お気軽にご相談ください

CLARK

クラーク留学

フィリピンで最もアメリカな都市

フィリピンで最も大きい島ルソン島にあるアンヘレス市。その郊外にある「クラーク」は、「特別経済区」という特別なポジション街です。第二次世界大戦後に米軍空軍の基地があったエリアに作られた新しい街で、1991年に米軍が撤退後、「特別経済区」としてアメリカとの輸入貿易を関税なしで自由に行うことができるエリアになりました。現在では「ニュー・クラーク・シティ」として今後フィリピン国内だけでなくアジア経済の中心になることが期待されており、多くの日本企業も参入している状況です。アメリカ人が暮らしていることから、フィリピンで最もアメリカに近い都市「リトル・カリフォルニア」とも言われています。2019年に日本からの直行便が始まり、日本人留学生はあまりいないため現在注目の留学先になっていになっています。

CITY INFO

クラークの基礎知識

人口 約120万人
時差 -1時間
フライト時間 約7時間
気温 夏:35° / 25°-冬:30° / 24°
主な交通機関 ジプニー(乗り合いバス)/ライシクル(三輪タクシー)
面積 94.50km2
物価 ビッグマック・セット:227.04フィリピン・ペソ(1フィリピン・ペソ=2,27円、2021年5月のレート)

REASONS FOR POPULARITY

クラーク留学が人気な理由とは?

STUDENT VOICE

クラークの体験談