お気軽にご相談ください

夢は客室乗務員!なりたい自分になるためにコンコーディア国際大学で挑戦!


概要

  • 自己紹介
  • 渡航前の体験談
    • 渡航時期は?
    • 選んだコースは?
    • 現在の英語力は?
    • 希望している編入先は?
    • 留学しようと思ったきっかけは?
    • コンコーディア国際大学の魅力は?
    • 将来の目標は?
    • コンコーディア国際大学でやりたいことは?
    • コンコーディア国際大学で達成したい目標は?
    • 具体的にやっている勉強法は?
    • 不安な事は?
    • 両親の反応は?
    • 留学前の準備で大変な事は?
    • 「ぼくらの留学」を選んだ理由は?
    • コンコーディア国際大学への入学を迷っている方へのアドバイスは?

自己紹介

氏名:リコさん

渡航先:カナダ

入学したカレッジ名:コンコーディア国際大学

渡航前の英語力:TOEICのリスニング&リーディング 720点

~インタビュー形式~

今回は渡航前のインタビューをしていきます。

ー まずは、お名前から伺ってもよろしいでしょうか?

名前はフジモト リコです。

渡航前の体験談

ー ありがとうございます。渡航時期と選んでいるコースを教えてください。

渡航時期は2022年の4月です。

選んだコースはホスピタリティを希望しています。

ー 今の英語力を教えてください。

TOEICのリスニングとリーディングで720です。

ー 希望している編入先の大学を教えてください。

希望している大学は2カ所で迷っています。

1つ目がイギリスのコベントユニバーシティで、2つ目がスイスのBHMSに行きたいと思っています。

ー 留学しようと思った理由はありますか?

現在、短大2年生で、日本の4年大学に編入しようと考えていました。

その中で日本の4年大学とコンコーディアのコースやプログラム等を比較した時に、コンコーディアの方が魅力的に感じ、私がやりたいホスピタリティやサーバー系の仕事が学べると思い、留学することにしました。

ー コンコーディア国際大学の魅力を具体的に教えてください。

まずはカリキュラムが明確で、事務的な事からホスピタリティに関する事まで専門的に学べる所です。

また2ヵ国体験できるという点も魅力的に感じました。

ー 将来の目標を教えてください。

客室乗務員になりたいという夢があります。

ー コンコーディア国際大学に入学してやりたい事はありますか?

海外の友達を作ってみたいです。

日本語で日常会話を交わさない友達が欲しいですね。

ー コンコーディア国際大学で達成したい目標はありますか?

恐らく日常英会話は鍛えられると思うので、IELTSのスコアを目標より1つレベルの高い点数が取れたらいいなぁと思っています。

ー 今、課題となっているのは英語力だと思いますが、具体的にやっている勉強法はありますか?

現在は、IELTSの教科書を使ってリーディングやリスニング対策をしています。

また日常的にはyoutube等で映画を英語字幕で見たり、ネイティブの英会話を耳に慣れさせるという方法を行っています。

ー youtubeは何を見ていますか?

客室乗務員さんが副業でやっているyoutubeを見ています。

ー 不安な事はありますか?

海外の英語圏に長期滞在したことがないので、ホームシックになるかもしれないと懸念しています。

友達ができればホームシックにならないと思いますが、今まで多文化の人達と友達になる経験がなかったので、どういう風にアプローチしたら良いか、不安です。

ー ご両親は海外の大学に行くことに対してどんな反応をしましたか?

母親にはずっと日本の大学に編入すると話していましたが、途中でコンコーディア国際大学の話をした際に、少し困惑していました。

ー そうですよね。いきなり変更すると困惑しますよね。

そこでコンコーディア国際大学のカリキュラムの事やサポート体制、海外大4年卒業の学位がもらえるメリット等をしっかりプレゼンしました。

そうしたら納得してくれて、プログラムもちゃんと理解してもらえ、応援してくれるようになりました。

ー 素敵ですね。

ー では今、準備をしている段階で大変なことはなんですか?

やはり書類関係ですね。

ー 確かに書類関係は大変そうですね。今回はビザのサポートがないという事もあるので、大変だと思いますが、もし困ったことがあればいつでも連絡してくださいね。

はい。

ー では、たくさんの留学エージェントがある中で、「ぼくらの留学」を選んだ理由を教えてください。

ぼくらの留学ともう一つのエージェントで話を聞きましたが、やり取りがとても親切で、私の状況をわかってくれたので、安心しました。

特にコンコーディア国際大学はまだできてから日が浅いので、少し不安な部分がありましたが、担当の方がわかりやすい資料で詳しく説明してくれたので、信頼できる!と思いました。

ー 本当ですか!そう言ってもらえてうれしいです。

ー 最後にコンコーディア国際大学への入学を迷っている方へのアドバイスをお願いします。

私の場合は短大に在籍しながら留学に行く形ですが、高校卒業のタイミングで留学を考える方もいると思います。

そういう方は大学にも通っていないので、不安な事も多いと思います。

特に英語力ではIELTS6.0という高いレベルがありますが、コンコーディア国際大学の説明を聞いたり、予定を立てていく中で、色々なサポートもあるので、不安がらずに挑戦して、受けられるサポートは受けて欲しいです。

準備も大事ですし、何より挑戦する事が大事だと思います!

コンコーディア国際大学のカリキュラムでは専門的な事も学べるし、そこで得た知識は将来とても有利になると思っています。

私もこれから挑戦に行くので、みなさんも迷わず挑戦して欲しいです!

ー そうですね。大きな挑戦ですね。すばらしいです。

リコさん、本日はインタビューのご協力ありがとうございました!

PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事