お気軽にご相談ください

【海外留学】カナダの大学へ編入する方法とは?編入制度や5つのルートを徹底解説!

「カナダの大学に編入したい」「カナダの大学へ編入する方法を知りたい」と思っている人もいるのではないでしょうか?

日本の大学の教育カリキュラムとは違うので、わからないことも多いはずです。

結論から言うと、カナダの大学へ進学する方法は正規入学だけではなく「編入制度」を利用したさまざまな方法があります

今回は、カナダの大学の編入制度5つの編入ルートについてご紹介します。カナダの大学へ編入を考えている人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

この記事を読むと、カナダの教育や編入制度を理解できて海外進学の選択肢が広がります。

カナダの教育・編入制度について知ろう


カナダでは編入制度を導入している大学が多く、一般的に4年制大学への編入が行われています。

ここでは、カナダにおける教育・編入制度について解説します。

カナダは教育水準が高い国

カナダは教育水準の高い国として知られおり、大学への進学は決して簡単なことではありません。

しかし、各地域にある「コミュニティカレッジ」や「ユニバーシティカレッジ」などが編入制度を導入しているため、難易度の高い4年制大学への進学を目指せる仕組みとなっています

州ごとに教育システムが異なる

カナダではフランス語と英語が公用語となっているため、州ごとに教育システムが若干異なります。

たとえば主にフランス語が使われているケベック州では、ほかの州と違って義務教育の期間が3年と通常の学校より1年短いのが特徴です。ケベック州からほかの州の大学に編入する場合は、カリキュラムの調整が必要となります。

カナダの大学では日本の大学の単位移行も可能

カナダの大学では日本の大学の単位移行も基本的には可能です。しかし、日本とカナダの大学ではカリキュラムや授業内容が異なるので取得済みの単位すべてが認定されるとは限りません。

単位の認定は「日本の大学の成績表」と「カリキュラムを確認できる書類」などを編入先の大学に提出して審査が行われます。志望校の編入カリキュラムや入学条件をしっかり確認することが大切です。

カナダの大学の5つの編入ルート

カナダの大学へ編入する方法には下記の5つがあります。

  • パスウェイプログラムを利用して編入
  • コミュニティカレッジから4年制大学の3年次に編入
  • ユニバーシティカレッジから4年制大学へ編入
  • 日本の大学からカナダの大学へ編入
  • 日本の大学卒業後にカナダの4年制大学へ編入

1つずつ詳しく解説します。

パスウェイプログラムを利用して編入

在籍している日本の大学や提携教育機関が提供する大学編入システム「パスウェイプログラム」を利用して4年制大学の2年次に編入する方法です。

正規入学よりも求められる英語力が低く設定されているので、英語を母国語としない留学生にとってはメリットの大きい編入システムだといえます。英語力を高めながら基礎学習を行い、単位取得が可能です。

コミュニティカレッジから4年制大学の3年次に編入

地域密着型のコミュニティカレッジで2年間学び、卒業後に4年制大学の3年次に編入する方法もあります。

コミュニティカレッジでは4年制大学の1、2年次で習得する基礎教養を学び、取得した単位を編入先の大学へ移行できます。

なお、カナダのコミュニティカレッジには「職業訓練コース」と「編入コース」がありますが、大学進学を希望する場合は必ず編入コースを選びましょう

ユニバーシティカレッジから4年制大学へ編入

ユニバーシティカレッジから4年制大学に編入する方法です。

ユニバーシティカレッジとはカレッジとユニバーシティの中間の学校であり、必要な単位を取得した段階で4年制大学の2年次または3年次に編入できます。また、ユニバーシティカレッジのカリキュラムには学位取得のコースが設けられているのが特徴です。

日本の大学からカナダの大学へ編入

日本の大学または専門学校に在学している場合、単位認定制度を利用してカナダの大学へ編入する選択肢もあります。

しかし、大学間の提携の有無と在学中の大学側が編入を認めているのか確認が必要です。

また、実際に単位が認定されるかどうかは編入学の許可を得た後に決まります。提携校や姉妹校でない限り、単位移行の審査や手続きには時間がかかる傾向が高いです。

日本の大学卒業後にカナダの4年制大学へ編入

日本の大学を卒業した後に、取得した単位や学位を活かしてカナダの4年制大学へ編入する方法もあります。

一般的には大学院を目指す人が多いですが、別の分野を学びたいといった理由であれば海外大学への編入も可能です。ただし、大学によって年齢制限を設けている可能性もゼロではないので、事前に編入学条件を確認しましょう

まとめ【自分の目的に合った編入ルートを選ぼう】

今回はカナダの大学の編入制度や5つの編入ルートについてご紹介しました。

カナダの大学へ編入する方法はいくつかあり、上手く制度を活用すれば難易度の高い大学への進学を目指すことができます。

最後にもう一度、カナダの大学に編入する5つのルートをまとめておきます。

  • パスウェイプログラムを利用して編入
  • コミュニティカレッジから4年制大学の3年次に編入
  • ユニバーシティカレッジから4年制大学へ編入
  • 日本の大学からカナダの大学へ編入
  • 日本の大学卒業後にカナダの4年制大学へ編入

それぞれの編入ルートの特徴や志望大学のカリキュラムをきちんと把握した上で、自分にとってベストな方法を選びましょう!

みなさんの海外進学の選択肢が広がれば幸いです。

PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事