お気軽にご相談ください

KOTA KINABALU

コタキナバル留学

自然や観光資源に恵まれたマレーシア第二の都市

マレーシアで2番目に大きなサバ州の州都コタキナバルは、東マレーシア最大の都市です。世界遺産のキナバル国立公園、多種多様な動植物、先住民の伝統文化などが息づく、自然や観光資源に恵まれた場所です。19世紀には「アピ」、イギリス支配時代には「ジェッセルトン」という名前で呼ばれ、街には昔の名残の名称が残されています。現在はKota Kinabaluの頭文字を取って「KK」という愛称で呼ばれています。

CITY INFO

コタキナバルの基礎知識

人口 約24万人
時差 -1時間
フライト時間 東京から約6時間30分
気温 32° / 24°
主な交通機関 バス/タクシー
面積 352,2 km2
物価 水(約330ml)が約40円(≒1.45リンギット) ※2021年3月時点

REASONS FOR POPULARITY

コタキナバル留学が人気な理由とは?

SCHOOL INFO

コタキナバル留学での語学学校

STUDENT VOICE

コタキナバルの体験談

BLOG

留学のブログ