お気軽にご相談ください

海外大学で学びたい方は必見!【アメリカの大学進学留学】を徹底解説します


留学先として、もっとも人気が高い国アメリカ。

トップクラスの大学が集中していることから、世界中から優秀な学生が集まることで知られています。

この記事では、日本と似ているようで全く異なるアメリカの大学システムについて、詳しく解説します!

アメリカの学位

大学で取得できる学位

アメリカの大学で取得できる学位は、大きく分けて2種類あります。

アソシエイトディグリー(Associate’s Degree)

アソシエイトディグリーは「準学士号」とも呼ばれ、コミュニティカレッジなどの2年制大学の学習プログラムを修了したことを証明する学位です。

アソシエイトディグリーの種類

  • Associate of Arts(AA)Degree:文科系
  • Associate of Science(AS)Degree:理科系
  • Associate of Applied Science(AAS)Degree:商業系・技術系

準学士号を取得することで、4年制大学の3年目に編入することができます。

バチェラーディグリー(Bachelor’s Degree) 

バチェラーディグリーは日本の「学士号」にあたり、アメリカの4年制大学の学習プログラムを修了したことを証明する学位です。

バチェラーディグリーの種類

  • Bachelor of Arts(BA):文学士
  • Bachelor of Science (BC):理学士 

大学の種類と修学期間

アメリカには大きく分けて4種類の大学があります。

就業目的に応じて選びましょう。

コミュニティカレッジ

「誰でも学ぶ権利がある」をモットーに、州内の住民のために作られたコミュニティカレッジは2年制の公立大学です。

州外や外国からの学生も入学できますが、授業料は地元の人よりも割高になります。

コミュニティカレッジには次の2つのプログラムがあります。

  • 卒業後の就職を目的とした「職業訓練プログラム」
  • 4年制大学に編入するための「進学プログラム」

【海外進学】コミュニティカレッジの5つの魅力!費用・入学条件・注意点も解説

ジュニアカレッジ

ジュニアカレッジは私立の2年制大学で、コミュニティカレッジの「進学プログラム」以上に、4年制大学への編入に重点をおいたカリキュラムになっています。

そのため、コミュニティカレッジよりも編入率が高くなっています。

また、少人数制で、学生寮を完備しているところが多いのも特徴です、

総合大学

総合大学は基本的に4年制で、私立と州立があります。

私立大学

私立大学は歴史が長く、世界的にも非常に優秀な大学が多いのが特徴です。

誰しもが一度は聞いたことがあるハーバード大学、スタンフォード大学、イェール大学も、私立大学です。

州立大学

州立大学は、基本的にコミュニティカレッジと同様、州内の学生に広く大学教育を与えることを目的とした大学です。

州外や外国人からの学生も入学できますが、授業料は地元の人よりも割高になります。

私立大学ほどではありませんが、ミシガン大学アナーバー校やカリフォルニア大学ロサンゼルス校など、世界トップレベルの大学も少なくありません。

リベラル・アーツ・カレッジ

カレッジと付いていますが、「コミュニティカレッジ」とは異なり、4年制の私立大学です。

広い教養を身に付けた知識人やリーダーを養成することを目的としているため、総合大学とは異なり、専攻を持たずに人文・社会・自然科学の分野を幅広く学びます。

第44代のオバマ大統領や、元国務長のヒラリー・クリントン、アップル創立者のスティーブ・ジョブズなどもリベラル・アーツ・カレッジ出身者です。

大学院が設置されておらず、全寮制、小規模、少人数制が特徴です。

入学方法

コミュニティカレッジとジュニアカレッジ

4年制大学に比べ、コミュニティカレッジとジュニアカレッジは、比較的入学しやすくなっています。

英語力が足りない場合でも、英語研修プログラムを受講する条件で、入学が許可される場合もあります。

学校によって出願書類の内容は異なりますが、一般的には次の通りです。

  • 高校の卒業証明書(高等学校卒業程度認定試験合格証
  • 銀行の残高証明書
  • 英語能力試験のスコア(IELTS5.5以上が多い)

総合大学とリベラル・アーツ・カレッジ

学校によって出願書類の内容は異なりますが、一般的には次の通りです。

  • Common Application(アメリカの大学共通のオンライン出願フォーム)か各学校が発行する出願書類
  • TOEFLやIELTSなどの英語能力試験のスコア
  • SAT(Scholastic Assessment Test):SATは、アメリカの大学進学希望者を対象とし、読解・筆記・会話を通して、英語力を測る試験です。大学入学の合否審査に重要な要素のひとつですが、何点以上あれば合格というような明確な線引きはありません。
  • 英作文/モチベーションレター
  • 高校または大学の成績証明書
  • 銀行の残高証明書

この他にも、高校生の場合は担任の先生、または大学生の場合は学部の指導主任やゼミの担当教員に書いてもらう推薦状や、音楽・芸術分野では、過去の作品やポートフォリオの提出を求められる場合もあります。

アメリカの学期制

アメリカの大学では

  • セメスター制(Semester system:2学期制)
  • クォーター制(Quarter system:4学期制)

が採用されています。

成績の査定は、基本的に各学期ごとの中間テスト、期末テスト、そして学期末に提出する論文によって行われます。

セメスター制

アメリカの8割の大学はセメスター制です

学校によって時期は若干異なりますが、基本的に

  • 秋学期 8月〜11月または9月〜12月
  • 春学期 1月〜5月または2月〜6月

学期ごとに、年に2回の入学と卒業のタイミングがあります。

クォーター制

クォーター制は、主にコミュニティカレッジに取り入られている制度です。

こちらも学校によって時期は若干異なりますが、基本的に

  • 秋学期 9月〜12月
  • 冬学期 1月〜3月
  • 春学期 4月〜6月
  • 夏学期 6月〜8月

学期ごとに、年に4回の入学と卒業のタイミングがあります。

実際に履修しなければいけないのは3学期だけで、単位を落とさなければ1学期分は休むことができます(クォーターオフ)。

また、クォーターオフ無しで、卒業単位を取得した場合、そのぶん早く卒業できます。

まとめ

この記事では、アメリカの大学で学びたい方のために、

  • アメリカの学位
  • 大学の種類と修学期間
  • 入学方法
  • アメリカの学期制

を解説してきました。

アメリカの大学システムは日本と異なるため、大変なように感じるかもしれませんが、一つ一つこなしていけば確実に乗り越えることができます。

時間に余裕を持って、しっかり準備していきましょう!

この記事をぜひ参考になさってください。

初めて留学準備をする方や、留学で失敗したくないという方は、一度留学エージェントに相談してみましょう。

現地オフィスや現地の留学生から直接最新の情報を入手できるほか、費用を抑えて留学するアドバイスやお手伝いもしてくれます。

留学エージェントとは?


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事