お気軽にご相談ください

いつからエアラインスクールに通うべき?入学までの流れやスクール選びのポイントを解説!

airline-school1

航空業界の就活対策を専門に行う「エアラインスクール」。客室乗務員やグランドスタッフになる夢をかなえるため、これからエアラインスクールに通いたいと思っている方もいるでしょう。

とはいえ、「いつから通うべきなの?」と悩んでいる方もいるはずです。

そこでこの記事では、いつからエアラインスクールに通うべきかや、エアラインスクールに入学するまでの流れとスクール選びのポイントを紹介します。航空会社への就職を志している方は、最後まで読んで参考にしてください。

エアラインスクールとは?

airline-school2

エアラインスクールは、「航空業界の就活対策を専門に行うスクール」です。航空業界への就職を目指している就活生を合格まで導くサポートを行っています。

航空業界は非常に人気の高い業界のため、採用試験は毎年高倍率です。そのため、専門的な対策を実施しているエアラインスクールに通う就活生は少なくありません。

ここでは、エアラインスクールで学べることや、スクールの種類を詳しく紹介します。

エアラインスクールで学べること

以下は、エアラインスクールで実施されている講義や就活対策の一例です。

  • 企業研究や進路相談
  • エントリーシートや履歴書の書き方・添削
  • 面接対策
  • グループディスカッション対策
  • 筆記試験対策
  • TOEIC対策
  • 所作やマナー講習
  • 言葉遣いや発声練習
  • 身だしなみ指導
    など

エアラインスクールでは、航空業界の採用基準で必要となるポイントを押さえた指導を受けられたり、実践スキルを習得できたりします。エアラインスクールに通えば、航空業界に必ず就職できるわけではありませんが、採用試験において有利になる可能性は高いです。

エアラインスクールの種類

ひとくちにエアラインスクールといっても、さまざまな種類のスクールがあります。エアラインスクールによって通う期間や講義内容が異なるので、それぞれの特徴を把握したうえで自分に合ったスクールを選びましょう。

エアラインスクールの主な種類と特徴は、以下のとおりです。

個人のエアラインスクール
  • 少人数制
  • 生徒一人ひとりに合わせた指導をしてくれる
  • 講師と生徒の距離が近い
全国展開型のエアラインスクール
  • 知名度がある
  • 過去の実績が豊富
  • 過去の試験の情報が豊富
英会話スクール系のエアラインスクール
  • 外資系航空会社の就活対策に強い
  • 英語面接の対策が充実している
航空会社が運営しているエアラインスクール
  • 現役のキャビンアテンダントなどの指導を受けられる
  • 最新の航空業界の情報をキャッチしやすい環境
  • 航空会社の推薦制度あり
外資系エアラインスクール
  • 外資系エアライン専門
  • 航空業界の実践的な講義を受けられる
  • 費用を安く抑えられる

エアラインスクールによって強みが異なるので、自分の重視したい基準をもとにスクールを選ぶのが大切です。

いつからエアラインスクールに通うべき?【早めの対策が必要】

airline-school3

いつからエアラインスクールに通うべきか、悩んでいる方もいるでしょう。

結論から述べると、航空業界は競争倍率が高いため、早めの対策が必要になってきます。学生であれば、大学2年生〜3年生にかけてエアラインスクールに入学するのが一般的です。

とはいえ、多くのエアラインスクールは学年や年齢の制限を設けていないので、「航空業界で働きたい」と思った段階で通い始めるのがベストなタイミングです。エアラインスクールの講義内容は習得すべきことが多いので、入学時期は早いに越したことはありません。

エアラインスクールに通うタイミングと採用試験までのルート

airline-school4

状況によってエアラインスクールに通うタイミングや、採用試験までのルートは異なります。

ここでは、高校生・大学生・社会人別に、エアラインスクールに通うタイミングと採用試験までのルートを紹介します。自分の状況に合ったタイミングで、エアラインスクールに通いましょう。

高校生

以下は、高校生のエアラインスクールに通うタイミングと、採用試験までのルートの一例です。

エアラインスクールの航空業界ガイダンスなどに参加

短大・大学に入学

エアラインスクールの無料セミナーや体験レッスンに参加

エアラインスクールに入学

航空会社のインターンシップに参加

大学3・4年生へ進級

エアラインスクールの就活対策コースを受講

航空会社の採用の募集にエントリー

高校生のなかには、漠然と航空業界に憧れを持っている方も多いかもしれません。まずは、自分で航空業界全般や航空会社の仕事内容などを調べてみるのが大事です。

航空業界についてある程度知識が深まったら、エアラインスクールが実施している航空業界ガイダンスなどに参加してみるのもよいでしょう。

大学1・2年生

以下は、大学1・2年生のエアラインスクールに通うタイミングと、採用試験までのルートの一例です。

短大・大学に入学

エアラインスクールのガイダンス、無料セミナーや体験レッスンに参加

エアラインスクールに入学

エアラインスクールで航空会社の基礎知識をつける

大学3・4年生へ進級

エアラインスクールの就活対策コースを受講

航空会社の採用募集にエントリー

大学1・2年生のなかには、そろそろ就職活動の存在が気になり、エアラインスクールの入学を検討し始めている方もいるでしょう。先述のとおり、航空業界の採用試験は毎年高倍率のため、早めの対策が必要になります。

周りと差をつけたいのなら、大学入学後の早い段階でエアラインスクールに通い始めるのも一つの手段です。

大学3・4年生、短大生

以下は、大学3・4年生、短大生のエアラインスクールに通うタイミングと、採用試験までのルートの一例です。

エアラインスクールのガイダンス、無料セミナーや体験レッスンに参加

個人相談会に申し込み

エアラインスクールに入学

エアラインスクールの就活対策コースを受講

航空会社の採用募集にエントリー

大学3・4年生は、就職活動が本格化する時期です。採用試験まで時間が十分にあるわけではないので、エアラインスクールの就活対策コースをフルに活用して、採用募集のエントリーに備えましょう

社会人

以下は、社会人のエアラインスクールに通うタイミングと、採用試験までのルートの一例です。

エアラインスクールのガイダンス、無料セミナーや体験レッスンに参加

個人相談会に申し込み

エアラインスクールに入学

エアラインスクールの就活対策コースを受講

航空会社の採用募集にエントリー

社会人のなかには、今の仕事を続けながらエアラインスクールに通おうと考えている方もいるでしょう。エアラインスクールのなかには、夜間講義を実施しているスクールもあるので、社会人の方でも無理なく通える環境が整っています。

留学

エアラインスクールは、国内だけでなく海外にもあります。外資系航空会社への就職や英語力アップを目指している方は、外資系エアラインスクールに「留学」という形で進学するのも一つの手段です。

たとえば、マレーシアにある外資系専門エアラインスクールの「クルーラウンジ(Crew Lounge)」は、高卒以上の資格とそのほか身長や英語力などの条件をクリアしていれば入学できます。航空会社とコネクションが強いクルーラウンジには、採用担当者が頻繁に面接に訪れているため、在学中にその場で採用が決まることも。

クルーラウンジについては、以下の記事で詳しくまとめています。

マレーシアにあるクルーラウンジ(Crew Lounge)とは?CA留学プログラムの魅力をまとめて解説!

エアラインスクールに入学するまでの流れ

airline-school5

エアラインスクールに入学するまでには、どのようなステップを踏む必要があるのでしょうか。

ここでは、エアラインスクールに入学するまでの流れを詳しく紹介します。

※エアラインスクールによって、入学までの流れは異なる場合があります。

ステップ①|エアラインスクールの情報を集める

まず、エアラインスクールの情報を集めましょう。

先述のとおり、エアラインスクールにはさまざまな種類があるので、それぞれのスクールの特徴を比較したうえで、自分に合ったスクールを選ぶのがポイントです。

ステップ②|気になるエアラインスクールの説明会や体験レッスンに参加する

エアラインスクールをいくつかに絞ったら、気になるスクールの説明会や体験レッスンに参加しましょう。スクールの雰囲気や講義の進め方などが、自分に合っているのか判断するのに役立ちます。

個人相談会を行っているスクールもあるので、不安点があれば質問できる良い機会です。

ステップ③|申し込み

説明会や体験レッスンで通いたいエアラインスクールが決まったら、入学の申し込みをします。電話やネットから、簡単に手続きができるスクールが多いです。

エアラインスクール選びのポイント3つ

airline-school6

エアラインスクール選びでは、自分の目的に合ったスクールを選ぶのが重要です。エアラインスクールによって特徴が異なるので、スクール選びは慎重に行いましょう。

ここでは、エアラインスクール選びのポイントを詳しく紹介します。

講義スケジュールを事前に確認する

講義スケジュールを事前に確認しましょう。エアラインスクールの講義は、あらかじめ日時を指定されているケースがほとんどです。

エアラインスクールに入学しても、ほかの予定で受講できなくては意味がありません。授業や部活動、アルバイトなどと重ならないように注意が必要です。

費用をあらかじめ確認する

ホームページや資料などで入学金や受講料がいくらかかるか、確認しておきましょう。

入学金や受講料のほかに、オプション料金が発生する場合があります。エアラインスクールの費用は決して安くはないので、入念な確認が必要です。

航空会社への推薦枠があるか確認する

エアラインスクールによっては、航空会社への推薦枠を持っている場合があります。少しでも航空業界に就職できるチャンスが増えるのであれば、推薦枠のあるスクールに通う価値は大いあるでしょう。

まとめ【エアラインスクールは航空業界で働きたいと思った段階で通おう】

この記事では、いつからエアラインスクールに通うべきかや、エアラインスクールに入学するまでの流れとスクール選びのポイントを紹介しました。

エアラインスクールは、航空業界の就活対策を専門に行うスクールです。航空業界は競争倍率が高いため、早めの対策が必要になってきます。多くのエアラインスクールは学年や年齢の制限を設けていないので、「航空業界で働きたい」と思った段階で通い始めるのがベストなタイミングです。

憧れのエアラインライフに向けて、早めの対策を行いましょう!


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事