お気軽にご相談ください

留学先の国を決めるのとあわせて、各都市の情報を知ることは重要です。

基本情報、気候、文化、有名スポットなど都市によって様々な特徴があります。

その都市に興味を持つことから初めてみましょう。

パースの魅力/特徴

オーストラリア西海岸に位置する西オーストラリア州最大の都市「パース」。

国土の広い中では他のシドニー、メルボルンなどの主要都市に比べ晴天率が高く、気候も安定しており快適に過ごすことができます

市内中心部には近代的な高層ビル群が建ち並び、華やかな都会の賑わいを見せます。

また緑豊かな自然と美しいビーチが広がり、パース沖合の観光スポット「ロットネス島」では愛らしい小動物「クオッカ」との出会いなど、「世界で一番美しい街」と称されるほど、オーストラリア国内有数の魅力的な街です。

パースの基礎情報

面積

約6,418平方キロメートル

人口

約208.6万人(2019年6月:Australian Bureau of Statistics調査)

宗教

キリスト教(52.1%:カトリック[22.6%]、聖公会[13.3%]が2大宗派)、イスラム教(2.6%)、仏教(2.4%)、ヒンズー教(1.9%)、ユダヤ教(0.4%)、無宗教(30.1%)など(2016年:Australian Bureau of Statistics調査)

物価

ミネラルウォーター(約500cc)が約265円(≒$3.20) ※2021年2月時点

日本との時差

-1時間(パースではサマータイム実施はありません)

国土の広いオーストラリアではエリアによって時差が異なります。

また、州・エリアごとの取り決めにより「サマータイム(10月第一日曜午前2時~4月第一日曜午前3時)」が実施され、1時間進めます。

サマータイム実施の前後日は時計の調整を忘れないよう注意が必要です。

(サマータイムあり)

ニューサウスウェルズ州、ビクトリア州、タスマニア州、南オーストラリア州

(サマータイムなし)

クイーンズランド州、西オーストラリア州の2州及びノーザンテリトリー

パースの気候

年間を通して比較的温暖な気候

南半球に位置するパースは日本と季節が真逆となりますが、日本と同様に四季があり、春(9~11月)、夏(12~2月)、秋(3~5月)、冬(6~8月)となります。

晩秋から冬にかけ雨が多くなり気温が10℃前後と寒くなるのでジャケットが必要となります。

夏になると気温が30℃前後になる日もあれば40℃以上を観測した記録もありましたが、日本のような蒸し暑さはなく乾燥して快適に過ごせます。

ただし、夏を含め年間を通して日差しと共に紫外線がかなり強いため、サングラス、帽子、日焼け止めクリームなどで対策が必要です。

パースの食文化

西オーストラリア州を代表する都市「パース」。

かつてヨーロッパ系の移民によって発展したこの地は様々な食文化が現在に至るまで継承されています。

パースの食文化をご紹介します。

歴史ある良質なワインが醸造されることで有名

西オーストラリア州の広大な土地に広がる「スワンバレー」では、1840年に設立された世界的に有名なワイナリー社「サンダルフォード」があります。

オーストラリア国内では最も古いワイナリーで、パースの温暖な気候を活かした良質なワインが醸造されることで人気を集めています。

「サンダルフォード」の名前の由来は創業者の父親が牧師をしていた修道院の名に因んで名付けられたと言われています。

国内有数のワイナリースポットとして、現在はワイナリーツアーを積極的に主催するなど、多くのワイン愛好家たちの注目の的となっています。

カフェ文化が盛んな街

オーストラリア主要各都市ではすっかり馴染みのある文化ですが、多くの国民がこよなくコーヒーを愛飲しています。

オーストラリアでは一般的なコーヒーの飲み方のひとつ「フラットホワイト」が主流となります。

フラットホワイトはエスプレッソに高温スチームで泡立てたミルクを入れて飲む方法です。

晴れた日の休日は、街中にあるカフェでは多くの人がオープンテラスでコーヒー一杯を片手に賑わう姿を見ることができます。

また、各店舗オリジナルのコーヒーカップ(紙)のデザインが特徴的で、色々なカフェを散策するのもパースでの楽しみ方のひとつです。

新鮮な魚介類を使ったシーフード料理が人気

オーストラリア東海岸の大都市「シドニー」と同様に反対の西海岸の大都市「パース」では海に面した港町であると共に「シーフード料理」が人気メニューのひとつです。

かつてイタリア人入植者の影響もあり、新鮮な魚介類を使ったシーフードパスタなどオーストラリアにいながら本場に近いイタリアンを食べることもできます

また、パース市内の沖合に浮かぶ「ロットネス島」まで、クルーズしながらランチを楽しむ「ワイルド・シーフード・エクスペリエンス(ツアー所要時間:約2時間半)」は、近海で捕れたロブスター、牡蠣などその場で調理してくれ、人気ツアーのひとつです。

パースの有名スポット

西オーストラリア州の州都「パース」は晴天率が高く世界各国から多くの観光客が訪れることで人気を集めています。

「世界で一番美しい街」と称賛され、市内中心部には緑豊かな公園のほか、動物園、美術館など魅力溢れるスポットがたくさん。

また、郊外へ出掛ければ雄大な自然が広がり、壮大な世界観を体感できます。

留学期間中に訪れてみたいおすすめスポットをご紹介します。

キングスパーク&ボタニックガーデン

敷地面積約400ヘクタールの広大な公園。

園内の高台にある展望エリアからは美しいパースの街並みとスワンリバーを一望できます。

また西オーストラリア州では自然環境に自生する野花の総称「ワイルドフラワー」が12,000種以上あると言われ、毎年見頃を迎える9月には「ワイルドフラワーフェスティバル」が開催されます。

パース動物園

オーストラリア固有種のカンガルーやコアラのほか、世界各国の人気の動物たちが集結する大型動物園

パース市内の中心部から、バス、電車、フェリーなど公共交通機関でアクセスすることができます。

園内は約17ヘクタールとかなり広く、1日がかりで全てを観ることが難しいくらいです。

また、季節ごとにダンス、ミュージカルなどのイベントがあり、子供から大人まで楽しめるエンターテインメント要素も豊富に取り揃えています。

コテスロービーチ

パース市内中心部より車で30分足らずの距離に位置する地元民に人気のビーチエリア

辺り一帯は青い海と白い砂浜が広がり、夏になると海水浴、シュノーケリング、サーフィンなど楽しむ人で賑わいます。

また、ビーチバカンスを楽しむ以外に周辺にはおしゃれなレストランやカフェが軒を連ね、美味しい食事とワインを堪能しながらインド洋に沈む美しい夕日を観賞するのが定番です。

ロットネス島

パース市内の沖合に浮かぶ面積約19㎢の手付かずの自然が多く残る島です。

島へは市内中心部の3か所地点から就航しているフェリーでアクセスすることができます。

一帯はA級自然保護区指定の国立公園に認定されており、世界でも珍しくここの島だけに生息する小動物「クオッカ」はとても人懐っこく愛らしいキャラクターです。

島内は綺麗な道路も整備され、のんびりレンタサイクルで周るのがおすすめ。

また、白砂のビーチエリアも数多くあり、シュノーケリングなどアクティビティも豊富にあります。

ピナクルズ

パース市内中心部から北へ約250㎞地点にあるナンバン国立公園の砂漠に広がる奇岩群

砂漠の中に高さ3~5mの無数の奇妙な岩が突き出た不思議な光景は別名「荒野の墓標」と呼ばれています。

かつてその地に根付いた原生林が枯れた後、大地の風化によって根の間に残った石灰岩層が柱のように残したと考えられています。

パース旅行では多くの観光客がこの不思議な光景を目的に訪れる有名スポットのひとつです。

まとめ

オーストラリア国内の留学先のひとつ「パース」をご紹介しました。

西オーストラリア州を代表する大都市「パース」は青い海と大自然が広がり「世界で一番美しい街」と称されています。

市内中心部にある観光スポットのひとつ「パース動物園」をはじめ、オーストラリア固有種の人気キャラクター「カンガルー」や「コアラ」のほか、ロットネス島にだけ生息する「クオッカ」などの保護活動にも積極的に力を入れています。

西オーストラリア州の州都パース留学を検討してみましょう。


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事