お気軽にご相談ください

コンコーディア国際大学の評判はどう?実際の入学者5名の口コミ体験談まとめ!


「コンコーディア国際大学が気になる!」「コンコーディア国際大学の口コミや評判はどうなの?」と不安に思っている方もいるのではないでしょうか?

今後の進路に関わる大学選びで、失敗や後悔はしたくないですよね。そんな事態を避けるためには、実際の入学者の体験談を聞くことが一番有益な方法です。

そこで今回は、コンコーディア国際大学の入学者の口コミ体験談をまとめて紹介します。コンコーディア国際大学への入学を検討している方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください!

この記事を読めば、コンコーディア国際大学のリアルな口コミや評判を知ることができます。

Manaseさん(2022年夏に入学予定)

2022年の夏にコンコーディア国際大学の「ホスピタリティコース」へ入学を控えているManaseさん。英語力の向上と海外の友達作りを目標に掲げ、入学に向けて着々と準備を進めている最中です。

Manaseさんが思うコンコーディア国際大学の最大の魅力は、2年間で卒業できるので学費が安く抑えられるという点です。また、高いレベルの英語力が身につくことで日本国内企業だけでなく、日本にある外資系企業から留学先の現地企業まで、就職の幅が広がるメリットも強く感じています。

Manaseさんは時間も費用も無駄にしないコンコーディア国際大学への進学を決意し、夢や目標に向かって歩んでいます。

コンコーディア国際大学への入学を控えているManaseさんの口コミ体験談については、こちらの記事も併せてチェックしてくださいね!

負けず嫌いが英語上達のポイント!オンライン授業を活用してコンコーディア国際大学へ!

Rikoさん(2022年4月入学)

2022年4月にコンコーディア国際大学の「ホスピタリティコース」に入学したRikoさん。現時点では、イギリスのコベントユニバーシティまたはスイスのBHMSへの編入を検討しています。

Rikoさんがコンコーディア国際大学を選んだ理由は、日本の4年制大学よりも学びたいコースやプログラムが充実していたからです。

Rikoさんが思うコンコーディア国際大学の魅力は、カリキュラムが明確で事務的なことからホスピタリティに関することまで専門的に学べる点です。さらに、編入制度を利用してカナダ以外の国での留学体験ができるという点にも魅力を感じています。

2022年4月にコンコーディア国際大学に入学したばかりのRikoさんの口コミ体験談については、こちらの記事もチェックしてくださいね!

夢は客室乗務員!なりたい自分になるためにコンコーディア国際大学で挑戦!

Kotaroさん(2021年9月入学)

2021年9月にコンコーディア国際大学の「ビジネスコース」に入学したKotaroさん。2年目にはイギリスのコベントリー大学への編入を目指し、日々勉学に励んでいます。

そんなKotaroさんがコンコーディア国際大学を選んだ理由は、2年間で卒業ができるスピード感です。日本の新卒採用の年齢よりも早く就職できる点も、周りに差をつけられるメリットだと感じています。

実際にKotaroさんが入学して感じたコンコーディア国際大学の魅力は、専門分野を実践的に学べる点です。たとえば、「マーケティングから企業がどんな事業をしているか」「どうやって売り上げを上げているか」について自分の頭で考え抜く力が身につきます。

Kotaroさんの詳しいコンコーディア国際大学の留学体験談については、こちらの記事もチェックしてくださいね!

行き当たりばったりでも大丈夫!コンコーディア国際大学でビジネスの世界にハマってます!

Sazunaさん(2021年8月入学)

2021年8月にコンコーディア国際大学の「ビジネスコース」に入学したSazunaさん。現在は、クラスメイトと一緒にディスカッションやプレゼンテーションの課題に取り組んでいます。

コンコーディア国際大学を選んだ理由は、日本で言う学士号の「Bachelor Degree(バチェラーズ・ディグリー)」を2年で取得できることです。

実際にSazunaさんが入学して感じたコンコーディア国際大学の魅力は、現地の日本人スタッフの手厚いサポート体制でした。分からないことや困ったことがあれば、いつでも気軽に相談できる環境が整っています。

Sazunaさんの詳しいコンコーディア国際大学の留学体験談については、こちらの記事もチェックしてくださいね!

卒業後のヨーロッパ圏への就職に向けて!コンコーディアで充実した日々と挑戦し続ける日々!

Shoさん(2021年6月入学)

2021年6月にコンコーディア国際大学の「ビジネスコース」に入学したShoさん。2年目はイギリスのコベントリー大学への編入を目指し、今は懸命に課題に取り組んでいます。

そんなShoさんがコンコーディア国際大学を選んだ理由は、学費が経済力の範囲内だったことです。また、2年目以降はカナダ以外の大学に編入することもできるので、異なる国の文化に触れられる機会が他の大学よりも恵まれていると感じています。

実際にShoさんが入学して感じたコンコーディア国際大学の魅力は、専任のチューターが親切なことです。授業課題の進め方に関するアドバイスから複雑な事務手続きのサポートまで、丁寧に対応してくれます。

Kotaroさんの詳しいコンコーディア国際大学の留学体験談については、こちらの記事もチェックしてくださいね!

留学中の学びを活かしながら起業準備も進行中!夢に向かってコンコーディアで奮闘してます!

コンコーディア国際大学のデメリットはある?

コンコーディア国際大学の入学者5名の体験談から、さまざまなメリットが見えてきたのではないでしょうか?

しかし、メリットとデメリットは表裏一体のため、実際の入学者がデメリットに感じた体験談もしっかり把握しておきましょう。

コンコーディア国際大学のデメリット①:2年間のカリキュラムのため課題が多い

Sazunaさん(2021年8月入学):「課題が重なったときは大変でした…」

Shoさん(2021年11月入学):「授業の後にレポートを課されることが多々あり、入学してからはしばらく悩まされました…」

 

先述のとおり、コンコーディア国際大学は2年間のカリキュラムとなっているので4年制大学と比べると、タイトな授業スケジュールになることが見込まれます。そのため、ある程度の量の課題をこなす必要も出てくるでしょう。

コンコーディア国際大学のデメリット②:コンコーディア国際大学についての情報が少なかった

Sazunaさん(2021年8月入学):「最初は2年で卒業できるのは怪しい印象がありました…」

Shoさん(2021年11月入学):「最初は2年で卒業できるって本当なのか?と不安に思っていた時期がありました…」

SazunaさんやShoさんが入学を考えていた頃は、今ほどコンコーディア国際大学の知名度が高くなかったため情報収集に苦労されたようです。

しかし、今では日本人の入学者も増加し、ある程度の情報がネットにも転がっています。

ぼくらの留学では、コンコ―ディア国際大学の最新情報を公式LINEで発信しています!コンコ―ディア国際大学の生徒の生の声や体験談もお届けするので、ぜひこの機会に登録してみてくださいね。

まとめ【コンコーディア国際大学の口コミ体験談】

この記事では、コンコーディア国際大学の実際の入学者である、

  • Manaseさん(2022年夏に入学予定)
  • Rikoさん(2022年4月入学)
  • Kotaroさん(2021年9月入学)
  • Sazunaさん(2021年8月入学)
  • Shoさん(2021年6月入学)

以上、5名の体験談を紹介しました。

実際の入学者がコンコーディア国際大学を選んだ理由は、2年間で卒業できるスピード感と学費を安く抑えられるコスト面が圧倒的に多かったです。

さらには、他国大学への編入も叶えられることや専門分野を実践的に学べる点にも魅力を感じている入学者がたくさんいます。

最初は課題をこなすのに精一杯だった入学者の方も、今ではその課題を楽しめるほどに成長しています。

コンコーディア国際大学は、自分の将来の可能性を広げる場として最適です!コンコーディア国際大学の詳細については、こちらの記事を参考にしてくださいね!

 

【コンコーディア国際大学】今話題!たった2年間で卒業できる「秘密」を詳しく説明します!

 

 

 

 

 

 


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事