お気軽にご相談ください

留学をしたけれど何から始めればよいかわからない、と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

留学したい、と漠然と思うだけではなかなか実行できません。

留学を実行・成功させるためには「留学プラン」をきちんと練ることが大切です。

ここでは、実際に「留学プラン」を練るために参考となるキー・ポイントをご紹介します。

留学でできないことはない

「留学は勉強ばかりしなければいけないので、他に何もできないのではないか」というという意見を耳にします。

留学は、確かに「海外で何か学ぶ」ための制度ですが、同時に世界中からきた人々と知り合い、今まで知らなかった価値観・文化・風習に触れることができるだけでなく、日常生活の中で毎日新しい自分を発見できるという経験によって自分に自信がつくことを感じるという貴重な体験もできます。

そこからさらに、一人で周辺の国々を訪ねたりもっと新しいことへ挑戦してみたり、「自分の世界」がどんどん広がっていくのを実感できるでしょう。

限られた期間を有効に活用しながらあらゆることに挑戦できるのが「留学」ということを念頭におきましょう。

なぜ留学に行きたいと思ったのか

留学プランを立てる前に「なぜ留学に行きたいと思ったのか」をもう一度思い出してみましょう。

海外生活に憧れていたから、友達の留学体験を聞いて行ってみたいと思ったから、観光旅行で訪れた国に長期滞在したから、など些細なことがきっかけの場合も多いかもしれません。

しかしこの些細な動機を改めて思い出してみることで、やらなければいけないことがたくさんある留学準備を進めていくモチベーションに繋がっていきます

何のために留学へ行くのか

「なぜ留学に行きたいと思ったのか」を思い出した後は、いよいよ実際に留学を実現・成功させるために必要な「留学プラン」作りが始まります。

留学プランを練っていく上で必要になってるのは、核となる留学をするための理由付け、つまり「何のために留学へ行くのか」を明確にさせることです。

例えば、「イギリスでの生活に憧れていたから留学をしたい」というの動機であれば、次に考えるのは「イギリスで円滑な日常生活を送るためには、まず英語力の向上をしなければならない」→「英語がある程度のレベルに上がったら、今の仕事の転職を考慮しビジネスコースを取ろう」と言うようにできるだけ留学する理由を明確にすることで、やるべきことが見えてきます。

また、同じ例で言うと「イギリスでの生活に憧れていたから」のみでは、現地に着いてからしばらく経つと英語力向上への努力が続きにくく、気持ちが緩み何も手につかなくなってしまうことになります。

「何のために留学へ行くのか」と一歩踏み込んだ目標を早い段階で意識することで、それを実現させるためにどんな留学準備が必要かが明確になり、結果留学中も目標に達するよう行動することができます。

留学の目的が具体的あるほど、充実した留学生活が送れることができるようになります

語学力と経験の観点からプランを考えよう

留学へ行く理由が明確になったら、次に考えなければならないのは「自分のレベル」を知ることです。

留学プランを練るためには、以下の2点を中心自分のレベルを考えましょう。

語学力

まずは現時点の語学力をきちんと把握することが大切です。

語学力を把握できていると、渡航先の語学学校で「ビジネスコース」の受講を希望した場合、コースの受講条件と自分の英語レベルを渡航前に認識でき、その時点で英語力が不十分であっても、渡航までの間に基本的な英語の勉強し、現地で1ヶ月一般の英語コースに通ってからビジネスコースを受講する、というように目標を達成するためのプランが明確に作りやすくなります

経験

次に今まで自分がしてきた「経験」に着目してみましょう。

営業をやってきた人であれば、渡航先でマーケティング・コースを取り、知識をさらに深められることで、留学後の転職に有利に働きます。

また、今までやったことのない新しい分野を留学中に挑戦したい場合、日本にいる間に勉強しておいたり体験しておくことによって、留学先での理解する速さが格段に異なります。

費用だけで留学プランを決めるのはやめよう

渡航先によって生活費・学費・ビザの申請費用などが大変異な流のは事実です。

留学費用を抑えたいと思うあまり、とにかく学費・物価が安い国と「留学費用」のみで渡航先を選んでしまい、現地に着いてから後悔してしまう人も少なくありません。

留学費を抑えることも大切ですが、何よりも「留学プラン」を実現させるために、どの国で何を学ぶかをきちんと考えることが大切です。

留学奨学金制度を利用したり、地方の学校を選ぶことにより家賃を抑える、また自炊中心の生活をすることで生活費を安くすませるなど、工夫をすることで学費・物価が高い国での滞在も可能になります。

後悔するような留学をしないためにも、留学費用だけに注目するのではなく、それぞれの留学プランの価値をきちんと見極めることが大切です。 

留学後のビジョンも見据えよう

留学プランを考える上で重要なのは、「留学後」のビジョンを留学前に考えておくということです。

多くの留学体験者が留学のという貴重な体験をしたにも関わらず、留学とは全く関係のない仕事についたり、また、海外で資格をとったのに就職時に生かせなかったという経験もたくさんあります。

留学中に好きなことだけをするのではなく、留学後のビジョンをしっかり見据え、留学前・留学中・留学後がしっかり繋がるように考えるのも留学プランにを練る上で大切な要素になります。

留学は「行くだけ」でも価値がある!?

留学を「行くだけで価値がある」という考え方もあるでしょう。

確かに日本を離れ外国で生活する経験は、人生にとって掛け替えのない体験になることは間違いありません。

しかし、年々留学者が出ている現代において、その経験だけでは、残念ながら何かに結びつくのは難しいのが現状です。

そのため「留学に行って、そこで何を学んだか、何をしたのか」が問われることになります。

それを見失わないためにも、留学プランを立てるのが重要になるのです。

留学へ行きたいという人は準備をしっかりとしていこう

留学を成功させる鍵は何と言っても留学に行く前の「準備」です。

準備に時間をかけしっかり行うことで、渡航前の不安・悩みが解消されるだけでなく、現地でスムーズに生活できたりやるべき事がはっきりしたり、また何かのトラブルにあってもすぐに解決できる方法を見つけることができるでしょう。

留学の準備は、主にビザを申請する際や実際に現地で必要となる事務手続きに関わる「留学に必ず必要な準備」と有意義な留学生活を送るために行う準備「留学前に準備しておいた方が良い準備」の2種類があります。

準備はしすぎることはありませんので、時間をかけてしっかり準備をしましょう。

また、準備にはたくさんのことを同時にしなければなりません。

手配ミスなどを避けるためにも、初めての人や時間がない人は一度留学エージェントに相談してみましょう。

まとめ

留学を実行・成功させるためには「留学プラン」をきちんと練ることが大切です。

そのため「なぜ留学に行きたいと思ったのか?」「何のために留学に行くのか?」を明確にし、現時点での自分の「語学力」や「経験」を見直すことで留学プランが立てやすくなります。

留学費用を抑えようと学費・物価が安い国を渡航先に選んでしまい、後悔してしまう人も少なくありません。

留学費を抑えることも大切ですが、何よりも「留学プラン」を実現させるために、どの国で何を学ぶかをきちんと考えることが大切です。

そして、留学後のビジョンをしっかり見据え、留学前・留学中・留学後がしっかり繋がるように考えましょう。

留学を成功させる鍵は何と言っても留学に行く前の「準備」です。

やり残しを避けるためにも、初めての人や時間がない人は留学エージェントに相談することをお勧めします。


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事