも良いでしょう。 「一日、最低でも3つは質問する」という目標を立てて、授業に参加している留学生もいます。 受け身の授業に慣れている私たち日本人にはとても難しいですが、せっかくカナダまで行くので思い切ってやってみることが大切です。 本当に「大したことを学べていない!」と思うならば、その気持ちを直接先生に伝えてみても良いでしょう。 学生からのこのような意見によって授業の仕方が変わることがよくあります。。 学校で学べるか学べないかは、自分次第でもあるのです。 勉強が忙しすぎてアルバイトができない! Co-op留学に参加すると、学習期間中であれば最大週20時間までのアルバイトが許されています。 とはいえ、専門分野や先生によっては課題が多く、アルバイトをする時間がない可能性もあります。 失敗しないためのコツ:アルバイトをしなくてもいいように費用を用意する 留学の目的はあくまで学びに行くことです。 渡航前に「現地でアルバイトができないかもしれない」と想定しておくことも大切です。 そのため、日本にいる間にできるだけ留学費をためておきましょう。 日本にはいろいろなタイプの奨学金があるので、調べておくといざという時に役立ちます。 https://bokuryuu.com/study-abroad-scholarship/ インターン先が決まらない! インターンに参加する場合、 受け入れ先となる企業を探す 見つかったら、必要書類を提出 書類審査に通ったら面接を受ける といった流れになり、採用決定までには時間がかかります。 申し込んだからといってすぐにインターン先が決まるという訳ではありません。 失敗しないためのコツ:受け入れ企業を早めに探す インターンは、できるだけ早い段階で受け入れ企業を探しておきましょう。 企業と提携している学校に入学した場合でも、インターン先を紹介してもらえるのを待っているだけではなく、自分で探して応募することも大切です。 また、インターンを募集していない場合でも、どうしても働いてみたい企業があるならば、積極的にコンタクトをとってみましょう。 また、日頃からいろいろな人に「インターン受け入れ企業を探している」などと話しておくと、思わぬところから声がかかることもあります。 カナダには世界中からインターン参加を目指した学生が集まってくるので、自分から積極的に動くことで可能性を広げていかなければ取り残されてしまいます。 インターンの仕事がきつい! インターン生は、基本的に「社員」に近い条件で雇われ、会社に関わる業務に携わることになります。 また、職歴・スキルによっては重要なポストに置かれる場合もあります。 日本のインターンと同じ気持ちで参加すると、仕事がきついと感じることがあるでしょう。 失敗しないためのコツ:社員としての意識を持って働く インターン経験は就労経験です。 社員の一員としての自覚を持ち、積極的に仕事に関わっていく覚悟が必要です。 ただし、契約と全く異なる就労内容や、一方的に不当な任務を任された場合は、会社側と話し合うことも考慮しましょう。 Co-op留学に参加するための心得 以上の「経験者から学ぶ、失敗しないためのコツ」を踏まえ、Co-op留学に参加するために次のようなポイントを心がけるようにしてください。 まずは自分の目標をはっきりさせる 語学学校やワーキングホリデーとは異なり、カレッジで専門分野を学び、現地の企業で就労しなければならないCo-op留学は、「行けばどうにかなるだろう」という簡単な気持ちだけでは乗り切れません。 なぜCo-op留学に参加しようと思ったのか? 何系の専門分野をカナダで学びたいのか? など、自分の目標をはっきりさせてから参加しましょう。 留学費をしっかり確保しておく 生活するためにはお金がかかります。 Co-op留学ではアルバイトやインターンなどで収入を見込むことはできますが、 カレッジや専門分野によっては課題の量が多く、アルバイトをする時間がない というケースもゼロではありません。 現地での収入がない場合を考慮し、日本にいる間に留学費をしっかり確保しておきましょう。 日本にいる間に「職歴」を準備する インターンを見つける上で大きな武器になるもの、それは経験とスキルです。 本来インターンは「学生が経験を積む場所なのですが」、受け入れる企業側にすると経験者と未経験者の募集が同時にあれば経験者を取りたくなるのが現実です。 職歴のある社会人が海外インターンでは有利になる、と言われるのはそのためです。 職歴のない大学生は、日本にいる間にアルバイトやボランティア活動を通して、少しでも専門分野に関係のある職務経験を持つように心がけましょう。 英語をできるだけ勉強しておく Co-opプログラムの目的はカナダのカレッジで専門分野を学び、その知識をいかして就労経験を積むことにあります。 現地で英語力が向上することはありますが、「英語を基礎から学ぶこと」がプログラムの目的ではありません。 カレッジでは英語力がある程度あることが前提で授業が行われ、インターンの参加は職場の上司や同僚とのコミュニケーション、取引先・顧客との電話やメールでのやり取りを英語でできることが条件です。 Co-op留学の最も大切な準備は、日本にいる間に英語力をつけておくことです。 Co-op留学に参加するためのスコアが足りない方 スコアはクリアしていても英語力に不安を感じる方 渡航までに英語力をもっと上げておきたい方 のために、留学エージェント「ぼくらの留学」では、英語の学習サポートをしています。 必要な英語力をしっかり身に付けることができる内容になっていますので、こちらの記事もあわせてご覧ください。 https://bokuryuu.com/coop-preparation-before-admission/ 日本と海外は違うことをきっちり頭に入れておく 「日本と海外は違う」と頭でわかっていても、実際に海外に住んでみないとわからないことがたくさんあります。 特に働き方に対しては、 過程よりも結果を出すことが求められる 勤務時間内に仕事を終わらすことができないということは、能力が低いと評価されてしまうため、よほどのことがない限り残業はしない 2、3年で転職するのは当たり前 使えなかったらすぐクビになる など、日本にいる感覚でいるとそのギャップに悩んでしまいます。 何があっても、「ここは日本じゃない」ということをしっかり頭に入れて対応していくことが大切です。 まとめ:Co-op留学を成功させるには、事前の準備が大切! この記事では、カナダの人気プログラムCo-op留学に失敗しないための、コツや心得として カナダでのインターンについて:インターンの期間、企業側の目的、インターン生の目的 経験者から学ぶ、失敗しないためのコツ:日本にいる間に英語の環境を作る、自分から積極的に授業に参加する、アルバイトをしなくてもいいように費用を用意する、受け入れ企業を早めに探す、社員としての意識を持って働く Co-op留学に参加するための心得:まずは自分の目標をはっきりさせる、日本にいる間に「職歴」を準備する、英語をできるだけ勉強しておく、日本と海外は違うことをきっちり頭に入れておく をご紹介しました。 Co-op留学は自分次第で有益にも無益にもなり得ます。 この記事が、皆さんのCo-op留学成功のお手伝いになれば幸いです! 英語力だけでなく、学位や海外就労経験も得ることができるカナダの特別プログラムCo-op留学。 プログラムの内容をもっと詳しく知りたい方は、ぜひ留学エージェント「ぼくらの留学」にお問合せください! ぼくらの留学ではCo-op留学はもちろん、そのほかの留学プログラムに関する無料説明会を、随時オンライン上で開催しています。 ぼくらの留学「公式 LINE @」から24時間ご予約を受け付けておりますので、カウンセリングを受けたい方もお気軽にご相談ください! 経験豊富なカウンセラーが、みなさんの質問や悩みに対応させていただきます!…

2022/07/12

いつからエアラインスクールに通うべき?入学までの流れやスクール選びのポイントを解説!

  航空業界の就活対策を専門に行う「エアラインスクール」。客室乗務員やグランドスタッフになる夢をかなえるため、これからエアラインスクールに通いたいと思っている方もいるでしょう。 とはいえ、「いつから通うべきなの?」と悩んでいる方もいるはずです。 そこでこの記事では、いつからエアラインスクールに通うべきかや、エアラインスクールに入学するまでの流れとスクール選びのポイントを紹介します。航空会社への就職を志している方は、最後まで読んで参考にしてください。 エアラインスクールとは? エアラインスクールは、「航空業界の就活対策を専門に行うスクール」です。航空業界への就職を目指している就活生を合格まで導くサポートを行っています。 航空業界は非常に人気の高い業界のため、採用試験は毎年高倍率です。そのため、専門的な対策を実施しているエアラインスクールに通う就活生は少なくありません。 ここでは、エアラインスクールで学べることや、スクールの種類を詳しく紹介します。 エアラインスクールで学べること 以下は、エアラインスクールで実施されている講義や就活対策の一例です。 企業研究や進路相談 エントリーシートや履歴書の書き方・添削 面接対策 グループディスカッション対策 筆記試験対策 TOEIC対策 所作やマナー講習 言葉遣いや発声練習 身だしなみ指導 など エアラインスクールでは、航空業界の採用基準で必要となるポイントを押さえた指導を受けられたり、実践スキルを習得できたりします。エアラインスクールに通えば、航空業界に必ず就職できるわけではありませんが、採用試験において有利になる可能性は高いです。 エアラインスクールの種類 ひとくちにエアラインスクールといっても、さまざまな種類のスクールがあります。エアラインスクールによって通う期間や講義内容が異なるので、それぞれの特徴を把握したうえで自分に合ったスクールを選びましょう。 エアラインスクールの主な種類と特徴は、以下のとおりです。 個人のエアラインスクール 少人数制 生徒一人ひとりに合わせた指導をしてくれる 講師と生徒の距離が近い 全国展開型のエアラインスクール 知名度がある 過去の実績が豊富 過去の試験の情報が豊富 英会話スクール系のエアラインスクール 外資系航空会社の就活対策に強い 英語面接の対策が充実している 航空会社が運営しているエアラインスクール 現役のキャビンアテンダントなどの指導を受けられる 最新の航空業界の情報をキャッチしやすい環境 航空会社の推薦制度あり 外資系エアラインスクール 外資系エアライン専門 航空業界の実践的な講義を受けられる 費用を安く抑えられる エアラインスクールによって強みが異なるので、自分の重視したい基準をもとにスクールを選ぶのが大切です。 いつからエアラインスクールに通うべき?【早めの対策が必要】 いつからエアラインスクールに通うべきか、悩んでいる方もいるでしょう。 結論から述べると、航空業界は競争倍率が高いため、早めの対策が必要になってきます。学生であれば、大学2年生〜3年生にかけてエアラインスクールに入学するのが一般的です。 とはいえ、多くのエアラインスクールは学年や年齢の制限を設けていないので、「航空業界で働きたい」と思った段階で通い始めるのがベストなタイミングです。エアラインスクールの講義内容は習得すべきことが多いので、入学時期は早いに越したことはありません。 エアラインスクールに通うタイミングと採用試験までのルート 状況によってエアラインスクールに通うタイミングや、採用試験までのルートは異なります。 ここでは、高校生・大学生・社会人別に、エアラインスクールに通うタイミングと採用試験までのルートを紹介します。自分の状況に合ったタイミングで、エアラインスクールに通いましょう。 高校生 以下は、高校生のエアラインスクールに通うタイミングと、採用試験までのルートの一例です。 エアラインスクールの航空業界ガイダンスなどに参加 ↓ 短大・大学に入学 ↓ エアラインスクールの無料セミナーや体験レッスンに参加 ↓ エアラインスクールに入学 ↓ 航空会社のインターンシップに参加 ↓ 大学3・4年生へ進級 ↓ エアラインスクールの就活対策コースを受講 ↓ 航空会社の採用の募集にエントリー 高校生のなかには、漠然と航空業界に憧れを持っている方も多いかもしれません。まずは、自分で航空業界全般や航空会社の仕事内容などを調べてみるのが大事です。 航空業界についてある程度知識が深まったら、エアラインスクールが実施している航空業界ガイダンスなどに参加してみるのもよいでしょう。 大学1・2年生 以下は、大学1・2年生のエアラインスクールに通うタイミングと、採用試験までのルートの一例です。 短大・大学に入学 ↓ エアラインスクールのガイダンス、無料セミナーや体験レッスンに参加 ↓ エアラインスクールに入学 ↓ エアラインスクールで航空会社の基礎知識をつける ↓ 大学3・4年生へ進級 ↓ エアラインスクールの就活対策コースを受講 ↓ 航空会社の採用募集にエントリー 大学1・2年生のなかには、そろそろ就職活動の存在が気になり、エアラインスクールの入学を検討し始めている方もいるでしょう。先述のとおり、航空業界の採用試験は毎年高倍率のため、早めの対策が必要になります。 周りと差をつけたいのなら、大学入学後の早い段階でエアラインスクールに通い始めるのも一つの手段です。 大学3・4年生、短大生 以下は、大学3・4年生、短大生のエアラインスクールに通うタイミングと、採用試験までのルートの一例です。 エアラインスクールのガイダンス、無料セミナーや体験レッスンに参加 ↓ 個人相談会に申し込み ↓ エアラインスクールに入学 ↓ エアラインスクールの就活対策コースを受講 ↓ 航空会社の採用募集にエントリー 大学3・4年生は、就職活動が本格化する時期です。採用試験まで時間が十分にあるわけではないので、エアラインスクールの就活対策コースをフルに活用して、採用募集のエントリーに備えましょう。 社会人 以下は、社会人のエアラインスクールに通うタイミングと、採用試験までのルートの一例です。 エアラインスクールのガイダンス、無料セミナーや体験レッスンに参加 ↓ 個人相談会に申し込み ↓ エアラインスクールに入学 ↓ エアラインスクールの就活対策コースを受講 ↓ 航空会社の採用募集にエントリー 社会人のなかには、今の仕事を続けながらエアラインスクールに通おうと考えている方もいるでしょう。エアラインスクールのなかには、夜間講義を実施しているスクールもあるので、社会人の方でも無理なく通える環境が整っています。 留学 エアラインスクールは、国内だけでなく海外にもあります。外資系航空会社への就職や英語力アップを目指している方は、外資系エアラインスクールに「留学」という形で進学するのも一つの手段です。 たとえば、マレーシアにある外資系専門エアラインスクールの「クルーラウンジ(Crew Lounge)」は、高卒以上の資格とそのほか身長や英語力などの条件をクリアしていれば入学できます。航空会社とコネクションが強いクルーラウンジには、採用担当者が頻繁に面接に訪れているため、在学中にその場で採用が決まることも。 クルーラウンジについては、以下の記事で詳しくまとめています。 https://bokuryuu.com/what-about-crew-lounge/ エアラインスクールに入学するまでの流れ エアラインスクールに入学するまでには、どのようなステップを踏む必要があるのでしょうか。 ここでは、エアラインスクールに入学するまでの流れを詳しく紹介します。 ※エアラインスクールによって、入学までの流れは異なる場合があります。 ステップ①|エアラインスクールの情報を集める まず、エアラインスクールの情報を集めましょう。 先述のとおり、エアラインスクールにはさまざまな種類があるので、それぞれのスクールの特徴を比較したうえで、自分に合ったスクールを選ぶのがポイントです。 ステップ②|気になるエアラインスクールの説明会や体験レッスンに参加する エアラインスクールをいくつかに絞ったら、気になるスクールの説明会や体験レッスンに参加しましょう。スクールの雰囲気や講義の進め方などが、自分に合っているのか判断するのに役立ちます。 個人相談会を行っているスクールもあるので、不安点があれば質問できる良い機会です。 ステップ③|申し込み 説明会や体験レッスンで通いたいエアラインスクールが決まったら、入学の申し込みをします。電話やネットから、簡単に手続きができるスクールが多いです。 エアラインスクール選びのポイント3つ エアラインスクール選びでは、自分の目的に合ったスクールを選ぶのが重要です。エアラインスクールによって特徴が異なるので、スクール選びは慎重に行いましょう。 ここでは、エアラインスクール選びのポイントを詳しく紹介します。 講義スケジュールを事前に確認する 講義スケジュールを事前に確認しましょう。エアラインスクールの講義は、あらかじめ日時を指定されているケースがほとんどです。 エアラインスクールに入学しても、ほかの予定で受講できなくては意味がありません。授業や部活動、アルバイトなどと重ならないように注意が必要です。 費用をあらかじめ確認する ホームページや資料などで入学金や受講料がいくらかかるか、確認しておきましょう。 入学金や受講料のほかに、オプション料金が発生する場合があります。エアラインスクールの費用は決して安くはないので、入念な確認が必要です。 航空会社への推薦枠があるか確認する エアラインスクールによっては、航空会社への推薦枠を持っている場合があります。少しでも航空業界に就職できるチャンスが増えるのであれば、推薦枠のあるスクールに通う価値は大いあるでしょう。 まとめ【エアラインスクールは航空業界で働きたいと思った段階で通おう】 この記事では、いつからエアラインスクールに通うべきかや、エアラインスクールに入学するまでの流れとスクール選びのポイントを紹介しました。 エアラインスクールは、航空業界の就活対策を専門に行うスクールです。航空業界は競争倍率が高いため、早めの対策が必要になってきます。多くのエアラインスクールは学年や年齢の制限を設けていないので、「航空業界で働きたい」と思った段階で通い始めるのがベストなタイミングです。 憧れのエアラインライフに向けて、早めの対策を行いましょう!   アジアNo.1の実績を誇るクルーラウンジで、キャビンアテンダントになる夢をかなえるお手伝いをします! オンライン無料説明会は、「グローバル女子留学公式LINE」にて24時間ご予約を受け付けております。経験豊富なカウンセラーが対応いたしますので、お気軽にご相談ください! ↓↓CA留学のことをもっと詳しく知りたい方は、以下公式LINEへ↓↓…

2022/07/10

シンガポールエアラインズのCAになるには?応募資格や採用の流れを徹底解説!

  シンガポールエアラインズは、高品質なサービスに定評のある世界トップクラスの航空会社の一つです。魅力的な制服に身を包み、笑顔でキビキビと働くシンガポールエアラインズのCAに憧れを持っている方もいるでしょう。 とはいえ、「シンガポールエアラインズのCAになるにはどうすればよいの?」と疑問に思っている方も多いはずです。 そこでこの記事では、シンガポールエアラインズのCA応募資格や採用試験の流れ、給料や待遇を紹介します。シンガポールエアラインズのCAを目指している方は、最後まで読んで参考にしてください。 シンガポールエアラインズの基本情報 シンガポールエアラインズ(SQ)は、東南アジアのハブ空港「チャンギ国際空港」を拠点とする世界最大手の航空会社の一つです。6大陸35カ国、60都市以上に就航し、日本からシンガポールへの直行便は毎日運行しています。(※情勢や天候の影響により変更になる場合があります。) 世界各国のメディアや航空会社評価において、シンガポールエアラインズは毎年のように高い評価を受けています。シンガポールエアラインズは、世界の航空連合である「スターアライアンス」の加盟航空会社です。 その人気は、飛行機を利用する顧客だけにとどまりません。シンガポールエアラインズのブランド力に憧れを持った学生や社会人からも、「働きたい航空会社」として人気を集めています。 シンガポールエアラインズのCA応募資格 シンガポールエアラインズのCA採用試験に申し込むためには、以下の応募資格を満たす必要があります。 年齢:18歳以上 語学力:英語が堪能であること 身長:女性→158㎝以上、男性→165㎝以上 など ここでは、シンガポールエアラインズのCA応募資格を詳しく紹介します。 ※シンガポールエアラインズのCA応募資格は変更になる場合があるので、公式ホームページにて最新の情報をご確認ください。 年齢 シンガポールエアラインズのCAの年齢条件は、18歳以上です。日本の高校生から大学生の年齢にあたります。 しかし、年齢を満たしているからといって、高校卒業後にそのまま就職できるわけではありません。シンガポールエアラインズのCA応募資格は、短大卒以上の学位が必要になります。 語学力 シンガポールエアラインズでは、「英語が堪能であること」が応募資格です。要するに、外国人旅客やほかのクルーが言っていることを正確に理解し、自分の言いたいことを英語で伝えられるレベルが求められます。 シンガポールエアラインズには、さまざまな国籍の旅客が搭乗するため英語でのコミュニケーションが欠かせません。また、シンガポールエアラインズの日本人CAとして乗務する場合は、外国人クルーと日本人旅客の間に立って通訳する機会も多々あります。 採用試験を受けるためにはもちろん、入社後のトレーニングについていくためにも英語力は必須ツールです。 身長 シンガポールエアラインズをはじめ多くの航空会社では、安全業務を遂行するための具体的な身長制限を設けています。客室乗務員には「保安要員」としての役割があるため、緊急時に旅客を安全な場所に誘導する必要があります。もし、誘導する客室乗務員の身長が低くほかの旅客に紛れてしまったら、スムーズに避難誘導ができません。 外資系航空会社では比較的大型の航空機を使用しているため、天井部分にある手荷物収納棚に手が届くかも重要です。 シンガポールエアラインズのCA採用試験の流れ シンガポールエアラインズのCA採用試験は、書類選考と1次〜3次試験および身体チェックがあります。シンガポールエアラインズは不定期にCAの募集を行っているので、公式ホームページやエアライン専門サイトなどを随時チェックしましょう。 ここでは、シンガポールエアラインズCAの採用試験の流れを詳しく紹介します。 ※シンガポールエアラインズのCA採用試験の内容は変更になる場合があるので、公式ホームページにて最新の情報をご確認ください。 書類選考 書類選考では、オンライン上で必要な情報を入力して提出します。応募写真をアップロードする箇所があるので、事前に準備をしておきましょう。 シンガポールエアラインズの書類選考は高倍率のため、応募書類は完璧な状態で提出しなければなりません。すべての書類の作成が完了したら、提出する前に入力漏れや誤字脱字がないかなど念入りなチェックを行いましょう。 1次試験(ビデオインタビュー) 無事書類選考を通過したら、1次試験でビデオインタビューが行われます。シンガポールエアラインズよりビデオインタビューのリンクが送られてくるので、指示に従って選考を進めましょう。 1次試験の内容は、自己紹介と簡単な質問です。丁寧で正確な日本語と英語で受け答えができるよう準備をしておきましょう。 1次試験では何より第一印象が大切で、面接官は以下の要素を細かくチェックしています。 身だしなみ 表情 言葉遣い 所作 シンガポールエアラインズのCAの雰囲気に合っている人物かどうかが、採用基準の一つです。 2次試験(筆記試験・グループ面接) 2次試験では、筆記試験とグループ面接があります。筆記試験に備えて、一般教養や時事問題、ビジネス英語などを習得しておくとよいでしょう。 筆記試験のほかに、グループ面接とグループディスカッションが行われます。以下のような質問に対して、日本語と英語どちらでもスムーズに回答できるようにしておきましょう。 シンガポールエアラインズに入社後、会社に貢献できること 日本の良いところや日本のおすすめ観光地 小さな子どもが搭乗したときには、どのような対応をするか グループディスカッションでは、与えられた議題について賛成派と反対派に分かれてチームでディスカッションをして、まとまった意見を面接官に発表する流れです。自分の意見を論理的に英語で述べられるか、チームワークや協調性があるのかをチェックされます。 3次試験(個人面接) 3次試験は、ローカルの面接官および日本人の面接官との個人面接です。3次試験では、一般的な質問から経歴などについて詳しく質問されます。 1次試験や2次試験よりも回答に対して深く掘り下げられる傾向にありますが、どんな質問がきても冷静に笑顔でハキハキと答える姿勢が重要です。 最終試験(身体チェック) 最終試験では、身体チェックが行われます。具体的には、シンガポールエアラインズの制服を実際に着用して、面接官の前で披露する試験です。 シンガポールエアラインズでは、「サロンケバヤ」という民族衣装をモチーフにした印象的な制服を採用しています。世界中にファンがいるほど人気の高い制服で、シンガポールエアラインズのトレンドマークです。サロンケバヤは身体のラインがはっきりわかるシルエットのため、着こなすには美しい体型が求められます。 また、胸元と背中が大きく空いているため、体型のほかに肌の状態もチェックされます。シンガポールエアラインズは制服の特性からCAの外見に厳しいため、最終試験にはベストなコンディションで挑みましょう。 シンガポールエアラインズのCAの給料と待遇事情 シンガポールエアラインズのCAの給料と待遇事情は以下のとおりです。 ■給料 基本給 フライト時間に基づいた手当 各種手当 ■待遇・福利厚生 有給休暇 無料航空券 割引航空券制度 医療保険と歯科保険 ■雇用形態 契約社員(5年間 ※契約期間満了後、能力に応じて契約更新あり) ※シンガポールエアラインズの給料や待遇は変更になる場合があるので、公式ホームページにて最新の情報をご確認ください。   シンガポールエアラインズのCAの給料と待遇事情については、以下の記事で詳しくまとめています。 https://bokuryuu.com/conditions-for-becoming-a-cabin-attendant/#i-3   まとめ【シンガポールエアラインズが求めるCAのイメージに近づこう】 この記事では、シンガポールエアラインズのCAの応募資格や採用試験の流れ、給料や待遇を紹介しました。 シンガポールエアラインズは、世界の航空会社のなかでもサービスの質が高く、評判の高い航空会社です。シンガポールエアラインズのCAになるには、まず年齢・語学力・身長などの応募資格を満たす必要があります。 採用試験では、第一印象が非常に大切です。丁寧で礼儀正しい言葉遣いや所作、健康で清潔感のある身だしなみや明るい表情などを意識して面接に臨みましょう。 高倍率なシンガポールエアラインズの採用試験に合格するには、自分の意見を日本語と英語どちらでも論理的に伝えられる能力や、サロンケバヤを美しく着こなす外見が重要なポイントです。 シンガポールエアラインズが求める人物像に少しでも近づき、憧れのCAを目指しましょう! ぼくらの留学のおすすめプログラム 留学エージェント「ぼくらの留学」では、マレーシアにある外資系専門エアラインスクールのクルーラウンジ(Crew Lounge)と提携し、CAになるための留学サポートをスタートしました。 クルーラウンジの生徒の8割以上が、一流の航空会社のCAに就職しています。シンガポールエアラインズへの就職実績も豊富です。 クルーラウンジのCA留学については、以下の記事で詳しくまとめています。 https://bokuryuu.com/what-about-crew-lounge/ シンガポールエアラインズへの高い就職率を誇るクルーラウンジで、CAになる夢をかなえるお手伝いをします! オンライン無料説明会は、「グローバル女子留学公式LINE」にて24時間ご予約を受け付けております。経験豊富なカウンセラーが対応いたしますので、お気軽にご相談ください! ↓↓CA留学のことをもっと詳しく知りたい方は、以下公式LINEへ↓↓…

2022/07/09