お気軽にご相談ください

コープ留学でビジネスを学び、将来はカナダで働くこと!とにかく1歩踏み出す勇気が大事!


概要

  • 自己紹介
  • 入学後の体験談
    • 実施期間は?
    • 選んだコースは?
    • 留学経験は?
    • SELCへの入学理由は?
    • 留学で不安だったことは?
    • 入学して良かった点は?
    • 生活で大変なことは?
    • 留学前にやっておいたほうが良いことは?
    • 渡航前の英語力は?
    • インターンの探し方
    • バンクーバーでの生活は?
    • シェアハウスの探し方
    • シェアハウスの注意点
    • コープ留学後の進路は?
    • コープ留学を迷っている方へのメッセージ

自己紹介

氏名:ウメカさん

渡航先:カナダのバンクーバー

入学したカレッジ名:SELC(セルク)

渡航前の英語力:TOEIC 860点台

~インタビュー形式~

今回はカナダのバンクーバーにコープ留学をしていたウメカさんにインタビューをしていきます。

ー まずは、お名前、年齢、渡航時期を伺ってもよろしいでしょうか?

ウメカと申します。現在21歳で、コープ留学では2021年9月~2022年4月ごろまでカナダに滞在していました。

入学後の体験談

ー ありがとうございます。通っていた学校のコースも教えてください。

バンクーバーのガスタウンという所にキャンパスがある、SELC(セルク)という学校に通っていました。

コースはビジネスコースを専攻してました

ー 今回、留学でカナダのバンクーバーに行かれましたが、その前に留学経験はありますか?

はい。今回の留学では大学3年生のタイミングで行きましたが、その前に大学1年生の時に夏休みを活用して、アメリカのシアトルに1か月間短期留学で行っていました。

ー アメリカ短期留学に行った後、SELCに行こうと決めたきっかけはありますか?

アメリカ短期留学では主に語学を学びたいという目的を持って行きましたが、語学だけを学ぶのではなく、せっかく海外に行くなら語学+何か違うことも学びたいと思うようになりました。

+α専門知識を学んだり、色んな経験をすることをしてみたいと思ったので、今回、カナダのコープ留学プログラムで座学でしっかり学べる期間もあり、さらに後半は働ける期間があるので、私のやりたいことにあっているなと思い、留学を決めました。

ー 留学に行ってみて、不安な点はありましたか?

渡航する前になりますが、自分でビザ申請をしたので、これで合っているか?という不安がありました。

またビザを申請した後のバイオメタリックスの登録も遅れてしまったので、コロナ禍ということもあり、渡航予定日までにビザが下りるか不安でした。

ー 予定通りビザは下りました?

はい、予定通り渡航の1週間前に、ギリギリでしたが、無事に下りて、それから航空券を予約し、渡航しました。

ー かなりギリギリでしたね。では実際にSELCに決めて良かった点はありますか?

SELCはダウンタウンにあり、通いやすかったです。

学校のスタッフさんもとても優しく、不安なことや質問があった時に、親身になって対応してくれたので良かったです。

ー 先生との距離は近いですか?

そうですね。学校自体が小さい方なので、先生との距離が近く、生徒同士も、先生との距離も近くて安心して通えました。

ー 少人数のクラスは何人くらいですか?

留学のタイミングや期間によって違いますが、私のクラスでは15人~20人くらいでした。

ー 大変だったことはありますか?

学校で大変だったことは、コロナの影響で学校のスケジュールが大幅に変わってしまったことです。

予定していたスケジュールと違っていたり、方針が変わってしまったことが大変でした。

ー 私生活で大変だったことはありますか?

私が渡航したタイミングは隔離や制限がなく、良かったのですが、ホームスティの後、シェアハウスを探す時は、コロナ禍で空いている家が少なく、住む場所を探すのに苦労しました。

ー 今、振り返ってみて、コープ留学をする前にやっておいた方が良いことはありますか?

留学前はなるべく英語力を上げておいたほうがいいと思います。

実際にカナダで働く時に、英語をあまり使わない環境もありますが(例えば日本食レストランや日本人が多くいる環境)、せっかくカナダでの貴重な機会なので、英語力があれば、ネイティブがたくさんいる職場で働けたり、お客さんとの会話を楽しむことができます。

英語をコミュニケーションツールの1つとして使えるようになるので、英語力を高めておくと、世界や視野が広がると思います。

ー 入学した時はどれくらいの英語力がありましたか?

TOEICでいうと860点台くらいです。

もともとカレッジの入学条件がIELTSで6.5くらいなので、だいたいそのくらいの英語力はありました。

ー IELTS6.5のレベルやTOEIC860点台で、授業にはついていけますか?

基本的にはついていけるレベルだと思います。ただ、専門用語は難しいです。

ビジネスコースではマーケティングやファイナンス、ホスピタリティなど様々な分野を広く学んでいましたが、特にファイナンスの会計学などはかなり専門的な言葉が使われていて、恐らく日本語で勉強しても難しい分野だと思います。専門的な英語力や単語をいかに知っているかということが重要なポイントでした。

そのため会計学を学んでいる授業は難しかったなって思います。

ー 次にインターンについてですが、インターンはどのように探しましたか?

私が仕事を見つけたのは主に会社のホームページのリクルートサイトから応募し、WEBサイトから履歴書を送って、面接に進むというステップでした。

多くの企業がホームページ持っているので、企業のリクルートサイトから、直接応募していくのが一番多かったです。

その他にはLinkedIn(リンクトイン)、Indeed (インディード)などの求人サイトもチェックして応募しました。

ー 仕事を探す時に学校の先生のサポートやアドバイスはありましたか?

学校では通常の授業に加えて、確か土曜日だったと思いますが、キャリアに関するワークショップがあり、そこで仕事の探し方や面接のやり方、履歴書の書き方などを学ぶことができます。

また学校のfacebookグループがあり、その中でコープ留学担当のスタッフの方が「こういう求人があるよ」って紹介してくれる環境もありました。

ー 周りのサポートもしっかりしてますね。実際にウメカさんはどこで働いていましたか?

私はスターバックスで働いていました。

ー スターバックス=ビジネスに結びにくいのですが、ビジネスを学ぶ上でスターバックスを選んだ理由はありますか?

ビジネスコースの中でも色んな分野を学んでいました。コープ期間でもアルバイトとしてスターバックスで働いていて、その時にスターバックスは色んな戦略を持って運営しているということを内部から見ることができました。

もちろんドリンクを作るイメージがありますが、その他に専用のスターバックスのアプリを使いながら、マーケティングとして様々なキャンペーンを打ち出していたり、季節によって戦略を変えていました。

企業のブランドの作り方やお客さんをロイヤルカスタマーからレギュラーカスタマーにしていく方法などを学ぶことができ、また在庫管理や会計的な面からスターバックスの店舗の維持方法などを見ることができたので、おもしろいと思いました。


さらに働く環境が良く、会社が従業員を大事にしている面でもとても良い企業だと思うことができ、インターン先でスターバックスを選びました。

ー 次にカナダのバンクーバーの生活について聞きたいと思います。

ー コープ留学前半の授業がある時と後半のインターンシップの時との生活のスケジュールを教えてください。

前半では、12時半から16時半までカレッジの授業がありました。

そのため午前中はスターバックスでアルバイトをし、授業が終わった後はホストファミリーと一緒に夕飯を食べ、夜は予習や復習と少しリラックスする時間にしていました。

後半ではフルタイムで働けるので、スターバックスでフルタイムで働いていました。

後半はシェアハウスに住んでいたので、帰宅後は自炊したり、スターバックスで夜ご飯を食べていました。

ー ホームスティからシェアハウスを探す方法を教えてください。

シェアハウスを募集している「Jpcanada」や「Craigslist(クレイグスリスト)」などのサイトを使って探しました。

私はカナダ人の女性とコンタクトを取って、内覧、契約の手続きをし、デポジットを払いました。

こちらの手続きはホームスティから移動する1ヵ月前くらいに行いました。

ー シェアハウスを探す時の注意点はありますか?

私の場合は大丈夫でしたが、時々詐欺に合う人がいると聞きました。

ダメージデポジットを払ったり、月額の家賃を最初に払ったが、住まなかったケースがあると聞くので、契約書をしっかり確認して、結ぶことが大事ですね。

またオーナーやルームメイトとの相性もあるので、事前に話をし、実際に住んだ時とのギャップをなくすことが大切だと思います。

私の場合は一緒に住んでいたルームメイトのテレビの音量が大きかったり、電話を話す声が大きかったので、ちょっと大変でした。

またシェアハウスではキッチンや洗濯機など何を使って良いのかを事前に確認しておく必要があると思います。

ー 今後カナダに行く方にとても良いアドバイスですね。ありがとうございます。

ー ではコープ留学を終えた後の進路はどのように考えていますか?

現在はコープ留学が終わり、大学に通っていますが、まずは大学を卒業し、日本の企業に就職をしたいと思っています。

コープ留学で学んだビジネスを活かして、初めはビジネス職に就こうと考えています。

カナダで働くことがとても楽しかったので、将来的にはカナダで働きたい思っています。

そのためには、ある程度の経験やスキルが必要になるので、まずは日本の企業で数年働き、そこで自分のスキルや経験を高めたいなと思っています。

ー 最後にコープ留学に行きたいけど迷っている方へメッセージをお願いします。

私はコープ留学に行って、心の底から良かったと思います。

海外で働くこともでき、ビジネスについて、カナダで実践的に学べてとても良かったです。

もちろん行くかどうか悩む気持ちもわかります。

私も大学や今後の将来を考え、また金銭的にも厳しいかなと思い、留学に踏み出せないということもありました。

しかし留学で得られる経験は、他には変えられないものだと思っています。

私は21歳の時に留学をしましたが、若い時から留学に行くことで、自分の価値観、将来の目標や考えも変わると思うので、早めに行動することをお勧めします。

今は、コロナ禍で難しい状況ですが、やりたいことを先延ばしにせず、「留学してみたい」という気持ちを大事に、やりたいことを言葉にしてみると再認識できると思います。

とにかく早い段階で1歩踏み出してみることが大事だとと思います。

ー ありがとうございます。今後、ウメカさんが海外で活躍する姿を楽しみにしています。

ウメカさん、本日はインタビューのご協力ありがとうございました!

PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事