お気軽にご相談ください

外資系CAの募集時期や募集方法は?募集要項でチェックすべき7つの項目も解説!

recruiting-of-ca1

外資系CAを目指している方のなかには、「外資系CAの募集時期はいつ?「外資系CAの募集はどこに出ているの?」といった疑問を持っている方もいることでしょう。

外資系CAの採用情報は日系CAほど豊富ではないので、情報収集で苦労してしまう方も多いかもしれません。

そこでこの記事では、外資系CAの募集時期や募集方法、募集要項でチェックすべき項目を紹介します。

外資系CAの採用試験に応募したい方は、最後まで読んで参考にしてください。

外資系CAの募集に関する基礎知識

recruiting-of-ca2

「外資系CAになりたい」と思った段階で最初にやるべきことは、外資系CAの募集に関する基礎知識の習得です。

ここでは、外資系CAの募集に関する基礎知識として「募集時期」と「募集方法」を解説します。

外資系CAの募集時期【募集時期は不定期】

外資系CAの募集時期は基本的には決まっておらず、不定期です。増便や欠員が出たタイミングで、随時CAの募集がかかります。良い人材を採用できるまで長期的に募集をかけている場合もあれば、人材が確保でき次第すぐに募集を締め切るという場合もあります。

上記の点は、募集時期と採用人数がある程度決まっている日系航空会社との大きな違いです。

外資系CAの採用試験に応募するためには、募集がかかっていないか常に気にかけておかなければなりません。希望する外資系航空会社のCAの募集を見逃さないためにも、積極的に募集情報を集めましょう。

外資系CAの募集方法【ウェブサイトへの掲載がメイン】

外資系航空会社のCA募集状況を把握するには、主に以下を確認するようにしましょう。

  • 航空会社の公式サイト
  • 求人サイト
  • 航空業界専用のまとめサイト

航空会社はそれぞれの公式サイトを持っており、そこにCAの募集を出しているのが一般的です。何の前触れもなくCAの募集がかかるケースも少なくないので、公式サイトはこまめに確認するようにしましょう

また、企業が運営する求人サイトにも外資系CAの募集が出ていることがあるので、航空会社の公式サイトと併せて確認することをおすすめします。

さらに、航空業界専用のまとめサイトで外資系CAの募集を確認するのも一つの手段です。航空業界専用のまとめサイトでは、それぞれの航空会社の募集要項を一覧でチェックできるため、効率良く外資系CAの募集を探すことができます。

なお、求人サイトや航空業界専用のまとめサイトには古い情報が掲載されている場合があるので、採用試験に応募する前には必ず航空会社の公式サイトを確認しましょう

外資系CAを目指す前に知っておくべきことや外資系CAの採用情報の探し方については、以下の記事で詳しくまとめています。

外資系CAの採用情報はどうやって探す?募集時期やチェックすべき応募条件も解説!




外資系CAの募集を見逃さないためにエアラインスクールに通うのも手

外資系CAの募集を見逃さないためには、「エアラインスクール」に通うのも一つの手段です。エアラインスクールとは、航空業界に就職するのに必要なスキルや実務を学ぶスクールのことを指します。

エアラインスクールは航空業界の最新情報が集まる場所でもあるので、外資系CAの募集情報をいち早くキャッチできる可能性が大いにあるのです。エアラインスクールによっては航空会社への推薦枠を持っている場合もあるので、ウェブサイト以外でCAの採用試験に応募することができます。

外資系CAを目指している方には、エアラインスクールのなかでも特に外資系のエアラインスクールがおすすめです。外資系CAに求められる即戦力を養うことができるうえに、「インハウスインタビュー」を実施しているスクールもあります。インハウスインタビューとは、スクールを訪問した航空会社の採用担当者と面接することができる制度です。

インハウスインタビューを実施しているエアラインスクールについては、以下の記事でまとめています。

マレーシアにあるクルーラウンジ(Crew Lounge)とは?CA留学プログラムの魅力をまとめて解説!

エアラインスクールに通うと、ネットには掲載されていない外資系CAの募集情報や採用試験の機会を得ることができます。

「いつからエアラインスクールに通うべき?」と疑問に思った方に向けて、以下の記事で詳しく解説しています。

いつからエアラインスクールに通うべき?入学までの流れやスクール選びのポイントを解説!


以下の記事では、エアラインスクールの学費相場や学費で注意すべきポイントを解説しています。

エアラインスクールの学費はどのくらい?相場や注意すべきポイントを徹底解説!




外資系CAの募集要項でチェックすべき7つの項目

recruiting-of-ca3

外資系CAの募集要項でチェックすべき項目は、主に以下の7つです。

  • 最低学歴
  • 年齢
  • 語学力
  • 身長
  • 視力
  • 勤務地
  • 雇用形態

ここでは、外資系CAの募集要項でチェックすべき項目を1つずつ解説します。

外資系CAの募集要項でチェックすべき項目①|最低学歴

外資系CAの募集要項には、最終学歴の条件が記載されています。最終学歴は航空会社によって異なりますが、「短大卒以上」または「大卒以上」が一般的です。

以下は、外資系航空会社が定める最低学歴の一例です。

シンガポール航空:大卒、短大卒以上
エミレーツ航空:高卒以上
カタール航空:高卒以上

※募集要項は変更になる場合がありますので、航空会社の公式サイトより最新情報をご確認ください。

なお、最終学歴を「高卒以上」とする外資系航空会社もなかにはありますが、日本の高校を卒業後に外資系CAに就職する進路は、あまり現実的ではありません。外資系航空会社は即戦力を重視しているため、社会人経験があることが好まれます。

外資系CAの募集要項でチェックすべき項目②|年齢

募集要項には学歴だけではなく、応募資格のある年齢も記載されています。年齢の下限を設けている外資系航空会社はあるものの、年齢の上限を明記している外資系航空会社はそう多くはありません。

以下は、外資系航空会社の応募資格がある年齢の一例です。

シンガポール航空:18歳以上
エミレーツ航空:21歳以上
カタール航空:21歳以上

※募集要項は変更になる場合がありますので、航空会社の公式サイトより最新情報をご確認ください。

応募資格の年齢を満たしているのであれば、何歳でもCA採用試験にチャレンジできます。

外資系CAの募集要項でチェックすべき項目③|語学力

外資系CAの募集要項には、語学力の条件が記載されています。外資系航空会社によっては日本路線だけではなく、世界中の就航都市に乗務するため英語力が欠かせません。

以下は、外資系航空会社が定める語学力の一例です。

シンガポール航空:英語が堪能であること
エミレーツ航空:英語が堪能であること
カタール航空:英語が堪能であること

※募集要項は変更になる場合がありますので、航空会社の公式サイトより最新情報をご確認ください。

多くの外資系航空会社では、具体的な英語資格や英語試験の点数を設ける代わりに「英語が堪能であること」といった表現を使用しています。英語が堪能であることとは、外国人の旅客や現地クルーが話していることを正確に理解し、自分の言いたいことを難なく伝えられる英語レベルだと言い換えられます。

外資系CAの募集要項でチェックすべき項目④|身長

多くの外資系航空会社では保安業務の遂行のために、CAの身長制限およびアームリーチの基準を設けています。航空会社によって募集要項は異なりますが、身長は160㎝前後、アームリーチは210㎝前後が目安です。希望の航空会社が定める身長制限やアームリーチの基準について、あらかじめ把握しておきましょう。

外資系CAの身長制限や各外資系航空会社が応募条件にしているCAの身長基準については、以下の記事で詳しくまとめています。

外資系CAに身長制限はあるの?160㎝以下でもCAになるために努力できることも解説!


 

外資系CAの募集要項でチェックすべき項目⑤|視力

外資系CAの募集要項には、視力の条件が設けられているケースがあります。CAの重要な役割である保安業務を遂行するためには、視力も欠かせません。

以下は、外資系航空会社が定める視力の一例です。

エミレーツ航空:コンタクトレンズ可、矯正視力1.0以上、眼鏡不可
カタール航空:良好であること

※募集要項は変更になる場合がありますので、航空会社の公式サイトより最新情報をご確認ください。

航空会社によっては眼鏡を着用しての乗務を禁止している場合があるので、視力が悪い方はコンタクトレンズなどを装着する必要があります。

外資系CAの募集要項でチェックすべき項目⑥|勤務地

外資系CAの募集要項には、勤務地が記載されています。多くの場合、応募する航空会社の拠点空港がある国・都市が勤務地になるのが一般的です。

以下は、外資系航空会社が定める勤務地の一例です。

シンガポール航空:シンガポール
エミレーツ航空:ドバイ
カタール航空:ドーハ

※募集要項は変更になる場合がありますので、航空会社の公式サイトより最新情報をご確認ください。

航空会社によっては「採用後何ヶ月以内までに勤務地に移住をすること」といった条件があるので、あらかじめ移住のスケジュールを考えておきましょう。

外資系CAの募集要項でチェックすべき項目⑦|雇用形態

外資系CAの募集要項には、雇用形態が記載されています。外資系航空会社のCAは「契約社員」として採用されるケースがほとんどです。

以下は、外資系航空会社の雇用形態の一例です。

シンガポール航空:契約社員(5年間 ※契約期間満了後、能力に応じて契約更新あり)
エミレーツ航空:契約社員
カタール航空:契約社員

※募集要項は変更になる場合がありますので、航空会社の公式サイトより最新情報をご確認ください。

契約期間満了後は会社と社員の同意のうえ、そのまま契約社員として継続的に雇用されるか、または評価次第では別のポジションで雇用される場合があります。

まとめ【念入りな情報収集をして外資系CAの募集に備えよう!】

recruiting-of-ca4

この記事では、外資系CAの募集時期や募集方法、募集要項でチェックすべき項目を紹介しました。

外資系CAの募集時期は基本的には決まっておらず、増便や欠員が出たタイミングに募集がかかります。そのため、航空会社の公式サイトや求人サイトなどを活用して、常に外資系CAの募集が出ていないかを気にかけなくてはなりません。

「外資系CAの募集情報をいち早く知りたい」「外資系CAの募集情報を見逃したくない」と思っている方は、航空業界の最新情報が集まるエアラインスクールに通うのも一つの手段です。

また、募集要項を漏れなく確認して、自身がCA採用試験の応募条件を満たしているのかをあらかじめ確認しておくことも大切です。

念入りな情報収集をして外資系CAの募集に備えましょう!

外資系CAになるには?進路や条件、日系エアラインとの違いをまとめて解説!


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事