お気軽にご相談ください

外資系CAに身長制限はあるの?160㎝以下でもCAになるために努力できることも解説!

height-of-cabin-crew1

外資系CAを志している方のなかには、「身長制限があるのか?」「どのくらいの身長が必要?」という疑問があるのではないでしょうか。

身長がさほど高くない場合、自分が外資系CAの採用条件を満たしているのか不安になりますよね。

そこでこの記事では、外資系CAの身長制限や各外資系航空会社が応募条件にしているCAの身長基準を紹介します。

また、身長160㎝以下でも外資系CAになるために努力できることも紹介するので、外資系CAになる夢をかなえたい方は、最後まで読んで参考にしてください。

外資系航空会社ではCAの身長制限を設けている場合が多い

height-of-cabin-crew2

外資系CAの採用条件に、身長制限はあるのでしょうか。

結論から述べると、多くの外資系航空会社はCAの身長に制限を設けています航空会社によって条件は異なりますが、158㎝〜160㎝を最低ラインにしているケースが一般的です。

一方、中東系の航空会社は身長ではなく、「アームリーチ」の基準を設けている場合もあります。アームリーチとは、「靴を履いていない状態で腕をまっすぐ伸ばしたときに手が届く高さ」のことです。

決められた高さに手が届けば、採用条件を満たしていることになります。アームリーチは210㎝程度が目安です。航空会社によっては、つま先立ちが認められている場合もあります。

外資系航空会社がCAの身長制限を設けている理由

各航空会社がCAの身長制限を設けている理由は、CAには機内サービスの提供だけではなく、「保安要員」としての重要な役割があるためです。

たとえば、以下のような保安業務が発生します。

  • 手荷物収納棚に入っている備品の出し入れ
  • 手荷物収納棚の安全確認業務
  • 緊急時の旅客誘導

手荷物収納棚は機内の天井部分に設置されているので、高所に手が届かないと保安業務を遂行できません。特に外資系航空会社では比較的大型の航空機を使用しているため、手荷物収納棚の位置が高く設計されている傾向にあります。

また、CAは緊急時に旅客を安全な場所に誘導する必要があります。もし、誘導するCAの身長が低い場合、ほかの旅客の中に埋もれてしまうのでスムーズに避難誘導ができません。特に外資系航空会社の便には高身長の欧米人がたくさん搭乗しているため、日本人女性の平均身長程度だと完全に埋もれてしまうおそれがあります。

以上の理由により、外資系航空会社ではCAの身長制限を設けています。

外資系航空会社が応募条件にしているCAの身長基準

多くの外資系航空会社ではCAの身長制限があるとわかりましたが、具体的にはどのくらいの身長が必要なのでしょうか。

以下は、外資系航空会社が応募条件にしているCAの身長とアームリーチの基準です。

シンガポール航空:女性 158㎝以上、男性 165㎝以上
エミレーツ航空:身長160㎝以上、アームリーチで210㎝以上に届くこと
カタール航空:アームリーチで212㎝以上に届くこと
ガルフ・エア:身長160㎝以上
エバー航空:身長160㎝以上
キャセイパシフィック航空:アームリーチで208㎝以上に届くこと
ブリティッシュエアウェイズ:身長157㎝以上、アームリーチで201㎝以上に届くこと
KLMオランダ航空:身長158㎝以上

※上記の身長制限は変更になる場合がありますので、各航空会社の公式サイトより最新の情報をご確認ください。

先述したとおり、総合的に判断すると身長は158㎝〜160㎝、アームリーチは210㎝程度が目安となります。

自分が目指している航空会社の身長基準は、あらかじめ把握しておきましょう。

外資系CAの身長制限は厳密

外資系航空会社が応募条件にしているCAの身長制限は、厳密に定められています。

航空会社によっては、「身長やアームリーチなどの応募条件を満たしていない場合、応募はご遠慮ください」と募集要項に明記されているほどです。条件に厳しい航空会社では1㎝基準に満たないだけでも、その場で選考が終了になってしまいます。

CAという仕事は保安要因としての責任が非常に大きいため、身長やアームリーチが基準に満たないのであれば採用できないとするのが航空会社のスタンスです。

もし、希望する外資系航空会社の応募条件に満たない場合は、身長制限を設けていない日系航空会社を目指すのも一つの手段です。

日系航空会社はCAの身長に制限を設けていない場合が多い

height-of-cabin-crew3

多くの日系航空会社では、CAの応募条件に身長制限を設けていません。日本人の平均身長は欧米人の平均身長よりも低い傾向にあるため、必然的に外資系CAより日系CAのほうが身長の条件が低いと考えられます。

要するに、低身長だからといって、CAになる夢をあきらめる必要はありません実際、日系航空会社には身長160㎝以下でもCAとして活躍している人がたくさんいます。

ただし、アームリーチの条件を設けている航空会社も一部あります。そのため、自分が届くアームリーチの高さを把握しておきましょう。アームリーチの目安は、自分の身長に40㎝~50㎝程度をプラスした高さです。

日系航空会社のCA採用試験では、身長だけではなく、人間力も重視される傾向にあります。身長が高いに越したことはありませんが、英語力、機転、想像力、リーダーシップ、傾聴力などの要素を総合的に判断して合否を決めているのです。

身長160㎝以下でも外資系CAになるために努力できる4つのこと

height-of-cabin-crew4

ここまでお読みいただいた方のなかには、「身長に自信がない」「応募条件ギリギリの身長しかない」と不安を抱いている方もいるのではないでしょうか。そのような不安要素を解消するには、今できることをやるのに限ります。

身長160㎝以下でも外資系CAになるために努力できることは、以下の4つです。

  • 小型機を運航している航空会社に応募してみる
  • アームリーチを毎日練習する
  • 整体に通う
  • 人間力を高める

ここでは、身長160㎝以下でも外資系CAになるために努力できることを1つずつ解説します。

小型機を運航している航空会社に応募してみる

身長に自信がない方は、小型機を運航している航空会社に応募してみるのがおすすめです。

大手航空会社は旅客数が多いので、飛行機も必然的に大型化する傾向にあります。大型の飛行機は手荷物収納棚の位置が高いので、どうしても身長の低さはハンデになってしまいます。

その点、小型機であれば手荷物収納棚の位置が低いので、身長の低さはハンデになりにくいでしょう。

たとえば、LCCはコスト削減のため小型から中型の機材をメインに保有しています。

以下は、小型機といわれる機材の一例です。

  • A320
  • 737MAX
  • エンブラエル190/170

上記の機材を運航している航空会社であれば、身長が低くてもCAとして採用してもらえる可能性が高まります。

アームリーチを毎日練習する

アームリーチを毎日練習しましょう。成長期でない限り、劇的に身長を伸ばすことは難しいですが、一方でアームリーチは練習次第で記録を伸ばせます

アームリーチを採用条件にしている航空会社であれば、たとえ身長が低くても、決められた高さに手が届けば問題ありません。

希望する航空会社が定めるアームリーチの条件を確認し、毎日最低でも朝、昼、晩の3回はアームリーチの練習をしましょう。毎回記録を残しておくと、成長度合いがわかるのでおすすめです。

整体に通う

整体に通うのも、一つの手段です。整体で劇的に身長を伸ばすことは難しいものの、整体で身体を整えることで背筋が伸びたり、姿勢が改善されたりと多少身長が伸びる可能性があります

希望する航空会社の身長条件ギリギリの方や、身長条件にあと1㎝足りない方は、整体の恩恵を受けられるかもしれません。

人間力を高める

人間力を高めることも、CAを目指すうえで大切です。確かにCAにとって身長は重要な要素の一つで、航空会社によっては身長の低さはハンデになる可能性があります。

しかし、身長だけではなく、多くの航空会社は以下のような要素も重視しています。

  • 航空会社やCAの仕事への熱い思い
  • 語学力
  • コミュニケーション力
  • 主体性
  • 論理的な思考力
  • 広い視野を持って物事を考える力
  • 異文化理解力

身長制限に厳格な航空会社を除き、身長は少し低めだとしても、会社にとって魅力的な人材は積極的に採用したいと思う面接官は多いでしょう。

まとめ【身長160㎝以下でも外資系CAは目指せる!】

この記事では、外資系CAの身長制限や各外資系航空会社が応募条件にしているCAの身長基準、160㎝以下でも外資系CAになるために努力できることを紹介しました。

多くの外資系航空会社はCAの身長に制限を設けています。航空会社によって条件は異なりますが、158㎝〜160㎝を最低ラインにしているケースが一般的です。

または、身長ではなく「アームリーチ」の基準を設けている場合もあります。210㎝以上など決められた高さに手が届けば、採用条件を満たしていることになります。つまり、身長が低くてもアームリーチがクリアできれば外資系CAを目指すことは可能です。

まずは、自身の希望する外資系航空会社のCA応募条件を確認して、万全な対策をしましょう。

もし現在、応募条件の身長に届かない場合は、この記事で紹介した外資系CAになるために努力できることを実践してみてください!

外資系CAになるための進路や条件、日系航空会社との違いは、以下の記事で詳しくまとめています。

外資系CAになるには?進路や条件、日系エアラインとの違いをまとめて解説!


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事