お気軽にご相談ください

2年の留学で海外大学を卒業!コンコーディア国際大学の入学条件と学費を解説します!

コンコーディア国際大学の条件

 

この記事では、今注目を集めている【コンコーディア国際大学の入学条件と学費】を詳しく解説します!

  • 申し込みに必要な英語力は?
  • 入学時期がよくわからない!
  • 2年間にかかる学費はいくら?
  • なぜ費用が抑えられるの?
  • そもそもコンコーディア国際大学の情報が少なくて、よくわからない!

という方には必見の内容になっています!

話題のコンコーディア国際大学とは?

コンコーディア国際大学とは、2002年にフィリピンで設立されたオンラインカレッジです。

1年間のオンラインでの学習を終了後、イギリス、ニュージーランド、アイルランド、スイスの4カ国にある50校もの提携大学の最終学年に編入できる制度です。

オンライン講義は日本いながら受講できるほか、コンコーディア国際大学が提携しているカナダのバンクーバーにある語学学校「クラウド・ナイン・カレッジ(Cloud Nine College、通称CNC)」でオンキャンパスでの受講も可能です。

コンコーディア国際大学の特徴

なぜコンコーディア国際大学では、短期間で海外大学のバチェラーディグリー(4年制大学を卒業してい得られる学位)の取得が可能なのでしょうか?

その理由を知るために、ここではコーディア国際大学の特徴をまとめました。

イギリスの3年制大学を2年に凝縮している

アメリカの大学は4年制で、1年目と2年目に数学、国語、歴史、保健体育などの一般教養を必修した後、3年目に選択した学部の単位を2年間かけて取り、4年間でバチェラーディグリーを取得できます。

イギリスの場合は、一般教養課程が省かれているため、1年目から専門課程がスタートし、3年でバチェラーディグリーを取得できるカリキュラムとなっています。

そしてコンコーディア国際大学では、ビジネス学部とホスピタリティー学部の2学科からのみ専門を選択できるシステムになっていることから、イギリスの大学で学ぶ1、2年目のカリキュラムをオンライン講義で集中的に学ぶことができます

また、夏休みや冬休みなど年間約5カ月ある長期休暇を省くことで、カリキュラムを1年に凝縮でき、2年目に提携大学の最終学年に進学することができるのです。

バンクーバーの語学学校CNCでオンキャンパスができる

コンコーディア国際大学の1年目はオンラインでの講義になるため、なんと日本にいながら受講ができます!

「せっかくだから、英語をしっかり身に付けたい!」

「外国で働いてみたい!」

「2年目で提携大学に留学する前に、海外生活の経験をしておきたい!」

という方のために、コンコーディア国際大学と提携している語学学校CNCでオンキャンパスの受講も可能です。

カナダのバンクーバーにあるCNCのカリキュラムには【coopプログラム】が取り組まれているので、6カ月間の対面講義を受けた後、残りの6カ月はコンコーディア国際大学のオンライン課題をこなしながら、学んだことを実践できる有給インターンに参加できます

また、CNCには日本人スタッフが駐在しているので、留学生活や授業のことなどを日本語でサポートしてもらえるため、初めて海外生活をする方も安心して学べる環境になっています。

2年で卒業が可能なコンコーディア国際大学の入学条件!

新しい形の留学プログラム【コンコーディア国際大学】に興味を持たれた方も多いのではないでしょうか?

ここでは、入学条件を紹介していきます。

コンコーディア国際大学には入試はない?

世界中の人に窓口を開いているコンコーディア国際大学では、なんと入試がありません!

以下のような条件をクリアしていれば、どなたでも入学が可能な大学です。

  • 16歳以上
  • 高校卒業済み、または高校卒業認定試験の合格者
  • 中級以上の英語力*

*中級以上の英語力とは次の通りです

  • 英検2級A
  • TOEIC700点+CNCの教師と10分間程度のオンラインテストが必要
  • IELTS5.5点
  • TOEFL IBT(オンラインテスト)60点
  • TOEFL ITP(用紙式テスト)500点+CNCの教師と10分間程度のオンラインテストが必要

英語力が足りない場合はどうすればいい?

「コンコーディア国際大学へ入学したいけど、英語力が中級に満たない・・・」

とお悩みの方も大丈夫!

コンコーディア国際大学では、準備クラスとして入学前の【6カ月の英語集中コース】を設けています。

この集中コースを受講後は、各英語能力試験が免除され、直接コンコーディア国際大学に入学できます。

コンコーディア国際大学への入学時期

コンコーディア国際大学では、1月、5月、8月、10月の年に4回の入学時期を設けています。

そのため、学生だけでなく社会人の方でも、自分の都合に合わせて講義開始時期を選ぶことができます。

ただし、社会情勢によって時期が変更されることもあるので、詳しい日程については、事前に確認が必要になります。

コンコーディア国際大学での勉強への不安を一気に解決!

「入学はできそうだけど、今の英語力で本当に授業についていけるんだろうか・・・」

という不安な方もいるかもしれません。

最初は英語の聞き取り、英語での会話、英語の筆記など、慣れないうちは戸惑うかもしせませんが、基本的に入学基準の英語力があれば、理解できる授業や課題内容になっているので安心してください。

バンクーバーのCNCには、キャンパス内にコンコーディア国際大学の学生専門のチューターが在籍しています。

チューターとは学習のサポートをしてくれる人のことで、対面の講義に参加する方は、授業や課題で分からないところがあれば、いつでも彼らに質問できます!

また、1クラス約15人という少人数制になっているので、講師の目が届きやすく、必然的に発言する機会も多くなるため、確実に英語力が伸びていきます。

それでも不安な場合は、プライベートチューター(別途で費用がかかります)を付けることも可能です。

このように、徹底したサポート環境が整えられているので、安心して学習に望むことができるのです。

学費を半分に抑えられる?!コンコーディア国際大学の学費はいくら?

何と言っても気になるのは学費ではないでしょうか?

ここでは具体的な学費の金額と、費用を抑えられる理由をみていきましょう。

語学留学や海外大学は高い?

1年間の長期留学、4年生海外大学、コンコーディア国際大学(CNCのオンキャンパスを利用した場合)の学費を比べてみましょう(2021年9月付け)。

長期語学留学 海外大学 コンコーディア国際大学
卒業までの期間 4年 2年
合計学費 約120万*(1年間) 約1500万*〜(4年間) 約470万*(2年間)
取得できる学歴 なし 海外4年制大学卒業 海外4年制大学卒業

*レートによって金額が大きく変わることがありますので、円建てはあくまでも目安となります。

このように学費を見比べると、コンコーディア国際大学の学費がリーズナブルか分かっていただけるのではないでしょうか。

費用を抑えられる理由

コンコーディア国際大学で学ぶと費用が抑えられる理由を3つのポイントにまとめました。

① 卒業までたったの2年

コンコーディア国際大学の最大の魅力は何と言っても、2年で海外4年制大学のディプロマが取得できる事です。

またオンライン授業を取り入れていることから、通常の海外大学留学の3分の1以下の費用に抑えることができます。

② 日本にいながらオンラインで受講できる

コンコーディア国際大学の1年目は日本にいながらオンラインで受講でき、学費は1年で約165万円になります。

通常通り働きながら勉強できるため、費用を抑えることができます。

③ カナダでバイトや有給インターンをしながら学ぶことができる

コンコーディア国際大学のCNCキャンパスでは、カナダだけのプログラム「coopプログラム」を利用しているため、オンキャンパスで講義を受けながら現地で週20時間までのアルバイトが可能です。

また、6カ月間の講義が終了すると、6カ月間の有給インターンへの参加もカリキュラムに含まれているため、フルタイムで週40時間働くことができます

バンクーバーがあるブリティッシュ・コロンビア州の最低賃金が時給約1千320円(2021年9月時点)になっており、稼いだ給料を現地の生活費に当てることができます。

コンコーディア国際大学のメリット

コンコーディア国際大学の主なメリットを整理してみましょう。

  • 2年間で海外大学を卒業できる!
  • 1年目は日本にいながら受講できる!
  • カナダでのオンキャンパス受講も選べる!
  • カナダの有給インターンを体験できる!
  • 入学時期が年に4回あるため、自分にあった日程で受講をスタートできる!
  • 学習サポートがしっかりしている!
  • 2年目に海外大学の最終学年に編入できる!
  • 他の留学方法に比べ学費が抑えられる!

その他にも、卒業後は東京やロンドンでも毎年開催されている、世界最大の就職フェア「ボストンキャリアフォーラム」の参加権を得ることができるため、企業側からのスカウトや即日内定のチャンスもあります!

今回は、コンコーディア国際大学の入学条件と学費についてシェアしてきました。

少しは参考にしていただけましたでしょうか?

 

PICK UP

ピックアップ

RECOMMEND

おすすめ記事