お気軽にご相談ください

BAGUIO

バギオ留学

フィリピンで人気の避暑地

ルソン島の北部に位置するバギオは、アメリカの植民地時代に避暑地として開発され、フィリピン国内でも最も過ごしやすい気候の都市として知られています。バギオにはキリスト教カトリック系のセントルイス大学、名門フィリピン大学のバギオ校、観光やマネージメントの学部が強く外国からの留学生も多く受け入れているバギオ大学、MBA取得目的のための留学生が多い3年制のコーディリエラ大学、そして10校を超える語学学校があることから人口の約半数が学生という学生都市でもあります。また、バギオは治安の良さと他の都市に比べ物価が安いことでも知られ、アジア系の留学生が多いのが特徴です。

CITY INFO

バギオの基礎知識

人口 約36万人
時差 -1時間
フライト時間 東京からマニラ約5時間10分/マニラからバスで6時間
気温 夏:25° / 21-冬:22° / 12°
主な交通機関 タクシー/ジプニー(乗り合いバス)
面積 57,5 km2
物価 ビッグマック・セット:150フィリピン・ペソ(1フィリピン・ペソ=2,27円、2021年5月のレート)

REASONS FOR POPULARITY

バギオ留学が人気な理由とは?

BLOG

留学のブログ