お気軽にご相談ください

留学先の国を決めるのとあわせて、各都市の情報を知ることは重要です。

基本情報、気候、文化、有名スポットなど都市によって様々な特徴があります。

その都市に興味を持つことから初めてみましょう。

ゴールドコーストの魅力/特徴

クイーンズランド州南東部にある都市「ゴールドコースト」。

世界屈指のビーチリゾートであり、オーストラリア国内有数の観光地です。

世界を代表する名の知れた砂浜「サーファーズパラダイスビーチ」は南北に白砂のビーチが延々と続くゴールドコーストのシンボル。

ビーチ沿いには高層ホテルやコンドミニアムが建ち並び、日本からの移住者も多いと言われています。

市内中心部では公共交通機関のひとつトラム(Gリンク)が多くの市民、及び観光客の足として活躍を見せ、ショッピングモールなどの商業施設へアクセスしています。

多くの若者で賑わう街と共に海外各国からの留学生にも人気です。

ゴールドコーストの基礎情報

面積

約1,333.7平方キロメートル

人口

約62万人(2019年6月:Gold Coast City Community Profile調査)

宗教

キリスト教(52.1%:カトリック[22.6%]、聖公会[13.3%]が2大宗派)、イスラム教(2.6%)、仏教(2.4%)、ヒンズー教(1.9%)、ユダヤ教(0.4%)、無宗教(30.1%)など(2016年:Australian Bureau of Statistics調査)

物価

ミネラルウォーター(約500cc)が約265円(≒$3.20) ※2021年2月時点

日本との時差

+1時間(サマータイム実施ありません)

国土の広いオーストラリアではエリアによって時差が異なります。

また、州・エリアごとの取り決めにより「サマータイム(10月第一日曜午前2時~4月第一日曜午前3時)」が実施され、1時間進めます。

サマータイム実施の前後日は時計の調整を忘れないよう注意が必要です。

(サマータイムあり)

ニューサウスウェルズ州、ビクトリア州、タスマニア州、南オーストラリア州

(サマータイムなし)

クイーンズランド州、西オーストラリア州の2州及びノーザンテリトリー

ゴールドコーストの気候

オーストラリア東海岸に位置する「ゴールドコースト」の気候は亜熱帯気候に属し、年間を通して温暖な気候です。

ベストシーズンは12~2月の夏となり気温も30℃を超えます。

日本に比べ紫外線も強く、暑い日照りが続くと40℃付近に達することもありますので、サングラスや帽子などで日焼け対策が必要です。

また、この時期は「ストーム」と呼ばれる短期集中型の雨も多く、蒸し暑さが目立ちます。

ビーチリゾートとして常夏のイメージが強いかもしれませんが、冬の6~8月は平均気温が20℃を下回り肌寒く感じます。

春(9~11月)と秋(3~5月)は比較的温暖で穏やかな日々が続くので、快適に過ごせます。

ゴールドコーストの文化

クイーンズランド州屈指のビーチリゾート地として名高い「ゴールドコースト」。

世界中のサーファーたちの憧れの地としてサーフィン文化が色濃く根付いています。

ゴールドコーストの文化をご紹介します。

世界有数のサーフィンスポットがたくさん!

ゴールドコーストの定番観光スポットのひとつ「サーファーズパラダイスビーチ」をはじめ、初級者から上級者まで幅広いスキルの中でサーフィンができるスポットがたくさんあります。

世界各国でビッグウェーブが期待できるスポットは数々ありますが、ゴールドコーストは比較的年間を通して安定した高い波が発生することで多くのサーファーたちに大人気です。

また、毎年サーフィンの世界大会が主催されるなど、クイーンズランド州内のビッグイベントのひとつになっています。

パブリックビーチには訓練を受けたライフセーバーが常駐!

南北に延々と続くロングビーチ。

ゴールドコーストにある各所ビーチエリアには海水浴やサーフィンを楽しむ人たちの安全を見守る「ライフセーバー」が常駐しています。

オーストラリア東海岸は太平洋に面していることから比較的波が高いです。

水難事故防止のために、しっかりと訓練を受けたライフセーバーがいるので安心してビーチバカンスできます

ただし、遊泳禁止区域、およびライフセーバー常駐していない時間帯がありますので、必ず現地のルールに従ったうえでお楽しみください。

ゴールドコーストの有名スポット

オーストラリア有数の観光都市「ゴールドコースト」。

ロングビーチ沿いには高層ビル群が建ち並び、ビーチリゾートとして世界各国より多くの観光客が訪れます。

また、世界中のサーファーたちの憧れの地として、大きな波が期待できるサーフィンスポットもたくさん。

留学期間中に訪れてみたいおすすめスポットをご紹介します。

サーファーズパラダイスビーチ

南北に白砂のビーチが延々と続くゴールドコースト屈指のビーチエリア。

朝夕はビーチの名前の通り、多くのサーファーたちがビッグウェーブを期待して、サーフィンを楽しむ姿を見ることができます。

近隣にはリゾートホテル、コンドミニアムなど高層ビルが建ち並び、ビーチリゾートの中心地でもあります。

ゴールドコーストで最も賑わいを見せる場所として、おしゃれなレストランやカフェのほか、水族館と遊園地が一体化したテーマパーク「シーワールド」など人気の観光エリアです。

カラビンワイルドサンクチュアリー

敷地面積27ヘクタールの中にオーストラリア固有種のコアラやカンガルーなど含め100種類以上の野生動物たちが保護されている国内屈指の動物園

園外で事故などで怪我をした野生動物たちを治療する野生動物専用病院も併設され、治療後はまた野生環境に戻すプログラムを実施しています。

園内では先住民アボリジニーショーや羊の毛刈りショーのほかに、野生動物たちと触れ合う体験ができ、コアラの抱っこやカンガルーの餌付けは多くの来園者たちの注目の的です。

スプリングブルック国立公園

クイーンズランド州にある国立公園のひとつ。

1994年にユネスコの世界遺産「オーストラリアのゴンドワナ多雨林群」に拡大登録されて以来、ゴールドコーストの定番観光スポットのひとつとなりました。

国立公園内には落差106mに及ぶパーリングブルック滝のほか、絶景を一望できる展望エリアもあります。

また、ニュージーランドとオーストラリアの一部地域のみに生息する稀少な「土ボタル」を観賞することができ、洞窟内でエメラルドグリーンに輝く幻想的な光景を体験することもできます、。

ラミントン国立公園

スプリングブルック国立公園と共に世界遺産「オーストラリアのゴンドワナ多雨林群」に属する国立公園のひとつ。

この地帯は鬱蒼と生い茂る熱帯雨林が広がり、世界最古のシダや絶滅危惧種の植物が自生し、太古の時代にタイムスリップしたかのような気分を味わうことができます。

国立公園内は初級者から上級者向けのウォーキングコースがいくつか設けられ、日本語ガイド付きツアーに参加するのがおすすめです。

モートン島

ブリスベン東部のモートン湾に浮かぶ面積約170㎢の砂の島。

世界で3番目の大きさを誇る砂の島で、島面積の約98%が「モートン島国立公園」に指定されています。

ゴールドコースト、またはブリスベンから日帰りツアーも催行しており、蒼い海と白砂のコラボレーションは絶景です。

島内では海水浴、シュノーケリング、ダイビングなどのアクティビティが楽しめるほか、近海に生息する野生イルカたちに高確率で遭遇できるのが島の魅力のひとつです。

まとめ

オーストラリア国内の留学先のひとつ「ゴールドコースト」をご紹介しました。

国内屈指のビーチリゾート地として海外各国から多くの観光客、そして留学生にも大変人気のある都市です。

ゴールドコーストの代名詞となる南北に延々と続くロングビーチは世界有数のサーフィンスポットです。

サーフィンを目当てに留学する学生も多く、英語学習と並行して夢中になれる趣味に没頭するのもおすすめです。

オーストラリア東海岸の代表都市ゴールドコースト留学を検討してみましょう。


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事