お気軽にご相談ください

留学先の国を決めるのとあわせて、各都市の情報を知ることは重要です。

基本情報、気候、文化、有名スポットなど都市によって様々な特徴があります。

その都市に興味を持つことから初めてみましょう。

サンディエゴの魅力/特徴

ロサンゼルスに次ぐカリフォルニア州第二の都市「サンディエゴ」。

最大の魅力は青い海と太陽が燦燦と降り注ぐ全長112㎞の及ぶロングビーチです。

アメリカ国内屈指のリゾート地として国内外から多くの観光客が訪れる人気の都市です。

また、子供から大人まで楽しめる「シーワールドサンディエゴ」「レゴランドカリフォルニア」などテーマパーク施設も充実しています。

サンディエゴの基礎情報

面積

約964.51平方キロメートル

人口

約140万人(2019年7月:United States Census Bureau調査)

宗教

信教の自由を憲法で保障、主にキリスト教

物価

牛乳1リットルあたり約120円(≒$1.15) ※2021年1月時点

日本との時差

-17時間

3月第二日曜日~11月第一日曜日はサマータイムが実施され、1時間進める

国土の広いアメリカではエリアによって時差が異なります。

また、サマータイム実施の前後日は時計の調整を忘れないよう注意が必要です。

サンディエゴの気候

アメリカ西海岸の中では特に晴天率が高いと言われる「サンディエゴ」。

年間を通して温暖な気候で降水量も少なく、快適に過ごすことができます。

特に4~10月にかけて、ほとんど雨が降らず湿度は低くなりますが、日本と比べ太陽の日差しがかなり強いため、サングラスや日焼け止めを使うなど対策が必要となります。

サンディエゴの文化

カリフォルニア州南端に位置する「サンディエゴ」の特色ある文化をご紹介します。

メキシコ文化が色濃く残る街並み

カリフォルニア州南端に位置するサンディエゴはメキシコとの国境が近いことから、ダウンタウンを中心にメキシコ文化を肌感じることできるスポットがたくさんあります。

「陽気な国」の愛称で親しまれているメキシコ同様に、サンディエゴも年中太陽が燦燦と降り注ぐことから同じ特色を継承したと言われています。

アメリカ国内で最も本格的なメキシコ料理が体験できる

アメリカ全土でタコス文化は浸透しており、各都市で味が様々なことで特所がありますが、サンディエゴではメキシコ国境に一番近い都市ということもあり、国内で一番本格的なメキシコ料理が体験できることで有名です。

海辺の街の特色を活かし、シーフードを材料にしたタコスは絶品で、地元では「フィッシュタコス」と呼ばれています。

サンディエゴの有名スポット

西海岸有数の観光都市「サンディエゴ」。留学期間中に訪れてみたいおすすめスポットをご紹介します。

ミッドウェイ博物館

第二次世界大戦末期に製造された航空母艦「ミッドウェイ」が係留されている博物館。

航空母艦のそのものが博物館となり、母艦の上には実際のヘリコプターや偵察機などのほか、世界大ヒット映画「トップガン」の中で登場した戦闘機「トムキャット」も展示されています。

シーワールドサンディエゴ

ダウンタウン中心部より車で約15分のミッション・ベイ地区にある広さ約76ヘクタールの海のテーマパーク。

パーク内の水族には、サンディエゴ近海に生息するウミガメ、サメなど様々な種類の海洋生物が飼育されています。

また、スリル満点のアトラクション施設も充実しており、一押しは高さ約18m地点から真下のプールに滑走する「ジャーニー・トゥ・アトランティス(ウォーターコースター)」です。

サンディエゴ動物園

ダウンタウン北部のバルボアパーク内になる広大な動物園。1916年10月2日に設立され、約40ヘクタールに及ぶ園内には約650種以上、約3,500頭に及ぶ動物たちが飼育されています。

バスに乗車して園内を一周する「ガイド付きツアー」のほか、上空から動物園を見渡すことができる「スカイファリ・ロープウェイ」など、様々な視点から動物を観ることができます。

レゴランドカリフォルニア

世界中の子供たちに大人気のおもちゃメーカー「レゴブロック」を題材にしたテーマパーク。

園内にあるアメリカ主要都市の街並みをレゴブロックによって精巧に再現されたミニチュア模型は見どころのひとつです。

レゴブロックの世界観を存分に楽しむことができるサンディエゴ観光の人気スポットです。

ペトコパーク

メジャーリーグベースボールの名門チームのひとつ「サンディエゴ・パドレス」の本拠地スタジアムです。

2006年3月に第1回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の開催地で当時、日本代表は見事に優勝し初代WBCチャンピオンの栄冠を手に取り大きな話題となりました。

まとめ

アメリカ国内の留学先のひとつ「サンディエゴ」をご紹介しました。

年間を通して晴天率が高く、陽気なメキシコ文化が色濃く残るカリフォルニア州第二の都市「サンディエゴ」。

西海岸屈指のビーチリゾート地で国内外からバカンス目的に多くの観光客が訪れることで人気を集めています。

アメリカ国内の留学先ランキングで上位を占めるニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐサンディエゴ留学を検討してみましょう。


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事