お気軽にご相談ください

【人気の海外留学を諦めないで!】海外留学に使える奨学金について徹底解説

 

グローバル化が加速する中、外国語学部の学生のみならず、多くの学生や社会人が語学留学を志すようになりました。
「海外留学なんてお金持ちの子が行くのでしょう?」「私はお金がないから諦めた!」なんてあなた、ちょっと待ってください。

実は、日本には多くの留学金制度が存在するのです!

今回の記事では、海外留学に必要な費用の内訳と海外留学に使える奨学金制度について説明していきます。

海外留学の費用とは?

海外留学と一口に言っても物価や距離による移動費の関係で留学先がどこかによってかなり変動があります。

そのため、ここでは海外留学に必要な費用をあげた後に、留学先別で必要になってくる費用に関してまとめていきます。

 

海外留学に必要な費用

授業料

留学に行く最大の目的は、「現地の授業を受けて語学力と専門性を高める」ことだと思います。
留学先の学校やプランによって入学金の大きさや授業料の納付額が大きく変化しますが、海外留学費用全体でみても大きなウェイトを占める費用でしょう。

教材費

「郷に入らば郷に従え」。現地の授業を受けるということは現地で使う教材を購入しなければなりません。
学校によっては書籍の教材だけでなく、オンライン教材の購入を推奨しているところもあり、タブレットやPCの購入も検討する必要がある場合もあります。

滞在費

ホームステイや学校の寮など生活拠点を探さなければなりません。
滞在日数によって大きく金額が変動します。

食費

現地での生活で意外とかかってくるのが食費。
物価の違いで食費がかかってしまうという側面のほかにも、せっかく海外に来たんだからと各地で少しだけ贅沢をしてしまうこともあるでしょう。

航空運賃

留学先や渡航のシーズンによっても変動あり。
留学期間が長期になればなるほど全体に占めるウェイトは薄まっていきます。

保険料

海外に行くことは同時にリスクを抱えることにもなります。
現地での事故、怪我、入院、最近では新型コロナウイルスに感染してしまうこともリスクとしてありますね。実際に私の友達もワクチン接種後にカンボジアに行って新型コロナウイルスに感染してしまいました。

保険に入らないと医療費が高額になってしまうこともあるのでこれは避けられない出費です。

交通費

現地での行動は基本的に公共機関となります。
ホームステイ先が学校の近くにあるとは限らないため場合によってはかなりの金額が必要になってくるでしょう。

お小遣い

海外留学に行くと現地でできた友達や仲間たちとその国を旅行してみたり、人気のお店を巡ったりと楽しい経験も多くあります。
その時は積極的にお金を使って経験の幅を広げていきたいですよね?
お小遣い面では少し余裕をもって留学期間を楽しんだ方が絶対にいいです。

実際に留学にはいくらかかるの?【海外大学への進学の費用】をご紹介します!

留学先別費用まとめ

それでは留学期間を一年として英語圏の留学費用の概算を紹介していきます。

アメリカ

授業料・教材費:約180万円

滞在費・食費:約200万円

航空運賃:約15万円

保険料:約18万円

その他(交通費・お小遣い含む):約47万円

合計:約460万円

やっぱり気になる【海外大学費用】の徹底解説!アメリカ留学編

オーストラリア

授業料・教材費:約140万円

滞在費・食費:約145万円

航空運賃:約15万円

保険料:約18万円

その他(交通費・お小遣い含む):約37万円

合計:約355万円

【オーストラリア】海外大学の費用はどれくらいかかる?オーストラリア大学の留学費用について詳しく解説します!

ニュージーランド

授業料・教材費:約140万円

滞在費・食費:約135万円

航空運賃:約15万円

保険料:約18万円

その他(交通費・お小遣い含む):約22万円

合計:約330万円

カナダ

授業料・教材費:約150万円

滞在費・食費:約150万円

航空運賃:約20万円

保険料:約18万円

その他(交通費・お小遣い含む):約22万円

合計:約360万円

みんなが気になる【海外大学費用】の徹底解説!カナダ留学編

イギリス

授業料・教材費:約180万円

滞在費・食費:約210万円

航空運賃:約20万円

保険料:約18万円

その他(交通費・お小遣い含む):約37万円

合計:約465万円

一年間の英語圏への留学費用としては、350万円~500万円ほどの費用がかかってくるようですね。

かなり大きな金額で多くの人にとって自力で費用を賄うことは難しいでしょう。

みんなが気になる【海外大学費用】の徹底解説!イギリス留学編

海外留学で使用できる奨学金について

奨学金は返済が不要の給付型奨学金と返済が必要な貸与型奨学金に分かれます。

自身の現在の境遇や将来の返済の見込みなど様々な要素を考慮してどの奨学金に応募するかを検討してみてくださいね。

 

給付型奨学金

①日本学生支援機構/JASSO

海外留学の奨学金のみならず、大学進学や教育支援での奨学金を多数展開している大本命の機関。

海外奨学金(給付型)は地域によって6万円~10万円と幅がある。別途渡航支援金として32万円が用意されていて一定の審査基準に満たしていれば受けられます。

②公益財団法人キーエンス奨学金

大学在学4年間で月8万円の定額給付が受けられ総額約384万円が受け取れます。

毎年500名程度も募集をかけており、海外の大学進学を検討している人は申し込み価値が大いにある奨学金制度です。

③松下幸之助国際スカラシップ

渡航費用全額と月14万円の定額給付が受けられます。

募集人数が5名程度と狭き門ではありますが金銭的な心配事なく留学期間を過ごせる潤沢な資金提供をしてくれます。

④公益財団法人柳井正財団

ユニクロトップ柳井正氏の創設した奨学金制度です。

対象はアメリカとイギリスの留学生で、授業料、寮費、保険料と学習・研究・生活支援金といった幅広い費用が給付対象となっている点が特徴です。

⑤中島記念国際交流財団

月額20万円、支度金50万円(往路渡航費分含む)、授業料、復路航空賃(留学終了後の帰国時1回分)を給付してくれる奨学金制度です。

給付対象の学生は、情報科学、生命科学、経営科学において博士号・修士号を取得目的の学生で対象とする学生の範囲が狭いです。

その他にも給付型奨学金は多くの企業や実業家が企画しているものがありますので、対象要件に当てはまりそうなものはすべて申し込んでおくことをおすすめします。

貸与型奨学金

①日本学生支援機構/JASSO

月額3万円〜12万円程での貸与が可能で、奨学生の学力基準や家庭の家計基準によって上限額が決まってきます。

利息の付かない第一種は留学期間3か月以上1年以内の短期留学生が対象で、海外留学支援制度(短期派遣または海外留学支援制度(協定派遣))給付を受け、さらに奨学金貸与を希望する方が対象となります。

利息の付く第二種は3か月以上の短期留学を希望している留学生が対象で多くの奨学生が利用しています。

②日本政策金融公庫

6か月以上在籍する留学生をもつ保護者に向けた貸付制度です。

上限金額は450万円とかなり大きな金額の支援を固定金利1.76%でしてくれます。

保護者の扶養する子供の人数と世帯収入による金額上限の設定がありますが、日本学生支援機構との併用も可能で返済期間も15年とゆとりを持った返済計画が可能となっています。

また、20歳以上で独立した個人と認められる場合は、留学生本人が申請することも可能です。

今回は多くの対象者を持つ貸与型奨学金を紹介させていただきました。貸与型の奨学金は将来の返済計画まで見据えたうえで借り入れを検討しましょう。

まとめ

ここまで、海外留学に必要な費用一覧と留学先別の概算、海外留学を夢で終わらせないための奨学金制度の紹介をさせていただきました。

350万円~500万円といった大きな金額を実費で工面するのはどの家庭にとってもそう簡単なものではありません。しかし、日本には多くの給付型・貸与型奨学金が存在します。給付型の対象となる留学生はすべて応募してみる価値がありますし、貸与型奨学金を申し込む際もいくつかの奨学金制度を組み合わせることで家庭の負担額や将来の返済計画のゆとりが生まれます。

まとまった留学資金がないときに「海外留学を諦める」のではなく、「今ある状況で最大限留学に行く可能性を調べてみること」が大切であると言えるでしょう。

PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事