お気軽にご相談ください

留学中の学びを活かしながら起業準備も進行中!夢に向かってコンコーディアで奮闘してます!

自己紹介

名前: ショウ

入学日: 2021年 6月

コース: ビジネスコース

2年目希望国と学校 イギリス コベントリー大学

【渡航前の決め手】

一 6月に入学したショウ君にインタビューしていきたいと思います。簡単でいいので自己紹介お願いします。

ショウ 20歳です。現在はビジネスコースを専攻していて、2年目はイギリスのコベントリー大学への編入を考えてます。最近はシェアハウスに引っ越しをして、今はレポートに追われています。

一 日本の大学ではなく海外の大学に興味を持った理由は何かありますか?

日本の大学を通して留学も可能ですが、すぐに海外留学に行きたかったので、海外の大学入学することを決めました。北米の大学は日本の大学と比べると学費等が高いのですが、コンコーディア国際大学は経済力の範囲内でしたので、その部分に魅かれて選びました。

一 費用面以外でコンコーディア国際大学を選んだ理由はありますか?

現地でさらに留学できるという点です。コンコーディア国際大学に在籍するとカナダ以外の大学に2年目も留学するので、異なる国の文化に触れられる機会が他の大学よりも恵まれていると思いました。

一 入学をするにあたって何か不安なことはありました?

親を説得することでした。留学するにあたって親の了承が必要なので、上手く説明をして納得してもらえるかが気がかりでした。もう1点は英語力で、もともと自分は英語があまり得意でもなかったので、その2点が不安要素でありました。

一 コンコーディア国際大学を2年間で卒業できるという魅力もあると思うんですが、逆にそのことで不安に感じる人もいますが、ショウ君も不安はありましたか?

最初は2年で卒業できることに「本当なのか」と不安に思っていた時期がありました。ただオリエンテーションや詳しい説明など、渡航中の学生のインタビューをyoutubeでもアップロードされていたので、事実であると納得しました。

一 今回の入学するにあたって、「ぼくらの留学」でサポートを受けていただいたと思うんですが、サポートを受けようと思った理由は何かありますか?

僕が留学するために良い大学を探している際に、インスタグラムの広告で「ぼくらの留学」というサイトを見つけたので、ホームページを閲覧しているうちに興味を持って問い合わせをして、お願いしたのがきっかけでしたね。

【コンコーディアでの学生生活について】

一 次に語学力について聞きたいですけど、コンコーディア国際大学に入学しようと決めた時点での英語レベルはどれぐらいでしたか?

IETLS 5.5で英検が2級の1次試験に合格しています。

一 カナダへ渡航する時はどれくらい向上しましたか?

留学を決心した時点とほぼ同じレベルです。

一 今のIETLS 5.5の段階で多分入学をしたと思うんですけど、そのぐらいのレベルで授業についていけましたか?

日本の英語の授業と比較するとペースが段違いに早く、使われている単語や分からないところが多く、最初はたいへんでした。ただIETLS 6.0ぐらいの人たちも苦戦していたので、自分と同じレベルだと思って、特に引けを感じなかったです。しっかり授業に食らいつくように頑張っていければいいと思います。

一 今はどんな授業を受講してるんですか?

僕はビジネスマネジメントを専攻していますが、その中でジョブハンティング、カナダでの仕事の取り方を学んでいます。またグループワークで自分たちの会社や商品を全部1からコストなど含めて考えて、それをみんなでプレゼンすることも行っています。

一 授業内容についても教えてもらってもいいですか?

アドバンス・プロフェッショナル・セールスといって、日本語にすると企業分析に近いことを行っています。具体的には企業の特徴やマーケットの分析の基本をグループ毎に分かれて学びました。

一 聞いていると難しそうなイメージもあるのですが、実際にショウ君が受けて面白かった授業はありますか?

僕はビジネスにすごく興味があったので、現在習っているアドバンス・プロフェッショナル・セールスもそうですし、ビジネス・アドバンス・テクノロジーというSNSならではの販売方法、商業の仕方があって、そのような授業がすごく魅力的に感じて楽しいです。

一 授業以外で毎日どれぐらい勉強をしていますか?

授業がある日は4時間ぐらい予習と復習をしています。授業がない日は図書館に近いこともあり1時間ぐらいは滞在して勉強をしています。

一 コンコーディア国際大学に入学して友達はできましたか?

周りに日本人の方が非常に多いこともあり苦労はしませんでした。他にもフィリピンや韓国など英語で意思疎通をしなければならない人たちとも友達になりました。

一 実際に入学して感じたコンコーディア国際大学の魅力を教えてください。

チューターの方が親切なことです。コロナ禍の影響によりカナダに滞在するためにワクチンカードが必要で、取得するのを手伝ってもらったので、チューターには感謝しています。あと先生に魅力的な方が多いです。すごくインスパイアーされたり、ファッションなど興味を持つ部分が多いです。

一 コンコーディア国際大学に入学して語学力とか専門的な知識以外に得たものは何かありますか?

コミュニケーション能力ですね。僕はもともとシャイで内向的な方でしたが、こっちに来てからはフレンドリーに接してくれる方が多いので、自分からアプローチしやすくて、必然的に培われていったものだと思っています。

一 入学してみて大変なことは何かありますか?

授業の後に300字もしくは500字のレポートを課されることが多々ありましたが、入学してからはしばらく悩まされました。

【海外生活について】

一 次に現地での生活について聞きたいのですが、どのようにして住居を探されたのか教えてもらってもいいですか?

今住んでいる物件は、「JP Canada」という日本人向けのサイトで探しました。

一 まだアルバイトをできる時期でないと思いますが、今後は考えられていますか?

あと2ヶ月経つとインターンシップに参加できるので、企業訪問など少しでもできることをやって、身に着けられる技術を習得しようと思います。

一 1週間のスケジュールについて語っていただけますか?

平日の3日間が授業で、そのうち木曜日だけが対面方式です。授業のない日でも火曜日や金曜日にはグループワークという形で自主的な学習をしています。

一 実際に入学してみて日本の生活や日本の大学だとできない素敵な体験をしていますか?

間接的な知人とも迅速に友人関係を築けたという体験です。バーベキューに誘われた時に対面してすぐに打ち解けました。日本では考えにくいことだと思います。

一 カナダでの生活はいいこともあったと思うんですけども、実際に生活してみて驚いたことは何かありますか?

ホームレスの方には驚きました。バンクーバーではダウンタウンでさえ普通に見かけます。日本と比べると路上生活者がとても多いかもしれません。ただ現地の人にとっては自然な光景なので、そこは慣れるしかないです。

一 入学する前にやっておいたほうがいいなと思ったことはありますか?

経済の基礎を勉強しておくべきだったと思います。こちらの授業ではすぐに実践的なものに入るので、経済学の基礎やマーケティング基礎を身につけておかないと、入学してから授業で苦戦するかもしれないです。

一 2年目の大学をコベントリー大学に決めている段階だと思いますが、卒業後どんな道に進みたいですか?

海外の銀行もしくはビジネスマンとして働こうと思っています。また起業という選択肢も考えていて、友達と話し合って事業計画書などを少しずつ書き始めています。

一 すごいね。本格的に起業が進んでいる感じがします。

少しずつ身につけるべきスキルを身につけておけばいいという感じです。授業が基本的なものだったので、すぐに活かせます。

一 最後にコンコーディア国際大学への入学を迷っている学生さんに向けて、何かショウ君から一言あればお願いします。

IETLSの最低ラインが5.5なので、最初は難しいそうと思われるかもしれませんが、しっかりと勉強すれば誰でもスコアを取得できるので、怖気づかず最後まで頑張って入学してほしいです。こちらでしか味わえないことを経験してもらいたいなと思ってます。

一 ありがとうございました。

↓↓コンコ―ディア国際大学のことをもっと詳しく知りたい方は、以下公式LINEへ!↓↓

次の記事も楽しみにしておいてください!

PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事