お気軽にご相談ください

留学は滞在期間を問わず、たくさんの手続きが必要になります。

また、留学生活を有意義なものにできるかを左右するのも留学準備です。

現地に行ってトラブルにならないように準備をしていくのはもちろんですが、自分の思い描いている留学を実現させるためにも留学準備の重要性をきちんと理解しておきましょう。 

留学準備には2種類ある

留学準備を大きく分けると「留学に必ず必要な準備」「留学前に準備しておいた方が良い準備」の2種類があります。

留学に必ず必要な準備

「留学に必ず必要な準備」とは、主にビザを申請する際や実際に現地で必要となる事務手続きに関わる準備です。

国によって若干異なりますが、例えば語学学校への入学申し込みや滞在目的に応じたビザの取得、そして語学学校や宿泊先などの留学費用のお支払い、滞在日程をきちんと確認した上での航空券の手配、現地で何かあった場合に必ず必要になる留学保険の手配などです。

 書類が足りなかったり送金ミスなどにより、ビザ申請時や現地でトラブルになるケースがあります。

そのため、事前に留学エージェントに頼んで手続きを行うことをお勧めします。

留学に必ず必要な準備や手続き

留学前に準備しておいた方が良い準備

「留学前に準備しておいた方が良い準備」とは、有意義な留学生活を送るために行う準備のことです。

十分な準備を行うことで、留学へ出発する前の不安や留学後の就職、未来への悩みも解消することができるでしょう。 

また、こちらの準備はほとんどの人があまり重要視しない準備が多いですが、この準備に多くの時間をかけることによって留学生活をより有意義なものにすることができます。

留学前にやっておいた方が良い準備

留学に大事なのは「留学前に準備しておいた方が良い準備」

自分が思い描いている留学を実現するためには「留学前に準備しておいた方が良い準備」をしっかりと行っていくことが大切です。

留学をしたいと思った時からすぐに始められる準備ですが、きちんと行うかどうかで実際の留学生活が大きく変わってきます。

 まずは留学に対する情報をしっかり集めた上で留学カウンセラーに相談しましょう。

具体的な留学費用、現地の様子、留学のメリット・デメリット、自分に合った渡航先など留学カウンセラーとしっかり話し合うことにより、選択肢が狭まり留学の計画が明確になってきます。

留学計画を立てて満足してしまう人が多いですが留学計画を立ててからの渡航までの準備(過ごし方)が留学の価値を最大限に高めてくれます。

留学前にやっておいた方が良い準備5選

ここでは実際の留学経験者の意見をもとに、具体的に留学前にやっておいた方が良い準備を5つご紹介します。

語学力の向上

英語圏に留学に行く場合、当然ながら飛行機を降りた瞬間からすべてが英語です。

クラスメートとの会話や毎日の学校の授業は全て英語行われます。

そのため、できるだけ早く現地の生活に馴染む為にも、基礎的な文法や単語などは日本にいる間に覚えておくことが大切です。

コミュニケーション能力を身につけよう

知り合いの少ない海外で友達を作るには、まずはコミュニケーション能力を身につける必要があります。

そのため日頃から挨拶をきちんとしたり、相手の話に耳を傾けたり、分からないことを質問してみたりとコミュニケーション能力を身につける行動をしてみましょう。

自分から動く力を身につけよう「主体性」

海外では受動態でいると、どんどん輪から外れてしまい孤独な状態になってしまいます。

その為、何事も自分から動く事が大切です。

友人を招いてホームパーティーを主催してみたり、学校や職場で新しい事を提案してみたり、ボランティア活動に参加したりと自分から動く練習をしましょう。

趣味・特技を見つけよう

趣味や特技持っていれば、学校以外に友達ができたり現地の人と仲良くなる機会も増えます。

音楽が好きであれば、音楽イベントに参加する事で同じ趣味の人と知り合うチャンスになります。

サッカーなどのスポーツが得意であれば地元のスポーツクラブに入り、地元の人と交流することも可能です。

日本にいる間に趣味・特技を見つけておきましょう。

やりたいこと・行きたい場所をリストアップしてみよう

留学期間はあっという間に過ぎ、終わってから結局何もできなかったという方も多くいます。

TOEIC で800点を目指す、自動車でアメリカ横断をする、留学先でしか取れない資格を取る、ヨーロッパの国を全て回る、など自分の目的にやりたいこと・行きたい場所をリストアップしておくことも有意義な留学生活を過ごすポイントになります。 

留学準備はいつから始めたら良いの?

留学の準備は、『いくと決めたその日』から始めてください!

「留学してみたい」と思ったら、まずはインターネットなどで情報を集めることが留学の第一歩です。

留学のイメージが具体的になってきたら、広がった選択を絞るために留学カウンセラーに相談してみましょう。

留学に必要な準備や手続きは渡航の3〜4ヶ月前から初めても十分間に合いますが、「留学前に準備しておいた方が良い準備」に早すぎるということはありません。

語学力の向上などの準備の期間は多ければ多いほど良いでしょう。

まとめ

留学は滞在期間を問わず、ビザの申請や航空券の手配などの「留学に必ず必要な準備」と現地での生活が有意義なものになるための「留学前に準備しておいた方が良い準備」があります。

語学力の向上、コミュニケーション能力や主体性を持つ意識、その他に趣味・特技を見つけること、そしてやりたいこと・行きたい場所をリストアップをしておきましょう。

短期留学の場合は出発を希望する日程の2、3ヶ月前から、そして長期留学の場合は1年から遅くても半年前からの準備が必要です。

留学準備はできるだけ早めに、余裕を持って行うようにしましょう


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事