お気軽にご相談ください

CAの仕事内容や給料、募集内容は?【Crew lounge】卒業生の就職先一覧!

CAの仕事

世界中を飛び回る仕事と言えばCA(Cabin Attendant:客室乗務員)

この記事にたどり着いた方の中でも、CAに憧れている方や実際に目指している方も多いでしょう。

ここでは「ぼくらの留学」が提携している、マレーシアのエアラインスクール「Crew lounge」の卒業生の就職先を参考に、航空会社に関する情報やCAの給料、そして募集内容などをお届けします。

今さら聞けない!CAの仕事とは?

  • 英語が使える
  • 海外に住める
  • 世界中の人たちと接することができる

という理由で多くの人が憧れる仕事の一つ、CA。

実際にどのような仕事をしているかご存じですか?

まずは、常に「なりたい職業」のトップに維持するCAの仕事を理解しましょう!

機内サービス

CAと聞いてすぐに思いつく業務は「飲み物や機内食の提供」ではないでしょうか?

その他に、次のような機内サービスも行っています。

  • 機内での免税品販売
  • 機内アナウンス
  • 新聞・雑誌・毛布などの配布や回収
  • 国際線の場合は入国書類の配布

など、乗客の希望に臨機応変に対応したサービスを提供しています。

機内の保安確保

機内サービスの他にCAの仕事として、機内の保安確保の業務があります。

乗客の安全や命を守る上で、最も大切な仕事と言えるでしょう。

保安確保には次のような業務があります。

  • 不審物はないかの機内の安全チェック
  • 荷物棚の開閉、お手洗いが正常に機能するかなどチェック
  • 飛行機のドアの開閉操作
  • シートベルトの着用確認
  • 安全確認急病人が出た場合の救急処置

など、この他にもC Aはどのような事態にも対応できるように、準備し行動しなければなりません。

【Crew lounge】卒業生の就職先情報!外資系航空会社編

元航空会社の面接官や客室乗務員トレーナーを講師として迎えているエアラインスクール「Crew lounge」。

就職率が圧倒的に高いことで知られています。

この記事では、実際に卒業生が就職した航空会社の情報と給料、そして募集内容をご紹介します!

まずは外資系の航空会社からみていきましょう。

*応募事項は変更する場合があるので、必ず事前に確認してください。

世界最大手の航空会社の一つシンガポール航空

「働きたい航空会社」のトップになっているシンガポール航空。

その拠点は、東南アジアにおけるハブ空港「シンガポール・チャンギ国際空港」です。

世界最大手の航空会社の一つで35カ国60都市以上へ就航し、日本・シンガポール間の直行便が毎日運行しています。

CAの給料

通常、求人募集要項には「基本給」のみが掲載されています。

実際の給料は

  • 基本給
  • フライト時間給
  • ステイ代食事手当
  • 各種手当

などが加えられて支給されます。

シンガポール航空の場合、基本月は日本円で16万円

それにフライト時間や各種手当が加算されると、平均月給は約45万円です。

業績によって大きく左右されますが、基本的にボーナスが6月、9月、12月と年に3回あり、業界トップクラスの給料を誇っています。

採用後はシンガポールに住むことになり、15週間のトレーニング期間中は家賃補助が支給されます。

シンガポールには所得税・住民税がないため、額面の支給額がそのまま手取りの給料になるのが特徴です。

CAの募集内容

  • 新卒、既卒、短大卒以上
  • 契約社員(5年ごとの契約)
  • 身長158cm以上
  • 英語が堪能であること
  • 海外留学経験のある学生を積極的に採用

6大陸に就航しているエミレーツ航空

英国ロンドンを拠点とする世界の航空格付け会社「スカイトラックス」の総合ランキングでトップ5に入るエミレーツ航空

1985年の創業時には2機しかなかった小さな航空会社でしたが、現在では世界6大陸、78カ国140都市以上に直行便が出ており、世界屈指の大規模な航空会社になりました。

インターナショナルハブ空港である「ドバイ国際空港」を拠点に、ヨーロッパ、アジア、アメリカ、アフリカなどの主要都市に就航しています。

コスパが良いことで知られており、シートがゆったりしている、日本人の口にも合う機内食など評判も良いのが特徴です。

CAの給料

エミレーツ航空の場合、基本月給は日本円で14万円

全て国際線になるため、フライト時間がとても長いのが特徴です。

そのため、フライト時間給などの手当を加算すると、平均月給は約30万円です。

ボーナスは会社の収益により、年によっては支給されない場合もあります。

採用後はドバイに住み、6カ月間のトレーニング期間は基本給のみの支給になります。

住宅、水道、光熱費が会社負担のため生活費がほとんどかかりません

また、シンガポールと同様に所得税・住民税がないため、額面の支給額がそのまま手取りの給料になります。

CAの募集内容

  • 高卒以上、21歳以上
  • 契約社員(3年ごとの契約)
  • 身長160cm以上、立ったまま手を伸ばした状態で212cm以上に届くこと
  • 視力が良好であること
  • 英語が堪能であること
  • ホスピタリティ・カスタマーサービス業界での勤務経験者を優先的に採用

日本人を積極的に採用しているカタール航空

中東カタールを代表する航空会社「カタール航空」

アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、日本航空(JAL)同様、ワンワールド・アライアンスのメンバーでもあります。

ハマド国際空港」を拠点、そしてロンドン・ヒースロー空港を準拠点とし、ヨーロッパ、アジア、アメリカ、アフリカなどの主要都市に就航しています。

CAの給料

カタール航空の場合、基本月給は日本円で約13万円

それにフライト時間や各種手当が加算されると、平均月給は約25万円です。

エミレーツ航空と同様、住宅、水道、光熱費が会社負担のため生活費がほとんどかかりません

所得税・住民税がないため、額面の支給額がそのまま手取りの給料になります。

採用後3カ月~6カ月の間に勤務が開始されます。

CAの募集内容

  • 日本国籍
  • 高卒以上、21歳以上
  • 契約社員
  • 身長、女性157.5cm以上、男性168cm以上、立ったまま手を伸ばした状態で212cm以上に届くこと
  • 視力が良好であること
  • 英語が堪能であること
  • CAの他に、ホスピタリティ・カスタマーサービス業界での勤務経験があると好ましい

世界中を網羅するブリティッシュ・エアウェイズ

イギリスを代表する航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ

世界規模の航空連合の1つワンワールド・アライアンスの創設メンバーでもあります。

ロンドン・ヒースロー空港」と「ロンドン・ガトウィック空港」を拠点にイギリス国内6都市をはじめ、ヨーロッパはもちろんのこと、アフリカ、アジア、北米、南米、オセアニアを拠点に世界中を網羅しています。

CAの給料

ブリティッシュ・エアウェイズの場合、基本月給は日本円で約21万円

それにフライト時間や各種手当が加算されるので、平均月給は約35万円です。

この給料から生活費、及び所得税・住民税を支払わなければなりませんが、業績によってボーナスが支給される年があります。

採用後は、イギリス国内に在住することになります。

CAの募集内容

  • 高卒以上、18歳以上
  • 身長157cm〜185cm、立ったまま手を伸ばした状態で201cm以上に届くこと
  • 契約社員英語が堪能であること
  • 50メートル以上泳げること

カスタマーサービス業界での勤務経験があると好ましい。

国際的な環境で仕事ができるガルフ・エア

西アジアと中東に位置し、大小33の島からなる国バーレーンの「バーレーン国際空港」を拠点としているガルフ・エア

アラブ連盟加盟国にある24社の航空会社が加盟する、アラブ航空会社機構の一員です

中東はもちろんのこと、アジア、ヨーロッパ、アフリカの30カ国53都市以上に就航しています。

CAの給料

ガルフ・エアの場合、基本月給は日本円で約14万円

それにフライト時間や各種手当が加算されるので、平均月給は約30万円です。

住宅、水道、光熱費が会社負担のため生活費がほとんどかかりません

また、所得税・住民税がないため、額面の支給額がそのまま手取りの給料になります。

CAの募集内容

  • 高卒以上、21歳〜30歳
  • 身長160cm以上
  • 契約社員
  • 英語が堪能であること
  • 50メートル以上泳げること
  • カスタマーサービス業界での勤務経験があると好ましい

【Crew lounge】卒業生の就職先情報!国内航空会社編

外資系航空会社への就職もいいけど、やっぱり日本国内の航空会社に就職したい!

そんな方のために、ここでは、日本を代表する2大航空会社をご紹介します。

シートがゆったりしている

スカイトラックスで実質最高評価を受けたANA(全日空)

東京に本部を置くANAでお馴染みの全日空

東京国際空港」と「成田国際空港」を拠点に、日本国内の約50都市、そしてアジア、ヨーロッパ、北アメリカの32都市へ運航しています。

ユナイデッド航空、ルフトハンザドイツ航空、エア・カナダなどと同じく、世界最大の航空連合スターアライアンスに加盟。

ANAウイングス、格安航空会社のAIR DO、バニラ・エアなど子会社も持っており、C Aの募集も幅広く行なっています。

CAの給料

ANAの場合、最終学歴によりますが、基本月給は約17万円から。

フライト時間や各種手当が加算されると、平均月給は約30万円からです。

この給料から社会保険料金等、額面の2割ほどが引かれますが、ボーナスは年に2回あります。

東京国際空港(羽田空港)と成田国際空港に公共交通機関を利用し120分以内で通勤可能な場所に居住、または居住予定であることが条件です。

トレーニング期間は3カ月で、期間中の給料は約14万円です。

CAの募集内容

  • 専門卒、高専卒、短大卒、大卒、院卒
  • 身長155cm以上
  • 長期雇用社員(正社員)
  • TOEIC600点程度以上の英語力
  • 裸眼またはコンタクトレンズ矯正視力が両眼とも1.0以上

日本で最も長い歴史を持つ航空会社JAL(日本航空)

1953年に設立されたJALこと日本航空は、日本で最も歴史のある航空会社です。

JALの拠点はANAと同様「東京国際空港」と「成田国際空港」。

本社は東京にあり、国内線は約60都市に、国際線はアジア、ヨーロッパ、オセアニア、北アメリカ、南アメリカの30都市以上へ運行しています。

ワンワールドアライアンスに加盟しており、約30の航空会社との提携も行っています。

CAの給料

JALの場合は最終学歴に関係なく、基本月給は約18万円

フライト時間や各種手当が加算されると、平均月給は約30万円です。

この給料から社会保険料金等、額面の2割ほどが引かれますボーナスは年に2回あります。

会社が用意した借り上げマンションがあるため、家賃を抑えて生活できます。

トレーニング期間は3カ月です。

CAの募集内容

  • 専門卒、高専卒、短大卒、大卒、院卒
  • 身長155cm以上
  • 長期雇用社員(正社員)
  • TOEIC600点程度以上の英語力
  • 裸眼またはコンタクトレンズ矯正視力が両眼とも1.0以上

外資系航空会社と日系航空会社の比較

ここまで、会社ごとに情報を見てきました。

ここからは、外資系航空会社(以下、外資系)と日系航空会社(以下、日系)の違いを具体的に4つのポイントに絞って比較してみます

*外資系と言っても、アジア、中東、欧州など文化も習慣も異なるので、あくまで目安としてご覧ください。

雇用内容

外資系では、即戦力がある人材を求めているため、CA経験はもちろんのこと、ホスピタリティ業界やカスタマーサービス業界での勤務経験者が採用時に優先されます。

また、期間は会社によって異なりますが、基本的に契約社員として雇用されるため、突然のリストラということもあり得ます。

日系の場合、他の業界と一緒で研修制度が大変充実しており、一から人材を育てるという考えがあるため、職務経験がない方でも問題ありません。

また、雇用形式は基本的に「正社員」なので、安心して働けるメリットもあります。

英語力

日系では、TOEIC600点程度以上の英語力があれば大丈夫です。

英語が慣れていない場合でも、研修中に学ぶことができるので神経質になる必要はありません。

外資系の場合は、乗客に対してだけでなく多国籍の同僚とコミュニケーションが英語で求められるほか、全ての書類・メールは英語で記載されているため、話す、書く、聞くともに高い英語力が必要となります。

仕事の姿勢

外資系の場合、会社や同僚にきちんと自分の意見を言う必要があります。

文化・歴史・習慣が違う人たちと仕事をするため、「意見を言わない」=「仕事をしたくない」と理解されかねないので、しっかり自分の考えを伝えることが大切になります。

日系の場合、良くも悪くも縦社会が残っているため、上下関係を尊重し謙虚な姿勢で接することが大切です。

そして、何より他者との「協調性」が大切になります。

また、業務に関しては、外資系では自己判断が求められることが多いですが、日系の場合、会社の方針に従い、報告・連絡・相談の徹底が求められます。

給料

ポジション、会社、国によって大きく異なりますが、基本的に外資系の方が給料が高く、昇給も早いのが特徴です。

ただし、当然ながら外貨で支払われるため、日本円に交換する際、為替によって金額が大きく左右されます。

まとめ【Crew loungeでCAになる夢を叶えよう!】

ここではC Aを目指している方のために、マレーシアのエアラインスクールCrew loungeの卒業生の就職情報を参考に、

  • 今さら聞けない!CAの仕事とは?
  • 【Crew lounge】卒業生の就職先情報!外資系航空会社編
  • 【Crew lounge】卒業生の就職先情報!国内航空会社編
  • 外資系航空会社と日系航空会社の比較

ついてご紹介しました。

その他にも、スクート(シンガポール航空グループ)、マレーシア航空、エティハド航空、オマーン航空、ファイアフライ(マレーシア航空グループ)、ロイヤル・エア・モロッコ、マリンド・エア、セーシェル航空、ジェットエアウェイズなど、Crew loungeの卒業生は世界を舞台に活躍しています。

以前は「なるのは難しい」と言われていた職業の一つだったCA。

海外の航空会社への就職活動を視野に入れることにより、一気に道が広がっています。

この記事をぜひ参考にしてくださいね!

ぼくらの留学のおすすめプログラム

ぼくらの留学では、アジアで唯一のIATA(International Air Transport Association:国際航空運輸関連企業団体)認定スクールであるCrew loungeと提携し、CAになるための留学サポートをスタートしました。

高い就職率を誇るマレーシアのCrew loungeで、みなさんの夢をかなえるお手伝いをします!

オンライン無料説明会は、ぼくらの留学「公式 LINE @」から24時間ご予約を受け付けております!

経験豊富なカウンセラーが対応いたしますので、お気軽にご相談ください!


PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事