お気軽にご相談ください

生涯賃金が1億円アップって本当?!【留学の投資価値】を徹底解説!

留学の投資価値

多額の費用がかかる海外留学。

「こんなにお金をかけて海外の大学や大学院を卒業しても、本当に将来につながるのだろうか?」

こんな不安の声も当然出てきますよね。

実は、留学経験者と未経験者では、生涯賃金がなんと1億円近く差が出るという研究結果が出ているのです!

この記事では、2015年と2016年の留学経験者と未経験者のアンケートを参考にしながら、留学の投資価値について迫ってみます!

平均年収の比較

  • 留学後、海外で学んだことが仕事で生かせるのか?
  • 海外大学卒業が本当にお給料に反映されるのか?

留学を目指す方なら、気になる点ではないでしょうか。

ここでは、年齢別、男女別そして大学院分野別で「平均年収」を表にまとめました!

年齢別

海外大学卒業
(1)
国内大学卒業
(2)
海外大学院卒業
(3)
国内大学院卒業
(4)
大卒の収入格差係数
(1)/(2)
院卒の収入格差係数
(3)/(4)
海外大卒と海外院卒の収入格差係数(3)/(1)
全体547.0万円449.1万円792.9万円553.0万円1.221.431.45
50歳代以上653.6万円608.3万円993.9万円806.0万円1.071.231.52
40歳代564.0万円470.8万円825.9万円654.6万円1.201.261.46
30歳代539.7万円389.3万円642.9万円467.6万円1.391.381.19
20歳代以下350.0万円290.8万円372.7万円350.7万円1.201.061.07

例えば、30歳代を例に見ていくと、海外大学を卒業している場合、平均年収が539.7万円。

国内大学の卒業者は389.3万円なので、この時点で1.39倍もの収入差がついているのがわかります。

大学院卒業者の場合でも、留学経験者は642.9万円で未経験者は467.6万円で、こちらも1.38倍の収入格差が出ています。

別の見方をすると、国内大学の卒業者と海外大学院の卒業者では、平均年収が1.7倍近くも変わってきてしまいます。

男女別

海外大学卒業
(1)
国内大学卒業
(2)
海外大学院卒業
(3)
国内大学院卒業
(4)
大卒の収入格差係数
(1)/(2)
院卒の収入格差係数
(3)/(4)
海外大卒と海外院卒の収入格差係数(3)/(1)
全体547.0万円449.1万円792.9万円553.0万円1.221.431.45
男性645.0万円575.7万円954.6万円669.7万円1.121.431.48
女性439.1万円330.7万円562.1万円410.6万円1.331.371.28

女性に注目してみましょう。

同じ大学卒業者でも、留学経験者と未経験者の場合では、年収にして439.1万円と330.7万円、つまり1.33倍の差が出ています。

この収入の開きの要因の一つとして、留学経験者の女性は未経験者に比べ、かなりの割合で外資系企業に勤めている人が多く、男女の賃金格差が小さいことが挙げられます。

大学院分野別

理系大学院留学

(1)

理系国内大学院

(2)

文系大学院留学

(3)

文系国内大学院

(4)

理系収入格差係数

(1)/(2)

文系収入格差係数

(3)/(4)

全体722.2万円577.6万円805.7万円514.6万円1.251.57

ここで注目していただきたいのが、文系大学院留学者の年収がトップだということです!

この背景には、国際金融や経済、ビジネスを学んだ学生たちが、並行してMBA(経営学修士)などの資格を取得したことで、収入の高い職につく機会が増えたことが影響しているようです。

留学経験は昇進に影響する?!

ここで、一つ興味深いデータをご紹介します。

留学経験者と未経験者を合わせた約6000件近くのインターネットアンケートで、「あなたの現在の役職を答えてください」と尋ねたところ、次のような解答結果になりました。

留学経験は昇進に影響する

アンケートに答えた海外大学卒業者の中で男性の20%近く、女性では10%近くが、経営者・役員クラスの役職についています。

男女とも、国内大学卒業者と比べると、割合がかなり高いことがよくわかります。

「留学経験」は昇進においても、非常にプラスに働くことが改めて実証されています。

留学経験を通して得たもの

平均年収や役職など、さまざまな面で有益なスキルとなる海外留学経験。

しかし、留学で得るものは「お金」だけではありません!

ここでは、留学経験者が海外での生活を通して得たものをご紹介します!

留学経験を通して得たもの

留学経験者の回答の中で、一番多かったのが「日本人としての意識が高まった」で、アンケートに参加された90%近くの方が「強く思う」「そう思う」と答えています。

日本を一歩出れば、言葉、風習、考え方が全く異なります。留学中は、世界中のから集まってきた若者と毎日触れ合うことになり、自分が日本人であると意識する機会が多くなります。

海外大学の進学にかかる年間の学費

「海外大学進学の学費」と一言で言っても、渡航国の物価や大学の種類によって大きく異なります。

ここでは、実際にかかる留学費を人気の渡航先別に比較してみました。

アメリカ

海外留学といえば、「アメリカ」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

世界トップレベルの大学がそろっているアメリカは、人気の渡航先として不動の地位を保っています。

アメリカの学費は他の国と比べても高く、日本円に換算すると約400万円から450万円ほど。

名門大学になると約700万円近くになることもあります。

やっぱり気になる【海外大学費用】の徹底解説!アメリカ留学編

カナダ

治安が良く過ごしやすいカナダは、語学留学やワーホリでも人気の高い国です。

大学卒業後は就職もしやすく永住権も取りやすいことから、世界中の学生が集まってきます。

カナダ国内の大学のそのほとんどは公立で、大学間の格差があまりないため、どこの大学を選んでも質の高い教育を受けることができます。

年間の平均授業料は、約200万円です。

みんなが気になる【海外大学費用】の徹底解説!カナダ留学編

オーストラリア

日本との時差がほとんどないオーストラリアは、人気のワーキングホリデー加盟国として日本人にお馴染みです。

専門分野によって費用は大きく異なりますが、200万円から300万円が相場です。

【オーストラリア】海外大学の費用はどれくらいかかる?オーストラリア大学の留学費用について詳しく解説します!

イギリス

教育水準がトップクラスのイギリスは、アメリカや日本と教育システムが異なり、大学は3年制となっています。

学費は平均200万円から250万円です

みんなが気になる【海外大学費用】の徹底解説!イギリス留学編

フィリピン

「英語を習得するための留学先」として注目を集めているフィリピンは、物価が安いだけでなく、ビジネス系に強い優秀な大学もあるのが特徴です。

フィリピンの国公立大学は、年間授業料の平均が約5万円~10万円私立大学の場合は約7万円〜50万円です

みんなが気になる【海外大学費用】の徹底解説!フィリピン留学編

マレーシア

マレーシアの多くの大学は、他国の大学との提携が充実しており、例えば、アメリカの大学へ編入できるシステムもあります。

大学によって学費の幅が大きいですが、高額と言われる私立大学では年間80万円前後です。

みんなが気になる【海外大学費用】の徹底解説!マレーシア留学編

まとめ【留学は最高の自己投資!】

この記事では、お金をかけて海外の大学や大学院を卒業しても、将来につながるか不安を抱いている人のために、留学経験者と未経験者を対象とした

  • 平均年収の比較
  • 留学経験は昇進に影響する?!
  • 留学経験を通して得たもの
  • 海外大学の進学にかかる年間の学費

をまとめてご紹介しました。

30歳代を例に見た場合、海外大学を卒業している場合、平均年収が1.39倍もの収入差がついており、結果、生涯賃金がなんと1億円近く差が出る計算になります。

海外留学は確かに費用がかかりますが、その分、自分に返ってくるものが大きいのも事実です!

留学は最高の自己投資と言えるでしょう!

この記事をぜひ参考になさってください!

ご希望の方には海外大学進学準備のためのIELTS対策講座のご案内もしています。

【IELTS基本情報】TOEFLとの違い、試験対策、申込方法を解説!

さらにぼくらの留学では、海外大学進学について詳しく知りたい方のために、オンライン無料説明会を開催しています。

ぼくらの留学「公式 LINE @」から24時間ご予約を受け付けております!

経験豊富なカウンセラーが対応いたしますので、お気軽にご相談ください!

留学エージェントとは?利用するメリット・デメリットはある?

2015年と2016年の留学経験者と未経験者のアンケート引用元:


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事