お気軽にご相談ください

CA留学

CA留学とは?

自分に合ったCA留学を実現しよう

ホームステイ

留学前にやっておいた方が良い準備

ここでは、軽視されがちな「やっておいた方が良い準備」について、しっかり説明します。留学成功の鍵となる渡航前の大切な準備です。 留学前にやっておいた方が良い準備 留学準備には「必ず必要な準備」と「やっておいた方が良い準備」がある。 留学にはたくさんの準備が必要になり、大きく分けると2種類あります。 一つ目は、留学する前に「必ず必要な準備」です。 主にビザを申請する際や実際に現地で必要となる事務手続きに関わる準備です。 二つ目は、日本にいる間に「やってておいた方が良い準備」です。 こちらは、渡航後に現地で有意義な留学生活を送るために行う準備になります。 留学成功の鍵は渡航前の「やっておいた方が良い準備」 「必ず必要な準備」で一杯一杯になってしまい、「やっていた方が良い準備」に関しては、ほとんどの人が軽視しがちな傾向にあります。 渡航前にできる限りの準備を行うことで、留学へ出発する前の不安・悩みも軽減することができます。 この準備に多くの時間をかけることによって、留学生活をより有意義なものにすることができます。 なぜ「やっておいた方が良い準備」が大切なの? 渡航前行うことで留学へ出発する前の不安・悩みを軽減することができる「やっていた方が良い準備」。 ここでは、具体的な準備内容をみていきましょう。 留学に慣れるまでの時間が少なくなる 渡航前に最大限に「やっておいた方が良い準備」をすることで、現地に着いてからの生活スタートラインが全く変わってきます。 よく言われる慣れた頃に帰国しなければならない「留学」から、現地に着いてすぐに目標に向かって挑戦できる「留学」に変わります。 費用を抑えることができる 現地の多くの情報を渡航前に集め、滞在中の目標設定し、ある程度語学力をつけておくことで、無駄な費用を省くことができます。 その結果、全体の留学費用を抑えることにも繋がります。  留学のゴールがより高いところに設定できる 日本にいる間に「やっておいた方が良い準備」をすることで、留学に慣れるまでの時間が少なくなり、留学費用を抑えることで、その分の時間・費用をレベルアップのために使うことができます。 費用が抑えられ分、キャリアアップのためのビジネスコースに申し込む、また空いた時間を利用して、地元の人が行なっている活動に参加する、など様々な選択が広がり、留学のゴールが高いところに設定できるようになります。 留学前にやっておいた方が良い準備7選 「渡航前に基本的な英語力をつけておくこと」「留学の目標をしっかり持つこと」「料理・洗濯などの身の回りのことは自分でできるようしておくこと」などの「やっておいた方が良い準備」その他にもまだあります。 ここでは、留学経験者の声をまとめた7選をご紹介します。 本気で趣味に打ち込もう 語学学校や何かの機会の自己紹介で必ず聞かれるのが「趣味」です。 「趣味がない」=「人生に興味がない」「特にあなたと話したくない」と、他の国の人から捉えられてしまう可能性があります。 「趣味」は他者との会話のきっかけを作ることもできますし、また現地で地元の人と交流する機会も作ることができます。 そのため、今の時点で特に趣味はないという人であっても、音楽・映画・スポーツ・ゲームなど何か少しでも好きなことがあれば、少し掘り下げて「趣味」にしていきましょう。 日本にいる間に出来る限り趣味に本気で打ち込んでおくことも、留学のための準備になります。 何かにチャレンジしよう 期限の決められた留学生活を最大限に楽しむには、自主的に色々なことにチャレンジすることです。 しかし、海外で何かにチャレンジすることは勇気のいることです。 そのため日本にいる時から、少しずつ何かにチャレンジするということをしてみましょう。 その積み重ねと経験が渡航後の留学先でも必ず役に立ちます。 新しい出会いを積極的に経験しよう 留学はほとんどの人にとって「知ってる人がほとんどいない土地で暮らす」 ということになります。 そのため日本にいる時からできるだけ知らない人と話し、新しい出会いを積極的に経験しましょう。 この経験を積むことにより、渡航先でも初めて会う人とコミュニケーションを取ることが簡単になるでしょう。 海外の人とコミュニケーションをとる インターネットやイベントなどを通して、日本にいる間に海外の人とコミュニケーションを積極的にとってみましょう。 英語力が向上するだけでなく、色々な国の人の考え方・文化・風習など事前に触れておくことで、渡航後のクラスメートや現地の人とのコミュニケーションがとても取りやすくなるなります。 留学先でいきたい場所、やりたいことをリストアップしてみよう 海外生活は毎日色々なことが起こりとても刺激的ですが、その分気が付いたらもう帰国しなければならなず、留学中は結局何もできなかったという方も多くいます。 留学先でしか取れない資格を取る、ヨーロッパの国を全て回る、など日本にいる間に色々調べ、できるだけ多く「やりたいこと・行きたい場所」をリストアップしておくことも、有意義な留学生活を過ごすポイントになります。  留学後のキャリアを思い描いてみよう 渡航する前に考えておかなければならないのが「留学後はどうするか」ということです。 留学生活が始まってしまうと、学校の勉強や毎日の生活に追われてしまい、留学後のことを考える余裕がなくなってしまいます。 そのため、余裕のある留学準備の段階で、ある程度決めておくことが大切です。 帰国後の就職のためにビジネスコースを平行で受けたり、転職に必要な資格を留学中に取ったりと、留学後のキャリアをきちんと考えておくことで、留学の目的が自然とはっきりしてくるでしょう。 発信力を身につけよう 考え方・文化・価値観が異なる人々と一緒に学ぶことになる留学。 特に重要になってくるのが、自分自身の考え方を自分から発信するということです。 日本ではっきりものを言わなくても、なんとなく相手が察してくれるというのは、同じ文化ベースである日本人同士だからです。 海外では自分から何も言わなければ、当然ながら相手には何も伝わりません。 そのため 渡航前からできるだけ自分の意見や考えを、相手に伝える意識をしてみましょう。 日常生活から発信力を身につけるようにしましょう。 留学経験者の声 ここでは、3人の留学経験者に実際に現地で役立った「やっておいた方が良い留学の準備」ついて伺いました。 Aさん「事前に基礎英語力をつけておくのはとにかく大切」 仕事がサービス業で外国からの観光客の方も多く、英語が必要な状況の中、英語力の必要さを常に痛感していました。 そのため有給休暇を消化する際に、思い切って語学留学を決意しました。 2週間という短い期間だったので、時間の節約のため留学エージェントに語学学校選びから手続きまでを依頼しました。 その間に「やっておいた方が良い留学の準備」として、基礎英語の勉強に力を入れました。 それでも、留学先の学校では初級コースからのスタートでした。 最初は先生が言っていることが全く聞き取れす大変でしたが、先生がホワイトボードに書いた英語は理解していたので授業についていくことはできました。 一週間の授業を終え、耳が慣れてくると、語学学校の先生から「あなたは文法をきちんと理解しているから、来週から中級に行った方がいい」と言われました。 翌週から中級コースへ行くと、授業が会話中心に行われていました。 各自必ず発言する時間が設けられ、そこでかなり鍛えられました。 2週間というとても短い語学留学期間でしたが、基礎英語は身につけていたので、現地では聞くこと・話すことだけに集中でき、英語が上達したと感じました。 私のように短期留学の人は、留学準備事前に基礎英語力をつけておくことは大切です。 Bさん「サッカーを通してネイティブの友達ができた」 語学学校では色々な国の人と友達になりましたが、ネイティブと知り合う機会はありませんでした。 ある日、ホームステイ先の近くにあったサッカー場で試合があることを知り、観に行ってみました。 地元の人達のサッカーチームの試合で、色々な年齢層の人が参加していました。 サッカーの試合の後、チームの監督らしき人に、自分は高校・大学とサッカーをしてると話しかけてみると、アジア人が珍しかったらしく練習に参加していいと言われました。 その翌週から週に一回、地元の人達とサッカーをすることになりました。 練習の後の打ち上げは、毎回のようにパブにビールでした。 サッカーのおかげで地元の人達と仲良くなり、語学学校以外でも友達ができたのが留学生活の宝です。 Cさん「いきたい場所・やりたいことをリストを作ればよかった」 一年間の英語の勉強のため、イギリスに留学をしました。 留学を経験した人から「留学中は時間が早く過ぎるから、絶対行きたいところ・やりたいことのリストを作っておいたほうがいい」と言われていましたが、長期留学だから、現地に着いて生活に落ち着いてから考えればいいと思っていました。 ところが、留学が始まってから学校の勉強、途中で引っ越し、クラスメートと遊んだりで、気がついたら帰国まで残り3ヶ月! もちろん、帰国の準備などもあったので、慌ただしくロンドンに遊びに行ったり、またユーロスターでフランスのパリなどには行きました。 みんなが言うように、留学期間は本当にあっという間に終わってしまいました。 語学留学で得るものは多かったのですが、イギリスの立地を生かしヨーロッパ諸国をもっと回ることができたのに、と考えると少し残念です。 留学にチャレンジすると決めた日から準備をスタートしよう 「留学の準備をいつ始めたら良いか分からない」と考える人も多いようですが、留学準備はは留学をしてみたいと思ったその日から少しづつ始めることが大切です。 留学を実現・成功させるために行う準備ですが、以下のことを念頭に置くことが大切です。。 やっておいた方が準備が完璧になることはない やっておいた方が準備とは、渡航前の不安や悩みの解消、渡航後の現地生活をスムーズに送ること、そして帰国してから滞りなく就職することを目的とした準備です。 やっておいたことには越したことはありませんが、あくまでも「準備」なので、完璧にしようと神経質になりすぎる必要はありません。 準備期間は多ければ多い方が良い 留学の準備は「留学しよう」と思った時から始めることができます。 短期留学の場合、渡航の3、4ヶ月前から、学生ビザを申請しなければならない長期留学であれば、一年、遅くても半年から準備を行いましょう。 後悔しない留学生活を送るためには、準備期間が多ければ多いほど良いと考えておいてください。 一人で準備するのはかなり難しい 「必ず必要な準備」「やっておいた方が良い準備」と2種類の準備がありますが、いずれもやることが沢山あります。 特に初めて留学をされる方・忙しい社会人の方は、留学に対する情報をしっかり集めた上で留学カウンセラーにご相談することをお勧めします。 「必ず必要な準備」である学校の申し込み・宿泊先の手配・支払い等の手続きは留学エージェントを通すと間違いがなくスムーズに行え、時間の節約にもなり、その分「やっておいた方が良い準備」に集中することができます。 まとめ 留学には「必ず必要な準備」と「やってておいた方が良い準備」の2種類あります。 比較的「やってておいた方が良い準備」は軽視されがちですが、留学に慣れるまでの時間が短くすみ、留学費用を抑えることができるだけでなく、留学のゴールがより高いところに設定できるという利点があります。 3人の留学経験者の「やっておいた方が良い留学の準備」は語学力の向上・趣味を持つこと・いきたい場所、やりたいことをリストアップの必要性が実感できる他、「留学でやっておいたほうがいい7選」と合わせることで、より留学を成功に近づけさせる準備ができるでしょう。 準備にはできるだけ余裕を持って長い期間をかけましょう。 完璧にしようと神経質になる必要はありませんが、それでも全ての準備を一人こなすのは、難しいのが現実です。 留学カウンセラーに相談することにより、特に初めての方は手続き・手配のミスを防ぐことができ、また忙しい社会人は効率よく留学準備を進めることができます。

2021/05/30

留学に必ず必要な準備や手続き

留学をするには、事前の準備と多くの手続きを行わなければなりません。 ここでは留学を実現させるために必要な、基本的な準備や手続きを紹介します。 留学で必ず必要な準備や手続き 留学を実現させるために必要な準備や手続きは、みなさんが思う以上にたくさんあります。 まずは、準備の種類を把握しましょう。 留学準備には「必ず必要な準備」と「やっておいた方が良い準備」がある 留学準備には大きく分けて「必ず必要な準備」と「やっておいた方が良い準備」の2種類があります。 「必ず必要な準備」とは、ビザの申請や航空券の手配など渡航に必ず必要な準備や手続きのことです。 「留学前に準備しておいた方が良い準備」とは、有意義な留学生活を送るために渡航前に行う準備のことです。 いずれも有意義な留学生活を送るためにはとても大切な準備となります。 留学で必ず必要な準備とは? ここでは「留学に必ず必要な準備」の内容を具体的に見ていきましょう。 ビザの取得 海外へ渡航するためにはほとんどの国で「ビザ」の取得が必要です。 ビザの種類は国や滞在目的によって細かく分かれています。 ここでは主な留学で取得するビザのご紹介などをしていきます。 ビザとは? 「査証(さしょう)」とも言われるビザは、各国の在日大使館や在日領事館が発行する「入国許可証」の事です。 ビザを申請した人の必要書類や渡航歴、身元などを審査し、受け入れ国にとって問題が無い場合に「入国許可証」つまり「ビザ」が発行されます。 審査基準は、渡航先の法律に準じています。 ビザの種類 観光ビザ 観光目的で滞在するために取得するビザを「観光ビザ」と言います。 日本のパスポートはビザ免除協定により、規定期間内であればビザ無しで観光できる国が多数あります。 また同時に短期の留学もビザ無しで可能ですが、国によって就学の条件が決まっている場合があるので、事前に確認してみましょう。 一部の国では短期の滞在であっても観光ビザの取得が必要になります。 学生ビザ 就学を目的に滞在する場合に取得しなければならないビザが「学生ビザ」です。 ビザ免除国であってもビザ免除期間を超える場合は、学生ビザを申請しなければなりません。 国によっては政府認定の語学学校に入らなければ、学生ビザは取得できない場合があります。 そのため、学校選びは慎重に行いましょう。 また、学生ビザでもアルバイトが可能な国もあります。 ワーキングホリデービザ ワーキングホリデービザは、18歳から30歳(国によっては25歳)までの若者を対象とした、ワーキングホリデー制度を利用して滞在するために必要なビザです。 国によって就学期間や取得方法、渡航可能期間などが異なってきます。 また、全ての国でワーキングホリデービザの取得ができるわけではありません。 航空券の取得 短期滞在であっても長期滞在であっても、基本的に往復の航空券を購入しましょう。 国によっては長期滞在可能なビザを持っていても、往復の航空券を所持していなければ入国を拒否をされてしまう事もあります。 航空券には主に3種類あり、渡航前に帰国日を決めて購入する「フィックスチケット」、渡航後に帰国日を決めることができる「オープンチケット」、そして渡航前に帰国日を決めた後に渡航先で日程を変更できる「フィックス・オープンチケット」 があります。 保険の手続き 留学中の怪我や病気の治療費、また宿泊先で物を壊してしまった場合や他人に怪我を負わせてしまった場合などに発生する損害賠償に備え、留学保険やワーキングホリデー保険には必ず加入しましょう。 また学生ビザが必要ない短期留学でも留学保険と海外旅行保険の内容を比べて、自分滞在方法に合った保険に加入しましょう。 その他留学プランによっては日本でお手続きが必要となるもの 留学の目的はやプランは人それぞれです。 プランによって異なる「留学に必ず必要な準備」をご紹介していきます。 学校の入学手続き 学生ビザを申請される際に必ず必要になるのが、学校の入学手続きです。 国によっては政府が指定した学校でしか学生ビザの発行がされない場合がありますので、学校選びは慎重に行いましょう。 また学校によっては申し込み期間や入学日が決まっている場合もありますので、事前に確認する必要があります。 当然ながら申し込み用紙は基本的に現地の言葉で書いてあります。 内容をきっちり理解した上で入学申込書に記載しましょう。 滞在先の手配 留学での滞在方法は主にホームステイ、シェアハウス、学生寮の3つです。 ほとんどの留学生が渡航前に1ヶ月以上はホームステイや学生寮などの予約を行い渡航します。 こちらはご自身で手配をすることも可能ですが、一般的に留学エージェントにお手続きを任せする場合が多いです。 留学カウンセラーとしっかりと相談して留学前に滞在方法を決め、お手続きを済ませてから渡航をしていきましょう。 空港送迎 飛行機での長旅の後に、自力で宿泊先に向かうことは簡単ではありません。 特に慣れない土地に行かれる場合は、空港送迎サービスのご利用をお勧めします。 学校で空港送迎の手配を行っているところもあるので、申し込む前にきちんと調べてみましょう。 渡航のどのくらい前から準備を始めれば良いの? 各手続きに必要な準備期間の目安は以下の通りです。 ただし渡航先の情勢や夏休みなどのハイシーズン時には、さらに時間がかかる事があります。 渡航の準備は早めに行いましょう。 ビザ ビザの種類によって準備期間は大変異なりますので、事前に調べておく事が大切です。 観光ビザ 現時点でビザ免除協定国であっても、国交情勢によりビザが必要になる場合もあります。 基本的には申請から営業日5日から10日で観光ビザを取得することができます。 中には1ヶ月くらいかかる国もあるので、渡航先を選んだら遅くとも2ヶ月前には観光ビザ申請の有無を確認しましょう。 学生ビザ 必要書類審査に加え、面談や試験を受けなければならない国もあります。 そのため学生ビザの取得までに1ヶ月〜3ヶ月ほど見ておいたほうがよいでしょう。 余裕を持って3~4ヶ月前から申請をすることをおすすめします。 遅くても2ヶ月前から準備をしていきましょう。 ワーキングホリデービザ ワーキングホリデービザ取得までに1~3ヶ月程度かかります。 また、ビザ申請の前に抽選などを行う国もありますので1年〜半年前からビザの取得を頭において留学計画を立てるようにしましょう。 航空券の取得 学校の入学手続きが完了しビザの取得ができたら航空券の取得をしていきましょう。 航空券は早めに取れば費用を抑えることができるのでなるべく早めの取得をおすすめします。 また、夏休みなどのハイシーズンの場合はチケットが取りにくく値段が上がるので、早めに渡航日の設定をし、留学計画をたててチケットの取得をしていきましょう。 保険の手続き 保険会社によっては、出発の3ヶ月前にならなければ加入できない所もあります。 目安としては、渡航の1ヵ月前くらいに保険に加入しておきましょう。 場合によってはビザ申請時に保険の加入を義務付けているケースもあるので、希望するビザの申請条件にきちんと目を通しておきましょう。 学校の入学手続き ビザのいらないであれば短期留学渡航予定の2、3ヶ月前に入学手続きをすることをおすすめします。 長期留学の場合は学生ビザの申請もあるので、余裕を持って3~4ヶ月前には入学手続きをすることをおすすめします。 遅くても2ヶ月前には手続きを済ませておきましょう。 滞在先の手配 こちらは学校の入学手続きと同じタイミングで手配を行いましょう。 夏休みなど留学生が多い時期は、ホームステイやアパートが一杯になってしまう場合があるので、早めに滞在先の手配をしていきましょう。 空港送迎 語学学校によっては、空港送迎の手配をしてくれるサービスもあります。 入学の申し込みをする際に、同時に手配してもらいましょう。 また、個人で手配する場合はハイシーズンであれば到着日の1ヶ月前、オフシーズンでも2週間前には行いましょう。 留学エージェントにサポートしてもらおう 以上のように、留学の準備や手続きはたくさんあります。 個人での手配も可能ですが、書類が足りなかったり送金ミスなどにより、ビザ申請時や現地でトラブルになるケースもあります。 特に初めての方や一人で準備をするのが不安な方は、事前に留学エージェントに頼んで手続きを行うことをお勧めします。 また、留学エージェントを利用することで手続きの手間が省け、「やっておいた方が良い留学準備」に多くの時間を使うことができます。 留学エージェントをうまく利用し、充実した留学生活を送れるように準備をしていきましょう。 まとめ 留学を実現させるには、事前の準備と多くの手続きが必要です。 そのため「必ず必要な準備」と「やっておいた方が良い準備」をきちんと把握しましょう。 ほとんどの留学生が1年前から遅くても半年前には留学準備を始めます。 「必ず必要な準備」は留学エージェントを利用すれば3〜4ヶ月程度で完了することができますが、「やっておいた方が良い準備」は早くやればやるほど留学の充実度が違ってきます。 留学準備はできるだけ早めに、余裕を持って行うようにしましょう。 また、初めて留学される方や一人で準備をするのが不安な方は、事前に留学エージェントに頼んで手続きを行うことをお勧めします。

2021/05/30

シェアハウス

留学前にやっておいた方が良い準備

ここでは、軽視されがちな「やっておいた方が良い準備」について、しっかり説明します。留学成功の鍵となる渡航前の大切な準備です。 留学前にやっておいた方が良い準備 留学準備には「必ず必要な準備」と「やっておいた方が良い準備」がある。 留学にはたくさんの準備が必要になり、大きく分けると2種類あります。 一つ目は、留学する前に「必ず必要な準備」です。 主にビザを申請する際や実際に現地で必要となる事務手続きに関わる準備です。 二つ目は、日本にいる間に「やってておいた方が良い準備」です。 こちらは、渡航後に現地で有意義な留学生活を送るために行う準備になります。 留学成功の鍵は渡航前の「やっておいた方が良い準備」 「必ず必要な準備」で一杯一杯になってしまい、「やっていた方が良い準備」に関しては、ほとんどの人が軽視しがちな傾向にあります。 渡航前にできる限りの準備を行うことで、留学へ出発する前の不安・悩みも軽減することができます。 この準備に多くの時間をかけることによって、留学生活をより有意義なものにすることができます。 なぜ「やっておいた方が良い準備」が大切なの? 渡航前行うことで留学へ出発する前の不安・悩みを軽減することができる「やっていた方が良い準備」。 ここでは、具体的な準備内容をみていきましょう。 留学に慣れるまでの時間が少なくなる 渡航前に最大限に「やっておいた方が良い準備」をすることで、現地に着いてからの生活スタートラインが全く変わってきます。 よく言われる慣れた頃に帰国しなければならない「留学」から、現地に着いてすぐに目標に向かって挑戦できる「留学」に変わります。 費用を抑えることができる 現地の多くの情報を渡航前に集め、滞在中の目標設定し、ある程度語学力をつけておくことで、無駄な費用を省くことができます。 その結果、全体の留学費用を抑えることにも繋がります。  留学のゴールがより高いところに設定できる 日本にいる間に「やっておいた方が良い準備」をすることで、留学に慣れるまでの時間が少なくなり、留学費用を抑えることで、その分の時間・費用をレベルアップのために使うことができます。 費用が抑えられ分、キャリアアップのためのビジネスコースに申し込む、また空いた時間を利用して、地元の人が行なっている活動に参加する、など様々な選択が広がり、留学のゴールが高いところに設定できるようになります。 留学前にやっておいた方が良い準備7選 「渡航前に基本的な英語力をつけておくこと」「留学の目標をしっかり持つこと」「料理・洗濯などの身の回りのことは自分でできるようしておくこと」などの「やっておいた方が良い準備」その他にもまだあります。 ここでは、留学経験者の声をまとめた7選をご紹介します。 本気で趣味に打ち込もう 語学学校や何かの機会の自己紹介で必ず聞かれるのが「趣味」です。 「趣味がない」=「人生に興味がない」「特にあなたと話したくない」と、他の国の人から捉えられてしまう可能性があります。 「趣味」は他者との会話のきっかけを作ることもできますし、また現地で地元の人と交流する機会も作ることができます。 そのため、今の時点で特に趣味はないという人であっても、音楽・映画・スポーツ・ゲームなど何か少しでも好きなことがあれば、少し掘り下げて「趣味」にしていきましょう。 日本にいる間に出来る限り趣味に本気で打ち込んでおくことも、留学のための準備になります。 何かにチャレンジしよう 期限の決められた留学生活を最大限に楽しむには、自主的に色々なことにチャレンジすることです。 しかし、海外で何かにチャレンジすることは勇気のいることです。 そのため日本にいる時から、少しずつ何かにチャレンジするということをしてみましょう。 その積み重ねと経験が渡航後の留学先でも必ず役に立ちます。 新しい出会いを積極的に経験しよう 留学はほとんどの人にとって「知ってる人がほとんどいない土地で暮らす」 ということになります。 そのため日本にいる時からできるだけ知らない人と話し、新しい出会いを積極的に経験しましょう。 この経験を積むことにより、渡航先でも初めて会う人とコミュニケーションを取ることが簡単になるでしょう。 海外の人とコミュニケーションをとる インターネットやイベントなどを通して、日本にいる間に海外の人とコミュニケーションを積極的にとってみましょう。 英語力が向上するだけでなく、色々な国の人の考え方・文化・風習など事前に触れておくことで、渡航後のクラスメートや現地の人とのコミュニケーションがとても取りやすくなるなります。 留学先でいきたい場所、やりたいことをリストアップしてみよう 海外生活は毎日色々なことが起こりとても刺激的ですが、その分気が付いたらもう帰国しなければならなず、留学中は結局何もできなかったという方も多くいます。 留学先でしか取れない資格を取る、ヨーロッパの国を全て回る、など日本にいる間に色々調べ、できるだけ多く「やりたいこと・行きたい場所」をリストアップしておくことも、有意義な留学生活を過ごすポイントになります。  留学後のキャリアを思い描いてみよう 渡航する前に考えておかなければならないのが「留学後はどうするか」ということです。 留学生活が始まってしまうと、学校の勉強や毎日の生活に追われてしまい、留学後のことを考える余裕がなくなってしまいます。 そのため、余裕のある留学準備の段階で、ある程度決めておくことが大切です。 帰国後の就職のためにビジネスコースを平行で受けたり、転職に必要な資格を留学中に取ったりと、留学後のキャリアをきちんと考えておくことで、留学の目的が自然とはっきりしてくるでしょう。 発信力を身につけよう 考え方・文化・価値観が異なる人々と一緒に学ぶことになる留学。 特に重要になってくるのが、自分自身の考え方を自分から発信するということです。 日本ではっきりものを言わなくても、なんとなく相手が察してくれるというのは、同じ文化ベースである日本人同士だからです。 海外では自分から何も言わなければ、当然ながら相手には何も伝わりません。 そのため 渡航前からできるだけ自分の意見や考えを、相手に伝える意識をしてみましょう。 日常生活から発信力を身につけるようにしましょう。 留学経験者の声 ここでは、3人の留学経験者に実際に現地で役立った「やっておいた方が良い留学の準備」ついて伺いました。 Aさん「事前に基礎英語力をつけておくのはとにかく大切」 仕事がサービス業で外国からの観光客の方も多く、英語が必要な状況の中、英語力の必要さを常に痛感していました。 そのため有給休暇を消化する際に、思い切って語学留学を決意しました。 2週間という短い期間だったので、時間の節約のため留学エージェントに語学学校選びから手続きまでを依頼しました。 その間に「やっておいた方が良い留学の準備」として、基礎英語の勉強に力を入れました。 それでも、留学先の学校では初級コースからのスタートでした。 最初は先生が言っていることが全く聞き取れす大変でしたが、先生がホワイトボードに書いた英語は理解していたので授業についていくことはできました。 一週間の授業を終え、耳が慣れてくると、語学学校の先生から「あなたは文法をきちんと理解しているから、来週から中級に行った方がいい」と言われました。 翌週から中級コースへ行くと、授業が会話中心に行われていました。 各自必ず発言する時間が設けられ、そこでかなり鍛えられました。 2週間というとても短い語学留学期間でしたが、基礎英語は身につけていたので、現地では聞くこと・話すことだけに集中でき、英語が上達したと感じました。 私のように短期留学の人は、留学準備事前に基礎英語力をつけておくことは大切です。 Bさん「サッカーを通してネイティブの友達ができた」 語学学校では色々な国の人と友達になりましたが、ネイティブと知り合う機会はありませんでした。 ある日、ホームステイ先の近くにあったサッカー場で試合があることを知り、観に行ってみました。 地元の人達のサッカーチームの試合で、色々な年齢層の人が参加していました。 サッカーの試合の後、チームの監督らしき人に、自分は高校・大学とサッカーをしてると話しかけてみると、アジア人が珍しかったらしく練習に参加していいと言われました。 その翌週から週に一回、地元の人達とサッカーをすることになりました。 練習の後の打ち上げは、毎回のようにパブにビールでした。 サッカーのおかげで地元の人達と仲良くなり、語学学校以外でも友達ができたのが留学生活の宝です。 Cさん「いきたい場所・やりたいことをリストを作ればよかった」 一年間の英語の勉強のため、イギリスに留学をしました。 留学を経験した人から「留学中は時間が早く過ぎるから、絶対行きたいところ・やりたいことのリストを作っておいたほうがいい」と言われていましたが、長期留学だから、現地に着いて生活に落ち着いてから考えればいいと思っていました。 ところが、留学が始まってから学校の勉強、途中で引っ越し、クラスメートと遊んだりで、気がついたら帰国まで残り3ヶ月! もちろん、帰国の準備などもあったので、慌ただしくロンドンに遊びに行ったり、またユーロスターでフランスのパリなどには行きました。 みんなが言うように、留学期間は本当にあっという間に終わってしまいました。 語学留学で得るものは多かったのですが、イギリスの立地を生かしヨーロッパ諸国をもっと回ることができたのに、と考えると少し残念です。 留学にチャレンジすると決めた日から準備をスタートしよう 「留学の準備をいつ始めたら良いか分からない」と考える人も多いようですが、留学準備はは留学をしてみたいと思ったその日から少しづつ始めることが大切です。 留学を実現・成功させるために行う準備ですが、以下のことを念頭に置くことが大切です。。 やっておいた方が準備が完璧になることはない やっておいた方が準備とは、渡航前の不安や悩みの解消、渡航後の現地生活をスムーズに送ること、そして帰国してから滞りなく就職することを目的とした準備です。 やっておいたことには越したことはありませんが、あくまでも「準備」なので、完璧にしようと神経質になりすぎる必要はありません。 準備期間は多ければ多い方が良い 留学の準備は「留学しよう」と思った時から始めることができます。 短期留学の場合、渡航の3、4ヶ月前から、学生ビザを申請しなければならない長期留学であれば、一年、遅くても半年から準備を行いましょう。 後悔しない留学生活を送るためには、準備期間が多ければ多いほど良いと考えておいてください。 一人で準備するのはかなり難しい 「必ず必要な準備」「やっておいた方が良い準備」と2種類の準備がありますが、いずれもやることが沢山あります。 特に初めて留学をされる方・忙しい社会人の方は、留学に対する情報をしっかり集めた上で留学カウンセラーにご相談することをお勧めします。 「必ず必要な準備」である学校の申し込み・宿泊先の手配・支払い等の手続きは留学エージェントを通すと間違いがなくスムーズに行え、時間の節約にもなり、その分「やっておいた方が良い準備」に集中することができます。 まとめ 留学には「必ず必要な準備」と「やってておいた方が良い準備」の2種類あります。 比較的「やってておいた方が良い準備」は軽視されがちですが、留学に慣れるまでの時間が短くすみ、留学費用を抑えることができるだけでなく、留学のゴールがより高いところに設定できるという利点があります。 3人の留学経験者の「やっておいた方が良い留学の準備」は語学力の向上・趣味を持つこと・いきたい場所、やりたいことをリストアップの必要性が実感できる他、「留学でやっておいたほうがいい7選」と合わせることで、より留学を成功に近づけさせる準備ができるでしょう。 準備にはできるだけ余裕を持って長い期間をかけましょう。 完璧にしようと神経質になる必要はありませんが、それでも全ての準備を一人こなすのは、難しいのが現実です。 留学カウンセラーに相談することにより、特に初めての方は手続き・手配のミスを防ぐことができ、また忙しい社会人は効率よく留学準備を進めることができます。

2021/05/30

留学に必ず必要な準備や手続き

留学をするには、事前の準備と多くの手続きを行わなければなりません。 ここでは留学を実現させるために必要な、基本的な準備や手続きを紹介します。 留学で必ず必要な準備や手続き 留学を実現させるために必要な準備や手続きは、みなさんが思う以上にたくさんあります。 まずは、準備の種類を把握しましょう。 留学準備には「必ず必要な準備」と「やっておいた方が良い準備」がある 留学準備には大きく分けて「必ず必要な準備」と「やっておいた方が良い準備」の2種類があります。 「必ず必要な準備」とは、ビザの申請や航空券の手配など渡航に必ず必要な準備や手続きのことです。 「留学前に準備しておいた方が良い準備」とは、有意義な留学生活を送るために渡航前に行う準備のことです。 いずれも有意義な留学生活を送るためにはとても大切な準備となります。 留学で必ず必要な準備とは? ここでは「留学に必ず必要な準備」の内容を具体的に見ていきましょう。 ビザの取得 海外へ渡航するためにはほとんどの国で「ビザ」の取得が必要です。 ビザの種類は国や滞在目的によって細かく分かれています。 ここでは主な留学で取得するビザのご紹介などをしていきます。 ビザとは? 「査証(さしょう)」とも言われるビザは、各国の在日大使館や在日領事館が発行する「入国許可証」の事です。 ビザを申請した人の必要書類や渡航歴、身元などを審査し、受け入れ国にとって問題が無い場合に「入国許可証」つまり「ビザ」が発行されます。 審査基準は、渡航先の法律に準じています。 ビザの種類 観光ビザ 観光目的で滞在するために取得するビザを「観光ビザ」と言います。 日本のパスポートはビザ免除協定により、規定期間内であればビザ無しで観光できる国が多数あります。 また同時に短期の留学もビザ無しで可能ですが、国によって就学の条件が決まっている場合があるので、事前に確認してみましょう。 一部の国では短期の滞在であっても観光ビザの取得が必要になります。 学生ビザ 就学を目的に滞在する場合に取得しなければならないビザが「学生ビザ」です。 ビザ免除国であってもビザ免除期間を超える場合は、学生ビザを申請しなければなりません。 国によっては政府認定の語学学校に入らなければ、学生ビザは取得できない場合があります。 そのため、学校選びは慎重に行いましょう。 また、学生ビザでもアルバイトが可能な国もあります。 ワーキングホリデービザ ワーキングホリデービザは、18歳から30歳(国によっては25歳)までの若者を対象とした、ワーキングホリデー制度を利用して滞在するために必要なビザです。 国によって就学期間や取得方法、渡航可能期間などが異なってきます。 また、全ての国でワーキングホリデービザの取得ができるわけではありません。 航空券の取得 短期滞在であっても長期滞在であっても、基本的に往復の航空券を購入しましょう。 国によっては長期滞在可能なビザを持っていても、往復の航空券を所持していなければ入国を拒否をされてしまう事もあります。 航空券には主に3種類あり、渡航前に帰国日を決めて購入する「フィックスチケット」、渡航後に帰国日を決めることができる「オープンチケット」、そして渡航前に帰国日を決めた後に渡航先で日程を変更できる「フィックス・オープンチケット」 があります。 保険の手続き 留学中の怪我や病気の治療費、また宿泊先で物を壊してしまった場合や他人に怪我を負わせてしまった場合などに発生する損害賠償に備え、留学保険やワーキングホリデー保険には必ず加入しましょう。 また学生ビザが必要ない短期留学でも留学保険と海外旅行保険の内容を比べて、自分滞在方法に合った保険に加入しましょう。 その他留学プランによっては日本でお手続きが必要となるもの 留学の目的はやプランは人それぞれです。 プランによって異なる「留学に必ず必要な準備」をご紹介していきます。 学校の入学手続き 学生ビザを申請される際に必ず必要になるのが、学校の入学手続きです。 国によっては政府が指定した学校でしか学生ビザの発行がされない場合がありますので、学校選びは慎重に行いましょう。 また学校によっては申し込み期間や入学日が決まっている場合もありますので、事前に確認する必要があります。 当然ながら申し込み用紙は基本的に現地の言葉で書いてあります。 内容をきっちり理解した上で入学申込書に記載しましょう。 滞在先の手配 留学での滞在方法は主にホームステイ、シェアハウス、学生寮の3つです。 ほとんどの留学生が渡航前に1ヶ月以上はホームステイや学生寮などの予約を行い渡航します。 こちらはご自身で手配をすることも可能ですが、一般的に留学エージェントにお手続きを任せする場合が多いです。 留学カウンセラーとしっかりと相談して留学前に滞在方法を決め、お手続きを済ませてから渡航をしていきましょう。 空港送迎 飛行機での長旅の後に、自力で宿泊先に向かうことは簡単ではありません。 特に慣れない土地に行かれる場合は、空港送迎サービスのご利用をお勧めします。 学校で空港送迎の手配を行っているところもあるので、申し込む前にきちんと調べてみましょう。 渡航のどのくらい前から準備を始めれば良いの? 各手続きに必要な準備期間の目安は以下の通りです。 ただし渡航先の情勢や夏休みなどのハイシーズン時には、さらに時間がかかる事があります。 渡航の準備は早めに行いましょう。 ビザ ビザの種類によって準備期間は大変異なりますので、事前に調べておく事が大切です。 観光ビザ 現時点でビザ免除協定国であっても、国交情勢によりビザが必要になる場合もあります。 基本的には申請から営業日5日から10日で観光ビザを取得することができます。 中には1ヶ月くらいかかる国もあるので、渡航先を選んだら遅くとも2ヶ月前には観光ビザ申請の有無を確認しましょう。 学生ビザ 必要書類審査に加え、面談や試験を受けなければならない国もあります。 そのため学生ビザの取得までに1ヶ月〜3ヶ月ほど見ておいたほうがよいでしょう。 余裕を持って3~4ヶ月前から申請をすることをおすすめします。 遅くても2ヶ月前から準備をしていきましょう。 ワーキングホリデービザ ワーキングホリデービザ取得までに1~3ヶ月程度かかります。 また、ビザ申請の前に抽選などを行う国もありますので1年〜半年前からビザの取得を頭において留学計画を立てるようにしましょう。 航空券の取得 学校の入学手続きが完了しビザの取得ができたら航空券の取得をしていきましょう。 航空券は早めに取れば費用を抑えることができるのでなるべく早めの取得をおすすめします。 また、夏休みなどのハイシーズンの場合はチケットが取りにくく値段が上がるので、早めに渡航日の設定をし、留学計画をたててチケットの取得をしていきましょう。 保険の手続き 保険会社によっては、出発の3ヶ月前にならなければ加入できない所もあります。 目安としては、渡航の1ヵ月前くらいに保険に加入しておきましょう。 場合によってはビザ申請時に保険の加入を義務付けているケースもあるので、希望するビザの申請条件にきちんと目を通しておきましょう。 学校の入学手続き ビザのいらないであれば短期留学渡航予定の2、3ヶ月前に入学手続きをすることをおすすめします。 長期留学の場合は学生ビザの申請もあるので、余裕を持って3~4ヶ月前には入学手続きをすることをおすすめします。 遅くても2ヶ月前には手続きを済ませておきましょう。 滞在先の手配 こちらは学校の入学手続きと同じタイミングで手配を行いましょう。 夏休みなど留学生が多い時期は、ホームステイやアパートが一杯になってしまう場合があるので、早めに滞在先の手配をしていきましょう。 空港送迎 語学学校によっては、空港送迎の手配をしてくれるサービスもあります。 入学の申し込みをする際に、同時に手配してもらいましょう。 また、個人で手配する場合はハイシーズンであれば到着日の1ヶ月前、オフシーズンでも2週間前には行いましょう。 留学エージェントにサポートしてもらおう 以上のように、留学の準備や手続きはたくさんあります。 個人での手配も可能ですが、書類が足りなかったり送金ミスなどにより、ビザ申請時や現地でトラブルになるケースもあります。 特に初めての方や一人で準備をするのが不安な方は、事前に留学エージェントに頼んで手続きを行うことをお勧めします。 また、留学エージェントを利用することで手続きの手間が省け、「やっておいた方が良い留学準備」に多くの時間を使うことができます。 留学エージェントをうまく利用し、充実した留学生活を送れるように準備をしていきましょう。 まとめ 留学を実現させるには、事前の準備と多くの手続きが必要です。 そのため「必ず必要な準備」と「やっておいた方が良い準備」をきちんと把握しましょう。 ほとんどの留学生が1年前から遅くても半年前には留学準備を始めます。 「必ず必要な準備」は留学エージェントを利用すれば3〜4ヶ月程度で完了することができますが、「やっておいた方が良い準備」は早くやればやるほど留学の充実度が違ってきます。 留学準備はできるだけ早めに、余裕を持って行うようにしましょう。 また、初めて留学される方や一人で準備をするのが不安な方は、事前に留学エージェントに頼んで手続きを行うことをお勧めします。

2021/05/30

仕事

生涯賃金が1億円アップって本当?!【留学の投資価値】を徹底解説!

多額の費用がかかる海外留学。 「こんなにお金をかけて海外の大学や大学院を卒業しても、本当に将来につながるのだろうか?」 こんな不安の声も当然出てきますよね。 実は、留学経験者と未経験者では、生涯賃金がなんと1億円近く差が出るという研究結果が出ているのです! この記事では、2015年と2016年の留学経験者と未経験者のアンケートを参考にしながら、留学の投資価値について迫ってみます! 平均年収の比較 留学後、海外で学んだことが仕事で生かせるのか? 海外大学卒業が本当にお給料に反映されるのか? 留学を目指す方なら、気になる点ではないでしょうか。 ここでは、年齢別、男女別そして大学院分野別で「平均年収」を表にまとめました! 年齢別 海外大学卒業 (1) 国内大学卒業 (2) 海外大学院卒業 (3) 国内大学院卒業 (4) 大卒の収入格差係数 (1)/(2) 院卒の収入格差係数 (3)/(4) 海外大卒と海外院卒の収入格差係数(3)/(1) 全体 547.0万円 449.1万円 792.9万円 553.0万円 1.22 1.43 1.45 50歳代以上 653.6万円 608.3万円 993.9万円 806.0万円 1.07 1.23 1.52 40歳代 564.0万円 470.8万円 825.9万円 654.6万円 1.20 1.26 1.46 30歳代 539.7万円 389.3万円 642.9万円 467.6万円 1.39 1.38 1.19 20歳代以下 350.0万円 290.8万円 372.7万円 350.7万円 1.20 1.06 1.07 例えば、30歳代を例に見ていくと、海外大学を卒業している場合、平均年収が539.7万円。 国内大学の卒業者は389.3万円なので、この時点で1.39倍もの収入差がついているのがわかります。 大学院卒業者の場合でも、留学経験者は642.9万円で未経験者は467.6万円で、こちらも1.38倍の収入格差が出ています。 別の見方をすると、国内大学の卒業者と海外大学院の卒業者では、平均年収が1.7倍近くも変わってきてしまいます。 男女別 海外大学卒業 (1) 国内大学卒業 (2) 海外大学院卒業 (3) 国内大学院卒業 (4) 大卒の収入格差係数 (1)/(2) 院卒の収入格差係数 (3)/(4) 海外大卒と海外院卒の収入格差係数(3)/(1) 全体 547.0万円 449.1万円 792.9万円 553.0万円 1.22 1.43 1.45 男性 645.0万円 575.7万円 954.6万円 669.7万円 1.12 1.43 1.48 女性 439.1万円 330.7万円 562.1万円 410.6万円 1.33 1.37 1.28 女性に注目してみましょう。 同じ大学卒業者でも、留学経験者と未経験者の場合では、年収にして439.1万円と330.7万円、つまり1.33倍の差が出ています。 この収入の開きの要因の一つとして、留学経験者の女性は未経験者に比べ、かなりの割合で外資系企業に勤めている人が多く、男女の賃金格差が小さいことが挙げられます。 大学院分野別 理系大学院留学 (1) 理系国内大学院 (2) 文系大学院留学 (3) 文系国内大学院 (4) 理系収入格差係数 (1)/(2) 文系収入格差係数 (3)/(4) 全体 722.2万円 577.6万円 805.7万円 514.6万円 1.25 1.57 ここで注目していただきたいのが、文系大学院留学者の年収がトップだということです! この背景には、国際金融や経済、ビジネスを学んだ学生たちが、並行してMBA(経営学修士)などの資格を取得したことで、収入の高い職につく機会が増えたことが影響しているようです。 留学経験は昇進に影響する?! ここで、一つ興味深いデータをご紹介します。 留学経験者と未経験者を合わせた約6000件近くのインターネットアンケートで、「あなたの現在の役職を答えてください」と尋ねたところ、次のような解答結果になりました。 アンケートに答えた海外大学卒業者の中で男性の20%近く、女性では10%近くが、経営者・役員クラスの役職についています。 男女とも、国内大学卒業者と比べると、割合がかなり高いことがよくわかります。 「留学経験」は昇進においても、非常にプラスに働くことが改めて実証されています。 留学経験を通して得たもの 平均年収や役職など、さまざまな面で有益なスキルとなる海外留学経験。 しかし、留学で得るものは「お金」だけではありません! ここでは、留学経験者が海外での生活を通して得たものをご紹介します! 留学経験者の回答の中で、一番多かったのが「日本人としての意識が高まった」で、アンケートに参加された90%近くの方が「強く思う」「そう思う」と答えています。 日本を一歩出れば、言葉、風習、考え方が全く異なります。留学中は、世界中のから集まってきた若者と毎日触れ合うことになり、自分が日本人であると意識する機会が多くなります。 海外大学の進学にかかる年間の学費 「海外大学進学の学費」と一言で言っても、渡航国の物価や大学の種類によって大きく異なります。 ここでは、実際にかかる留学費を人気の渡航先別に比較してみました。 アメリカ 海外留学といえば、「アメリカ」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか? 世界トップレベルの大学がそろっているアメリカは、人気の渡航先として不動の地位を保っています。 アメリカの学費は他の国と比べても高く、日本円に換算すると約400万円から450万円ほど。 名門大学になると約700万円近くになることもあります。 https://bokuryuu.com/fees-american-universities/ カナダ 治安が良く過ごしやすいカナダは、語学留学やワーホリでも人気の高い国です。 大学卒業後は就職もしやすく永住権も取りやすいことから、世界中の学生が集まってきます。 カナダ国内の大学のそのほとんどは公立で、大学間の格差があまりないため、どこの大学を選んでも質の高い教育を受けることができます。 年間の平均授業料は、約200万円です。 https://bokuryuu.com/fees-canadian-universities/ オーストラリア 日本との時差がほとんどないオーストラリアは、人気のワーキングホリデー加盟国として日本人にお馴染みです。 専門分野によって費用は大きく異なりますが、200万円から300万円が相場です。 https://bokuryuu.com/all-about-the-tuition-fee-of-australian-university/ イギリス 教育水準がトップクラスのイギリスは、アメリカや日本と教育システムが異なり、大学は3年制となっています。 学費は平均200万円から250万円です。 https://bokuryuu.com/fees-british-universities/ フィリピン 「英語を習得するための留学先」として注目を集めているフィリピンは、物価が安いだけでなく、ビジネス系に強い優秀な大学もあるのが特徴です。 フィリピンの国公立大学は、年間授業料の平均が約5万円~10万円、私立大学の場合は約7万円〜50万円です。 https://bokuryuu.com/fees-philippines-universities/ マレーシア マレーシアの多くの大学は、他国の大学との提携が充実しており、例えば、アメリカの大学へ編入できるシステムもあります。 大学によって学費の幅が大きいですが、高額と言われる私立大学では年間80万円前後です。 https://bokuryuu.com/fees-malaysian-universities/ まとめ【留学は最高の自己投資!】 この記事では、お金をかけて海外の大学や大学院を卒業しても、将来につながるか不安を抱いている人のために、留学経験者と未経験者を対象とした 平均年収の比較 留学経験は昇進に影響する?! 留学経験を通して得たもの 海外大学の進学にかかる年間の学費 をまとめてご紹介しました。 30歳代を例に見た場合、海外大学を卒業している場合、平均年収が1.39倍もの収入差がついており、結果、生涯賃金がなんと1億円近く差が出る計算になります。 海外留学は確かに費用がかかりますが、その分、自分に返ってくるものが大きいのも事実です! 留学は最高の自己投資と言えるでしょう! この記事をぜひ参考になさってください! ご希望の方には海外大学進学準備のためのIELTS対策講座のご案内もしています。 https://bokuryuu.com/know-about-ielts-in-three-minutes/ さらにぼくらの留学では、海外大学進学について詳しく知りたい方のために、オンライン無料説明会を開催しています。 ぼくらの留学「公式 LINE @」から24時間ご予約を受け付けております! 経験豊富なカウンセラーが対応いたしますので、お気軽にご相談ください! https://bokuryuu.com/about-agent-of-studying-abroad/ 2015年と2016年の留学経験者と未経験者のアンケート引用元: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jies/22/0/22_83/_pdf/-char/ja https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/hermes/ir/re/29016/0411700201.pdf

2022/04/01

留学前にやっておいた方が良い準備

ここでは、軽視されがちな「やっておいた方が良い準備」について、しっかり説明します。留学成功の鍵となる渡航前の大切な準備です。 留学前にやっておいた方が良い準備 留学準備には「必ず必要な準備」と「やっておいた方が良い準備」がある。 留学にはたくさんの準備が必要になり、大きく分けると2種類あります。 一つ目は、留学する前に「必ず必要な準備」です。 主にビザを申請する際や実際に現地で必要となる事務手続きに関わる準備です。 二つ目は、日本にいる間に「やってておいた方が良い準備」です。 こちらは、渡航後に現地で有意義な留学生活を送るために行う準備になります。 留学成功の鍵は渡航前の「やっておいた方が良い準備」 「必ず必要な準備」で一杯一杯になってしまい、「やっていた方が良い準備」に関しては、ほとんどの人が軽視しがちな傾向にあります。 渡航前にできる限りの準備を行うことで、留学へ出発する前の不安・悩みも軽減することができます。 この準備に多くの時間をかけることによって、留学生活をより有意義なものにすることができます。 なぜ「やっておいた方が良い準備」が大切なの? 渡航前行うことで留学へ出発する前の不安・悩みを軽減することができる「やっていた方が良い準備」。 ここでは、具体的な準備内容をみていきましょう。 留学に慣れるまでの時間が少なくなる 渡航前に最大限に「やっておいた方が良い準備」をすることで、現地に着いてからの生活スタートラインが全く変わってきます。 よく言われる慣れた頃に帰国しなければならない「留学」から、現地に着いてすぐに目標に向かって挑戦できる「留学」に変わります。 費用を抑えることができる 現地の多くの情報を渡航前に集め、滞在中の目標設定し、ある程度語学力をつけておくことで、無駄な費用を省くことができます。 その結果、全体の留学費用を抑えることにも繋がります。  留学のゴールがより高いところに設定できる 日本にいる間に「やっておいた方が良い準備」をすることで、留学に慣れるまでの時間が少なくなり、留学費用を抑えることで、その分の時間・費用をレベルアップのために使うことができます。 費用が抑えられ分、キャリアアップのためのビジネスコースに申し込む、また空いた時間を利用して、地元の人が行なっている活動に参加する、など様々な選択が広がり、留学のゴールが高いところに設定できるようになります。 留学前にやっておいた方が良い準備7選 「渡航前に基本的な英語力をつけておくこと」「留学の目標をしっかり持つこと」「料理・洗濯などの身の回りのことは自分でできるようしておくこと」などの「やっておいた方が良い準備」その他にもまだあります。 ここでは、留学経験者の声をまとめた7選をご紹介します。 本気で趣味に打ち込もう 語学学校や何かの機会の自己紹介で必ず聞かれるのが「趣味」です。 「趣味がない」=「人生に興味がない」「特にあなたと話したくない」と、他の国の人から捉えられてしまう可能性があります。 「趣味」は他者との会話のきっかけを作ることもできますし、また現地で地元の人と交流する機会も作ることができます。 そのため、今の時点で特に趣味はないという人であっても、音楽・映画・スポーツ・ゲームなど何か少しでも好きなことがあれば、少し掘り下げて「趣味」にしていきましょう。 日本にいる間に出来る限り趣味に本気で打ち込んでおくことも、留学のための準備になります。 何かにチャレンジしよう 期限の決められた留学生活を最大限に楽しむには、自主的に色々なことにチャレンジすることです。 しかし、海外で何かにチャレンジすることは勇気のいることです。 そのため日本にいる時から、少しずつ何かにチャレンジするということをしてみましょう。 その積み重ねと経験が渡航後の留学先でも必ず役に立ちます。 新しい出会いを積極的に経験しよう 留学はほとんどの人にとって「知ってる人がほとんどいない土地で暮らす」 ということになります。 そのため日本にいる時からできるだけ知らない人と話し、新しい出会いを積極的に経験しましょう。 この経験を積むことにより、渡航先でも初めて会う人とコミュニケーションを取ることが簡単になるでしょう。 海外の人とコミュニケーションをとる インターネットやイベントなどを通して、日本にいる間に海外の人とコミュニケーションを積極的にとってみましょう。 英語力が向上するだけでなく、色々な国の人の考え方・文化・風習など事前に触れておくことで、渡航後のクラスメートや現地の人とのコミュニケーションがとても取りやすくなるなります。 留学先でいきたい場所、やりたいことをリストアップしてみよう 海外生活は毎日色々なことが起こりとても刺激的ですが、その分気が付いたらもう帰国しなければならなず、留学中は結局何もできなかったという方も多くいます。 留学先でしか取れない資格を取る、ヨーロッパの国を全て回る、など日本にいる間に色々調べ、できるだけ多く「やりたいこと・行きたい場所」をリストアップしておくことも、有意義な留学生活を過ごすポイントになります。  留学後のキャリアを思い描いてみよう 渡航する前に考えておかなければならないのが「留学後はどうするか」ということです。 留学生活が始まってしまうと、学校の勉強や毎日の生活に追われてしまい、留学後のことを考える余裕がなくなってしまいます。 そのため、余裕のある留学準備の段階で、ある程度決めておくことが大切です。 帰国後の就職のためにビジネスコースを平行で受けたり、転職に必要な資格を留学中に取ったりと、留学後のキャリアをきちんと考えておくことで、留学の目的が自然とはっきりしてくるでしょう。 発信力を身につけよう 考え方・文化・価値観が異なる人々と一緒に学ぶことになる留学。 特に重要になってくるのが、自分自身の考え方を自分から発信するということです。 日本ではっきりものを言わなくても、なんとなく相手が察してくれるというのは、同じ文化ベースである日本人同士だからです。 海外では自分から何も言わなければ、当然ながら相手には何も伝わりません。 そのため 渡航前からできるだけ自分の意見や考えを、相手に伝える意識をしてみましょう。 日常生活から発信力を身につけるようにしましょう。 留学経験者の声 ここでは、3人の留学経験者に実際に現地で役立った「やっておいた方が良い留学の準備」ついて伺いました。 Aさん「事前に基礎英語力をつけておくのはとにかく大切」 仕事がサービス業で外国からの観光客の方も多く、英語が必要な状況の中、英語力の必要さを常に痛感していました。 そのため有給休暇を消化する際に、思い切って語学留学を決意しました。 2週間という短い期間だったので、時間の節約のため留学エージェントに語学学校選びから手続きまでを依頼しました。 その間に「やっておいた方が良い留学の準備」として、基礎英語の勉強に力を入れました。 それでも、留学先の学校では初級コースからのスタートでした。 最初は先生が言っていることが全く聞き取れす大変でしたが、先生がホワイトボードに書いた英語は理解していたので授業についていくことはできました。 一週間の授業を終え、耳が慣れてくると、語学学校の先生から「あなたは文法をきちんと理解しているから、来週から中級に行った方がいい」と言われました。 翌週から中級コースへ行くと、授業が会話中心に行われていました。 各自必ず発言する時間が設けられ、そこでかなり鍛えられました。 2週間というとても短い語学留学期間でしたが、基礎英語は身につけていたので、現地では聞くこと・話すことだけに集中でき、英語が上達したと感じました。 私のように短期留学の人は、留学準備事前に基礎英語力をつけておくことは大切です。 Bさん「サッカーを通してネイティブの友達ができた」 語学学校では色々な国の人と友達になりましたが、ネイティブと知り合う機会はありませんでした。 ある日、ホームステイ先の近くにあったサッカー場で試合があることを知り、観に行ってみました。 地元の人達のサッカーチームの試合で、色々な年齢層の人が参加していました。 サッカーの試合の後、チームの監督らしき人に、自分は高校・大学とサッカーをしてると話しかけてみると、アジア人が珍しかったらしく練習に参加していいと言われました。 その翌週から週に一回、地元の人達とサッカーをすることになりました。 練習の後の打ち上げは、毎回のようにパブにビールでした。 サッカーのおかげで地元の人達と仲良くなり、語学学校以外でも友達ができたのが留学生活の宝です。 Cさん「いきたい場所・やりたいことをリストを作ればよかった」 一年間の英語の勉強のため、イギリスに留学をしました。 留学を経験した人から「留学中は時間が早く過ぎるから、絶対行きたいところ・やりたいことのリストを作っておいたほうがいい」と言われていましたが、長期留学だから、現地に着いて生活に落ち着いてから考えればいいと思っていました。 ところが、留学が始まってから学校の勉強、途中で引っ越し、クラスメートと遊んだりで、気がついたら帰国まで残り3ヶ月! もちろん、帰国の準備などもあったので、慌ただしくロンドンに遊びに行ったり、またユーロスターでフランスのパリなどには行きました。 みんなが言うように、留学期間は本当にあっという間に終わってしまいました。 語学留学で得るものは多かったのですが、イギリスの立地を生かしヨーロッパ諸国をもっと回ることができたのに、と考えると少し残念です。 留学にチャレンジすると決めた日から準備をスタートしよう 「留学の準備をいつ始めたら良いか分からない」と考える人も多いようですが、留学準備はは留学をしてみたいと思ったその日から少しづつ始めることが大切です。 留学を実現・成功させるために行う準備ですが、以下のことを念頭に置くことが大切です。。 やっておいた方が準備が完璧になることはない やっておいた方が準備とは、渡航前の不安や悩みの解消、渡航後の現地生活をスムーズに送ること、そして帰国してから滞りなく就職することを目的とした準備です。 やっておいたことには越したことはありませんが、あくまでも「準備」なので、完璧にしようと神経質になりすぎる必要はありません。 準備期間は多ければ多い方が良い 留学の準備は「留学しよう」と思った時から始めることができます。 短期留学の場合、渡航の3、4ヶ月前から、学生ビザを申請しなければならない長期留学であれば、一年、遅くても半年から準備を行いましょう。 後悔しない留学生活を送るためには、準備期間が多ければ多いほど良いと考えておいてください。 一人で準備するのはかなり難しい 「必ず必要な準備」「やっておいた方が良い準備」と2種類の準備がありますが、いずれもやることが沢山あります。 特に初めて留学をされる方・忙しい社会人の方は、留学に対する情報をしっかり集めた上で留学カウンセラーにご相談することをお勧めします。 「必ず必要な準備」である学校の申し込み・宿泊先の手配・支払い等の手続きは留学エージェントを通すと間違いがなくスムーズに行え、時間の節約にもなり、その分「やっておいた方が良い準備」に集中することができます。 まとめ 留学には「必ず必要な準備」と「やってておいた方が良い準備」の2種類あります。 比較的「やってておいた方が良い準備」は軽視されがちですが、留学に慣れるまでの時間が短くすみ、留学費用を抑えることができるだけでなく、留学のゴールがより高いところに設定できるという利点があります。 3人の留学経験者の「やっておいた方が良い留学の準備」は語学力の向上・趣味を持つこと・いきたい場所、やりたいことをリストアップの必要性が実感できる他、「留学でやっておいたほうがいい7選」と合わせることで、より留学を成功に近づけさせる準備ができるでしょう。 準備にはできるだけ余裕を持って長い期間をかけましょう。 完璧にしようと神経質になる必要はありませんが、それでも全ての準備を一人こなすのは、難しいのが現実です。 留学カウンセラーに相談することにより、特に初めての方は手続き・手配のミスを防ぐことができ、また忙しい社会人は効率よく留学準備を進めることができます。

2021/05/30

留学に必ず必要な準備や手続き

留学をするには、事前の準備と多くの手続きを行わなければなりません。 ここでは留学を実現させるために必要な、基本的な準備や手続きを紹介します。 留学で必ず必要な準備や手続き 留学を実現させるために必要な準備や手続きは、みなさんが思う以上にたくさんあります。 まずは、準備の種類を把握しましょう。 留学準備には「必ず必要な準備」と「やっておいた方が良い準備」がある 留学準備には大きく分けて「必ず必要な準備」と「やっておいた方が良い準備」の2種類があります。 「必ず必要な準備」とは、ビザの申請や航空券の手配など渡航に必ず必要な準備や手続きのことです。 「留学前に準備しておいた方が良い準備」とは、有意義な留学生活を送るために渡航前に行う準備のことです。 いずれも有意義な留学生活を送るためにはとても大切な準備となります。 留学で必ず必要な準備とは? ここでは「留学に必ず必要な準備」の内容を具体的に見ていきましょう。 ビザの取得 海外へ渡航するためにはほとんどの国で「ビザ」の取得が必要です。 ビザの種類は国や滞在目的によって細かく分かれています。 ここでは主な留学で取得するビザのご紹介などをしていきます。 ビザとは? 「査証(さしょう)」とも言われるビザは、各国の在日大使館や在日領事館が発行する「入国許可証」の事です。 ビザを申請した人の必要書類や渡航歴、身元などを審査し、受け入れ国にとって問題が無い場合に「入国許可証」つまり「ビザ」が発行されます。 審査基準は、渡航先の法律に準じています。 ビザの種類 観光ビザ 観光目的で滞在するために取得するビザを「観光ビザ」と言います。 日本のパスポートはビザ免除協定により、規定期間内であればビザ無しで観光できる国が多数あります。 また同時に短期の留学もビザ無しで可能ですが、国によって就学の条件が決まっている場合があるので、事前に確認してみましょう。 一部の国では短期の滞在であっても観光ビザの取得が必要になります。 学生ビザ 就学を目的に滞在する場合に取得しなければならないビザが「学生ビザ」です。 ビザ免除国であってもビザ免除期間を超える場合は、学生ビザを申請しなければなりません。 国によっては政府認定の語学学校に入らなければ、学生ビザは取得できない場合があります。 そのため、学校選びは慎重に行いましょう。 また、学生ビザでもアルバイトが可能な国もあります。 ワーキングホリデービザ ワーキングホリデービザは、18歳から30歳(国によっては25歳)までの若者を対象とした、ワーキングホリデー制度を利用して滞在するために必要なビザです。 国によって就学期間や取得方法、渡航可能期間などが異なってきます。 また、全ての国でワーキングホリデービザの取得ができるわけではありません。 航空券の取得 短期滞在であっても長期滞在であっても、基本的に往復の航空券を購入しましょう。 国によっては長期滞在可能なビザを持っていても、往復の航空券を所持していなければ入国を拒否をされてしまう事もあります。 航空券には主に3種類あり、渡航前に帰国日を決めて購入する「フィックスチケット」、渡航後に帰国日を決めることができる「オープンチケット」、そして渡航前に帰国日を決めた後に渡航先で日程を変更できる「フィックス・オープンチケット」 があります。 保険の手続き 留学中の怪我や病気の治療費、また宿泊先で物を壊してしまった場合や他人に怪我を負わせてしまった場合などに発生する損害賠償に備え、留学保険やワーキングホリデー保険には必ず加入しましょう。 また学生ビザが必要ない短期留学でも留学保険と海外旅行保険の内容を比べて、自分滞在方法に合った保険に加入しましょう。 その他留学プランによっては日本でお手続きが必要となるもの 留学の目的はやプランは人それぞれです。 プランによって異なる「留学に必ず必要な準備」をご紹介していきます。 学校の入学手続き 学生ビザを申請される際に必ず必要になるのが、学校の入学手続きです。 国によっては政府が指定した学校でしか学生ビザの発行がされない場合がありますので、学校選びは慎重に行いましょう。 また学校によっては申し込み期間や入学日が決まっている場合もありますので、事前に確認する必要があります。 当然ながら申し込み用紙は基本的に現地の言葉で書いてあります。 内容をきっちり理解した上で入学申込書に記載しましょう。 滞在先の手配 留学での滞在方法は主にホームステイ、シェアハウス、学生寮の3つです。 ほとんどの留学生が渡航前に1ヶ月以上はホームステイや学生寮などの予約を行い渡航します。 こちらはご自身で手配をすることも可能ですが、一般的に留学エージェントにお手続きを任せする場合が多いです。 留学カウンセラーとしっかりと相談して留学前に滞在方法を決め、お手続きを済ませてから渡航をしていきましょう。 空港送迎 飛行機での長旅の後に、自力で宿泊先に向かうことは簡単ではありません。 特に慣れない土地に行かれる場合は、空港送迎サービスのご利用をお勧めします。 学校で空港送迎の手配を行っているところもあるので、申し込む前にきちんと調べてみましょう。 渡航のどのくらい前から準備を始めれば良いの? 各手続きに必要な準備期間の目安は以下の通りです。 ただし渡航先の情勢や夏休みなどのハイシーズン時には、さらに時間がかかる事があります。 渡航の準備は早めに行いましょう。 ビザ ビザの種類によって準備期間は大変異なりますので、事前に調べておく事が大切です。 観光ビザ 現時点でビザ免除協定国であっても、国交情勢によりビザが必要になる場合もあります。 基本的には申請から営業日5日から10日で観光ビザを取得することができます。 中には1ヶ月くらいかかる国もあるので、渡航先を選んだら遅くとも2ヶ月前には観光ビザ申請の有無を確認しましょう。 学生ビザ 必要書類審査に加え、面談や試験を受けなければならない国もあります。 そのため学生ビザの取得までに1ヶ月〜3ヶ月ほど見ておいたほうがよいでしょう。 余裕を持って3~4ヶ月前から申請をすることをおすすめします。 遅くても2ヶ月前から準備をしていきましょう。 ワーキングホリデービザ ワーキングホリデービザ取得までに1~3ヶ月程度かかります。 また、ビザ申請の前に抽選などを行う国もありますので1年〜半年前からビザの取得を頭において留学計画を立てるようにしましょう。 航空券の取得 学校の入学手続きが完了しビザの取得ができたら航空券の取得をしていきましょう。 航空券は早めに取れば費用を抑えることができるのでなるべく早めの取得をおすすめします。 また、夏休みなどのハイシーズンの場合はチケットが取りにくく値段が上がるので、早めに渡航日の設定をし、留学計画をたててチケットの取得をしていきましょう。 保険の手続き 保険会社によっては、出発の3ヶ月前にならなければ加入できない所もあります。 目安としては、渡航の1ヵ月前くらいに保険に加入しておきましょう。 場合によってはビザ申請時に保険の加入を義務付けているケースもあるので、希望するビザの申請条件にきちんと目を通しておきましょう。 学校の入学手続き ビザのいらないであれば短期留学渡航予定の2、3ヶ月前に入学手続きをすることをおすすめします。 長期留学の場合は学生ビザの申請もあるので、余裕を持って3~4ヶ月前には入学手続きをすることをおすすめします。 遅くても2ヶ月前には手続きを済ませておきましょう。 滞在先の手配 こちらは学校の入学手続きと同じタイミングで手配を行いましょう。 夏休みなど留学生が多い時期は、ホームステイやアパートが一杯になってしまう場合があるので、早めに滞在先の手配をしていきましょう。 空港送迎 語学学校によっては、空港送迎の手配をしてくれるサービスもあります。 入学の申し込みをする際に、同時に手配してもらいましょう。 また、個人で手配する場合はハイシーズンであれば到着日の1ヶ月前、オフシーズンでも2週間前には行いましょう。 留学エージェントにサポートしてもらおう 以上のように、留学の準備や手続きはたくさんあります。 個人での手配も可能ですが、書類が足りなかったり送金ミスなどにより、ビザ申請時や現地でトラブルになるケースもあります。 特に初めての方や一人で準備をするのが不安な方は、事前に留学エージェントに頼んで手続きを行うことをお勧めします。 また、留学エージェントを利用することで手続きの手間が省け、「やっておいた方が良い留学準備」に多くの時間を使うことができます。 留学エージェントをうまく利用し、充実した留学生活を送れるように準備をしていきましょう。 まとめ 留学を実現させるには、事前の準備と多くの手続きが必要です。 そのため「必ず必要な準備」と「やっておいた方が良い準備」をきちんと把握しましょう。 ほとんどの留学生が1年前から遅くても半年前には留学準備を始めます。 「必ず必要な準備」は留学エージェントを利用すれば3〜4ヶ月程度で完了することができますが、「やっておいた方が良い準備」は早くやればやるほど留学の充実度が違ってきます。 留学準備はできるだけ早めに、余裕を持って行うようにしましょう。 また、初めて留学される方や一人で準備をするのが不安な方は、事前に留学エージェントに頼んで手続きを行うことをお勧めします。

2021/05/30

CA留学が可能な主要国一覧

費用について

Q&A

CA留学の基礎知識

BLOG

CA留学のブログ

エミレーツ航空に採用される英語力はどれくらい?CA採用試験で重視される英語力を解説

外資系CAの就職先として人気の高い「エミレーツ航空」。エミレーツ航空は、中東最大規模のグローバルな航空会社のため、高い英語力が求められます。 とはいえ、「どれくらいの英語力が必要なの?」と悩んでいる方も多いでしょう。 そこでこの記事では、エミレーツ航空が求める英語力やCA採用試験で重視される英語力を紹介します。英語力が身につく効果的な方法もお届けするので、最後まで読んで参考にしてください。 エミレーツ航空が求める英語力 エミレーツ航空のCAになるためには、英語が堪能であることが求められます。「英語が堪能」とは、やや抽象的な表現ですが、外国人旅客や現地クルーが言っていることを正確に理解して、自分の言いたいことを英語で伝えられるレベルです。問題なく乗務を遂行できる英語力とも言い換えられます。 ほかの航空会社が設定しているTOEICの点数に置き換えると、700点〜900点程度のレベルは取得しておいたほうがよいでしょう。とはいえ、エミレーツ航空におけるTOEICの点数はあくまでも一つの目安です。 エミレーツ航空の日本人CAとして採用された場合は、日本路線だけではなく、すべての路線に乗務する必要があります。まずは、入社後に行われる英語でのトレーニングについていけるレベルの英語力を目指しましょう。 エミレーツ航空のCA採用試験で重視される英語力 英語が堪能であることが応募資格になっているエミレーツ航空ですが、実際の採用試験ではどのように英語力をはかられるのでしょうか。 ここでは、エミレーツ航空のCA採用試験で重視される英語力を、選考ごとに解説します。 エミレーツ航空のCA募集要項や採用試験の流れについては、以下の記事で詳しくまとめています。 ※ なお、採用試験の流れは変更になる場合がありますので、エミレーツ航空の公式サイトより最新情報をご確認ください。 書類選考 まず、書類選考では、質問に対して正確に英語で回答できているのかを見られます。 提出するアプリケーションフォームの内容は以下のとおりです。 個人情報(名前・性別・生年月日・年齢・国籍・連絡先・住所・身長・体重など) スキルや資格 経歴 海外経験 学歴 自身についての情報を回答するだけなので、難しい内容ではありません。簡単なライティングテストのイメージです。しかし、スペルミスや文法の間違い、入力漏れがないように、ダブルチェックをしてから提出しましょう。 1次面接 「イニシャル・スクリーニング」と呼ばれる1次面接では、英語で簡単な自己紹介や受け答えができるかがポイントです。 過去には、数行のセンテンスが書かれたカードを渡されて、要約するテストも実施されました。 簡単な英語で問題ないので、正確に物事を伝えられる英語力が重要です。自分の言いたいことを瞬時に英語にできるよう、日頃から練習しておきましょう。 2次面接 2次面接では、ほかの受験者とペアを組み、与えられた話題について議論をします。その後、話し合った内容や結論などを会場で発表する流れです。 自分の意見をきちんと英語で伝えられるか、相手とスムーズな意思疎通がとれているかがポイントです。自分の意見を述べるときに使うフレーズや、相手の意見を聞き出すときに使うフレーズなどを何パターンか用意しておくとよいでしょう。 3次面接 3次面接では、グループディスカッションが行われます。2次面接のペアワーク同様に、与えられた話題について今度は複数人のグループで議論をして、導き出した結論を面接官に発表する流れです。 自分の意見を英語で論理的に話せることももちろん大切ですが、グループディスカッションでは協調性がより重視されます。定刻に飛行機を1便飛ばすためには、整備士や空港スタッフ、客室乗務員、パイロットなど、さまざまな人とのチームワークが欠かせません。 そのため、グループディスカッション中は適度なあいづちや話を振るなど、議論がスムーズに進むような気遣いが評価されると考えられます。話を展開する英語のフレーズをいくつか覚えておくと安心です。 最終選考 最終選考は、オンラインで行われるビデオインタビューです。過去の経歴や海外経験、今やっている仕事などについて詳しく質問されます。 回答に対してさらに深掘りした質問が投げかけられるので、質問の意図を汲み取り、正確な英語で論理的に答えましょう。どの質問に対しても、あきらめずに伝えようとする姿勢が大切です。 また、淡々と回答するのではなく、表情や適度なジェスチャーなどを取り入れて、生き生きと話せるとなお良いです。 ※その年によって試験内容等変わる場合がございます 【エミレーツ航空の採用試験でも有利】CA留学は英語力が身につく効果的な方法 エミレーツ航空のCA採用試験に合格するためには、どのような方法で英語力を高めればよいのでしょうか。結論から述べると、海外のエアラインスクールに留学する「CA留学」が効果的です。 CA留学の特徴や魅力、おすすめの国やプログラムについては、以下の記事で詳しくまとめています。 https://bokuryuu.com/ca-ryugaku/ ここでは、英語力が身につく効果的な方法としてCA留学がおすすめの理由を詳しく解説します。 CAに必要なスキルや実務を英語で学べる 海外のエアラインスクールでは、講義のほとんどが英語で行われています。要するに、CAに必要なスキルや実務を英語で学べるのです。これらのスキルは、倍率の高いエミレーツ航空の採用試験において有利に働きます。 日本でCAを目指す場合、CAの専門スキルと英語は別々に勉強するのが一般的です。そのため、手間や時間がかかるのが否めません。 CAの即戦力として働ける力と英語力を同時に養いたいのなら、CA留学を選ぶのも一つの手段です。 実際の採用試験を想定した面接対策ができる 海外のエアラインスクールには、航空業界出身の講師や実際に面接官をしていた講師が多く在籍しています。そのため、実際の採用試験を想定した本格的な面接対策や的確な指導を受けられるのです。 エミレーツ航空は面接の回数が多いので、手厚い面接指導が受けられる海外のエアラインスクールがおすすめです。 英語でのコミュニケーション力が高まる CA留学をすれば、英語でのコミュニケーション力が高まります。海外のエアラインスクールには世界中から生徒が集まるので、英語を使ったコミュニケーションがメインです。 海外のエアラインスクールの環境は、多国籍な従業員が働いているエミレーツ航空の環境に近しいものがあります。文化、習慣、宗教の異なるバックグラウンドを持つ人たちとの交流を通じて、エミレーツ航空が重視している「異文化理解力」や「英語でのコミュニケーション力」を高められるでしょう。 まとめ【英語力を高めてエミレーツ航空の採用試験にのぞもう】 この記事では、エミレーツ航空が求める英語力やCA採用試験で重視される英語力、英語力が身につく効果的な方法を紹介しました。 エミレーツ航空のCAになるためには、英語が堪能であることが求められます。 具体的にまとめると、 外国人旅客や現地クルーが言っていることを正確に理解できる 自分の言いたいことを英語で伝えられる 問題なく乗務を遂行できる 入社後のトレーニングについていける などのレベルが基準です。 エミレーツ航空の採用試験では、正確な英語で論理的に自分の意見を伝えられるかが重視されます。 倍率の高いエミレーツ航空の採用試験を通過するには、航空業界の専門知識と同時に英語力を身につけられる「CA留学」が効果的です。 英語力を高めて、エミレーツ航空の採用試験にのぞみましょう。 CA留学の特徴や魅力、おすすめの国やプログラムについては、以下の記事で詳しくまとめています。 https://bokuryuu.com/ca-ryugaku/

2022/08/02

エアラインスクールの学費はどのくらい?相場や注意すべきポイントを徹底解説!

航空業界の就活対策を専門に行う「エアラインスクール」。航空業界の知識や実務などを広く学べます。 とはいえ、CAを目指すためにエアラインスクールに通いたいものの、「どのくらい学費がかかるの?」と不安に思っている方も多いでしょう。 そこでこの記事では、エアラインスクールの学費相場や学費で注意すべきポイントを紹介します。これからエアラインスクールに通おうと思っている方は、最後まで読んで参考にしてください。 エアラインスクールのCAコースの種類 エアラインスクールの学費相場は、受講するコースによって大きく異なります。学費の相場の前に、大まかなCAコースの種類を把握しておきましょう。 エアラインスクールのCAコースには、以下のような種類があります。 国内CA受験対策コース: 日系航空会社への就職を目指したコース 講義内容:一般教養、マナー、書類添削、面接対策、英語など 外資系CA受験対策コース: 外資系航空会社への就職を目指したコース 講義内容:マナー、実務、書類添削、英語面接対策など プライベートコース: マンツーマンで講義が受けられるコース 講義内容:一般教養、マナー、書類添削、面接対策、英語など オプションコース: TOEICの試験対策やインターンシップの準備などをメインに行うコース 講義内容:TOEIC対策など なお、エアラインスクールによってコース名やコースの種類、講義内容は異なります。それぞれの特徴を知ったうえで、自分に合ったコースを選択しましょう。 エアラインスクールの学費相場 エアラインスクールに通うとなると、どれくらいの学費がかかるのでしょうか。 結論から述べると、一般的なCA受験対策コースを受講した場合は30万〜40万円程度が相場です。ただし、受講期間やコースによっても費用は大きく変動するため、一概にはいえません。 ここでは、エアラインスクールの学費相場を 一般的なCA受験対策コース プライベートCA受験対策コース オプションコース の3つに分けて解説します。 エアラインスクールを選ぶ際の一つの基準として、参考にしてみてください。 一般的なCA受験対策コースの学費 一般的なCA受験対策コースの学費は、基本的に「入学金+授業料+諸経費(テキスト代など)」で決まります。 一般的なCA受験対策コースの学費相場は、以下のとおりです。 入学金: 22,000円〜55,000円 授業料: 150,000円〜415,000円 諸経費(テキスト代など): 30,000円〜 ※上記は相場となります。学費の詳細は入会予定のエアラインスクールにご確認ください。 上記のほか、TOEIC対策講座やインターンシップ準備講座などのオプションコースに受講する場合は、別途費用が発生するのが一般的です。一方で、キャンペーンや各種割引、免除制度を利用できる場合は、上記の料金に割引が適用されます。 プライベートCA受験対策コースの学費 プライベートCA受験対策コースの学費も、グループ講義と同様に「入学金+授業料+諸経費(テキスト代など)」で決まります。 プライベートCA受験対策コースの学費の相場は、以下のとおりです。 入学金: 22,000円〜55,000円 授業料: 380,000円〜415,000円 諸経費(テキスト代など): 30,000円〜 ※上記は相場となります。学費の詳細は入会予定のエアラインスクールにご確認ください。 プライベートCA受験対策コースの場合、グループ講義よりも手厚いサポートが受けられるため、その分学費は割高になります。手厚いサポートを受けたい方や、集中して講義を受けたい方には向いています。 オプションコースの学費 オプションコースの学費も、基本的には「入学金+授業料+諸経費(テキスト代など)」で決まります。 オプションコースコースの学費の相場は、以下のとおりです。 入学金: 22,000円〜55,000円 授業料: 80,000円〜190,000円 諸経費(テキスト代など): 20,000円〜 ※上記は相場となります。学費の詳細は入会予定のエアラインスクールにご確認ください。 一般的な受験対策コースに英語の講義が含まれているスクールも多いですが、TOEICなど専門的な対策を希望する場合は、別途費用がかかるのが一般的です。 エアラインスクールの学費で注意すべきポイント3つ エアラインスクールの学費で、注意すべきポイントは以下の3つです。 授業料以外にかかる費用を事前に確認する 適正料金か確認する 受講期間や講座回数を確認する ここでは、エアラインスクールの学費で注意すべきポイントを1つずつ解説します。 授業料以外にかかる費用を事前に確認する エアラインスクールは、授業料のほかに入学金や教材費などがかかるのが一般的です。 授業料だけしか把握していないと、「実際に入学してみたら、予想よりも高額だった」と後悔しかねません。そんな事態を避けるためにも、授業料以外にかかる費用を事前に確認しておきましょう。 適正料金か確認する 学費が相場から逸脱していないか、確認しましょう。相場を大きく上回る場合は、悪質なスクールの可能性があります。 ぼったくり被害に遭わないためにも、あらかじめ適正料金を把握しておくことが大切です。また、実際に通っている生徒の口コミや評判なども入念にリサーチしておきましょう。 受講期間や講座回数を確認する エアラインスクールの学費を比較する際は、受講期間や講座回数を確認しましょう。コースごとに受講期間や講座回数が決められているので、講座1回あたりの料金が一つの基準になります。 エアラインスクールを選ぶ際は学費だけを注視しがちですが、額面だけではなく受講期間や講義回数を考慮したうえで、最も通う価値が大きいスクールを選びましょう。 なお、エアラインスクール選びのポイントについては、以下の記事で詳しくまとめています。 https://bokuryuu.com/when-is-the-best-time-to-join-airline-school/ まとめ【エアラインスクールの学費は受講コースによって大きく違う】 この記事では、エアラインスクールの学費相場や学費で注意すべきポイントを紹介しました。 エアラインスクールの一般的なCA受験対策コースを受講した場合、学費は30万〜40万円程度が相場です。ただし、受講期間やコースによって費用は大きく変動します。 エアラインスクールは、授業料以外に入学金や諸経費がかかるのが一般的です。学費の相場を把握しておけば、適正料金かどうか判断できます。また、学費だけではなく、受講期間や講座回数も要チェックです。 ぼくらの留学のおすすめプログラム:学費を抑えるなら「クルーラウンジ」がおすすめ 学費を抑えて、CAになるための専門知識と実務を身につけるなら、マレーシアにある外資系専門エアラインスクール「クルーラウンジ(Crew Lounge)」のCA留学プログラムがおすすめです。 「CA留学」については、以下の記事で詳しくまとめています。 https://bokuryuu.com/ca-ryugaku/ 「留学」と聞くと、費用面でハードルが高いと思っている方も多いでしょう。しかし、クルーラウンジのCA留学の学費はプログラムの特性上、日本のエアライン専門スクールに通うよりも費用を安く抑えられる可能性が高いです。 留学エージェント「ぼくらの留学」はクルーラウンジと提携し、CAを目指しているみなさんの夢をかなえるため全力でサポートを行っています。 クルーラウンジのCA留学プログラムに興味を持った方は、ぜひこの機会に一度お気軽にお問い合わせください! https://bokuryuu.com/what-about-crew-lounge/

2022/08/02

社会人向けのエアラインスクールの特徴!効率良くCAを目指す方法も解説

学生の頃に一旦はあきらめた、CAになる夢。その夢をあきらめきれず、「エアラインスクールに通ってもう一度CAになる夢をかなえたい」と思っている社会人の方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、社会人向けのエアラインスクールの特徴や、効率良くCAを目指す方法を紹介します。 この記事を読めば、時間が限られている社会人の方でも、無理なくCAを目指せる方法がわかります。 航空会社のCA採用で社会人の需要がある理由 国内外問わず、航空会社のCA採用では社会人の需要があります。理由としては、CAの年齢制限を設けていない航空会社や、社会人経験のある人を評価している航空会社が増えているからです。 ここでは、航空会社のCA採用で社会人の需要がある理由を詳しく紹介します。 CAの年齢制限を設けていない航空会社が増えている かつては「CAになれるのは20代まで」といった風潮があり、中途採用でCAを目指すのは現実的ではありませんでした。 しかし、近年ではCAの年齢制限を引き上げる航空会社や、年齢制限を撤廃する航空会社が増えてきています。それに伴い、30代でCAになる人も増加傾向にあります。 以上のことから年齢をマイナスに捉えず、「社会人経験がある」ことを自分の強みに変えてCA採用試験にチャレンジしましょう。 航空会社は社会人経験のある人を評価している 多くの航空会社は、業界問わず社会人経験のある人を評価しています。社会人としての基礎が備わった人材は即戦力として安心して仕事を任せられるからです。 特に、外資系航空会社では日系航空会社のような「新入社員を一から育てる」といった考え方はなく、即戦力としてCAを採用しています。航空会社によっては、「社会人経験」を採用の条件としているケースも少なくありません。 つまり、すでにキャリアがある社会人は、外資系航空会社との相性が良いといえます。 社会人向けのエアラインスクールの特徴 毎日の仕事や家事などを抱えている社会人は、学生の頃よりも時間的制約が多いものです。エアラインスクールに通いたいものの、通い続けられるか不安に思っている方もいるでしょう。 社会人の方が無理なくエアラインスクールに通うためには、以下のような特徴のあるスクールを選ぶと良いです。 講義スケジュールの調整がしやすいスクール 短期間でCAに必要なスキルや実務を学べるスクール 航空会社とコネクションが強いスクール ここでは、社会人向けのエアラインスクールの特徴を詳しく紹介します。 講義スケジュールの調整がしやすいスクール 社会人の方は、講義スケジュールの調整がしやすいエアラインスクールを選びましょう。自分のペースで無理のない範囲で通えるので、時間的制約のある社会人の方に最適です。 たとえば、夜間や土日に講義を行っているスクールであれば、日中は会社員として働いている方でも仕事がない日時に無理なく通えます。振替講義を受けられるスクールであれば、急用や体調不良で講義を休まざるを得ないときでも安心です。 短期間でCAに必要なスキルや実務を学べるスクール 時間が限られている社会人の方には、短期間でCAに必要なスキルや実務を学べるエアラインスクールが向いています。社会人の方はすでに社会経験とキャリアがあるので、集中的に航空業界の専門知識と実務を学べるスクールであれば、長期間通う必要はありません。 習得スピードには個人差がありますが、1年程度のエアラインスクールのプログラムに参加すれば、CAに必要なスキルや実務は身につきます。 航空会社とコネクションが強いスクール 航空会社とコネクションが強いエアラインスクールを選ぶのも手です。CAを目指しやすい制度や環境が整っています。 たとえば、航空会社への推薦枠を持っているスクールや、航空会社へのインターンシップをプログラムに組み込んでいるスクールなどがあります。 航空会社と密に連携しているエアラインスクールは、CAになるチャンスをよりつかみやすいのが魅力です。 社会人が効率良くCAを目指すなら外資系エアラインスクールがおすすめ 社会人の方が効率良くCAを目指すなら、「留学」という形で外資系エアラインスクールに通うのも一つの手段です。 ここでは、社会人の方に外資系エアラインスクールがおすすめの理由を詳しく紹介します。忙しい社会人だからこそ、最短距離でCAを目指しましょう。 必然的に英語力が高まる 外資系エアラインスクールに留学として通う場合、必然的に語学力が高まるでしょう。基本講義は英語で行われるので、英語漬けの環境に身を置けます。 国際線CAや外資系CAになるには、英語が堪能であることが求められます。とはいえ、英語を勉強する時間が限られている社会人の方も少なくありません。 しかし、外資系エアラインスクールであれば、CAに必要なスキルや実務を英語で学べるので一石二鳥です。 CAになるチャンスをつかみやすい 外資系エアラインスクールは航空会社とのつながりが強い傾向にあり、CAになるチャンスをつかみやすい環境です。 たとえば、航空会社へのインターンシップや、スクール内で航空会社の採用担当者との面接を実施しているエアラインスクールもあります。つまり、在学中にその場で採用が決まる可能性があるのです。 CAへの就職率が高い 外資系エアラインスクールは、CAへの就職率が高いのが特徴です。実際、生徒の80%以上が一流の航空会社に就職しているスクールもあります。一方で、日本でCAになるためには高倍率の採用試験に合格する必要があり、CAへの就職率は高いとはいえません。 しかし、海外に目を向ければ、日本人CAを求めている航空会社はたくさんあります。CAになる道は国内だけではないので、世界にも視野を広げましょう。 CAを目指すための「留学」については、以下の記事で詳しくまとめています。 https://bokuryuu.com/ca-ryugaku/#CA まとめ【社会人は外資系エアラインスクールとの相性が良い 】 この記事では、社会人向けのエアラインスクールの特徴や、効率良くCAを目指す方法を紹介しました。 国内外問わず、航空会社のCA採用では社会人の需要が高まっています。年齢をマイナスに捉えず、「社会人経験がある」ことを自分の強みに変えてCA採用試験にチャレンジしましょう。 社会人の方が効率良くCAを目指すなら、外資系エアラインスクールがおすすめです。短期間で集中的にCAに必要なスキルや実務を学べるうえに、CAになるチャンスをつかみやすい環境が整っています。 時間が限られている社会人だからこそ、効率の良い方法で憧れのCAになる夢をかなえましょう。 ぼくらの留学のおすすめプログラム 留学エージェント「ぼくらの留学」では、マレーシアにある外資系専門エアラインスクールのクルーラウンジ(Crew Lounge)と提携し、CAになるための留学サポートをスタートしました。 クルーラウンジの生徒の8割以上が、一流の航空会社のCAに就職しています。クルーラウンジのCA留学プログラムの詳細は、以下の記事をご参考ください。 https://bokuryuu.com/what-about-crew-lounge/ 「アジアNo.1のCA留学プログラム」を提供するクルーラウンジで、CAになる夢をかなえるお手伝いをします! オンライン無料説明会は、「ぼくらの留学公式LINE@」にて24時間ご予約を受け付けております。経験豊富なカウンセラーが対応いたしますので、お気軽にご相談ください!

2022/08/02

CA留学で憧れの客室乗務員になる夢を実現しよう!おすすめの国やプログラムも紹介

本気でCAを目指すなら、「留学しておいたほうが有利なのかな?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。確かにCAになるには、語学力や海外経験があるに越したことはありません。 ただし、語学留学を経験している人はたくさんいるので、それだけで差別化するのは難しいでしょう。憧れのCAになる夢をかなえるためには、CA業務に活かせる専門知識や実務を習得できる「CA留学」がおすすめです。 そこでこの記事では、CA留学の特徴や魅力、おすすめの国やプログラムを紹介します。世界で活躍するCAになりたい方は、最後まで読んで参考にしてください。 CA留学とは? CA留学とは、その名のとおり「CAになるために留学すること」を指します。日本だけでなく、海外でもCAになるための準備や勉強は可能です。 ここでは、CA留学の特徴を詳しく紹介します。 CA業務に必要な専門知識や実務を学べる CA留学では、現地のエアライン専門学校やエアラインスクールなどに通い、CA業務に必要な専門知識や実務を実践的に学びます。 課外授業や航空会社へのインターンシップなどが留学プログラムに組み込まれているスクールもあり、CAの即戦力として働ける力を養えるのが特徴です。 語学力の向上が期待できる 英語圏のスクールにCA留学すれば、英語漬けの環境に身を置けるため、語学力の向上も期待できます。海外のエアライン専門学校やエアラインスクールでは、基本英語で授業が行われており、必然的に語学力が鍛えられるでしょう。 CA留学は、客室乗務員に必要なスキルや実務を英語で学べるので一石二鳥です。 国際感覚が身につく 海外のエアライン専門学校やエアラインスクールには、世界中からCAを目指している同志が集まります。異なるバックグラウンドを持った人々と交流するなかで、国際感覚が身につくでしょう。 CA留学の経験を通じて身につく異文化理解力やコミュニケーション力は、国際線CAや外資系CAに求められる能力です。 CA留学の魅力 そもそも、CA留学の魅力とは何なのでしょうか。結論から述べると、CA留学は客室乗務員を目指しやすい環境が整っていることが魅力です。 ここでは、CA留学の魅力を詳しく紹介します。 費用を安く抑えられる 「留学」と聞くと、費用面でハードルが高いと思っている方も多いでしょう。しかし、CA留学は日本の大学や専門学校よりも授業料が安い傾向にあるので安心してください。 現地までの渡航費用は発生するものの、留学中の生活費を含めて日本の学校に通うよりもトータル費用を安く抑えられます。CA留学は費用を最小限に抑えつつも、質の高い授業が受けられるのが魅力です。 CAへの就職率が高い CA留学プログラムを実施している海外スクールは、CAへの就職率が高いのが特徴です。実際、生徒の80%以上が一流の航空会社に就職しているエアラインスクールもあります。一方、日本でCAになるためには高倍率の採用試験に合格する必要があり、残念ながらCAへの就職率はそう高くはありません。 しかし、海外に目を向けると、日本人のCAを求めている外資系航空会社がたくさんあります。まだCA留学の存在を知らない日本人は多いので、早めに行動すればCAになるチャンスをつかめる確率が高まるでしょう。 CAになるためのチャンスをつかみやすい CA留学プログラムを実施している海外の専門学校やエアラインスクールは、航空会社とのコネクションが強く、CAになるためのチャンスをつかみやすい環境です。 たとえば、航空会社の採用担当者自らが出向き、スクール内でそのまま面接を行う「インハウスインタビュー」を実施しています。そのため、在学中にその場で採用が決まる可能性が大いにあるのです。 世界で通用する資格を取得できる CA留学プログラムでは、CAになるための知識や実務を習得して終わりではありません。 無事CA留学プログラムを修了すると、世界で通用する資格や一生使える資格を取得できます。これらの資格は、CAの即戦力として業務に貢献できる力があることを証明する際に役立つでしょう。 CA留学するならマレーシアがおすすめな理由 CA留学するなら、どこの国に行くのがよいのでしょうか。結論を述べると、マレーシアがおすすめです。 ここでは、CA留学するならマレーシアがおすすめな理由を詳しく紹介します。 英語圏だから語学力を鍛えられる マレーシアでは、準公用語として英語が使われています。つまり、アジアにいながら英語を使う機会が多くあるのです。 エアライン専門学校やエアラインスクールなどの教育現場においても、英語が使用されているので語学力を鍛えられます。 多民族国家のため異文化コミュニケーション力がつく マレーシアは多民族国家のため、さまざまなバックグラウンドを持った人々が集まります。そのような環境で生活し、海外の人と交流していくなかで、自然と異文化コミュニケーション力がつくでしょう。 教育水準が高い マレーシアは、教育水準の高い国の一つです。その高い教育レベルが世界に認められ、多くのマレーシアの大学は欧米の名門大学と提携して編入学制度を設けています。 エアライン系のスクールにおいては、航空業界出身の運営者や講師が多く在籍しているので、質の高い授業や手厚い就職活動のサポートが期待できるでしょう。 生活費が安い マレーシアは物価が日本よりも安いので、生活費や学費を安く抑えられます。費用がネックで留学を諦めかけていた方でも、客室乗務員を目指したCA留学にチャレンジしやすい国です。 「アジアNo.1のCA留学プログラム」を提供するクルーラウンジ(Crew Lounge) CA留学するなら、マレーシアにある外資系専門エアラインスクールの「クルーラウンジ(Crew Lounge)」がおすすめです。 クルーラウンジは、世界の航空ルールを決めている国際団体「IATA」の認定校で、非常に信頼の高いエアラインスクールです。世界トップクラスの航空会社とコネクションが強く、スクールを運営しているのは航空業界出身のスペシャリストたち。 クルーラウンジは圧倒的なCAへの就職率を誇り、生徒の80%以上が世界トップクラスの航空会社に就職しています。 クルーラウンジの強みや概要、CA留学プログラムの魅力については、以下の記事を参考にしてください。 https://bokuryuu.com/what-about-crew-lounge/   実際にクルーラウンジに通っている生徒の体験談は、以下の記事でまとめています。 https://bokuryuu.com/experience/7548/ https://bokuryuu.com/experience/7549/ https://bokuryuu.com/experience/7905/ まとめ【CA留学で憧れの客室乗務員になる夢をかなえよう】 この記事では、CA留学の特徴や魅力、おすすめの国やプログラムを紹介しました。 CA留学とは、海外のエアラインスクールなどで「CA業務に必要な専門知識や実務を学べるプログラム」のことです。CA留学を通じて習得できる語学力や国際感覚は、CA業務で十分に活かせるでしょう。 CA留学するなら、費用を抑えつつも質の高い授業が受けられるマレーシアがおすすめです。 留学エージェント「ぼくらの留学」では、マレーシアにある外資系専門エアラインスクールのクルーラウンジ(Crew Lounge)と提携し、CAになるための留学サポートをスタートしました。 一流航空会社への高い就職率を誇るクルーラウンジで、CAになる夢をかなえるお手伝いをします! オンライン無料説明会は、「ぼくらの留学公式LINE@」にて24時間ご予約を受け付けております。経験豊富なカウンセラーが対応いたしますので、お気軽にご相談ください!

2022/07/14

いつからエアラインスクールに通うべき?入学までの流れやスクール選びのポイントを解説!

航空業界の就活対策を専門に行う「エアラインスクール」。客室乗務員やグランドスタッフになる夢をかなえるため、これからエアラインスクールに通いたいと思っている方もいるでしょう。 とはいえ、「いつから通うべきなの?」と悩んでいる方もいるはずです。 そこでこの記事では、いつからエアラインスクールに通うべきかや、エアラインスクールに入学するまでの流れとスクール選びのポイントを紹介します。航空会社への就職を志している方は、最後まで読んで参考にしてください。 エアラインスクールとは? エアラインスクールは、「航空業界の就活対策を専門に行うスクール」です。航空業界への就職を目指している就活生を合格まで導くサポートを行っています。 航空業界は非常に人気の高い業界のため、採用試験は毎年高倍率です。そのため、専門的な対策を実施しているエアラインスクールに通う就活生は少なくありません。 ここでは、エアラインスクールで学べることや、スクールの種類を詳しく紹介します。 エアラインスクールで学べること 以下は、エアラインスクールで実施されている講義や就活対策の一例です。 企業研究や進路相談 エントリーシートや履歴書の書き方・添削 面接対策 グループディスカッション対策 筆記試験対策 TOEIC対策 所作やマナー講習 言葉遣いや発声練習 身だしなみ指導 など エアラインスクールでは、航空業界の採用基準で必要となるポイントを押さえた指導を受けられたり、実践スキルを習得できたりします。エアラインスクールに通えば、航空業界に必ず就職できるわけではありませんが、採用試験において有利になる可能性は高いです。 エアラインスクールの種類 ひとくちにエアラインスクールといっても、さまざまな種類のスクールがあります。エアラインスクールによって通う期間や講義内容が異なるので、それぞれの特徴を把握したうえで自分に合ったスクールを選びましょう。 エアラインスクールの主な種類と特徴は、以下のとおりです。 個人のエアラインスクール 少人数制 生徒一人ひとりに合わせた指導をしてくれる 講師と生徒の距離が近い 全国展開型のエアラインスクール 知名度がある 過去の実績が豊富 過去の試験の情報が豊富 英会話スクール系のエアラインスクール 外資系航空会社の就活対策に強い 英語面接の対策が充実している 航空会社が運営しているエアラインスクール 現役のキャビンアテンダントなどの指導を受けられる 最新の航空業界の情報をキャッチしやすい環境 航空会社の推薦制度あり 外資系エアラインスクール 外資系エアライン専門 航空業界の実践的な講義を受けられる 費用を安く抑えられる エアラインスクールによって強みが異なるので、自分の重視したい基準をもとにスクールを選ぶのが大切です。 いつからエアラインスクールに通うべき?【早めの対策が必要】 いつからエアラインスクールに通うべきか、悩んでいる方もいるでしょう。 結論から述べると、航空業界は競争倍率が高いため、早めの対策が必要になってきます。学生であれば、大学2年生〜3年生にかけてエアラインスクールに入学するのが一般的です。 とはいえ、多くのエアラインスクールは学年や年齢の制限を設けていないので、「航空業界で働きたい」と思った段階で通い始めるのがベストなタイミングです。エアラインスクールの講義内容は習得すべきことが多いので、入学時期は早いに越したことはありません。 エアラインスクールに通うタイミングと採用試験までのルート 状況によってエアラインスクールに通うタイミングや、採用試験までのルートは異なります。 ここでは、高校生・大学生・社会人別に、エアラインスクールに通うタイミングと採用試験までのルートを紹介します。自分の状況に合ったタイミングで、エアラインスクールに通いましょう。 高校生 以下は、高校生のエアラインスクールに通うタイミングと、採用試験までのルートの一例です。 エアラインスクールの航空業界ガイダンスなどに参加 ↓ 短大・大学に入学 ↓ エアラインスクールの無料セミナーや体験レッスンに参加 ↓ エアラインスクールに入学 ↓ 航空会社のインターンシップに参加 ↓ 大学3・4年生へ進級 ↓ エアラインスクールの就活対策コースを受講 ↓ 航空会社の採用の募集にエントリー 高校生のなかには、漠然と航空業界に憧れを持っている方も多いかもしれません。まずは、自分で航空業界全般や航空会社の仕事内容などを調べてみるのが大事です。 航空業界についてある程度知識が深まったら、エアラインスクールが実施している航空業界ガイダンスなどに参加してみるのもよいでしょう。 大学1・2年生 以下は、大学1・2年生のエアラインスクールに通うタイミングと、採用試験までのルートの一例です。 短大・大学に入学 ↓ エアラインスクールのガイダンス、無料セミナーや体験レッスンに参加 ↓ エアラインスクールに入学 ↓ エアラインスクールで航空会社の基礎知識をつける ↓ 大学3・4年生へ進級 ↓ エアラインスクールの就活対策コースを受講 ↓ 航空会社の採用募集にエントリー 大学1・2年生のなかには、そろそろ就職活動の存在が気になり、エアラインスクールの入学を検討し始めている方もいるでしょう。先述のとおり、航空業界の採用試験は毎年高倍率のため、早めの対策が必要になります。 周りと差をつけたいのなら、大学入学後の早い段階でエアラインスクールに通い始めるのも一つの手段です。 大学3・4年生、短大生 以下は、大学3・4年生、短大生のエアラインスクールに通うタイミングと、採用試験までのルートの一例です。 エアラインスクールのガイダンス、無料セミナーや体験レッスンに参加 ↓ 個人相談会に申し込み ↓ エアラインスクールに入学 ↓ エアラインスクールの就活対策コースを受講 ↓ 航空会社の採用募集にエントリー 大学3・4年生は、就職活動が本格化する時期です。採用試験まで時間が十分にあるわけではないので、エアラインスクールの就活対策コースをフルに活用して、採用募集のエントリーに備えましょう。 社会人 以下は、社会人のエアラインスクールに通うタイミングと、採用試験までのルートの一例です。 エアラインスクールのガイダンス、無料セミナーや体験レッスンに参加 ↓ 個人相談会に申し込み ↓ エアラインスクールに入学 ↓ エアラインスクールの就活対策コースを受講 ↓ 航空会社の採用募集にエントリー 社会人のなかには、今の仕事を続けながらエアラインスクールに通おうと考えている方もいるでしょう。エアラインスクールのなかには、夜間講義を実施しているスクールもあるので、社会人の方でも無理なく通える環境が整っています。 留学 エアラインスクールは、国内だけでなく海外にもあります。外資系航空会社への就職や英語力アップを目指している方は、外資系エアラインスクールに「留学」という形で進学するのも一つの手段です。 たとえば、マレーシアにある外資系専門エアラインスクールの「クルーラウンジ(Crew Lounge)」は、高卒以上の資格とそのほか身長や英語力などの条件をクリアしていれば入学できます。航空会社とコネクションが強いクルーラウンジには、採用担当者が頻繁に面接に訪れているため、在学中にその場で採用が決まることも。 クルーラウンジについては、以下の記事で詳しくまとめています。 https://bokuryuu.com/what-about-crew-lounge/ エアラインスクールに入学するまでの流れ エアラインスクールに入学するまでには、どのようなステップを踏む必要があるのでしょうか。 ここでは、エアラインスクールに入学するまでの流れを詳しく紹介します。 ※エアラインスクールによって、入学までの流れは異なる場合があります。 ステップ①|エアラインスクールの情報を集める まず、エアラインスクールの情報を集めましょう。 先述のとおり、エアラインスクールにはさまざまな種類があるので、それぞれのスクールの特徴を比較したうえで、自分に合ったスクールを選ぶのがポイントです。 ステップ②|気になるエアラインスクールの説明会や体験レッスンに参加する エアラインスクールをいくつかに絞ったら、気になるスクールの説明会や体験レッスンに参加しましょう。スクールの雰囲気や講義の進め方などが、自分に合っているのか判断するのに役立ちます。 個人相談会を行っているスクールもあるので、不安点があれば質問できる良い機会です。 ステップ③|申し込み 説明会や体験レッスンで通いたいエアラインスクールが決まったら、入学の申し込みをします。電話やネットから、簡単に手続きができるスクールが多いです。 エアラインスクール選びのポイント3つ エアラインスクール選びでは、自分の目的に合ったスクールを選ぶのが重要です。エアラインスクールによって特徴が異なるので、スクール選びは慎重に行いましょう。 ここでは、エアラインスクール選びのポイントを詳しく紹介します。 講義スケジュールを事前に確認する 講義スケジュールを事前に確認しましょう。エアラインスクールの講義は、あらかじめ日時を指定されているケースがほとんどです。 エアラインスクールに入学しても、ほかの予定で受講できなくては意味がありません。授業や部活動、アルバイトなどと重ならないように注意が必要です。 費用をあらかじめ確認する ホームページや資料などで入学金や受講料がいくらかかるか、確認しておきましょう。 入学金や受講料のほかに、オプション料金が発生する場合があります。エアラインスクールの費用は決して安くはないので、入念な確認が必要です。 航空会社への推薦枠があるか確認する エアラインスクールによっては、航空会社への推薦枠を持っている場合があります。少しでも航空業界に就職できるチャンスが増えるのであれば、推薦枠のあるスクールに通う価値は大いあるでしょう。 まとめ【エアラインスクールは航空業界で働きたいと思った段階で通おう】 この記事では、いつからエアラインスクールに通うべきかや、エアラインスクールに入学するまでの流れとスクール選びのポイントを紹介しました。 エアラインスクールは、航空業界の就活対策を専門に行うスクールです。航空業界は競争倍率が高いため、早めの対策が必要になってきます。多くのエアラインスクールは学年や年齢の制限を設けていないので、「航空業界で働きたい」と思った段階で通い始めるのがベストなタイミングです。 憧れのエアラインライフに向けて、早めの対策を行いましょう!

2022/07/10

マレーシアにあるクルーラウンジ(Crew Lounge)とは?CA留学プログラムの魅力をまとめて解説!

マレーシアにある外資系専門エアラインスクール「クルーラウンジ(Crew Lounge)」。CAを志している方にとっては、視野に入れいておきたい進路先の一つです。 とはいえ、「クルーラウンジが自分に適した学校かわからない…」「口コミや評判が気になる!」と悩んでいる方も多いでしょう。 そこでこの記事では、クルーラウンジの注目されている強みや基本情報、CAプログラムの魅力を紹介します。実際にクルーラウンジに通っている生徒の生の声もお届けするので、最後まで読んで参考にしてください。 クルーラウンジ(Crew Lounge)とは?CA留学先として注目されている3つの強み クルーラウンジとは、マレーシアのクアラルンプールにあるエアラインスクールです。CAを目指せるスクールとして、近年注目を浴びています。 しかし、日系航空会社のように情報が多く出回っていないため、「どんなスクールなの?」「なぜ注目されているの?」と、疑問に思っている方もいるはずです。 そこでここでは、クルーラウンジがCA留学先として注目されている強みを詳しく紹介します。 クルーラウンジの強み①|CAを目指せるIATAの認定校 クルーラウンジは、世界の航空ルールを決めている国際団体「IATA(イアタ)」の認定を受けている非常に信頼の高いエアラインスクールです。IATAの認定を受けているエアラインスクールは珍しく、世界中でも限られています。日本においても、CAの勉強ができるIATA公認校はまだありません。 そんな中、クルーラウンジは高い授業レベルや就職実績が世界から評価され、2年連続でIATAが選ぶ「アジア・太平洋エリアの最優秀エアラインスクール賞」を受賞しています。 クルーラウンジの強み②|世界トップクラスの航空会社とコネクションが強い クルーラウンジは、世界トップクラスの航空会社とコネクションが強いエアラインスクールです。クルーラウンジの講師は過去に航空会社で活躍していた業界人なので、各航空会社の社風や求められる人物象、活躍している人の特徴など、日常では知る術がないリアルな情報を教えてもらえます。 さらにクルーラウンジは、「インハウスインタビュー」が行われるマレーシアで唯一のエアラインスクールです。各航空会社の担当者自らがクルーラウンジに出向き、スクール内でそのまま採用面接を行っています。 クルーラウンジの強み③|圧倒的なCAへの就職率を誇る クルーラウンジの生徒の8割以上が、一流の航空会社のCAに就職しています。「シンガポール航空」をはじめ、5つ星エアラインへの就職実績が豊富です。 クルーラウンジの卒業生の就職先については、以下の記事で詳しく紹介しています。 https://bokuryuu.com/conditions-for-becoming-a-cabin-attendant/ 航空会社とコネクションが強いクルーラウンジには、航空会社の担当者が頻繁に面接に訪れているため、在学中にその場で採用が決まる可能性が大いにあります。もし在学中に就職先が決まらなかった場合は、卒業後も内定が出るまで手厚いサポートを受けられるので安心です。  クルーラウンジ(Crew Lounge)の概要 ここでは、クルーラウンジの概要を紹介します。 クルーラウンジの基本情報 クルーラウンジの基本情報は以下のとおりです。 学校名: Crew Lounge Malaysia Cabin Crew Training Academy 設立: 2018年 ビジョン: ミッション: 「世界中の航空業界の才能に人生を変える機会を創出する」 「やる気のある人々に人生を変える航空キャリアの機会を提供する」 キャンパス: クアラルンプール 学生の国際比率: マレーシア国籍が8割以上、留学生が2割(日本、イラン、アルジェリア、ブラジルなど) 資格: IATA公認ディプロマ(短大)修了証書、IATA公認カスタマーサービスコース修了資格、ハーバード大学HMMプログラム修了資格、クルーラウンジ全過程修了資格など コース: IATA短大コース(1年+3ヶ月)、IATA就職対策コース(6ヶ月)、短期集中コース(1〜3ヶ月) ホームページ: https://crewlounge.com.my/ ※上記は2022年6月現在の情報です。 クルーラウンジの注目プログラムとコース クルーラウンジの注目プログラムは、1年3ヶ月の「IATA短大コース」。1年間の実践的な授業と3ヶ月間のインターンでCAになるためのスキルが身につくうえに、ディプロマ(短大)の卒業資格も同時に取得できるのが魅力です。 英語力に自信がない、または英語力が足りてない場合は、オプションで用意されている英語コースを受講できます。 クルーラウンジの入学基準 クルーラウンジの入学基準は下記のとおりです。 最終学歴:高卒以上 身長:157cm 英語力:在学中にCA面接を突破できるレベルの英語力(※簡単な英語面接を実施) 身長の条件さえクリアできていれば、入学条件はさほど厳しくありません。高い英語力はあったに越したことはありませんが、入学時点では英語で受け応えできる程度の語学力があれば問題ないでしょう。 クルーラウンジ(Crew Lounge)CA留学プログラムの3つの魅力 「留学」と聞くと費用面や生活面での不安が大きく、ハードルが高いと感じるかもしれません。しかし、クルーラウンジはそんな留学の不安を解消できるプログラムを提供しています。 ここでは、クルーラウンジのCA留学プログラムの魅力を詳しく紹介します。 クルーラウンジCA留学プログラムの魅力①|トータルの費用を抑えられる クルーラウンジのCA留学プログラムの学費はプログラムの特性上、通常の大学の半分以下で済みます。加えてマレーシアでの生活は、家賃や生活費などが抑えられるのも魅力です。 マレーシアまでの渡航費用は発生するものの、トータルで見ると日本の大学や専門学校に通うよりも費用はかかりません。クルーラウンジは世界中のCA専門学校や大学などと比較しても、費用を最小限に抑えてCAになるための専門スキルを習得できます。 クルーラウンジCA留学プログラムの魅力②|最短距離でCAを目指せる クルーラウンジCA留学プログラムは、最短距離でCAを目指せます。前述のとおり、クルーラウンジは世界中の航空団体や航空会社と強いコネクションがあるため、CAになるためのチャンスをつかみやすい環境です。 さらに、クルーラウンジの運営メンバーや講師はみな航空業界出身のスペシャリストなので、質の高い授業や手厚い就職活動のサポートが期待できます。 クルーラウンジCA留学プログラムの魅力③|優秀な資格を取得できる クルーラウンジCA留学プログラムのIATA短大コースでは、「IATA公認ディプロマ(短大)修了証書」「IATA公認カスタマーサービスコース修了資格」「ハーバード大学HMMプログラム修了資格」などが取得できます。 クルーラウンジで取得できる資格は、「CAの即戦力として業務に貢献できる力がある」ことを証明するのに役立つはずです。 【実際の生徒に聞いた】クルーラウンジ(Crew Lounge)のリアルな口コミ クルーラウンジの強みや魅力を知ったうえで、次に気になるのはリアルな口コミや評判ではないでしょうか。 そこでここでは、実際にクルーラウンジに通っている生徒の生の声をお届けします。「クルーラウンジって実際どうなの?」と気になっている方は、参考にしてみてくださいね。 クルーラウンジに通っている「レイナさん」の基本情報 2021年12月にクルーラウンジの「ディプロマコース」に入学したレイナさん。現在は「エディハド航空」への就職を志し、エアライン業界の基礎知識やリーダーシップマネジメント、カスタマーサービスの勉強に励んでいます。 レイナさんのクルーラウンジでのCA留学体験談は、以下の記事で詳しくまとめているので併せてチェックしてくださいね。 https://bokuryuu.com/experience/7548/ クルーラウンジに入学して良かった点 トレーナーの方も学生の方も本当に親切です。 また教科書などで難しい内容が出てきた時は、トレーナーの方がエアラインで働いた経験から具体例を出して説明して下さるので、後で復習する時にも記憶に定着しやすいです。 さらにエアラインとのコネクションの強さも実感しました。 レイナさんは、講師や他の学生と良い関係を築けているようです。やはり、航空業界出身の講師が近くにいると心強いですね。 クルーラウンジに入学して大変だった点 日常生活ですね。現在、日本人の方と共同生活、シェアルームをしているので、お互いの生活習慣やリズムを整えるのは大変でした。 学校生活よりも、マレーシアでの日常生活に慣れるのに苦労されたようです。 まとめ【クルーラウンジ(Crew Lounge)のCA留学プログラムでCAになる夢を叶えよう!】 この記事では、クルーラウンジの注目されている強みや基本情報、CAプログラムの魅力を紹介しました。 クルーラウンジは、マレーシアにある外資系専門エアラインスクールです。世界中の航空団体や航空会社と強いコネクションがあり、生徒の80%以上がトップクラスの航空会社に就職しています。 クルーラウンジでは費用と時間を抑えて、CAになるための専門スキルの習得とCAとしての即戦力を証明できる資格の取得が可能です。 アジアNo.1の実績を誇るクルーラウンジのCA留学プログラムで、CAになる夢を一緒に叶えましょう。 留学エージェント「ぼくらの留学」はクルーラウンジと提携し、CAを目指しているみなさんの夢を叶えるため全力でサポートを行っています。クルーラウンジのCA留学プログラムに興味を持った方は、ぜひこの機会に一度お気軽にお問い合わせください!  

2022/06/29