お気軽にご相談ください

実際に留学にはいくらかかるの?【海外大学への進学の費用】をご紹介します!


英語を習得しながら、専門分野を深く学ぶことができる海外大学への進学。

一番気になるのは、「費用」ではないでしょうか?

「高い」イメージで諦めてしまう方も多い海外留学ですが、物価の安い地方や国へ進学、現地でのアルバイトなど、費用を抑えられる方法はいろいろあります。

まずは、きちんとした情報を集めるために、ここでは海外大学進学にかかる費用や、コストを抑えて海外大学へ進学するコツなどをご紹介します。

海外大学の進学にかかる年間の学費

「海外大学進学の学費」と一言で言っても、渡航国の物価や大学の種類によって大きく異なります。

平均的な学費は、年間300万円から350万円と言われています。

国別の学費

ここでは、国別で年間の学費の相場を見ていきましょう。

アメリカ

海外大学への留学といえば、「アメリカ」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

世界トップレベルの大学がそろっているアメリカには、世界中から優秀な留学生が集まってきます。

そんなアメリカの学費は他の国と比べても高く、400万円から450万円ほどかかります。

やっぱり気になる【海外大学費用】の徹底解説!アメリカ留学編

イギリス

教育水準がトップクラスのイギリスは、アメリカや日本と教育システムが異なり、大学は3年制となっています。

学費は平均200万円から250万円になります。

みんなが気になる【海外大学費用】の徹底解説!イギリス留学編

カナダ

治安が良く過ごしやすいカナダは、大学卒業後は就職もしやすく、永住権も取りやすいことから、日本人だけでなく世界中の学生に人気の国です。

学費はアメリカよりも安く、平均で250万円から300万円ほどです。

みんなが気になる【海外大学費用】の徹底解説!カナダ留学編

オーストラリア

日本との時差がほとんどないオーストラリアは、人気のワーキングホリデー加盟国として日本人にお馴染みです。

専門分野によって費用は大きく異なりますが、200万円から300万円が相場です。

【オーストラリア】海外大学の費用はどれくらいかかる?オーストラリア大学の留学費用について詳しく解説します!

フィリピン

「英語を習得するための留学先」として注目を集めているフィリピン。

物価が安いだけでなく、ビジネス系に強い優秀な大学もあるのが特徴です。

大学費は20万円前後です。

みんなが気になる【海外大学費用】の徹底解説!フィリピン留学編

マレーシア

マレーシアの多くの大学は他国の大学との提携が充実しており、例えば、アメリカの大学へ編入できるシステムもあります。

大学によって学費の幅大きいですが、高額と言われる私立大学では年間80万円前後です。

みんなが気になる【海外大学費用】の徹底解説!マレーシア留学編

大学の種類と学費の比較

海外大学への進学と一言で言っても、実はいろいろな種類の大学があり、それぞれ学費も異なります。

ここでは、人気の渡航先である「アメリカ」を例に見てみましょう!

アメリカの大学の年間の学費

アメリカの大学には、2年制と4年制の2種類があります。

2年制の大学はコミュニティカレッジと呼ばれ、もともと地域住民のために作られた大学です。

「誰でも学ぶことができる」ことを目標にしており、学費は100万円以下のところがほとんどです。

4年制は総合大学で、世界的に有名な大学などを含みます。

州立4年制大学の場合は約350万円、私立4年制大学は約400万円です。

そのほかの費用

海外大学進学の費用には、学費の他にも以下のことも考えておく必要があります。

  • 学生ビザの申請代
  • 留学保険
  • 現地までの渡航費
  • 現地での生活費(住居費、食費、交際費など)
  • 大学の教科書代

以上の他にも、臨時出費がでる可能性があります。

渡航先の物価や、都心か地方かによって金額は大きく異なりますが、学費に加えて少なくても300万円ほどは確保しておいた方がいいでしょう。

語学留学との費用の違い

費用のことで「語学留学」か「海外大学へ留学」で悩んでいる方もいます。

私立学校に通う語学留学の場合は、留学期間1年以内と「短い」方が多く、長期留学になってしまう海外大学への進学よりも、費用が安くすむように見えます。

しかし、1年以上の長期で見ると、語学学校の方が高くなるケースがほとんどです。

また、語学学校に長期在籍しても資格を得ることはできませんが、海外大学に進学した場合は、就職に役立つバチェラーディグリーを取得できます。

入学費を抑えるコツ

トータルで年間600万円から700万円かかる海外大学の進学費用。

決して安くはありませんが、将来に直結する自己投資です。

金額で諦めないためにも、費用を抑えるコツをいくつかご紹介します。

地方の大学を選択する

行きたい大学がいくつもある場合、思い切って地方を選択しましょう。

都心と地方では学費だけでなく、住居費や食費など生活する上でかかる費用も大きく異なります

また、地方は娯楽施設などが少ないため無駄にお金を使うことなく、勉強に集中できる環境を保つことができます。

安いコミュニティーカレッジから4年制大学への編入

アメリカの例になりますが、最初の2年間を学費の安いコミュニティーカレッジで勉強した後、総合大学の3年目に編入することも可能です。

4年制大学の1/3の学費で済むコミュニティーカレッジでしっかり学んで編入すれば、学費をかなり抑えることができます。

卒業証明書・単位の認定

日本の大学を卒業している方は、海外大学に卒業証明書や単位が認定してもらえる場合があります。

専門分野によっては最終学年から入学でき、短い期間で海外大学卒業資格が取得できます。

希望する大学へ、事前に問い合わせて見ましょう。

アルバイトをする

週に20時間までなど規定がありますが、学生ビザでアルバイトができる国があります

またカリキュラムによっては、有給インターンに参加できる制度もあるので、生活費をカバーできる金額を稼ぐことができます。

物価の安いアジアの大学へ行く

自分のやりたい専門分野があれば、学費や滞在費がとても安くすむアジアの大学に進学することも考慮してみましょう。

例えばフィリピンの場合、アメリカへ1年滞在する費用で学費や生活費など、大学進学にかかる全費用を賄うことができます。

奨学金を利用する

海外の大学へ進学する人のほとんどが「奨学金」を利用しています。

海外大学の学費は、日本の大学進学と比べて高額です。

奨学金をうまく利用して進学することも、一つの選択肢として考えてみることもおすすめです。

【人気の海外留学を諦めないで!】海外留学に使える奨学金について徹底解説

奨学金は借りたほうがいい?どうやって申請するの?こちらをチェック!

まとめ

この記事では、実際にかかる留学費を

  • 海外大学の進学にかかる年間の学費
  • 国別の学費
  • 大学の種類と学費の比較
  • そのほかの費用
  • 語学留学との費用の違い
  • 入学費を抑えるコツ

の6点にまとめてご紹介しました。

決して安くはない海外大学への進学費用ですが、前もって準備することで、費用を集めたり、コストを抑えるなどの解決方法がみつかります

お金を理由に夢を諦めないためにも、情報収集をしっかり行いましょう!


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事