お気軽にご相談ください

転職活動が不安な方必見!あっさり内定した人がやっていたこととは?

転職成功

この記事を読んでいる方のほとんどが転職活動をしている、もしくは転職を意識していると思います。

転職にまつわる情報や準備をしていく中で

「本当に転職はうまくいくのだろうか?」

「失敗したらどうしよう」

といった不安や悩みを抱える人も多いでしょう。

今回はあっさり内定した方々の経験をもとに、彼らが転職活動時にやっていたことを紹介します。

経験談は参考になることが多いので、ぜひチェックしてくださいね!

転職活動が不安

意外と多い1社目での内定

驚かれるかもしれませんが、転職活動の応募1社目で内定を得る人が意外と多いのです!

転職サイトdoda-デューダ(参考サイト:https://doda.jp)が2021年1月から12月の間にdodaを利用して内定を得た転職者のデータ結果を見てみましょう。

転職成功者の応募社数全体のパーセンテージ
1社17.1%
2社6.0%
3社4.9%
4社4.4%
5社4.0%
6〜10社15.8%
11〜15社11.3%
16〜20社8.3%
21社以上28.3%

あっさり内定した人がやっていたこととは?

以上のデータを見ると、1社から10社以内で内定を取っている転職者は過半数を占めています。

このことから新卒の就職活動と比べても、転職活動では比較的あっさり内定を得ている人が多いことがわかります。

しかし、中には100社以上受けても内定が取れない方がいるのも事実です。

この大きな違いは、一体どこにあるのでしょうか?

実は転職活動を始めてあっさりと内定をもらう人には、いくつかの共通点があります。

ポイント別に確認して、自分に当てはめてみましょう。

内定した人がやっていたこと

自分の価値を高めるためにスキルや資格を準備している

転職活動で最も大切なことは、自分の「価値」を知っていることです。

業界や企業が選考時に転職者に求めているのは、ズバリ、経験とスキルです。

そのため、感情的になって「今の仕事を辞めたい!」や「この業界に入りたい!」「この企業で仕事をしたい!」と思うだけでなく、まずは

  • 今の時点で持っている経験とスキルで採用される業界や企業はどこか
  • 自分がやってきたことのどこをアピールするべきか
  • 現時点で足りないものは何か
  • 何を足すべきなのか

以上のように、冷静に自分の立ち位置を判断することがキーポイントです。

内定があっさり取れている人の多くが、このような事前の準備をしっかりおこなっています。

年齢によってアピール方法を考える

転職活動で圧倒的に有利なのは20代から30代の年齢層です。

理由としては、ある程度の経験やスキルがあることに加え、これから新しい発想で新しいことに挑戦できる人材として評価されるためです。

40代以上の方の場合、グループをまとめるリーダーとして、または管理職として期待されるため、20代、30代に比べると転職のハードルが若干高くなります。

転職の際には、年齢によって自己アピールの方法を考えるようにしましょう。

人手を求めている業界・企業へ挑戦している

人手不足で困っている業界や企業に挑戦することも、転職をスムーズに行う方法の一つです。

未経験者や年齢を問われずに内定する場合も少なくありません。

例えば、介護業界、建築業界、IT業界、サービス業界など。

労働条件がきつく、給与面であまり良くないとイメージされる方も多いかもしれませんが、労働法により労働環境がどんどん改善されています。

さらに、身につけた経験とスキルで独立開業をする方も多く、自分次第で面白くできる業界でもあります。

内定した後に再確認してみよう

内定すると嬉しさのあまり、すぐに手続きを行ってしまいがちです。

しかし、ちょっと待ってください!

転職は人生にとって大きな転機です。

やってしまった後に後悔する前に、そして全てをすぐに決めてしまう前に、少し冷静になって、もう一度いくつかのポイントを再確認してみましょう。

再確認ポイント:給与条件の確認

  • 月給(年収、額面、手取り)
  • 交通費(全額支給、一部支給、支給なし)
  • ボーナス(固定制、前年度の実績に比例)
  • 昇給(年功序列、出来高、資格の有無)
  • 残業代(別途、固定)

など給与条件をもう一度確認してみましょう。

内容をじっくり確認しながら今の給与条件と細かく比べて、本当に条件が良くなるのかを見極めることが大切です。

減給は生活の負担になる場合もあるので、「好きな業界で働けるなら、給与はどうでもいい!」という方以外であれば必ず再確認しましょう。

再確認ポイント:自己分析

特にキャリアチェンジの転職を目指す方に再度確認していただきたいのが、「自己分析」です。

同じ業界での転職であれば、すでにある程度のことが予測できると思います。

しかし未経験職への挑戦という場合は、自己分析を照らし合わせながら、本当にこの仕事は自分に合っているか確認し、納得した上で転職を決めましょう。

自己分析をしていなかった方は、この機会に用意しましょう。

焦ったり感情的に動かないようにすることが大切です

海外でスキルと資格を得る

転職者に求められるのは「経験」と「スキル」です。

自己PRを強化するために資格を取る人もいるなか、さらにプラスαとして海外でスキルと資格を得る社会人が増えています。

ここでは、最短2週間から参加できる海外インターン、そして資格、職歴、スキルを同時に得られる人気のCo-op留学を紹介します。

内定した人がやっていたこと

海外インターン

海外インターンでは、インターン生として海外の企業で、現地の人や世界中から集まってきた人とともに英語でコミュニケーションを取りながら業務に携わります。

語学力向上に加えて、国際的なビジネス感覚を身につけることができるため、就職活動を目指す学生や、転職を考えている社会人に人気です。

参加期間

主にマレーシアやフィリピンなどアジア諸国で実施されているインターンは、最短2週間からの参加が可能です。

有給休暇を利用して挑戦できることから、初めて海外に行く社会人にも人気

本格的にスキルを身につけたい方におすすめなのが、12カ月から18カ月参加できる長期タイプのインターンです。

主にアメリカ、カナダ、オーストラリアなどの英語圏で実施されており、ほとんどの場合、給料が発生します。

参加に必要な英語力

必要な英語力は、参加期間、職種、企業によって大きく異なります。

基本的に長期インターンの場合は、ある程度の英語力が必要となります。

社会人のための海外インターンの関連記事も合わせてご覧ください。

大学生・社会人に人気【海外有給インターン】アメリカ、カナダ、オーストラリアの特徴を解説!

 資格、職歴、スキルを同時に得られるCo-op留学

2020年から2021年、コロナ禍の影響で学生ビザやワーキングホリデービザが発行停止になっていました。

この時期でも継続して利用することができたことで、学生や社会人から注目を集めたのがCo-op留学です。

Co-op留学とは

Co-op留学は、卒業後に「専門分野に就職すること」を前提としてカリキュラムが組まれている、カナダだけの特別プログラムです。

参加期間は6カ月間から。

カリキュラムに有給インターンシップ期間が組み込まれていることから、海外留学経験と海外就労経験を同時に得ることが可能です。

サポートシステム

参加に年齢制限がなく、何度も利用できることで人気のCo-op留学。

世界中からこのプログラムの参加を目指して、たくさんの社会人が集まっています。

英語を母国語としない外国人を対象としているので、英語学習やインターン探しのサポートも充実しています。

また、多くの学校では、仕事の見つけ方、履歴書・動機書、面接対策サポートも行っているため、卒業後の就職・転職活動に役立つスキルも身につけることができます。

選べる専門分野

カナダ政府公認のカレッジ・専門学校で学ぶCo-op留学のプログラムには、専門分野の選択肢が豊富なのが特徴です。

国際ビジネス、ホスピタリティ、IT、介護、チャイルド・ケア、医療アシスタント、メイクアップ・ファッションなど、自分の希望に合ったコースを選ぶことができます。

取得できる資格

カナダ政府公認のカレッジ・専門学校で修了したことを証明するサーティフィケイト(Certificate)やディプロマ(Diploma)を取得でき、英語力のアピールとして十分に利用できます。

また同時に各専門分野の資格取得も可能なため、日本国内での転職だけでなく、海外での転職活動にも挑戦できます。

Co-op留学の関連記事も合わせてご覧ください。

【Co-op(コープ)留学】有給インターンに挑戦できるカナダだけの特別プログラムとは?

また、Co-op留学の体験談はこちらからチェックできます。

【Co-op留学の体験談のまとめ】カナダで学んで働いた参加者たちの声!

まとめ

この記事では、転職活動に悩んで不安な方のために、あっさりと内定した人がやっていたことを紹介してきました。

まとめの一覧は以下の通りです。

  • 意外と多い1社目での内定
  • あっさり内定した人がやっていたこととは?:自分の価値を高めるためにスキルや資格を準備している、20代から30代は内定をとりやすい、人手を求めている業界・企業へ挑戦している
  • 内定した後に再確認してみよう再確認ポイント-給与条件の確認、再確認ポイント自己分析
  • 海外でスキルと資格を得る:海外インターン、参加期間、参加に必要な英語力資格・職歴・スキルを同時に得られるCo-op留学(Co-op留学とは、サポートシステム、選べる専門分野取得できる資格)

転職者が増えていく中、成功する方がいる反面、失敗してしまう方も少なくありません。

転職活動後、すぐに内定したときはとても嬉しくなります。

ですが、ちょっと冷静に判断することで、後悔しない転職を成功させることができます

この記事をぜひ参考にしてくださいね!

資格、職歴、スキルを同時に得られる「Co-op留学」。

もっと詳しく知りたい方のために、留学エージェントぼくらの留学ではオンライン上で無料での説明会を開催しています。

ご予約は、ぼくらの留学「公式 LINE @」から24時間登録の受け付けています!

また、その他の留学や英語学習に関しても、経験豊富なカウンセラーが無料カウンセリングを行っています。

どんな質問にもお答えしますので、お気軽にご相談ください!

お問い合わせ


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事